2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

編集長稲垣吾郎

2019年6月10日 (月)

編集長 稲垣吾郎 2019.06.05 #127

<今週の目次>
・ベランダに野鳥がいっぱい
♪「Save Myself」 Dash Berlin
・編集会議「〇〇女子」
 ①時代小説女子
 ②途中下車女子
 ③イラスト女子
 ④インパルス女子
♪「セ・ア・ヴィダ・エ~幸せの合言葉」 Pet Shop Boys
・「海獣の子供」はお子さんも一緒に
♪「海の幽霊」 米津玄師

ラジオ レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
【編集長稲垣吾郎】#127
2019年06月05日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

世田谷区の___さんです
ツバメが帰ってくる季節です。吾郎さんは、朝のお散歩でツバメが飛んでるのを目撃されましたか?家の近くの商店街には、毎年ツバメが巣を作る軒先が3軒ほどあり、今年も親鳥が帰ってきました。雛が生まれると、4~5羽で口を開けている様子などとても可愛いので、これから1ヶ月ほど楽しみです。ツバメの鳴き声は、私たちが上唇と下唇を震わす時のような鳴き声で“ピュルルルル”と鳴きながら飛んでいきますのですぐ分かります。吾郎さんも是非、お散歩の時にツバメウオッチをしてみてください。≫

あぁ~~特に「ツバメ」といって気にしたことは無かったですね~。

でも、やっぱこの季節、ホントに鳥の囀りが、ね~、午前中なんかはもう家からもいっぱい聞こえて。ね~この番組でもバードウォッチングの話もしましたけれども。この季節になると、ホントにいろんな種類の野鳥が、ね~、渡り鳥っていうんですか?やっぱり飛んできてるんですよね。海外からも。

そうなんですよね、結構いろんな鳥が家のベランダにもやってきて。う~ん。なんか…意外と人に慣れてますよね。なんか、ちょっとした物音でも逃げないというか。

なんか、僕は普通にベランダでのんびりしてる時にも、ベランダの手すりみたいな柵の所に止まってきて、案外、逃げないんですよね。ま、でも、写真でも撮ろうかな~なんて立ち上がると、どっか行っちゃうんですけど。うん。

ツバメ、ちょっと意識して。う~ん。
鳴き声ですね、ピュルルルル ピュルルルル~っていう震えた音ということなんでね。

――――――――――――――――――

ここで1曲お聴きください

Dash Berlinで、
🎵「Save Myself」

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラ・コジマの提供でお送りします!
~~CM~~

――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

今週の編集会議は「〇〇女子」です

①ラジオネーム___さん
≪私は「時代小説女子」です。下の子の出産時の入院時に宮部みゆきさんの時代小説を読んだのをキッカケに嵌り、16年ほど経ちました。個人的には、剣豪小説や捕物帳よりも藤沢周平さんや山本周五郎さんのような市井小説が好きです。人情ものは読んだ後もホンワカと気持ちが温かくなることが多いです。吾郎さんは本を読まれると思いますが、時代小説は読まれますか?≫

そうですね~~あんまり読まないかな~
う~ん。読みたいなとは思うんですけどね。

しかも、僕、あんま演じた事もないですよね、時代物っていうのは。
結構少ないんだよね。僕が、なんか…勿論、演じた事ないっていうことではないですけど。ま、そんなに、なんか、作品数の中では少ない方ですね。

ま、少ないと言えば、こないだ人と話してて、「吾郎さんて、関西弁の役、ないよね」って言われて(笑)。一度も無いですね。東北弁は、ちょこっとありますけど。「おしん」をやった時ぐらい。(笑) 

こないだの「半世界」も、ま~三重県の話…ま~でも、あれは三重県ていう、その、撮影したのは三重県の伊勢志摩だったんですけど。場所は確定してないんですよ。うん。だから、逆に、方言を使わないでやろうってことになって。うん。三重の話って感じになっちゃってるけど、全然違うんですよね。う~ん。日本のどこか、という設定だったので。そうなんだよね~。

石川啄木もやったけどさ、舞台で。
ま、啄木自体はね、方言じゃなかったから。ま、お母さんの渡辺えりさん、大変そうでしたけどね、東北弁で。

なんかね~あんまり、僕に方言を喋らせたいっていう風に、そういうイメージがわかないみたいなんですよ。う~ん。僕の関西弁て、おかしいでしょ、だって。

でも、役だよね、でもね。ホントにそういう、ね、それでもやってみたいっていうような作品であったり役だったら勿論、勉強して僕はやると思うんですけれども。う~ん。

意外に、ね~、お芝居、もうホントに20年以上も…20年以上じゃないか、30年ぐらいやってるにもかかわらず、今まで、ね~、西の人を演じたことがないという。(笑)不思議だよね~ホントに。多分ね、僕ぐらいのそういうキャリアがあって、というか、歴史があったらみんな、何作品かはやってますよ、関西弁の作品て。ホントに無いんだよね。多分、似合わないんでしょうね。う~ん。

時代物もチャレンジさせて下さい。


②続いて、東京都の___さん、
≪私は「途中下車女子」です。お出かけの時や仕事からの帰り道に途中下車をして、電車から見えて気になっていた所を覗いてみたり、楽しみながら一駅から二駅をお散歩した後に、再び電車に乗って目的地まで移動します。以前、小学校1年生の時の担任の先生と偶然すれちがい、突然の20数年ぶりの再会に感動しました。運動になるだけではなく、そんな偶然の出会いがあったりするのでとても面白いです。都内は一駅20分から30分位の間隔で歩けることが多く、その事に気が付いてからは、お出かけの際にはほぼ毎日、少し早く家を出て途中下車のお散歩を楽しんでいます。≫

良いですね~
こういう、なんか、生活習慣は僕も好きですけれども

なんか、やっぱり発見がありますよね、歩くと。ホントに。
僕は車に乗る事が多いのでね、意外に、普段、車で走ってる場所を歩いたりすると、違って見えたりとかって。ね~。そういう発見…僕も散歩が好きなので、基本的にこういう事は好きなんですけれども。

「途中下車」かぁ~~!
途中下車で、ちょっと散歩して、又再び電車に乗るっていうのは、それはやった事は無かったですね~。う~ん。絶対に行かないとこ、あるけどね。だとしたらね、やっぱり。家の近所じゃないってことですもんね、これって。例えば、会社とか仕事の帰り道、ですからね。

地方都市とか、仕事で、泊りで、行ったりすると、結構、そのホテルから離れて…ま、それは地方に限らず、日本にも限らず海外でもそうですけど、まぁ散歩好きの僕は、やっぱ歩くことが多いんで。う~ん。でも、海外だったら分かるけど、地方都市とかでも、もうホテルから、ちょっともうホントに30分とか1時間ぐらい歩くと、もうホテルに帰れなくなるんじゃないかなっていうぐらいに、ホントなんか、ちょっと不安になるぐらいに、全く土地勘ないとこって分かんないですよね。う~ん。

それこそね~去年、京都劇場でお芝居をしてた時も、京都、ホテルから散歩しに行ったりとか、ちょっと電車で何駅かお出かけして歩いて帰ったりとかって、結構プラプラしてたんですけど、やっぱ分かんなくなりますよね。京都なんかすごく簡単な方だと思うんですよ。う~ん。

そう、まぁでも健康にも良いですし、やっぱ歩くのはね。
今の季節、一番気持ち良いんじゃないんでしょうかね。
日焼けだけには、注意しなければと、思いますけれども。


③続いて、愛知県の___さんです
≪私は趣味でイラストを描いている「イラスト女子」です。小さいころから絵を描くことが好きで、最近では色々な人に見てもらえるようになれば、もっと上手になるかな~と思い、インスタにも投稿するようになりました。一時期、慎吾くんのような芸術的な絵に憧れて挑戦しましたが、私にはセンスが無いと感じて断念しました。≫

見てみましょう、インスタ
これ、___さん?(スタッフに聞く)
え、上手じゃないですか!あ、すごい、すごい!なになに、これ?趣味でやってらっしゃるの?プロじゃないですか、プロ。へーーー!

僕はもう、もう皆さん、分かってると思いますけれども、絵に関してはもうホントに、3歳児ぐらいな感じなんで。5歳児か!どっちでもいいや。

や~でも、結構すごい、上手ですよ
まぁ確かに、ディズニー中心の物が多いから、これから、ね~、___さんのオリジリティというか、なんかちょっと楽しみですけれども、これからが。頑張って下さい。


④続いて、ラジオネーム___さんです
≪自衛隊の中でも特に人気の高い航空自衛隊。その中でも、アクロバット飛行など行うブルーインパルスに嵌る女子が多いそうです。そのような方々を「インパルス女子」と言うそうです。もはやアイドルです。パイロットの皆さんがサイン会をするとなれば、全国津々浦々、追っかけたり。アクロバット飛行時の指令を傍受するために無線を聞きながら大きなカメラで激写する。パイロットの皆さんは愛称がついています。由来は分かりませんが、「ごろうさん」という方がいるそうです。ブルーインパルスのアクロバット飛行は、大空に夢希望を描き続けるために、華麗で精密なフライト技術の訓練を日々されているんだと思います。≫

ね~以前も、入間基地の安田さんにお話を聞きましたけれども。
あの安田さんもブルーインパルスでね~一時期…そう、1番機を務めていたって、ね~、仰ってましたもんね。うん。

(安田さんと☎で盛り上がったのは2017年10月25日「編集長稲垣吾郎」→http://hanabi-0322.cocolog-nifty.com/hanabi_room/2017/10/20171025-043-fb.html

ま~僕も子供の頃、ブルーインパルスは好きでね~何度も見に行ったんで。最近のは見てないんでね。う~ん。ちょっと…行きたいな~。結構盛り上がりましたもんね、話、安田さんと。う~ん。

でも、これ、アイドルってすごいですね。サイン会があったりとか、ニックネームがあって、とか。これ、アクロバット時の指令を傍受するために無線を聞きながらって。凄いですね~。う~ん。

見てみたいな~~。
航空ショーなんかも、すごいね、大盛況だって仰ってましたもんね~。
ね~ちょっと、行きたいなと思ってますけれども。

皆さんに、結構、先を越されてますね。

以上、「GORO’s Search」でした。

――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

東京都港区___さんからのリクエストメールです
≪私がリクエストする曲は、Pet Shop Boysの「セ・ア・ヴィダ・エ~幸せの合言葉」です。舞台「LIFE LIFE LIFE」千秋楽を観劇し、劇場を出て右に渋谷のゆるい坂道を上りながら思わず口ずさんだ曲がこれでした。「That’s the way life is」人生なんてそんなもんさ。ほんの少しの言葉の違いで変化する舞台、人生なんてそんなもんさ、正しくこれでした。≫

はい。Pet Shop Boys、懐かしいですね~。

Pet Shop Boys
🎵「セ・ア・ヴィダ・エ~幸せの合言葉」

――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

皆さんからのお便りをご紹介する「GORO’s Essay」、

大阪府の___さんです
≪アニメーション映画『海獣の子供』の公開が近づいてきました。予告編を見ると、水と光がとても美しく、海の生き物たちが神秘的に生き生きと描かれていて、1分間の映像だけで興奮してきます。現在、東京国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展Ⅱ」では、『海獣の子供』とコラボレーションした特別展示が見られるそうです。映画を観て、海や水族館へ足を運ぶ人も増えそうです。劇中では、「彼はね、ジュゴンに育てられたんだ」というセリフが出てきますが、海の中で海獣たちはどうやって暮らしてるのでしょうか?≫

そうですね、これ、もうすぐですね。
6月7日公開映画、『海獣の子供』

僕も、声優…この主人公「琉花」、芦田愛菜さん演じる主人公「琉花」の父親でですね、水族館で働く「正明」という役を、僕は声優として参加させていただいたんですけれども。全国で、6月7日から公開されます。僕もね~まだ、完全な完成したものをまだ観れてないんですよね。ただまぁ、録音した時には、映像をかなり観ることができて。

いや、素晴らしいですよ! ホントに!
これ、多分、映画館のスクリーンで観たら、ね~、
もうホントに、とんでもない事になるんじゃないかな、っていう。

ホントに、まさしく、こう、海の生き物たちも生き生きとしてますし。ね~芦田愛菜ちゃんも、「まるで海が生きてるみたいです」って、ね、会見で仰ってたけど。ホントに、その通りで。う~ん。

多分、今までないんじゃないかな、っていう。
そう…これは、逆に、アニメーションだからできるよね。もう、だから、実写を超えてるよね、これは。うん。実写を超えた映像美というか、うん。実写を目指して作ってるのに…、実写を目指して作ってるわけではないのかな~、ただまぁ勿論、アニメ、絵ですからね。実際の物を描いてるわけですから。でも、もう、その実際をある意味超えてる部分もあるので。うん。勿論、アニメじゃないと、そういう表現ができない部分も多いと思いますし。

これは、もう、是非、体感していただきたいですね~

僕も、声優でね、声を吹き込んでる時に観た映像で、ここまで興奮してるわけですから。これ、映画館行って、あの大画面の中の映像と、あとはサウンドですよね。う~ん。どんな事になっちゃうんだろう、って感じで。

僕も、アニメの声優って、まだ2回目なのかな~。まぁ「サザエさん」とかをね、ちょこっと、やらせてもらった事はありましたけど。こういう、アニメーション映画っていう意味では、「ワンピース」以来かな。だから、まだ2つ目なんですよね。うん。吹き替えとかもやったことないですから。うん。

ね~皆さん、この映画、楽しみにしててください。

それでは聴いて下さい
米津玄師さんで、
🎵「海の幽霊」

――――――――――――――――――

映画『海獣の子供』はですね、今週末の7日に公開されます。
これね~勿論、リスナーの皆さんに勿論観てもらいたいんですけど、お子さんいる方はね、お子さんも連れてって欲しい。うん。これね~すごく、ちょっと難しいところもあるんですよ、この映画っていうのは。だけど、なんか、逆に、だからこそ子供に観てもらいたいな、っていうのもあって。う~ん。子供の頃に、この映画を観ると、なんか良い体験になるんじゃないのかな~っていう。「あれは何だったんだろうな~」とか思いながらも、この先ず~っと心に残る、そんな映画になる…僕も子供の頃にそういう体験がしたことがあるので。うん。なんか、僕は、自分が子供だったら、観てみたいなと思いますし。是非、ご家族で観に行かれてみてははいかがでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

・「GORO’s Column」へは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集する「GORO’s Search」。リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております
・リクエストは「GORO’s BreakTime」
・お便りは、「GORO’s Essay」
・「GORO’s Music Library」では、僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^

2019年6月 2日 (日)

編集長 稲垣吾郎 2019.05.29 #126

<今週の目次>
・美味しいクロワッサンに出会った
♪「Ruin My Life」 Zara Larsson
・「編集会議」
 ①渋谷にティファニーカフェ
 ②遠征読書
 ③鞍馬サンド
 ④劇メシ
♪「パプリカ」 Foorin
・20年前ロンドンで…
♪「星のファンファーレ」 新しい地図joinミュージック
・3人が表紙を飾る「日経エンタテインメント7月号」お楽しみに!

ラジオ レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
【編集長稲垣吾郎】#126
2019年05月29日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

ラジオネーム___さんです
≪以前、パン飲みの話題がありましたが、出かけた先で美味しそうなパン屋さんがあると、帰ってからパンとワインを夜ご飯にする事があります。今、熊本の黒川温泉の近くに来てるのですが、夜中、ワインのつまみに、昼間に買ったパンを食べました。シャンパンよりワインが合いますね。≫

うん。ま~ね、合いますよね。確かに。ワインとパンというのはね。
へ~、良いですね~。黒川温泉でのんびりされてるんですね。

以前、パンの専門家の方と対談したじゃないですか。
その時に、まぁ色々と、東京都内のパン屋さんとか紹介して下さって。

実際、行きましたよ、僕。(笑)
行きました。行きました。は~い。

なんかね~クロワッサンが有名なお店みたいで。美味しかったですよ。クロワッサンって、こんなに美味しいんだ!っていう。や、これがビックリ。クロワッサンの概念が変わりましたね。うん。甘さは控えめなのかなぁ。ま、バターはすごく使ってると思うんですけど。美味しいバターをかなり使ってるって感じがするんですけど。まぁ~やっぱり、モチモチであって、外はパリッとして。う~ん。歯ごたえもすごく良かったですし。

そう、なんか、凄いな~と思ったのは…クロワッサンって、先っぽの方がさ、月の形の先っぽ、ちょっと固くなってません?あそこは。そこまで美味しかった。で、買ってきて、少し温めて食べたんですけど、冷えても美味しかったから。あ、これすごいな~と思って。ま、大体、焼き立てのパンとか、温かくなってると美味しいじゃないですか。冷たくなっても、これ、美味しいって、すごいな~と思って。う~ん。やっぱり、なんか、言われるだけあるな~と思って。

これは、嵌っちゃうんじゃないかな~って思っちゃうよね、
ああいうのと出会っちゃうとね。

美味しいパン屋さん、増えてると思う。ホントに。
なんか、子供の頃とイメージが凄く、パンて、特に変わってくるよね、大人になってきて。

――――――――――――――――――

ここで1曲お聴きください

Zara Larssonで、
🎵「Ruin My Life」

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラ・コジマの提供でお送りします!
~~CM~~

――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

今週は「編集会議」を行います。

①ラジオネーム___さん
≪4月19日にティファニーのコンセプトストアが3年間限定で、原宿キャットストリートにオープンしました。猫とアットマークを組み合わせたアクセサリーなど、ティファニーカフェがすごい話題になってました。6階からなる最上階がカフェで、「ティファニーで朝食を」で有名なクロワッサンや、ティファニーブルーのドーナツなどが食べられるそうです。ニューヨークのブルーボックスカフェよりもカジュアルな雰囲気の店内で、同じく、ティファニーブルー一色。フォトスポットや香水の自動販売機、オリジナル刻印サービスなど、ここでしかないアイテムも。渋谷区にお住いの吾郎さん、お散歩がてらに覗いてみてはどうでしょうか≫

あーーー!これね~
ティファニーカラーで。う~ん。
なんか、インスタとかでもちょっと話題になってましたよね。

これ、どこだ?キャットストリートか~。これは、女性にはたまらないすね~。「ティファニーで朝食を」。そっかそっか、あの映画の中でも、(笑)クロワッサンが出てくる…クロワッサン尽くしですけれども。なるほど~。でも、ここのクロワッサンより、僕が買ったクロワッサンの方が美味しいんじゃないのかな~。

写真も写ってますけど…でも、美味しそうですね。うん。ちょっとロールパンみたいな形のクロワッサンでね。クロワッサンは、ホントは、このロールパンみたいな形じゃなくて(笑)月のような形でないとクロワッサンじゃないんですよね。(笑) ていう、さっき、雑学を、ね、話してたら、それを番組中に言え、みたいな感じだったんですけど。

今日はクロワッサン尽くしですね。
もう、皆さん、クロワッサン、食べたくなってきたでしょ?(笑) 

でもね~確かに、僕は、料理としてパイ生地が結構好きなんですよ。パイ包みとか。うん。だから、まぁ、こういう食感、サクッとして中がモチっとしたものとか、サクサクしたものとか意外と好きなんでね。う~ん。

あんまり、クロワッサンの事をね多分、考えてなかったですね、今まで、人生。で、まぁ、この番組をキッカケに、美味しいパン屋さんを教えてもらい、クロワッサンを買いに行った。美味しかった。良いじゃないですか!ね~、もう、編集長ご満悦です。

これ、ティファニーカフェ、まだやってらっしゃるんですか?
あ、3年間もやってんだ。そっかそっか。ね~是非。可愛らしい、それこそインスタ映えていうか、SNSとかでも、すごいね~盛り上がりそうな雰囲気ですけれども。う~ん。確かに、この色って、ティファニーブルーだもんね。うん。ま、僕からみると、ちょっとこう、ゼロ戦の中のコックピットの中の青竹色にも感じるんですけどね。多分、これは、ティファニーブルーでしょう、全世界的にはね。


②さ~続いて、滋賀県にお住いの___さんです
≪先日、新聞で「遠征読書」という言葉を知りました。本を読むために旅に出て、移動時間や旅先のお店で待ち時間に読書をするのだそうです。場所や雰囲気が違うと、本も別の表情を見せるようだと、新聞記事には書いてあり、なるほどと思いました≫

良いですね~
へ~、「遠征読書」…ま、これ、この言葉、僕も知らなかったですけど、でも、自然とやってた事ではあるよね。旅のお供に、というか。一冊、本を持っていく、っていうのは、昔から僕も多いですし。ま、この仕事、移動が多かったりするのでね。飛行機や電車の中で、移動で読むっていう事も多いですし。うん。

そうだね、でもホントに、やっぱり違う表情を見せますよね。
そん時の自分の気分とか、環境によっても。何度も読み返したくなる本もありますし。う~ん。へ~~。良いですね、なんかちょっと、時間がある時に、本を読むために旅に出るっていうのも良いかもしれないね。うん。


③続いて、ラジオネーム___さんです
≪編集長はサンドイッチは食べられますか?私は月に2~3回お気に入りのサンドイッチ屋さんに行ったりパン屋のサンドイッチを買って食べています。勿論、コンビニの物も食べますが。そんな我が地元に少し変わったサンドイッチを売っているお店があります。なんと!生クリーム・コーヒーゼリー・納豆、この3つを挟んだサンドイッチです。地元では以前から有名なサンドイッチです。私はいまだに食べた事がないのですが、よろしければ編集長もご賞味あれ。因みに、その店は三重県鈴鹿市にある鞍馬サンドというお店です。≫

へーー!
すごくない?生クリームとコーヒーゼリーは、分かるよね。納豆が入ってんの、そこに。凄い攻めてない?これ、誰が考えたの?って、この鞍馬さんかなぁ。だよね。

でも、最初にこれを試そうっていう発想が凄くない?

間違って入っちゃったのか、で、美味しかったとか。(スタッフ:笑) 
朝ごはん食べた後に、納豆ご飯食べてて、ちょっとご飯残してて、ね~、食後のデザートにコーヒーゼリー食べてる時にお茶碗から納豆がコーヒーゼリーに入っちゃって、間違えて食べちゃった、とか、そういう世界?

いや~~納豆…納豆とコーヒーゼリー…まぁね、香ばしさ…うん、納豆と生クリームだったらまだ分かる気もするんだよね。う~ん。まろやかな物と納豆って合うじゃん。オムレツの中に納豆入れたりさ。あ、それがあるか。でも~やっぱり、合わなくはないかも、って気がしてきた。
えーってなるけど、最初は。この言葉だけを聞くと。うん。ただ、率先して食べたいとは思わないね。すごいね!

サンドイッチは、まぁ好きですよ、僕は。
なんか、差し入れで頂いたりとか、美味しい玉子サンドとか、たまに。(笑)高そうな美味しい玉子サンドとかあるじゃないですか。うん。差し入れとかでね、舞台の時とか頂いたりとかして。これはホントに美味しいな~って思って食べたりすることは。玉子サンドは好きですね。玉子は好きですからね、基本的には。う~ん。美味しいと思いますよ、美味しいサンドイッチって。

あの~去年ね、一度、ほら、京都劇場でお芝居をしてた時に、手作りパン屋さんみたいな、うん、すごい昔ながらのレトロな手作りパンの美味しい店に行った、っていう話は多分したと思うんですけど。そこにも色々、サンドイッチはありましたけどね。う~ん。そこは、ハムサンドみたいなのが美味しかったですけどね。

いや~気になりますね。鞍馬サンド。ま、三重県か~鈴鹿。ね~西の方の地区の方で、興味ある方は、ちょっと行って、感想聞かせていただきたいですけれども。


④続いて、大阪市の___さんです
≪吾郎さんは「劇メシ」って、知ってますか?劇場ではなくて、本当に営業しているレストランで演劇をやるんです。設定がレストランかと思えば、舞台セットもレストラン。舞台や映画など、なんとなく興味はあっても敷居が高いと勝手に思い込んで、観たことが無い人って結構多いと思うんです。そういう私のような人が、気軽に舞台を楽しめるようにと始まったのが「劇メシ」です。観劇中も食事をして大丈夫なんだそうです。≫

へーー!知らなかった。。。
(スタッフに写真を見せられて)
うっそぉ~。レストランの中で芝居をしている写真があるんですよ。普通~にレストランですよ。レストランだよ、劇場じゃなくて。これ、『LIFE LIFE LIFE』のね、360度ステージどころじゃないですよ、これ。この近さ。この臨場感というか、ホントに~ああいう全方位のお芝居と同じような感覚ですよね。エキストラになるみたいな感じだよね。

レストランがシチュエーションのお芝居の観客というか。レストランがシチュエーション、ワンシチュエーションのお芝居って、できますからね。うん。だから、これってもうレストランじゃなくてもさ~その場所をテーマにしたお芝居だったら、どこでもできるんだよね。うん。レストラン以外だったら何が面白いのかなぁ。う~ん。ガソリンスタンドとか、どう?なんかドラマが生まれそうじゃないですか。ま、そのスタンドにお客さんが来てね、ちょっとその間に待つじゃないですか。洗車とかすると特に。お客さんは(笑)どういうとこにいるのかな~(笑) 

色んなシチュエーションを、そのまんまリアルにその場所を使って演劇をするっていうのは面白いですよね。でも、あるんでしょうね、こういう事って、昔から。ね~、寺山修司さんとか、まぁ天井桟敷とか、こういうリアルなお芝居とかっていう、やられてたんですもんね。観光バスに乗ってお芝居したりとか。お客さんも一緒に、とかね。うん。

すごい実験的。面白いと思います。は~い。

以上、「GORO’s Search」でした。

――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

大阪府のラジオネーム___さんです
≪フーリンさんの「パプリカ」をリクエストします。今月のななにーで歌われてましたが、この曲は現在NHKが展開している「2020応援ソングプロジェクト」のプロジェクト曲で、明日に種をまこう、というキャッチフレーズの元、2020年とその先の未来に向けて頑張っている全ての人を応援する曲として作られたそうです。今、子供たちやママさんの間で特に大人気だそうです。≫

す~ごい、良い曲だよね~
なんか、どこか懐かしみのある曲で、なんかこう胸がキュンとするような、すごく染みわたる曲だったっていう感じがしますけれども。

Foorinで、
🎵「パプリカ」

ね~、ななにーでは、平成のヒットソングを、もう約30曲以上、生放送でやらせていただいて。僕は丁度、舞台が終わった後そのまんま、駆け込みで、番組には15分ぐらい遅れてから参加する形になって。30何曲全て、当日リハーサルができなかったという。もうなんか、カラオケボックスとかに行って、初めての曲とかを無茶ぶりされて歌う、みたいな。もうそのぐらいのノリだったから。(笑)ちょっと酷いものを聞かせてしまったんじゃないのかな~って。まぁでも、楽しかったです、僕らとしては。うん。やっぱり、平成のヒットソングをいっぱい歌えて。

でも、「Lemon」てさ~ホントに平成最後の時期に、ホントに日本を代表する曲になって、紅白なんかでも歌われたけど、素晴らしい曲ですよね。なんか良い曲だな~っていうのは勿論、僕も思ってたんですけど、実際歌うことによって、あ、この曲ホント更に、この曲が、みんながね、日本中がこの曲を愛したっていう、なんかその理由が分かった感じがして。う~ん。

いつかお会いしたいですよね~。
どんな方なんでしょうね。すごくこう、謎に包まれた、ね~、少しミステリアスな存在というイメージもあるんですけど。う~ん。これから楽しみだね~米津さんもね~

――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

ラジオネーム___さんです
≪クリムトといえば、今から20年ほど前にウイーンを旅行した際、クリムトの絵を見にセセッションへ行った事を思い出します。黄金のキャベツとも言われている不思議な形のオブジェが乗っかった白い建物や、クリムトの壁画も素晴らしかったのですが、それを忘れてしまうぐらい今でも印象に残っているのは、帰り道にデモに巻き込まれてしまい、ホテル方面への電車に乗れなくなったことです。路線図と地図をにらめっこしながらルートを探し、ようやくホテルにたどり着いた私は、我が家にたどり着いたぐらいの安心感に包まれた事を覚えています。吾郎編集長、旅先でドキドキハラハラした体験はありますか?≫

あ、でも、僕もおんなじ事ありますね。
しかも20年ぐらい前に。

イギリス、ロンドンに行った時ですね。最終日に、夕方の飛行機で帰るのに、ちょっとまだ夕方まで時間があったので、大英博物館に、うん、やっぱ興味があったので、行ったんですけど。なんかね、ちょっと事件みたいなのが起きて、「しばらく博物館から出ないで下さい」って言われて。うん。なんとなく、英語だけど、(笑)なんとなく分かって。でも、1時間ぐらいで出れたんだけど。これは結構焦ったね。飛行機の時間があって。

安心して、後々、あれはなんだったんだ、って調べなかったんだけど。今だったら、あの事件が何だったのかとか、後日談として話したいから(笑)。でも、当時は、ホッとしたのと、うん、終わってしまった事はもういいや、みたいな感じで。でもね、確かに、「博物館を出るな」ぐらいなこと言われたんだよね。そう、警察官がいっぱい集まってきて。かなりの厳戒態勢。でも、すぐに、1時間ぐらいで解除されて、ロンドンタクシーで、行きは電車で行ったんですけど、慌ててタクシーで帰って。う~ん。

懐かしいな~。
そう、でもね~すごい嬉しかったな~大英博物館に行って、
ね~、ああいう色んな美術品を見たりした事がね

イギリス、しかもロンドンって、多分その時以来、行ってないんですよね、僕。だから、やっぱり20年ぐらい行ってないので。今、ヨーロッパでどこに行きたい、って言うと…勿論、行ってないとこも多いので、行きたいとこいっぱいあるんですけど、イギリス又行ってみたいな~って、すごく思ってるんですよね。

以上、「GORO’s Essay」でした。

――――――――――――――――――

「GORO’s Music Library」

僕の音楽ライブラリーから、今の気分にふさわしい曲をお届けするMusic Libraryなんですが、今日はですね、ドラクエの日、5月27日に配信が始まりました「星のドラゴンクエスト応援ソング『星のファンファーレ』」を、皆さんに聴いていただきたいと思います。ね~5月25日のイベントで初披露しまして、振付はかなり難しいですけど、がんばってみます。

新しい地図joinミュージック
🎵「星のファンファーレ」

――――――――――――――――――

さ~6月4日にですね発売される『日経エンタテインメント7月号』はですね、新しい地図の3人が表紙を飾りますので、皆さん是非!楽しみにしていて下さい。3人の座談会があったりとか、写真も多く掲載されてるので、ね、最新の僕らが見れると思いますので、楽しみにチェックして下さい。
D7odfl4uyaadwyo

~~~~~~~~~~~~~~~~~
皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

・「GORO’s Column」へは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集する「GORO’s Search」。リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております
・リクエストは「GORO’s BreakTime」
・お便りは、「GORO’s Essay」
・「GORO’s Music Library」では、僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^

2019年5月29日 (水)

編集長 稲垣吾郎 2019.05.22 #125

ラジオ レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
【編集長稲垣吾郎】#125
2019年05月22日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

ラジオネーム___さんです
≪ファミリーマートさんで香取慎吾プロデュースのチーズケーキフラッペが発売されました。吾郎編集長は飲みましたか?飲んでなければ、是非ここで飲んで感想をお願いします≫

飲んでない(笑)
飲んでないです、まだ

あ、なんだ、そうか、今ここのスタジオにあるかと思ったんですけど、スタッフの方が、なんか申し訳なさそうな顔で。溶けちゃうからね。(笑)ま、確かにね。ま、自分で買ってちゃんと飲みますけれども。そうか!もう発売されたんですね。

コマーシャルがすごい可愛いいですよね、
ユニークで。うん。

そうなんですか~。スタジオに、ちょっと、持ってきてほしかったんですけど。(スタッフに)ダメだったの?無理だったの?溶けちゃうからね。そっかそっか。なるほど。

ちょっとあの~、大至急、ちょっと試飲しまして、
ちょっと僕も感想を届けたいと思います。

(一番左のがチーズケーキフラッペ)
190421fami0_0

――――――――――――――――――

ここで1曲お聴きください

Ellie Gouldingで、
🎵「Love Me Like You Do」

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラ・コジマの提供でお送りします!
~~CM~~

――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

さ~今週の編集会議はですね、
「行ってきました」の報告メールをご紹介します

①ラジオネーム___さんです
≪編集長に何度も言わせるのも、と思い、ご報告するのをためらいましたが、『うんこミュージアム』に行ってきました。けっして生々しいものではなく、インスタ映えするような可愛らしい場所だったので、吾郎編集長が行っても大丈夫そうでした。おもちゃのうんこを棒に刺して写真を撮ったりもしました。「うんこ~」と叫ぶコーナーが人気でした。(笑)≫

「うんこ~」と叫ぶコーナーって、気になるな~
大人気ですね~

なんですかね、解放できるんですかね?「うんこ」と叫ぶことによって。ちょっと違うステージに行けるんでしょうかね?まぁ、勿論ね、抑制されてるとか、普段そういうものを出来ないからこそ楽しいのかな。うん。


②さ~続いて、ラジオネーム___さんですね
≪吾郎さんがスペシャルナビゲーターを務めている『クリムト展』に行ってきました。吾郎編集長の穏やかな声に導かれ、クリムトの人生と絵に秘められたエピソードを知りながら歩みを進めていくのは一つの物語に入りこんだような感覚で、クリムトの「ク」の字も知らなかった私が、いざ足を踏み入れたらどっぷり嵌ってしまいました。個人的には、クリムトの描く女性の表情にすごく惹かれました。グッズも豊富で、今回はポストカードを買ってきただけですが、時間を作って何度も見に行きたいと思える場所でした≫

なるほど。
ありがとうございます
他にもね…あ、ポストカードを実際に、ね、ヘレネの肖像とかユディトとか、クリムト展で発売されてるポストカードを使って、感想のお手紙もこの番組にいっぱい届けられてます。ありがとうございます。はいはいはい。

僕も、因みに、今、携帯電話のアイフォンカバーのケース…ま、基本的には、ね、以前、『No.9』の舞台の時に片桐仁さんに頂いたアイフォンカバーを使ってるんですけれども。ちょっとデカいな、ちょっとデカいし今日はちょっと重いかな、っていう時にはたまに付け替えてるんです。

前、マリーローランサンのスマホケースを使ってて。結構ブログとかでも出てたんで、分かってる方もいらっしゃると思うんですけど。

今はね、クリムトのアイフォンケースも付けてますね。うん。
ま、たまにですけど。

基本的には、片桐さんのね、あのデカいスマホケースを(笑)ちゃんと…「吾郎さん、これ絶対ちゃんと使ってくださいよ」って言われたんでね。もう、仁さんの愛情が詰まった、僕もホント気に入ってる、ね~、宝物なので、大切に使わせてもらってるんですけど。今日は、何故か、こう、クリムトのスマホケースが付いてるというね。(爆笑)怪しいですね。(笑)

ま、気分によってね、付け替えていいじゃないですか。うん。ね~。そうそうそう。

ポストカードも可愛いですね。
実際、僕も、ウイーンに行った時に、クリムトの作品を見た時に、美術館で購入したポストカード、今でも飾ってますよ。うん。いわゆる、ま~一番有名なというか、「接吻」ですね。今回、来てないですね、「接吻」がね。「接吻」のポストカードをですね、クリストフルの写真立ての中に入れて。そういう写真立ての使い方をしてるんですけれどもね。う~ん。

でも、早く見たいですね、この『ユディトⅠ』とか。うん。
そうなんですよ、僕、まだ行けてないですね。勿論、これオンエアの頃には絶対行ってると思うんですけど。ね、又ちょっと、行ったら、感想なんかもね、ちょっと皆さんにお伝えしたいと思ってますけれども。皆さんも、是非、クリムト展の方に遊びに行って下さい。
(片桐仁さんから吾郎さまへのバースデープレゼント。素晴らしい芸術作品ですね~でも大きいw)
Bandicam-20181211-202635211
(その原型、ギリ展で展示されてました)
Dsc_3275

(マリーローランサン あの館長さんからのプレゼントかな?)
71unfuqlw2l_sl1200_
(クリムト、どれだろう?)
Highcamp_hcsmh0014



③続いて、埼玉県の___さんです
≪先日、ブンブンブン香取慎吾日本初個展に行ってきました。昔の作品から最近の作品まで、慎吾くんの心音を感じられたり、最新技術の写真が撮れたり、ホント、すごかったです。吾郎さんも舞台とかで忙しいと思いますが、絶対行った方がいいですよ。慎吾くんも、来てほしいと思います。≫

そうなんですよねぇ。まだ、行ってないんですね~。(爆笑) 
何だろな、長期にわたって、まだやってると思うと、なんかちょっと安心してしまいますよね。うん。

まぁ、もう行ってきた、っていう、色んなね~SNSやファンの皆様からの報告ですごい楽しませてはもらってるんですけれども。はい。

そうだね。どのタイミングで行くか、だよな~。
ホント、早く行きたいんですけどね。

なんか、ほら、普通にフラッと、勝手に、じゃぁ、ヒロくんと行っちゃったらさ~それはそれで、なんかちょっとさ~何ていうのかな~やっぱ、ほら、パニックにはなんないですけど、せっかく香取くんの個展で香取くんが主役ですから、やっぱり。別に、僕が行ってパニックになるとかっていうわけではないんですけど。(笑)ちょっとこう、時間とタイミングを選んで行きたいな~と僕は思ってたんですね。草彅さんは、多分、お披露目みたいな時に、マスコミの方とかと一緒に行かれたと思うんですけど。このタイミングですからね~。う~ん。

まぁ、もう普通に行っちゃう?(笑)友達と。うん。
や~や~もう楽しみですよ、僕も、これはね。はい。


④さ~続いて、愛知県の___さん
≪先日、番組で紹介された南三陸ワインプロジェクトのワインが発売され、早速取り寄せてみました。初めてデラウェアのワインをいただいたのですが、甘く爽やかな香り、スッキリとした味わいが、とても美味しかったです。おつまみは、手軽に、ちょうど冷蔵庫にあった「海苔とチーズにシラスを巻いて」。今度は、お勧めの牡蠣でも試します。日本各地で地域おこし協力隊の方々が頑張っていらっしゃると思いますが、商品として形になるまでには大変なご苦労があると思います。こうして番組で取り上げてくださることで、頑張ってる方が報われ地元が元気になって、私たちも馴染みのない日本各地の魅力を知ることができるなんて、改めて素晴らしいなと思いました。≫

うん。良かったです、ホントに。
広まって欲しいな~って、僕も願ってるんですけれども。

そう~このスタジオでも、ちょっと頂きましたし。お土産でも貰って帰りましたし。ホント、美味しいですよね。う~ん。日本のワインも多いですからね~。

この間もね、ちょっと舞台に来たお客様にですね、栃木県のワインをいただいて。なんか、栃木出身の方だったんで、「僕の地元のワインなんです。吾郎さん、栃木のワインは飲んだことありますか?」なんて言って、差し入れして下さったんですけど。すごく美味しかったですね。

ホント、全国でね、ね~東京でもやられてる方もいましたもんね。うん。
そうなんですよね~。ちょっとこう、日本の、まだ飲んだことないワインっていうのも、ね~、世界のニューワールドのワインというのも追及していくのも非常に楽しいですけど、まだ、やっぱ、まだまだ日本でもね、知られてないワインが多いですから。うん。これをきっかけに僕も色々と知りたいなと思うんですけれども。

___さん、良いですね、これ。海苔とチーズにシラスを巻いて。これ、すごいな。合いそうだね、でもね。なんか、すごく美味しそうだぞ。おつまみとしてはね。う~ん。

僕もね、結構、海苔は好きでね~。
佐賀の知り合いの方が、送って下さる…ま、佐賀も海苔、有名じゃないですか。う~ん。もう凄く、それは重宝してるんですけどね。なんか、もうホントに、真っ黒い海苔ですよね。全く、緑がかってない、もう厚みのある。うん。すごく綺麗に黒光りした艶やかな海苔で。うん。高級な良い海苔って、そういう感じなんですかね。すごくね~それは僕も気に入って。うん。冷蔵庫の中に保管して。たまに料理に使ったりとかもしてるんですけれどもね。ま、そのままで、ちょっとおつまみ代わりにしても美味しいですし。

これ、チーズにシラスか~。やってみようかな。う~ん。はい。


以上、「GORO’s Search」でした。

――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

ラジオネーム___さんからのリクエストメールです
≪ゴールデンウイーク、映画を観てきました。今更なのですが、やっと地元で公開された『まく子』を見て、翌日は山﨑賢人さんが好きなので、話題の『キングダム』を観ました。『まく子』では橋本淳さん、『キングダム』では深水元基さんが出演されていて、『No.9』つながりの映画を観たって勝手に思って嬉しくなりました。深水さんは、メイクが原作に忠実すぎて観終わってから分かりました。すごい恐い役で印象的だったのに。どちらもすごく面白くて、前向きになれて何回も観たくなる映画でした。リクエストは、ONE OK ROCKの「Wasted Nights」です。≫

ね~お洋服屋さんもやってる深水さん。そうなんですよね。あの~、『No.9』のスタッフパーカーって、深水くんが作ったんですよ。うん。ね~、これ、髭を剃った深水くんて、僕、見た事ないですよね。ベートーヴェンの時は、ず~っと髭を生やしてて。そう、なんかやっぱり、他の作品では、髭が無い深水さんも多いわけですよ。全然、違いますよね。すごく幼くなる、というか。あの~こう言っちゃアレですけど、可愛らしい、ね、ちょっと童顔な、可愛らしい顔してるので。随分、印象変わりますよね。

僕も、髭がある時と、無い時っていうのは、印象変わると思うんですけど、誰でも変わると思うんですけど。深水くんは、だいぶ違うよね。でも、つるッとした深水くんは、まだ見た事がない、っていうね。実際に見た事がないって、不思議ですよね。(笑)こんだけ一緒に芝居してて。う~ん。

で、まぁ、橋本くんも、そうですね。『まく子』で出てて、学校の先生役で。橋本淳くん、なんか力の抜けた、あの感じが良いですよね。やっぱり、舞台での共演しかなかったので。やっぱ、映像で、どういう風なアプローチをもって演技をされるのか、っていうのは、うん、知らなかったんですけど。ま、でも、やっぱり、橋本くんらしい、なんか力の抜けたナチュラルなお芝居を見せてくれて。こういう感じなんだ~と思って。これからも、もっともっと日本映画、いっぱい出てもらいたいなと思うし、活躍される俳優さんなんだと思いますし。うん。

そんな橋本くんも、『LIFE LIFE LIFE』、お芝居も観に来て下さって。
す~ごい、ね、橋本くんてね、芝居、詳しいんですよ。いろんな戯曲。舞台、大好きで。結構、橋本くんに聞くと、なんでも答えてくれるんですよね。う~ん。僕が初めてヤスミナレザの作品をやる、っていう時も、橋本くんに伝えたら、色々教えてくれて。勿論、ヤスミナレザの事も、橋本くん、大好きで、すごくお詳しい。ま、とにかく、舞台に対する知識、造詣が深いので。うん。これから、何かあったら、橋本くんに相談しようかな、ってぐらい。(笑) 映画も詳しいですしね。そうなんですよね~。

又ね、お二人とも、ご一緒したいな、って思ってますけれども。はい。

それでは、リクエスト曲、聴いてみましょう

ONE OK ROCKで、
🎵「Wasted Nights」

――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

さ~ここでですね~スタッフの方が、先ほどのファミマのチーズケーキフラッペを、慌てて…慌ててというか、走って買ってきて下さったので。ちょっと、僕は、試食をしたいと思います。

これ、飲むの?すくうの?
ま、とりあえず飲んでみます
いただきます

(飲んでる音)
あ!旨いね~
あ~なるほど~うんうん、あ、一番上がチーズケーキ味のかき氷になっていて。ソルベ風になってて。中に、ちょっと小さく切ってあるビスケットとチーズケーキのアイスがその下にあって。で、一番下に、なんと!リンゴソースが、あるんですね。

うん、なるほど~
リンゴと合いますね。
なるほどね、一番下にあるから、かき回していくといいんでしょうかね。うん。ビスケットがね、こう、口の中にね入ってくる、この引っかかりが良いですね。うん。なるほどね。これ、アップルソースていうのがね、ちょっとお洒落な感じがしますね。チーズケーキをそのまま出すというよりも、ちゃんとこう、レストランとかの最後、食後のスイーツのように、チーズケーキのように一つアクセントがある。うん。テカテカのアップルソースを上から掛けたのがね、映像が浮かんできますね。

(笑) 伝わんないね う~ん。
これはみんな好きだ。うん。
これは、みんな、好きだな~。

ビスケットと、このリンゴソースが、やっぱりポイントになってきますね~。う~ん。
伝わりました?このチーズフラッペの魅力が。

以上、「GORO’s Essay」でした。

――――――――――――――――――

「GORO’s Music Library」

僕の音楽ライブラリーから、今の気分にふさわしい曲をお届けするMusic Library

今日はですね、久しぶりに、『SUZUNARI』を、はい、おかけしたいと思います。

あの~5月6日に、MVの再生回数が56万回を超えるミラクルがあった、という事で。ね~ありがとうございます。これ、川谷絵音さんもTwitterでね、「5月6日はゴローの日という事で、僕が作らせていただいた、稲垣吾郎さんの『SUZUNARI』のMVも56万回再生という奇跡的な数字 嬉しいな また二人で歌いたいです」というコメントをしてくださって。ありがとうございます。

え、5月6日って、ゴローの日なんですか? (笑) 
や、なんか、5月6日に悪くないですか?そんな。

だって、5月6日がすごく大切な日である人、もっといっぱいいらっしゃるじゃないですか。なんか、そんな、ゴローの日なんて言っちゃうのが、おこがましいというか。ね~ちょっと申し訳ない気もするんで、僕はあんまりそれに対して反応してないんですけどね。(笑) 

ただまぁ、ファンの方は、すごい、ね~、盛り上がって下さってたんで。
それは、嬉しいな~とは思ってたんですけど。

「そうですよ~今日は5月6日だ、ゴローの日だ~」なんて、僕が言うとさ~また、なんか。(爆笑)う~ん。ま~嬉しいですね。すごいですね、56万回再生っていうのも、ホントに。

いや~~ありがとうございます。
ね~これ、川谷さん、もね、それを意識して下さって。お正月に一度、番組で、生で、一緒にね、歌ったんですけれども。あれからね、ちょっとお会いもできていないので。又ご一緒したいですよね~。

🎵「SUZUNARI」

でも、歌ってさ、何だろ、僕らもね、グループの時から考えると何百曲って、ね~、何千曲かな…ま、何千曲はいってないか、ま、でも、何百曲ってね~歌わせてもらってますけれども。その中でもさ、お客さまの前で何十回も歌える曲って限られてくるわけですよ。う~ん。

今回、ファンミーティングで、ね、20何回とかって、番組でも歌わせてもらったんで、すごい嬉しいな~という思いと、やっぱ、なんかこう、成長していきますよね。歌も成長するというか、育っていくというか。うん。あと、自分も、ちょっと上手く…(笑)上手く歌えてくるっていうのも、勿論ね、ありますし。

あの~僕、基本的に、ソロで、ね~大勢のお客様の前で歌う時っていうのは、今までもそうですけど、すごく緊張してきたんですよ。ソロって、やっぱ特別な緊張感があるんだよね~。何だろうな~ソロでお芝居するのとは全く違って、どこかで苦手意識もあったりするんで、やっぱり今までず~っと緊張しながら歌ってたんですけど。

今回はね、ファンミーティングっていう場所だったからかなぁ。殆ど、緊張しないで、なんかむしろ凄く楽しみながらね、歌えたっていうのが、これは大きな事だったんですよ、僕の中では。

――――――――――――――――――

さ~今週末ですね、5月25日に幕張メッセにてですね、『星のドラゴンクエスト ドラクエの日 プロデューサーギガミーティング』が行われます。星ドラ応援ソング『星のファンファーレ』も初披露します。僕らと一緒にマルチプレイでも楽しめるのかな?会場の中からの、何人かの皆様を選出して。うん。『ファンファーレ』の初披露ですからね。参加される方は一緒に楽しみましょう~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

・「GORO’s Column」へは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集する「GORO’s Search」。リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております
・リクエストは「GORO’s BreakTime」
・お便りは、「GORO’s Essay」
・「GORO’s Music Library」では、僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^

2019年5月17日 (金)

編集長 稲垣吾郎 2019.05.15 #124

<今週の目次>
・ヤンチェのリップクリーム、香りはその時の気分で
♪「Nobody Compares to You」 Gryffin
・「編集会議」
 ①コンバージョンホテル
 ②奥渋の「ターンテーブル」
 ③アプリ「Ex CAMP」
♪「Grateful Days」 Dragon Ash
・福岡ファンミで、5歳の子に「キレイ」と言われる吾郎
♪「Lust For Life」 Drake

ラジオ レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
【編集長稲垣吾郎】#124
2019年05月15日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

神奈川県の___さんです
≪吾郎さん、こんばんは。ケケケのケ太郎のアンファーさんとヤンチェオンテンバールコラボレートしたアロマリップクリームが発売されました。男女兼用とのことですが、吾郎さんは、ローズ・オレンジ・グリーンの3つの香りの中でどの香りが一番お好みでしょうか?≫

うん。ね~そうなんですよね。
僕も、これは、ヤンチェオンテンバールのインスタを見て知ったんですけれども。(笑)インスタを見て知ったって…遅いかな(爆笑) すごい素敵ですよね、ヤンチェのインスタもね~。うん。あれで結構僕も商品チェックをしてるんですけれども。は~い。

ね~アンファーさんと…う~ん、ミノキ兄弟とケケケのケ太郎でお世話になってるアンファーさん。ケ太郎の方は、ホントに、コマーシャルも評判が良くて。ね~なんか又、あの恰好したいですよね。先週もおハガキありましたけれども。なんか…あのケケケのケ太郎の恰好で、やっぱりケ太郎、歌いたいですよね。ね~せっかくですから。ダメなのかな?歌っちゃ。(笑) 

そう、今回、このアンファーさんの、ね、ケ太郎のコマーシャルの時には、水木プロの方々にもホントに協力してくださって。鬼太郎の色んなグッズとかも頂いて。(笑)うん。僕らね、子供の頃から、もうず~っと、それは親しんできた「鬼太郎さま」ですからね~。うん。

今、しかも、鬼太郎って、ね~、アニメーションで日曜日の午前中にやってるんですね。こないだ、たまたまテレビつけたらやってて、ちょっと見入ってしまったんですけれども。勝手に、ケ太郎はね、鬼太郎に親近感を…ま、僕が真似してるだけなんですけどね。は~い。
Bkzc73q

ま~そのケ太郎のアンファーさんとヤンチェオンテンバールのリップクリーム。う~ん。

これ、でも、僕、香り…勿論、商品はね、一度手に取って見たんですけれども。なんかでも、こういうのってホントに、気分によって…結構、リップって、僕、いくつも持ち歩いちゃう方なんですけど。なんか、ちょっと気分によって、つけかえちゃったりするんですよね、贅沢に。リップくらいだったら何本か持ってていいかなと思っちゃってね。う~ん。

ま~基本的には、この中だとやっぱ、ローズが好きですけどね。

まぁ、やっぱ、薔薇って、花も好きですし、香りも僕はすごく好きなので。ね~、ローズの香水を使ってたり、ローズのボディクリームを使ってたりする事もあるので。

でも、ホントに、浮気性です、僕は。こういう物に関しては。その時の気分に、ホントに、よって、変えてしまうので、統一性は無いんですけれども。だから、ね~、皆さんも、色々と、気分によって3つの香りを試してみてはいかがでしょうか

――――――――――――――――――

ここで1曲お聴きください

Gryffinで、
🎵「Nobody Compares to You」

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラ・コジマの提供でお送りします!
~~CM~~

――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

今週は「編集会議」を行います。

①茨城県の___さんです
≪編集長は、コンバージョンホテルをご存知ですか?コンバージョンとは変換・転換を意味します。奈良県にある奈良そごうの7階は回転展望レストランでした。それを生かして、360度のパノラマが眺望できる和テイストのホテルにしました。島根県の奥出雲多根自然博物館の建物の中にホテルを作り、宿泊客は21時ごろ、博物館を鑑賞できる。その外にも、家電量販店を改装したホテルは駐車場が大きいので大型バスが停めやすい。自分専用の釣り堀があるホテルや、相撲部屋を改装したホテルなど、宿泊代も安く、1泊3000円から泊まれるホテルもあります。全てにおいて言えるのは、元々の建物と共存して相乗効果をあげている事です。≫

あ~~良いですね~
コンバージョン…う~ん。ま、中古の建物をコンバージョンする事で、工事期間を短縮して建設コストも抑えられるという、事なんですね。なんか、有効活用だな~と思うし。うん。

それこそね、なんか、映画『半世界』の上映が決まった、ね、映画館も…埼玉県の深谷の、造り酒屋だった所が映画館になった、という所もあるみたいで。そこでも、なんか、映画『半世界』の上映が決まったみたいなんですけれども。面白いですね。造り酒屋が映画館ですよ。

(酒蔵の映画館「深谷シネマ」ですね。5月19日~25日「半世界」上映予定とのこと)
Photo_1
なんか、今、こういうのブームなんでしょうね。時代なんでしょうね。しかし、これ、自分専用の釣り堀があるホテルって面白い、どういう事? ま、家電量販店を改装したホテルが駐車場が大きいっていうのは、ま、なんか想像がつきますよね。う~ん。へ~~~。

ま、因みに、僕が初めて一人暮らしをしたマンションは、多分、ホテルを建設中にマンションに変わってしまったんじゃないかなって。僕が勝手に想像しただけなんですけどね。なんとなく、作りが。ここ、ロビーにするつもりだったのかな~?とか。分かんない。これ、僕の勝手な想像だったんですけどね。(笑)うん。ま、そういう事もありますよね。建設途中からね、変えていくっていう事もあると思うし。う~~ん。

(鏡張りの部屋、みたいなこと仰ってましたよね。ゴロデラのロケで行かれたので見れましたけど、エントランスに螺旋階段があって、すごくお洒落なマンションでしたよね。)

面白いですね、この、360度のパノラマの眺望ができる、和テイストのホテルっていうのも非常に興味ありますし。う~ん。ね~なんか、倉庫だった所がスタジオになる、とかね、そういうのはよくありますけどね。いや~、非常に、僕は、こういうのすごい好きですね。うん。時代に合ってると思うし。うん。なんでもかんでも壊して作って壊して作って、ってやっていく事が全てじゃないというか。なんか、僕は、こういう考えがすごい好きですけれども。


②続いて、埼玉県の___さんです
≪吾郎さん、こんばんは。奥渋にある「ターンテーブル」はご存知でしょうか?ここは実は、徳島県の覆面情報発信交流拠点なんです。徳島県が公募で選んだ工務店が運営し、年間の賃料も県が大部分支払っているのです。一切、宣伝せず、取材もほぼお断りしているそうです。お洒落な奥渋で、洗練された空間と美味しい食材を通じて、徳島の良さをじっくり知ってもらうというのが目的です。徳島出身の私としては、気になってしかたがない施設なのです。4月には吾郎マダムたちが(笑)渋谷に集合することになりそうなので、(笑)宿泊もランチも乾杯もできる「ターンテーブル」を是非、編集長で、ご紹介してください≫

何ですか?吾郎マダムたちが渋谷に集合するって
これは、舞台でね、(スタッフが何か言って)はいはい、分かります。先月の4月にね、はいはい、東急の周りに、ね。僕も渋谷区のマダムですからね。(笑)

ま、奥渋というのはね、奥渋谷の略で、神泉とか松濤、富ヶ谷とかね、宇田川町の辺りを言うんですけれども。はいはいはい。へ~~「ターンテーブル」っていうお店ね。

徳島ね、無いんですよ、僕、行ったこと。う~ん。

阿波踊りとか、すごく良い…ね、興味はあるんですけど。

なんかもう、絶対そういうお祭りとか、なんかああいう雰囲気が得意ではない、あまり好きではない、というお友達も、阿波踊りには嵌って。なんか、しょっちゅう行ってるって人、いるんですよ。う~ん。

ま、例えば、僕の友達のヒロくん、高野さんが浅草でお神輿を担ぐって、それは想像がつくじゃないですか。好きそうじゃないですか。まぁホントに彼はお神輿を担ぐのが大好きで、三社祭とかで担いでるんですけどね。うん。でも、なんか全然そういうタイプの人間じゃないのに、阿波踊りは、「もう、とにかくやって。吾郎さん、一度経験して」って、ず~~っと言われてんですよね。トランス感覚っていうのが、う~ん、最高だっていう風にね、いつも言ってくれて。まだ行けてないんですけれども。う~ん。

でも、なんか、徳島から来たレストランとかね、ご飯屋さんとかっていうのは、うん、何軒か好きな店もあったんですけどね。う~ん。グルメな印象もありますよね。確かに、色々と。そうめんとかね。スダチ、わかめとか。う~ん。

なるほど~。ま、ちょっと、レポートお待ちしてますよ、むしろ。
僕も、まぁまぁまぁ、ちょっと行ってみたいし。

こないだ、「ななにー」の、4月のね、1週目にやった「ななにー」も、スタートが渋谷だったじゃないですか。斎藤工さんが、ね、来てくださって。あん時に、ほら、ニンニク料理、うん、あれもいわゆる、奥渋辺りですね。まぁ、あれは、僕の舞台の都合上、(笑)ね、シアターコクーンに近い所で、斎藤工さんが好きなニンニク料理を食べれる、ってポイントでそこになったって感じだと思うんですけど。ね~でも、すごく評判の良いお店みたいですし、ねぇ、僕はちょっと残念ながら食べれなかったんですけれども。う~ん。皆さん、美味しいって言ってたんで。そこにも行ってみたいですね~。は~い。

レポート、お待ちしております。

「徳島に行ったことない」と仰ってますけど、セブンイレブンのビストロスマップのお弁当を売るために5人が全国に散った時、吾郎さまは徳島県のどこかだったんですよね。でも、吾郎さまの記憶にはそこが徳島だとは認識されなかったんでしょうね。多分、空港に着いて車に乗せられて現場に連れてこられてお弁当を売って速攻帰ってきた、という事でしょうね~wwそんなんじゃ徳島に行ったことあるなんて言えないってことかも)


③続いて、大阪市の___さんです
≪編集長は、休日にキャンプなんていかがでしょうか。と言っても、そこはスーパースターの稲垣吾郎、その辺のキャンプ場では自然の中でゆっくるするどころか、熊が出たのかと間違えられるほど大騒ぎになりそうなので、本当にリラックスできる場所を提供したいと思います。そんな、誰もいないのに、整備は整っている場所などを見つけられるのが、「Ex CAMP」です。こちら、民泊の土地バージョンです。使っていない土地や眠らせている土地のオーナーとキャンパーとを結びつけています。星が煌めく中、オールフリー片手に、「生きてるっ」を感じるのも最高の贅沢ですよね≫

へぇ~~
なるほど~。面白いですね~。アプリで、こういうのあるんですね。

キャンプね~。
ま、オールフリーのコマーシャルの時に、体験したんでね。(笑)う~ん。まぁ、興味はありますけどね。綺麗ですね~確かにね。今、アプリ、見てるんですけど。へ~~。あ~でも、良いですね。まぁ、色んな値段とか条件によって、自分にピッタリなものを選んでくれるっていうアプリなんでしょうね。うん。

ちょっと、これもレポート、お待ちしておりますよ。(笑)

以上、「GORO’s Search」でした。

――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

ラジオネーム___さんからのリクエストメールです
≪仙台のファンミーティングに参加して、吾郎さんの自己紹介、「東京生まれヒップホップ育ち稲垣吾郎です」が、意外で面白かったので、この曲をリクエストします。Dragon Ashの「Grateful Days」。この歌がヒットした当時、替え歌を作って遊んだ記憶が蘇り、仙台から帰ってきてもフレーズが頭から離れなくて困りました。≫

そんなこと、言いましたっけ?
そんな事を自己紹介で言った記憶はないんですけどねぇ
しかも、僕は、ヒップホップ育ちではないので。う~ん。

ま、最近はちょっと、ケンドリック・ラマーが好きって、ちょっとヒップホップなのかな、もしかしたら、最近。ちょっときてるかもしんないね。いやいやいや、まぁでも、懐かしいですね、この曲もね~。う~ん。

Dragon Ashで、
🎵「Grateful Days」

――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

ラジオネーム___さんです
≪先日はNAKAMA to Meetingで、福岡まで来てくださってありがとうございました。本当に楽しくて嬉しくて、まだ夢の中にいるようです。福岡の情報番組では、NAKAMAの皆さんのインタビューも紹介されていましたが、その中で、吾郎編集長のファンだという5歳ぐらいの女の子が「吾郎ちゃんのどこが好き?」と聞かれ、「歌ってる時、キレイだから」と答えたんです。カッコいいとか歌が上手いとかではなくて、一番の印象が「キレイ」。吾郎編集長、さすがです。≫

ありがとうございます。
そんな…歌ってる時は、全然キレイじゃないですけどね。(笑)う~ん。まぁでも、嬉しいですね、5歳の女の子が。う~ん。福岡の情報番組…そっかそっか、会場のインタビューをされてたんですね。うん。

ね~ホント、5歳ぐらいの、もうホントにお子様から、ね~もうホント、幅広い世代の方々に来ていただいて。ね~今回は、「お一人様シート」なんかもあったりとかして。一人でね~いらして下さるNAKAMAの皆さんもいたりとかして。もうホントに、ね~、NAKAMA to Meeting、ファンミーティングをやれて良かったな~と思いますし。うん。や~楽しかったですね~。

勿論ね、ホントにもう何十年も昔から応援して下さる方々も大勢ね来て下さったんですけれども。やっぱ、新しいね、新規の、もうここ1~2年ぐらいでファンになって下さって、初めて、生の僕らを見る、っていう方々もね、結構来て下さったりとかしたんで。うん。

なんか、そこも面白いですよね。なんか、ファンの皆さんの中での交流とか、ね~、また友達の輪がね、NAKAMAの輪が増えた、みたいな事を、皆さんの色々Twitterとかで拝見させていただくと、もう僕らは、ホントにそれはそれで嬉しいな~と思いましたし。

ね~この5歳の子も、これからもず~っと来て欲しいですよね。(笑)ホントに。ね~ホント、嬉しいですね~。お母さんと来たのかな?下手したら、もう3世代で来られる方とかも、ね~、いらしたりしたので、ホント嬉しいな~と思うんですけれども。

ま、僕らも、いつまでもね、そう言ってもらえるように、身も心もね、綺麗でいないといけないな~と思うので(笑)。は~い。ありがとうございました。

以上、「GORO’s Essay」でした。

(そのエンタメニュース、SNSで見せてもらいましたけど。5歳ぐらいの女の子、吾郎ちゃんが大好き、って、ホントに可愛かったですね^^)

――――――――――――――――――

「GORO’s Music Library」

続いて、Music Libraryです。もう、今日はやっぱり、ヒップホップじゃないですか。ね~。「東京生まれ、ヒップホップ育ち、渋谷区在住」ですかね~今ね。

このDrakeっていう方もね、カッコ良いですよね。多分、ヒップホップ好きな人は誰でも知ってるぐらい、有名な方だと思うんですけれども。カナダ人のね、ラッパーの方らしいんですけれども。この曲を、皆さんにお勧めいたします。

Drakeで、
🎵「Lust For Life」

――――――――――――――――――

皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

・「GORO’s Column」へは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集する「GORO’s Search」。リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております
・リクエストは「GORO’s BreakTime」
・お便りは、「GORO’s Essay」
・「GORO’s Music Library」では、僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^

2019年5月12日 (日)

編集長 稲垣吾郎 2019.05.08 #123

今週も盛りだくさんのお話であっという間の30分でした。ケ太郎からインナーウエア選びから舞台の共演者のお話から好きな音楽まで~素敵な女性誌になってますね♪

<今週の目次>
・スカルプD-ケケケのケ太郎はコスプレ
・GORO’s Search 「最先端のインナーウエア選び」
  ☎瀬畑茉有子さん(モデル)
♪「カプチーノ」 ともさかりえ
 舞台を終えて、この4人の関係は永遠
♪「Love」 Kendrick Lamar

ラジオ レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
【編集長稲垣吾郎】#123
2019年05月08日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

東京都の___さんです
スカルプDのCMキャラクター、びっくりしました。ケケケのケ太郎に扮した吾郎さんが麗しすぎて、正にこの世のものとは思えません。表参道に掲げられた広告、通りがかりの人が思わず見ていました。妖怪になった気分はいかがでしたか?CM撮影時のエピソードを教えてください。≫

そうですね
今回は、スカルプDシャンプー、
女性用シャンプーとメンズシャンプーがあるんですけれども。
ま、そのCMキャラクターとして、ケケケのケ太郎として、は~い、任されることになったんですけれども。

そう…や、面白かったですね~。

やっぱり、あそこまでの恰好っていうのは、中々ふだん…もうコスプレですよね。コスプレというか。う~ん。もう、あそこまでいくと、すごく、なんかもう、振り切って、楽しかったというか。うん。それこそ、衣装も、イチから作ってもらって。髪の毛もね~うん、地毛プラス、少しこう、なんかエクステみたいなもので前髪を長くして付けたりとかして。うん。自然に見えるようにね、ケ太郎ヘアにしてるんですけれども。や~面白かったな~。

まぁ、このシャンプーは、もうホントに頭皮の事を考えた、
髪の健康は頭皮からというね、そういうコンセプトで。うん。

頭皮には、もうホントに良いシャンプーなので。皆さんにも是非!使って頂きたいな~と思いますし。僕も使ってますし。しかも、これ、すごいね、色んな頭皮の状況とかによる、環境、自分の頭皮環境によって又シャンプーの種類を選べたりとかして。僕なんか比較的、乾燥系なんで。オイリーではないので。ま、それにピッタリのシャンプーを、今、使わせて頂いてますけれども。うん。

皆さんもね、是非!お勧めいたしますので、是非使っていただきたいなと思います。
Ketarovisual

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラ・コジマの提供でお送りします!
~~CM~~

――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

この番組は「女性誌を作る」というコンセプトなのですが、ま、ついね、戦闘機とかモデルガンとかね、ちょっと僕の趣味の話に走ってしまうことが多々ありますので。そこで今回の「GORO’s Search」はですね、女性にしか分からない女性のための最新情報をお届けしたいと思います。

美意識が高くて最新情報にも非常に詳しいモデルの瀬畑茉有子さんにお話を伺います。


吾:もしもし~初めまして、稲垣吾郎です
瀬:初めまして、瀬畑茉有子です。よろしくお願いします
吾:よろしくお願いいたします~

吾:今日はちょっといつもと違うパターンなんですけれども。モデルの茉有子さんに体験しに行ってもらった、という事なんですけれども
瀬:はい。ある場所に行って、自分の身体に合ったサイズを直接調べられるという体験をする事ができました
吾:はい

瀬:女性って、実際に大体7割の女性の方が勘違いしたサイズのブラジャーを着用してるみたいなんですね。インナーウエアの選びは、女性の身体を美しく見せる為にとても大切なんですが、誰にも相談できずに悩んでいる女性って結構多いみたいで。例えば、お洋服だったらSMLとかあると思うんですけれども、下着だと、どうしてもショップ店員さんに触ってもらってサイズを見てもらうとかメジャーで測ってもらったりというところで、私も含め、そういうのが苦手な方って結構多いみたいなんですね
吾:うん。そうですね

190417_omotesandou_01
瀬:そういうところも含めて、今回、【3D smart & try】 という、3Dボディスキャナーで見てもらいに行きました
吾:3Dボディスキャナー…すごいですね~立体的に正確に、多分、計測できるっていう事ですよね
瀬:そうなんですよ
吾:これ、やっぱり、主にブラジャーなんですか? 胸というか
瀬:ブラジャーもあるんですけど、身体全体を3Dボディスキャナーでちゃんと測ってもらってるので、ショーツなんかも自分に合ったサイズっていうのを教えてくれるんですよ
吾:なるほど~
瀬:うん

吾:やっぱり、ちょっとね、同じ女性同士といっても、ね~、絶対、抵抗ありますし、ね~
瀬:そうですね。特に、初めて…店員さんで、私も直接話しかけられるのがあまり得意ではない方なので。それで、下着となると、結構、抵抗があるっていうか…

吾:これ、やっぱり、男には分からないですね~。男も、きっと厳密にいったら、サイズ測った方が良いんでしょうけれども。まぁでも、なんか、男性の下着って、ちょっと余裕があるじゃないですか。
瀬:そうですね、トランクスとか色々
吾:そうそうそう。ボクサーブリーフとかでも、まぁ余裕がある程度あるわけだし。女性って、やっぱり、かなり、タイトですよね。服も、タイトなもの着た時にはアタリが出ないようにとか。だからやっぱりその辺はピッタリ合ってないと結構ストレスになりますよね
瀬:そうです。胸のトップとアンダーバストっていう差があるので、胸に山があるのでその分、こう、サイズが合わないとプカプカしちゃうというか、浮いてきてしまったりして、ちょっと着心地が悪かったりするんですね
吾:あぁ~なるほどね

瀬:実際に、ワコールさんのお店を体験できる所が表参道ヒルズにありまして。実際に私も先月行ってきました。
吾:ね~なんか写真が。はいはいはい。あっ、分かります。今、1階に出てますね、ポップアップスペース
瀬:そうなんですよ。無料で体験できて、3Dスキャンって、あっという間に計測できるので、あんまり時間をとらないで測ることができました

吾:やっぱ、人に会わないというか…人には会うけど、計測してる時にね、そこで人がいなくて、このロボットでやってもらえるというのが、これ、デカいですね
瀬:そうですね。入口はスタッフの方がいらっしゃるんですけど、奥はもう扉が閉まってて、自分で3Dスキャンのマシーンの中に立って、5秒間停止してスキャンするだけっていう感じで。ホントに、もうサクサクッと終わりました
吾:なるほど。へ~面白いね~。何だろな、靴とかだったらありそうだけどね。スニーカーとか
瀬:私も、自分で使ってたサイズのブラと全然違ってたので(笑)

吾:あ、そうですか。細かいサイズを確認できるということですね
瀬:3Dスキャンして、で、実際に「接客AI」というものもあって、例えば、腋の下の肉をスッキリさせるようなブラが欲しいとか、胸をボリュームアップさせるような見せ方にしたいっていう、自分の好みをまず選んで、で、プラス、お花柄が良いとかスポーティな感じが良いっていうイメージ像が出てくるので、それを選んで、今の自分の3Dスキャンの身体+自分の好みに合うベストなブラを提示してくれる
吾:そっか、提示してくれるから、既製品でも見つけられるってことなんですね
瀬:そうなんです。今ある既成のブラで、こういう物がありますよ、っていうのを、写真出してくれて、その後それをプリントアウトしてくれるので購入できます
吾:あ、すごい。それは良いですね。逆に優しいかもしれない

瀬:そうですね。今、表参道ヒルズのポップアップストアが5月12日までなんですけれども、5月30日木曜日からは東急プラザ表参道原宿4階に「ワコール 3D smart & try」がオープンするみたいなんですね。なので、お手軽に正確にサイズを知りたい方なんかは是非、足を運んでみてはいかがでしょうか

吾:そうですね~ これはもう皆さん、興味津々なんじゃないでしょうかね~多分
瀬:はい
吾:結構、人に言えない悩みだったりもしますしね
瀬:そうですね

吾:7割っていうのは驚きですね、合ってない
瀬:そうなんですよ。殆どの方が、結構やっぱり抵抗があるみたいで。なので、もし、吾郎編集長も、ちょっと機会があれば是非(笑)
吾:まぁいつもならね、今度行ってみます、って大体、僕、言うんですけど。ま、ちょっと今回はね、さすがに。そのAIロボットにはなってみたいですけどね
瀬:(爆笑)見る方ですね。チェックする方
吾:見る方は良いですけどね。僕もチェックできますからね、多分
瀬:そうですね(笑)

吾:そうなんだ~まぁでも、これ、男には分かんない。ほら、ただでさえさ~、やっぱり、ブラジャーってすごいストレスなんじゃないかな、って思うわけですよ
瀬:そうなんですよね。なんかこう、ワイヤーが入ってたりすると、ちょっとこう骨に当たって痛かったりするとか、動いたら、合ってないブラだと上に上がってきたりする場合もあるので

吾:しかも、なんか、綺麗な、自分にピッタリの下着を付けてた方が、スタイルもこう保持できるんじゃないですか?
瀬:そうですね。
吾:絶対そうですよね。健康にも繋がってくる、美容と健康にもね

瀬:あと、ブラジャー以外にも、結構、ボディスーツとかガードルとか、ショーツとかランジェリーとかで、自分に合ったサイズっていうのも纏めてバ~ッと出てくるんですね。
吾:すごいね~
瀬:は~い。トップバストとかウエストとか、二の腕とか太腿まで出してくれるので、結構自分の下着選び以外でも、自分の身体のサイズをまず知りたいっていう方もお試しに行くのは良いのかな~と思います

吾:なるほど~。やっぱり、自分にピッタリの物を着てると、ホント、ラクですもんね
瀬:そうですね~
吾:僕らなんかも、たまにオートクチュールでね衣装とか作ってもらったりすると、こんだけ違うんだって思いますし
瀬:うんうん

吾:でも、良いですね。これから、こういう時代になってきますね、ホントに
瀬:なんか、どんどんどんどん、そういう風に、ピッタリと、気軽にサクッと、自分の合う下着とか洋服が出てくるのかな~って、そういう時代になってきたのかなとは思います

吾:そっかぁ~。これ、もうかなり、皆さん、興味津々だと思いますので、聴いてる方も
瀬:無料なので、サクッと行ってみてください
吾:ね~そうですね、早く、こんなにサックリできるんだったら、皆さん、行かれるんじゃないでしょうかね
瀬:そうですね

吾:は~い、ありがとうございました、今日は
瀬:は~い、楽しかったです
吾:じゃぁまた、よろしくお願いします
瀬:よろしくお願いします~

今日はですね、最先端のインナーウエア選びについて、モデルの瀬畑茉有子さんに伺いました。ありがとうございました。

以上、「GORO’s Search」でした。

(女性ならではのこういうテーマも、男の吾郎ちゃんがお話しても全然いやらしくならない。興味本位の気持ちがなくて、共感する部分を素直に話してくれてるからじゃないかな。そういうとこ、すごい素敵だな~って、いつも思います♡)

――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

神奈川県___さんからのリクエストメールです
≪リクエストは、ともさかりえさんの「カプチーノ」をお願いします。今回の舞台は数年前の「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」と同じメンバーということで、久しぶりに会う共演者の皆さんとの息もぴったりでしょうか。皆さんとお食事会などされましたか?≫

あ、それで、ともさかさんの「カプチーノ」なんですね
ともさかさんね~、曲も出されてたんですね。結構色々とやりますよね~女優さんですけれども。ホントに、ね~、彼女も多分十代の頃からやってるんじゃないかな~。芸歴、長いですよね~。

そう、ま、今回、13年ぶり…数年前というか、もう13年前なんですね、「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」。

ま、同じメンバーで、ま、楽しくやってましたけれども。
そうですね、久々に皆さんとお会いしても、あんまり…13年間てすごく前な感じがしますけれども、やっぱ、会うとね、なんか一気にその時間が縮まってしまうというか。うん。なんか、やっぱり一度、ずっと1か月間ね、同じ板の上に立っていたんで。なんか、その息っていうのは、稽古の頃からピッタリ合ってて。本番も、毎回毎回、良いお芝居をね、お客様に伝える事ができたんじゃないかと思いますけれども。うん。

そうですね、食事会とかは…ま、でも、何回か行きましたね。うん。

なんか、そんなに…良い距離感というか、結構こう、大人の距離感というかね。ベタベタしすぎず、ま、だからと言って、すごくこう、結び付いてるところでは結び付いてますし。なんか、良い関係でやらせていただいて。うん。ま、そこが、この、4人が作り出す空気なんでしょうね。う~ん。

何だろな、例えば、「No.9」の時とかっていうのはね、やっぱり、自分よりもけっこう年下の俳優さんとかも多かったり、人数も多かったりして、結構こう、食事行く回数とかは、なんか多くなったんですけどね。うん。

やっぱ、なんか、その座組の雰囲気ってありますよね。
ま、座長が作るものなのかな~とも思うんですけど。うん。

ま、この4人は、でも、なんかすごくサラッとしてて良いな~こういう感じもね。なんか、お芝居もすごく勉強になりましたし。う~ん。まぁでも、ホントにやっぱり、大竹しのぶさんと段田さんが、ね~やっぱり、こう言っていいのか分かんないですけど、還暦を過ぎてもね、パワフルで、エネルギッシュで、もうなんか、まだまだ背中を追いかけてる感じですけれどもね、僕もともさかさんも。「すごいな~」って、ホントに毎回毎回、勉強させていただいてたんですけれども。う~ん。

それではお聴きください

ともさかりえさん、
「カプチーノ」

ね~、1か月の公演だったので、なんかね、もう少し地方公演とかもね、やれたらいいかな~と思ったんですけれども。この4人の関係って、ず~っと永遠なのかな、というか。う~ん。ま、再演もいいけど、又なんか違う演目で、やっても楽しいのかな~なんとも思ったりもしましたし。うん。良いですよね、中々そういうメンバーっていないですもんね。うん。

ある意味、だから、ホントは再演という事を一番望んでたのかもしれないですけれども、違う作品でもこの4人が凄く面白くなるな~と思ったので、逆にこれは、うん、この「LIFE LIFE LIFE」になって良かったのかな~とも思いますし。ま、又、「ヴァージニア」もやりたいな~という思いもあるし。「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」の、あのしのぶさんと段田さんというのは、僕もまた見たいなとも思いますしね。う~ん。

まぁなんか、今後も、ね、やっぱ舞台でご一緒させて頂きたい3人かなと思いますね。はい。


――――――――――――――――――

「GORO’s Music Library」

僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲をお届けする「Music Library」。

今日はですね、そうですね、この番組でかけようと思ったんですね~~。 Isley Brothersって、結構、僕、前も好きだつって、「Summer Breeze」とかをおかけした事があったんですけれども。なんか、Isley Brothersの「That Lady」って曲があって。それをですね、なんか、カバーしてるアーティストがいて。ま、ヒップホップ好きな人ではもうかなり有名ね、な~、ケンドリック・ラマーという方なんですけれども。

僕は、もうホントにヒップホップ、全く詳しくないし、あんまり普段も聴かないのでね。ウィル・アイ・アムとかはね、まぁお仕事も一緒にさせて頂いたりとかして、ね~ウィルの曲はすごい僕も好きなんですけれども。

で、色々、ケンドリック・ラマーの楽曲を聴いてたら、なんかちょっと、今の気分にふさわしくなってきて、ですね~(笑) なんかたまにヒップホップも良いな~なんて。綺麗なヒップホップは、僕、元々好きなんですよ。

まぁなんか音楽に関しては、このコーナーでも、結構いろんなジャンルにわたってご紹介してるので、あまり一貫性が無いと多分思われてるかもしんないんですけど。でも、ちょっとステキですね、ケンドリック・ラマー。うん。その中でですね、「Love」っていう曲が、すごく僕は気に入ってしまって。う~ん。すごく綺麗な曲なので、皆さんにも気に入って頂けるんではないかなと思いまして、選曲させていただきました。

Kendrick Lamar
「Love」

――――――――――――――――――

皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

・「GORO’s Column」へは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集する「GORO’s Search」。リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております
・リクエストは「GORO’s BreakTime」
・お便りは、「GORO’s Essay」
・「GORO’s Music Library」では、僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^

2019年5月 5日 (日)

編集長 稲垣吾郎 2019.05.01 #122

令和元年1日の放送でした^^ だから何?って言われそうですけどww舞台『LIFE LIFE LIFE~』 の千秋楽が30日に終わったばかりということもあり、今週は、舞台のお話をたっぷりと話してくれました。次の舞台は秋でしょうかね~♡

<今週の目次>
・舞台「LIFE LIFE LIFE~人生の3つのヴァージョン」を終えて
・「GORO’s BreakTime」特集
 ①♪「好きだ。」 Little Glee Monster
 ②♪「I’m Yours」 Jason Mraz
 ③♪「Something For Your M.I.N.D.」 Superorganism
・機内誌、読みますよ

ラジオ レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
【編集長稲垣吾郎】#122
2019年05月01日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

ラジオネーム___さん、
≪舞台『LIFE LIFE LIFE~人生の3つのヴァージョン』を初日、舞台観劇させていただきました。前回の『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』に続いて、四方を客席に囲まれたステージ。演者4人の息づかいまでも存分に感じることのできる素晴らしい舞台でした。個人的には、吾郎さんの眼鏡姿にキュンキュンしっぱなしでした。4人とも、ワインを飲むシーンがたくさんありますが、皆さんはトイレは大丈夫なのかしら?などと、変な心配をしてしまいました。≫

う~ん
ありがとうございます
初日に来て下さったんですね

毎日ホントに劇場に来てくださって、ホントにありがとうございます、皆様
大勢のもう連名とかでも、お花も頂いたりとか、
後は、観劇された方にも色んなお手紙とかプレゼントとかも、ホントに色々頂いて。

初日、来られたんですね~___さんは。
初日の良さってありますよね。うん。
ホットでしたよね。ホットというか、初日特有の盛り上がりを見せる事ができたな~と思って、~ん、思い出に残ってますけれども。

やっぱり、ライブなのでね、毎回毎回、同じものにはならないので。うん。

でも、なんか…う~ん、ここが今回良かったな~ちょっと今回ここが心残りだけど前よりここがもっと良くなったな~とか、ホント、毎日毎日いろんな発見があって。ね~、お客様と一緒に作っていくような芝居なのでね。

特にやっぱりホントに、ね~、このメッセージにもある通り、客席が四方に囲まれてるっていうのはね、ホントに不思議ですよ、やっぱり。ま、ヴァージニアウルフの時もね、一度経験はしてるんですけれども。でも、なんか、そこまで周りを感じられなかったのかもしれない、13年前は。う~ん。

まぁやっぱり…何だろな、13年前の時よりも、なんか自分に、俳優として求められるものも多くなったのかな~とも思ったりとか。後、ちょっと台詞も多かったりとか。ま、休む間も、僕は無いのでね、3幕とも。う~ん。なんか、そういう違いは感じてますね。うん。ま、13年前よりは確実に、カロリーは消費してるかな~という(笑)感じではあるんですけれども。う~ん。

不思議ですよね~四方を囲まれるというのが。うん。
ま、ホント、難しいな~と思うんですけれども。
中々ないですからね、四方を囲まれるという演技経験もね。うん。

これは、なんか後ろ姿で伝わってるかな~とか、やっぱり、自分の全身にセンサーを張り巡らせる感じかな。でも、それはでも、四方でなくても、舞台っていうのは特に、全身を見られるものですから。そうではあるんですけれどもね。ただまぁ、今回はね、特に特殊なので。

そう、ま、基本的にはね、ワンシチュエーションで、一夜の話なので。僕の住む家のリビングルームでの4人での会話劇なので。ま、その最中にず~っとワインを飲んでるっていう設定なのでね。あと、お菓子も食べながらっていう。うん。まぁ、結構、そうですね、う~ん、僕はでもね、やっぱり、飲むよりも喋る方が大変な役なので。う~ん。そこまで、一番、飲んで食べてないんじゃないのかな~という。多分ね、大竹しのぶさんや段田さんの方が、すごい飲んでると思いますよ。(笑)大竹さんは多分、酔っ払ってくるっていう設定もあるから、すごい飲んでるみたいですよ。お手洗いの事は、まぁ、知らないですけど。う~ん。

どっちかっていうと、僕は、飲むというよりも、最後に、ね~、チーズを食べる…そうそうそう(笑)、あれが結構、食べてるんだよね。ま、チーズっていっても、チーズキューブだから、ま、ちょっと小っちゃめのチーズではあるんですけど。1センチ四方くらいのね。でも、意外と美味しいんですよ、あのチーズ。うん。

ま、実際にワインを飲んでたらそのチーズも美味しく感じるんでしょうけれども。勿論、あれは本物のアルコールではないのでね。うん。そう、白ワインに関しては、もう非常に白ワインに、発色、色が近い飲み物があるんですよ。赤ワインて、結構、再現が難しいんですけど。

ドラマとか映画でも、皆さん、感じません?赤ワインのシーンとか見てて。
ワインの色じゃないんじゃない?葡萄ジュースの色じゃない?みたいな。
僕、すごく気になるんですけど。

ワインも色んな葡萄があるから一概には言えないんですけど。でも、やっぱり、ワインの色してないのは多いんだよね、僕からすると。

白ワインはね、分からない。白いから…(笑)
ま、真っ白じゃないですけど。うん。

そうだな~、ま、この番組を聴いてる人だけにちょっとしたネタ晴らしを、一つ、しようかな。番組っぽいよね、その方が。

僕が、レコードを、音楽をかけようとしている…レコード、LP盤を棚から取り出して、うん、そのレコードが何か、っていうのをちょっと当てて欲しいですね。多分、S席の方とか分かるよね。うん。

おっ!ここでこのレコードなんだ!

なんかすごい縁を感じてしまったんですけど。は~い。ベートーヴェンなんだよね。そう、シンフォニー5番。ジャジャジャジャ~ンですよ、だから。「運命」か。なんか、たまたまですけど。でも、棚の中からどのレコードを取るかによって変わってきちゃうんですけど(笑)。でも、大体、そのセッティングってあるじゃないですか、最初の。で、こう、タッタッタッて出して表になるのが、ちょうどベートーヴェンの率が多い、っていう。うん。

だから、何だ!っていう、特にオチのない話ではあるんですけれども。

なんか、不思議ですよね。でもさ、あの状況でさ、レコードかけよう、って言って、ベートーヴェンの「運命」をかけようとするかな、っていう。(笑)なんか適当に何枚か取った、っていう設定だからアレなんですけど。なんか、なんとなく、ジャズとかね、ちょっとハッピーな感じかな~という風に思ったんですけど。まぁでも、ベートーヴェン、シンフォニー第5番、ね、好きですから、僕も。交響曲第5番も。うん。はい。

ということで、
毎日、劇場に足を運んでくださる皆様、どうもありがとうございました

フライヤーとパンフレット
Dsc_3843
Dsc_3844

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラ・コジマの提供でお送りします!
~~CM~~

――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

今週は、皆さんからのリクエスト、「GORO’s BreakTime」特集です。

①静岡県___さんからのリクエストメールです
≪4月から高校生になる息子が、春休みに友達だけで春フェスに行くために東京に行きました。東京にほぼ行ったことがない息子、迷路のような路線図と東京駅の雑多な雰囲気に大丈夫かと親として心配でした。帰りは、最終新幹線に間に合うかどうかだったので、東京駅までの行き方のメモを渡しておいたのですが、そのメモを友達と穴が開くほど確認しあったそうです。友達だけの初東京初フェスは卒業旅行の最高の思い出になったようです。リクエストは、息子が春フェスで聴いたリトルグリーモンスターの「好きだ。」です。≫

はい
お母さんとしては心配だったんでしょうね

そうだよね~~これ、東京に初めて行った時の電車って、絶対、分かんないよね。う~ん。もう、これは、慣れるしかないよね。僕でも分かんないもんな~。しかも、東京駅か。東京駅っていうと、また…要するにアレかな、地下鉄に乗る時は、大手町につながってくるから。その大手町とか、すごいね。歩いてるとさ、1こ先の駅に着いちゃったりするよね。(笑) ね、確かに、すごく複雑ですよね。東京駅もそうですけれども。ここは大変だわ~。そうだったんですね。

ま、でも、良かったね、良い思い出になって良かったな~と思いますし。きっと、忘れられない思い出になったんじゃないでしょうかね~。

それでは聴いて下さい

Little Glee Monsterで、
「好きだ。」


②続いて、___さんからのリクエスト曲、
≪Jason Mrazって、あまり吾郎さんぽくない気がしたのですが、私は大好きで、聴くと何故かハワイに行きたくなります。≫

あれ?
Jason Mrazって何だっけ?
聴けばわかるか…結構、有名か…(笑)

でもね、吾郎さんぽくない、つっても意外と吾郎さん好きな曲多いですよ。そうだよ。なんか、クラシックとかジャズとかを番組でもかけてるから。ね~ロックやヒップホップとかも聴くし、かけることもありますし。

Jason Mrazで、
「I’m Yours」


③続いて、三重県___さんからのリクエストメールです。
≪以前、CMで聴いたことがあり、その時は気に留めていなかった曲を、つい最近、とある理由で耳にした時、一気に興味がわいてきました。調べていくと、ロンドンを拠点とするバンドで、なんと!ボーカルは日本人。もしかしたら編集長も知っているかもしれないので一度聴いて下さい。≫

いや、分かんない
スーパーオーガニズム…へ~~
面白いですね、ロンドンを拠点としてて
ボーカルが日本人なんだ

聴けば分かるかな?
コマーシャルで…
好きな曲だったらダウンロードしてみようかな

Superorganismで、
「Something For Your M.I.N.D.」

――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

皆さんからのお便りをご紹介する「GORO’s Essay」、

大阪市の___さんです
≪私は機内誌を読むのが好きです。出張などで東京に行く時は、ANAに乗ることが多いのですが、機内誌【翼の王国】の「お弁当の時間」がお気に入りです。町工場にお勤めの人や漁師さん、職人さんなど、普通の人の普段のお弁当を扱ったコラムで、なんてことない日常の話からその人となりや人生を垣間見れて面白いです。映画『半世界』ではお弁当が印象的でした。今回、「お弁当の時間」を読みながら、紘さんのお弁当が紹介されたらどんなお話をするんだろう、取材の日にでんぶで「おバカ」って書かれたら笑うかな、など、想像の翼をはためかせていました。≫

なるほど
機内誌…ね~ 
読みますよ、僕も

確かに、自分で本を持ち込んで読む事もあるけど。基本的には、特に国内線だとね、あんま寝ないかな。国内線ていったって、1時間2時間とかだから。

そうですね~う~ん…機内誌で発見することって多いよね。うん。
あ、こんな場所に旅行してみたいな~と思ったり。やっぱり、普段自分がアンテナを張り巡らしてる事でないことをキャッチできるよね、機内誌って。こういう番組をやっていてもそうですけれども。う~ん。なんか、自分の趣味嗜好って偏っちゃうじゃないですか。機内誌、結構好きですね。ね~雑誌だって自分の好きなものが載ってそうな雑誌を読んでしまったり。偏るじゃないですか。

機内誌ってさ、結構こう、バラエティ豊かだし、うん、なんか、いろんな層の人間に、老若男女に、ちゃんと受け入れてもらえるように作ってるよね。うん。専門誌ではない、というか。だから、やっぱり、面白い、機内誌って。結構、面白いんだよね~あ、こんな人がコラムを書いてんだな~と思ったり…そう、結構、僕、好きですよ。写真も美しいよね。う~ん。

あと、なんか、機内誌の後ろの方のページに載っている地図とか見るのも結構好きだし。まぁ、それはもう、いつ見ても地図は変わらないんだけど、つい見ちゃうよね。後、僕なんか、どっちかっていうと、やっぱり、飛行機の機体が好きだったりするから。機種の説明が書いてない?機内誌の後ろの方のページに。うん。ボーイング767って、えっ、20機しかないんだ、とかさ。(笑) なんか、色々、全長とか全幅とか見ちゃうんだよね。そうそうそうそう。結構ね~面白いよね、機内誌。意外と見てますよ、僕も。う~ん。

ただ、結構こう、色々と地方に、草彅くんや香取くんとかとも、ね、今年も色々行きましたけれども。沖縄にも行ったりとか、ファンミーティングでも色んな地方都市も行きましたけれども。あの二人が機内誌を見てるのとか見た事ない。多分、見ないんだと思う。基本的に、機内誌読むタレントを見たことがない、あんまり。(笑) タレントさんて、意外と、なんか…共演者とかと、ほら、同じ飛行機になることあるじゃないですか。寝てる方、多いよね、やっぱり。忙しいからかな。

飛行機って、意外と、僕、外を見ちゃったりとか、機内誌読んじゃったりとか。うん。本当の意味で、リラックスできないのかな、もしかしたら。ちょっと…若干の、その、揺れたりすると怖い、っていうのが僕の場合はあったりするので。は~い。

以上、「GORO’s Essay」でした。

(機内誌と言えば…2014年6月号 ANA【翼の王国】の吉田修一氏のコラムで、吾郎さんの映画評についてとても嬉しいことを書いて下さっています。→2014年6月のブログにありますのでどうぞ→→http://hanabi-0322.cocolog-nifty.com/hanabi_room/2014/06/post-0aa4.html  
  )

――――――――――――――――――

皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

・「GORO’s Column」へは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集する「GORO’s Search」。リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております
・リクエストは「GORO’s BreakTime」
・お便りは、「GORO’s Essay」
・「GORO’s Music Library」では、僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^ 

2019年4月25日 (木)

編集長 稲垣吾郎 2019.04.24 #121

<今週の目次>
・東京の街中にウバメガシの大樹が!
♪「Polaroid」 Jonas Blue, Liam Payne & Lennon Stella
・「編集会議」
 ①食べられるアート「ポテトフラワー」
 ②シェア型レストラン「リダイン銀座」
 ③「うんこミュージアム」
♪「赤わいん」 辛島美登里
・フランシスコッポラのスパークリングワイン
♪「California」 Penny Brake

ラジオ レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
【編集長稲垣吾郎】#121
2019年04月24日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~!

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

横浜市の___さんです
≪「パラ駅伝in TOKYO 2019」、お疲れ様でした。雨上がりの晴天で思い切り応援して熱くなった1日でした。終了後、駒澤大学駅に向かって歩いていると、あの車の往来の激しい通りの脇に大きな樹が生えていました。ふと看板を見ると、「保護樹木ウバメガシ世田谷区」と書いてありました。ウバメガシと言えば、紘さんが備長炭を作っていた木ではないですか。意外な所で出会い、意外に大きな樹でビックリしました。≫

ホントに?
東京にあるの?
驚かせようと思ったんでしょう、僕のこと
驚きましたよ、ほんとに

これ、写真で、めちゃくちゃデカいですけど
ま、実際、ここまでデカいものは、伐採しないと思う、備長炭を作る時には。これは、伐採しちゃいけないくらいデカいよね。でも、ほんとに、これ…この写真も、なんか、住宅街なんですけど、マンションの前に、もう凄いデカい樹ですよ。多分、高さ…15メーター以上あるんじゃないかな~。いや、これはスゴイわ。う~ん。

ここで何で…?って気になるなぁ 
そう、山の斜面に生えてるんですよね、日照の関係で。
陽が当たった方が良いみたいで。

で、まぁ、だから、実際、ウバメガシの伐採のシーンでも、結構急斜面で。ね~、僕がチェーンソーを持って、ね、チェーンソーパンツを穿いて、映画の中ではねそんなシーンもあったんですけれども。

東京のね、街中に生えてるっていうのがすごく意外なんですけれども。これはスゴイですね、よく見つけましたね。う~ん。

――――――――――――――――――

Jonas Blue, Liam Payne & Lennon Stellaで、
「Polaroid」

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラ・コジマの提供でお送りします!
~~CM~~

――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

さ~今週はですね、「編集会議」を行います。

①愛知県の___さんです
≪テレビで「ポテトフラワー」というのがあるのを知りました。十勝産のジャガイモでマッシュポテトを作り、それを使ってお花を作り、食べられるアートとして広めている方がいます。ピンクや紫など、一切着色料は使ってなく素材そのものの色で作り出されるそうです。目でも楽しめて、お祝い事などにとっても合いそうですね≫
Pc160021480x430

う~~ん
あ、これは、美味しそう

美味しそうっていうか…石鹸を使ったフラワーアートとかあるじゃないですか、似てますよね、なんかちょっと。ま、色とか風合いというか。ちょっとホワッとモコっとしてて。ジャガイモの感じと石鹸の感じが。へ~~。でも、可愛いですね。すごいね、でも、着色料は一切使ってない、って、何で?ピンクになるのね、ジャガイモも。へ~。あと、紫は分かるよね、紫芋とかあるもんね。ノーザンルビーにシャドークイーン…う~ん。これ、何が凄いって、着色料一切使ってないっていうのがスゴイよね。う~ん。

いやいや、まぁでも、ポテト、好きなのでね。
マッシュポテト、みんな好きですよね。う~ん。
ポテトサラダとかね。ま、ジャガイモ、好きですね、みんな。

僕も好きですし。
マッシュポテトなんて言ったら、マッシュポテト専用の機械を僕は買おうとした事があるぐらいですから。マッシュポテト、勿論ね、普通にお鍋で作れるんですけど。なんか、ジャガイモをその機械に入れるだけでマッシュポテトが出てくる、っていう、そういう機械もあって。結構、ドイツとか行くと、ご家庭で使ってたりする家もあるみたい。さすがに、マッシュポテトいっぱい食べるお国柄というか。うん。

でも、この機械良いな~、なんて思ってね。
番組で使ってたわけですけどね。うん。値段、まぁまぁ高かったです。アイスクリームマシーンみたいな感じですね。普通の家庭にあるものではないので。うん。もう、なんか手軽に購入できそうな値段で売ってそうですけどね。どうなんでしょうね。調理器具も最近、多いですからね、色々と。

(番組…って、ビストロスマップですよね♪買おうと思うほどマッシュポテトが好きなんだぁ~ちょっと可愛い♡)

マッシュポテト、食べたくなってきましたね。
ただ、ま、この、花は作らないよね。(笑) でも、マッシュポテト、固めに作んないと、花の形…ね~、ちょっとどう、マッシュポテトってやっぱり、フワフワでトロッと柔らかい方が美味しいからね。どんなお味なんでしょうか?


②続いては、大阪市の___さんです
≪世界中の美味しいものが食べられる日本。イタリアより美味しいパスタや中国より美味しい中華が食べられるといっても過言ではないような気がします。そんなグルメが集まる日本の銀座に、初めてのシェア型レストランがオープンしました。「re:Dine GINZA(リダイン銀座)」というこちらのレストランは、6人のシェフがそれぞれに作る料理を一つのテーブルで食べることができます。店内に6つのキッチンがあり、6つの専門店のそれぞれの味を一度に楽しめるんです。腕の良いシェフでもお店を出すのにはすごくお金がかかるので夢を諦める方も多いそうです。ここでは、キッチン設備やホールスタッフなどを複数のシェフと共有することによって、月額5万円と初期費用20万円で銀座にお店が出せてしまう、という夢のようなレストランでもあります。又、来店した客の投票によって人気の高いシェフを決め、人気投稿の順位によってはシェフが入れ替わる仕組みが導入されています。一定期間、ランキング上位を続けたシェフは卒業となり、独立支援を受けることもできるそうです≫

なるほど~面白い
これは面白い
行こう!

これね~やっぱり、皆、夢ですよね。うん。みんな、そういう気分になるんですよ。ただまぁ、例えば、人と同じ物を頼むっていう、なんか、分かち合う喜びもあるから、ね~、カップルで行って、貴方はフレンチ私は中華、みたいな、そこもちょっと寂しい気がするんだけど。飲み物とかはいいけどね。食べ物は共有したいな、っていう。別に、恋人でなくてもね。友達でも。

でも、なんか、まぁ、夢はありますよね。
ちょこっとずついろんなもの食べたいよね。う~ん。
すっごく分かる。これは分かる。

ちょっとね、さすがに、専門店のフルコースになるとtoo muchになってきちゃう場合もありますからね。う~ん。まぁやっぱり、中華っていってね、コースつって、色んな種類があったとしても、やっぱり、油は胡麻油だったりとかさ、大体なんか、似通ってくるじゃないですか。そこの中でも色々駆使して考えて、ね~、どんどんどんどん料理を作られて進化してるとは思うんですけれども。

でも、やっぱり、これは、すごい大胆な発想ですよね。う~ん。
面白いな~。

多分、6種類全部一皿ずつは、もう、ちょっと無理だよね。大勢で来た時とか楽しいかもしんない。新橋とかのガード下にあるさ、前、番組で言ったけど、みんな系列が一緒で、ここはお刺身が多いお魚専門の店で、横は焼鳥が多い、とかで、そっちから持ってきてくれる、みたいな。ガード下はあるよね。うん。ま、行ってないですけど、僕は。あれも面白いな~と思ったけどね。

ま、贅沢だよね、確かに。へ~。
でも、楽しいね、みんなでワイワイワイワイ。
だから、ちょっと大人数とかだと楽しいかもしれないですね。なるほど。

あと、このシステムが非常に面白いですね。ランキング形式で、ね~、シェフの方を…。まぁね、これぐらいの初期費用でお店出すっていうのも夢ありますし。この企画、プロデュースした人は、面白いですね~。う~ん。確かに、お店出すのっていうのは中々大変な事だし、そのシェフも独立しやすくなりますもんね、そこで、そういう評判が生まれれば。うん。

ちょっと、すごく興味あります、ここは。

まぁでも、後味とか、あるからな~料理って。やっぱりさ、(笑)イタリアンの前菜食べた後に、次、メインで中華のメインがきたりすると、ちょっとやっぱり、口の中、混乱しそうな気もするけどね。うん。ま、でも、面白いっていうのは、面白いし。誰もやってない事だし。そこを、なんかうま~くさ、例えば、フレンチだのイタリアンだの和食だのっていうのに、移り変わっていく時に、違和感なく移り変わっていって食事を楽しめるといいよね。余韻とか後味が邪魔しないような感じで。(笑)

ま、ちょっと、ここはちょっとホントに、行ってみたいですね
銀座にあるんだ…。


③東京都世田谷区___さんです
≪突然ですが、「うんこミュージアム」をご存知でしょうか。エレガントな編集長に、何度もこの単語を使わせるのは気が引けるんですが。入場時に、まず、マイうんこメーカーなる便器に座って排泄されたカラフルな「マイうんこ」を棒に刺して館内を歩くという、奇想天外な遊び心が満載みたいです。まさに、映画「くそ野郎と美しき世界」の「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」とそっくりな感じです。吾郎さんが行かれることはないと思いますが、くそ野郎シリーズ第2弾のインスパイヤになるのではないでしょうか。≫
Unteractive

なるほど~
お好きにやってください
(スタッフ:笑)

(笑)うんこミュージアムって…
これ、どうなんでしょうね。何をもって喜ぶんでしょうね。でも、人気あるんだよね。これ、僕、テレビで見ましたよ。へぇーーー!

「この世に誕生した瞬間に流されて消えていく。そんな儚い運命をもつうんこが、2019年、かつてないエンターテイメントとして生まれ変わります。」

みんな、巻きぐそなんですね。あれ?あっそうか、「慎吾ちゃんと歌喰い」の時のうんちも、アレか(笑)、巻いてましたっけ?

ね~、今日、何回、「うんこ」って僕に言わせるんでしょうかね。(スタッフ:笑) 

いやいやいやいや~、これは、お子さんと行くのかな?大人にも人気ある。へ~~。なるほど~。ま~僕は行かないので。どなたか興味ある方は、行ってきて下さい。報告は、しなくてもいいのでね。

以上、「GORO’s Search」でした。

――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

千葉県___さんからのリクエストメールです
≪辛島美登里さんの「赤わいん」をリクエストします。「eclat」のインタビューを読みました。今が幸せと思えることが大事、変わらない生き方、という言葉と、ワインの話を読んでいたら「赤わいん」の歌詞が頭に浮かびました。≫

うん。
「赤わいん」という曲が、しかも、ひらがななんですね、ワインが。

ね~、なんか、eclatさんの雑誌のインタビューが、
結構色々と、ちょっと反響があって良かったな~と思うんですけれども。

どんな曲なんだろう。ね~。ひらがなの「わいん」て感じの曲なんだろうか?

聴いてみましょう

辛島美登里さんで、
「赤わいん」

(昔のインタビューに「幸せ?と聞かれたら、意地でもYESと答えたい」と。20代の頃のかな。そういう生き方のポリシーとか哲学とか美学とか、昔っから変わってないと思う。20代の頃のインタとか読んでも今のを読んでも変わらない。多分、10代20代で基盤が出来上がってたのかな。すごいね、吾郎って♡)

――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

皆さんからのお便りをご紹介する「GORO’s Essay」、

川崎市の___さんです
≪泡大好きな私の目を引いたのがこれです。巨匠フランシスコッポラが愛娘である映画監督ソフィアコッポラの結婚を祝して手掛けたスパークリングワイン。大きくなったら君のためにワインを作ろう、という約束を、10年後、彼女が結婚する時の記念に作られたワインだそうです。このエピソードだけでもカッコ良くしびれましたが、187mlという小ぶりな缶に入ったスパークリングワイン。パッケージも可愛いです。シャンパンは、あの栓を開ける時の興奮も楽しみの一つですが、例えば、お花見やちょっとした出先に持っていく時に、どうしてもスパークリングワインのボトルって重すぎるんです。缶だったら冷やすのもラクだし、デザインも華やかなので、これは良いなと思いました。≫
Dmy140041300

なるほど
泡が好きな___さん
ま、僕も好きですけどね。

確かに、ま~、う~ん、シャンパン…ボトルはね、ワインもそれ言ったらそうなんですけどね~。まぁでも、ボトルでなくなってしまうのも寂しいな~とも思いますけれども。う~ん。まぁでも、企画としては面白いな~と思いますし。うん。

これ、でも、知らなかったですね。

勿論、コッポラのワインって有名ですから、カリフォルニアワインの中でも。結構シャルドネの、使った白ワインとかでも、好きなものもありますけれども。う~ん。素敵ですね~娘に作ったワインていうのが…そうなんだ。

これ、どこでも手に入りやすいのかな?
(スタッフが何か資料を見せてる?)はいはいはい。へ~。

まぁ勿論これ、泡といってもシャンパーニュではないですからね。結局、コッポラさんが作ってるワインだから、カリフォルニアでやってるワインなんで。うん。ま、スパークリングワインという言い方だと思うんですけど。ただ、まぁ、「シャンパーニュのように泡も強すぎず値段もお手頃」、と書いてありますね。だから、飲みやすいんでしょうね、多分、女性の方もね。確かに、シャンパンて、ちょっと引っかかる時ありますからね、喉にも。う~ん。

確かにね~なんかこう、急激にワインとかシャンパンを冷やすのって時間がかかりますからね。缶だったら確かにすぐ冷えるし、良いかもしれない。なるほど~。

僕は、シャンパンだったら意外と、187ていうと…まぁ小ぶりですけれども、ピッコロサイズのね、ボトルのシャンパンとかも、ちょっと贅沢な感じはしますけどね。ま、好きですけどね。冷蔵庫に並べたりすると、うん、ちょっと気分が良いな~と思う。

よく、ピッコロサイズのシャンパンて、(笑)なんか、よく、何だろな、セレブのパーティとかで、あそこにストロー突っ込んで、セレブリティが飲んでるイメージ、ないですか?(笑)小っちゃいシャンパン…。そうそそう プレゼントとかにはすごく喜ばれますよね。う~ん。ピッコロサイズっていうのは、なんか可愛らしいですしね。そっか。それに代わる感じで、この、缶ていうのも可愛いかもしれないですね。

以上、「GORO’s Essay」でした。

――――――――――――――――――

「GORO’s Music Library」

僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲をお届けする「Music Library」です。

今日はですね、スマホの中に入っている…これね、スマホの中に入った、という方が表現が近いかな。元々、CDでずっと持ってて、ホントもう随分昔ですよね、20代かな? Penny Brakeっていう、ま、オルタナティブ系な、うん、バンドのアルバムなんですけれども。そん中で「California」っていうアルバムがありまして。これ、ずっと好きでね、よく聴いてたんですけど。

CDって、ほら、もう、整理しないと、さ。
で、もう、みんな今、これの中に(スマホをトントンしながら)入っちゃうじゃないですか。僕らも音楽は、今、最近は配信サービスでやらせてもらってますし。だから、なんかもう、ホントに、CDが…いろんな思い出がありますけど、うん、なんかもう、とっても思い入れがあって気に入ってるもの以外は、結構、処分するようにしてるんですけど。

ま、でも、このアルバムは捨てられないな~と思ってたんですね。でも、やっぱり、今、こう、スマホの中に入れてしまったら、こっちから聴くことの方が結局(笑)多いっていう。CDは、勿論、再生しますけどね、家にいる時には。CDプレイヤーもありますし。うん。

僕らの場合は、ほら、お仕事で、なんか、音の資料とかを頂く時に、やっぱりそのままCDをDiskごと頂いたりする事も多いのでね。音の場合もね。映像だけではなくて。やっぱり、CDプレイヤーって、結局必要なんですね、家の中で。

そう、そんな中で、僕が好きだったアルバムなんですけれども。ね、良いですよ、結構。雰囲気、ありますし。うん。結構、深夜に聴くことが多いですね。はい。それでは聴いて下さい。

Penny Brakeで、
「California」

――――――――――――――――――

皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

・「GORO’s Column」へは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集する「GORO’s Search」。リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております
・リクエストは「GORO’s BreakTime」
・お便りは、「GORO’s Essay」
・「GORO’s Music Library」では、僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^

2019年4月21日 (日)

編集長 稲垣吾郎 2019.04.17 #120

<今週の目次>
・捨てられない物…舞台のパンフ、本
♪「Remind Me to forget」 Kygo、Miguel
・建物がない美術館
 ☎ NPO『砂浜美術館』デザイン室 西村優美さん
♪「平成終わるってよ」 SASUKE
・お札になるとしたらエレガントに…5千円・タキシード・蝶ネクタイ・髭


ラジオ レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
【編集長稲垣吾郎】#120
2019
0417日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~!

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

広島県の___さんです
≪吾郎さんは美術館などに行かれると思いますが、チケットはどうされてますか?処分されますか?私は今まで捨てていたのですが、取っておきたい気持ちもあります≫

あ~なるほどぉ

チケットは、まぁ、取っとかないかな~
やっぱり、きりがないのでね。う~ん。
基本的には取っとかないですね、チケットは。

でも、ホントに自分が好きな個展であったり、ね~、そういったものだったら、取っとくっていうのは全然。取っとくっていっても、そんなに、チケット、嵩張らないですしね、薄いから。良いんじゃないのかな~とも思いますし。うん。

そうですね、舞台のパンフレットとかは意外と取っときますね。う~ん。まぁでも、後は、そうだな~…本とかね、まぁ、中々捨てられないですね、だから、僕も。気持ちは分かりますよ、すごく。うん。

ま、でも、別に、チケットは良いんじゃないでしょうかね。別に嵩張るものではないですし。

――――――――――――――――――

Kygo
Miguelで、
Remind Me to forget

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラ・コジマの提供でお送りします!
~~CM~~


――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

さ~、高知県にはですね、建物が無い美術館があるそうです。美術館巡りがね、まぁ、趣味の一つとも言える、私、編集長としてはですね(笑)、一体どんな美術館なのか、ちょっとリサーチしてみたいなと思いまして。今回の「GORO’s Search」はですね、高知県の『砂浜美術館』のデザイン室で働く西村優美さんにお話を伺います

Hd_31thtshirtart

吾:もしもし~初めまして、稲垣吾郎です
西:初めまして、西村です

吾:建物が無い『砂浜美術館』というのは、どういったものなんですか?
西:「私たちの町には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です。」というのがコンセプトの美術館でして、長さ4キロメートル続く砂浜があるんですけど、ここを頭の中で美術館にして、建物の無い、考え方の美術館という事なんです
吾:えっ!? 
西:(笑)

吾:作品をそこには展示してるわけではないんですか?
西:作品はですね、例えば、砂浜に小鳥の足跡がチョンチョンチョンて残ってるような時があるんですけど、まぁそういうのも作品ですし。後は、風とか波とかが砂に模様をつけるというか、そういうのが残ってる時もあるんですけど、そんな模様とかも作品ですし。あと、貝殻とかは勿論、瓶とか面白い物が流れ着くこともあるんですけど、そういう漂流物も作品です
吾:あ、面白いですね。なんか、てっきり、もう、建物ではなくて砂浜をスペースにした色んな個展が開かれるのかと思ったんですけど。違うんですか
西:あ~、そうなんですね。企画展としてそういう事をする時もあるんですけど、私達が普段、常設展示と呼んでいる物については、今ご紹介したような、ホントに自然の、その時にその方が出会っていただくものが全て作品、という風に考えてます

吾:面白いですね~。でも、これって別に、だから、どこでもできるわけですよね。山でも
西:そうですね。なので、「考え方の美術館」なので、壁も天井も無いですし。私たちはここの4キロの砂浜を中心に「美術館」て捉えてはいるんですけれども。ま、場合によっては、日本全国、もしかしたら世界中、美術館という風に捉えて、作品みつけをしても面白いかもしれないです

吾:これは、チケットとかは?
西:いえ、年中無休で無料です
吾:無料なんですか?
西:そうです。企画展をしている時には「協力金」という形で、活動に対してご協力いただくことがあるんですけど、美術館としては、もう、普段通りの常設展は無料です
吾:面白いですね~
西:は~い

吾:まぁでも、確かに、こういう自然の産物というか、に敵うものはない、というかね、美しさで。
西:そうですね。やっぱり、ホントに、日々変わるものなので、もう飽きることがないっていうのが、私もここに務めている実感で。

吾:ま、でも、これまた、日本は海に囲まれてるわけですし、みんなそれぞれでイメージする海ってあると思うんですけど、高知県の、ここの、海、は、やっぱり美しいんでしょうね。自信がないと
西:(笑)そうですね、高知県の中でも空港から2時間ぐらい西へ行った、ホントに小さな田舎町にあるんですけど。やっぱり、ほんとにもう、砂浜4キロメートルが貸切り状態みたいな、人がいないような時もありますし。ホントに広い美しい、もう、自然の美しさを凄く感じるような空間ではありますね
吾:う~ん
西:ホントに、自分のペースで色々見つけたりとかっていう時には、ホントに自分の世界に入り込めるような場所です

吾:なんか、イベントもやられるという事で。これから、201952日から?
西:はい。「Tシャツアート展」と言いまして。全国の方から応募していただいたデザインをTシャツにプリントして、それを砂浜にズラッと洗濯物のように展示をするんですけど。砂浜美術館の発想自体、このアート展もきっかけとなってまして。普段はさっきお伝えしたように自然な物を作品として楽しむんですけど、やっぱり一つこういう仕組みがあることで、「あ~ここ美術館なんだな~」と、又改めて知っていただくような、アート展です

吾:なるほどね。後はもうホントに、地球の事を考える、じゃないですけど、自然環境であったりとか、そういったことを又見つめられる場所でもありますもんね
西:そうですね。水平線を眺めながら、世界との繋がりを感じてみたり、はい、この水平線の向うにはクジラも生きているんだな~という事も感じたり
吾:そうですね。なんか、海に行くと、海に行った時にしか考えられない思考って出てきますよね、人間て。
西:そうかもしれませんね
吾:なんか、不思議と、ありますよね

西:この「Tシャツアート展」に来られるお客様も、最初はこのTシャツめがけて見に来られるんですけど、ず~っとTシャツを追っていくと、知らない間に波打ち際まで出ていて、そしたら目の前にはもう海しか広がってないんですけど、そこからず~っと海を眺めている、っていうような方、やっぱり凄くたくさんおられますね
吾:そうですね、不思議ですよね。山の中で山の大自然を感じるのと、海の自然を感じるのって、なんかちょっと又気分が違うんですよね、不思議とね
西:そうですね~爽快感だったり、風を感じるとかっていうのは
吾:そうです、音とかね、ありますね
西:は~い

吾:これ、でも、色々と、展示会やってらっしゃるけど、なんか色んなパフォーマンスとか、何だろな、こう、お芝居じゃないけど、ダンスとか。なんか、そういうちょっと芸術的なものとか。ちょっと、そういうのもありそうですけどね、これバックに
西:そうですね~
吾:「Tシャツアート展」みたいな感じで、バックを海にして、キャンバスに見立てて。ステージというかね。うん
西:確かに。美術館なので、使い方は自由というか。スタジオという風に呼んでしまってもいいかもしれませんけど。
吾:海でライブやるっていうのはよくあるパターンだけど、なんかもうちょっと違う催し物…バレエとか、分かんないけど(笑)
西:ありそうですね~。今ちょっと新しい、なんか、感性とアイディアを編集長から頂いてるような感じがしますけど
吾:なんか、色んなアート、あるじゃないですか、パフォーマンスの中でも。ダンスとか。なんかちょっとこういう所で、なんか、見てみたいですね

西:演じてもみたいですか?
吾:いや、自分、て事は今考えなかったけど。なんか、コンテンポラリーダンスみたいなものとか、なんか、ありそうじゃないですか

西:そうですね。時間によっても又、照明は太陽なので、色んな当たり方があったり、色合いにもなったり
吾:まぁ、演劇でもいいし、色々とそういうのは、なんかやっても面白そうだなと思いましたけどね。海っていうとライブっていうイメージしかないじゃないですか、夏の
西:そうですね~ もう少し、確かに、風景とか音とかも使うような
吾:そうそう。ちょっとそれは興味ありますけどね
西:は~い、ありがとうございます。新しいアイディアを頂きまして

吾:なんか、美術館の枠を、囚われずにできますね、逆にね
西:ホントにそうなんです。壁も天井もないですし、カテゴリーというような枠組みも、まぁ言ったら、なくてもいいかなというような、考え方の美術館なので

吾:ホントに、自然がね美術品ていう風に思えるというのはホントに良い発想だなと思いますし。別に造形物だけが美術品ではないですから。なんか、そういう感性みたいなのは逆に若い世代というかお子さんとかね、なんか、色々と伝えていけると良いと思いますね、環境の為にも
西:そうですね~地元では小学生に砂浜美術館のお話とかも結構させて頂く機会がありまして。そしたら子供たちはホントに、ここの事を「美術館」と呼んでくれて。この活動始めて30年になるんですけど
吾:30!?すごいですね
西:そうなんです。平成おわりますけど、平成元年がスタートでして。
吾:これからも続けてほしいですね
西:是非、リサーチをしに来てください
吾:は~い、今日はありがとうございました!
西:ありがとうございました

本日は、NPO「砂浜美術館」デザイン室の西村優美さんにお話を伺いました。ありがとうございました

――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

千葉県、ラジオネーム___さんからのリクエストメールです
≪「#SINGING」を作詞作曲して下さったSASUKEくんの新曲「平成終わるってよ」をリクエストします。彼の才能が溢れていて素晴らしい楽曲です。何度もリピートしたくなるノリの良いメロディー、ダンスもSASUKEくんが考えたそうです。コーラスには、弟さんやお母さまも参加しているそうです。吾郎さんも是非、聴いてみてください≫

あ、そうなんですね!
そうか、SASUKE君の曲っていうのは、YouTubeとかでね、彼がパフォーマンスしてるのは見てるし。あと、僕らに曲提供して下さった「#SINGING」は勿論のこと。ただ、他の曲は知らなかったのでね。う~ん。新曲があるんですね。う~ん。

ね~もうホントに才能…才能あふれて、あの歳で、っていう。
ホント、すごいですよね。もう僕らの世代では考えられないですよね。う~ん。
時代も変わったんだな~って感じもしますし。

でもね、そういう若い才能もどんどんこれからも増えてくるでしょうし。ね、そういう方々の力を借りて、僕らもやっていかなきゃな、とも思いますし。ね~、ホントに良いコラボレーションになったな~と思いますし。次に会ったら、すげ~身長とかも、「あの時のSASUKEくん?」みたいな感じになってるかもしれないお年頃ですもんね。

それでは、聴いてみましょう

SASUKE
で、
「平成終わるってよ」

――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

皆さんからのお便りをご紹介する「GORO’s Essay」、

岡山県の___さんです
≪以前、林修先生が番組に出演された時に「お札になりたい」という話で盛り上がったのを思い出しました。その時に、夏目漱石は喪服、新渡戸稲造は結婚式の格好の写真が使われていると知りました。そして、林先生曰く、髭があると使いやすい、とのことでした。お髭も似合う吾郎さんが、もしお札になるとしたら、どんな格好で映った写真を使いますか≫

(笑)林先生…そういう話、ありましたっけ? うん。お札になりたいっていうの、考えたこともないですね、普通の人は。さすがですね、林先生。う~ん。

まぁでも、自分がお札になるって、思ってなかったよね、渋沢栄一さんも津田梅子さんも、北里柴三郎さんも。まさか!だよね~。皆、そうか。

まぁでも、この渋沢さんの顔見たら「1万円」、て、なるんでしょうね。今は福沢諭吉先生か。やっぱ、イメージ強いもんね。福沢諭吉先生の前は聖徳太子。(ふふ) すごいね、やっぱ、1万円て凄いんだね。凄いっていうか、聖徳太子だよ。うん。福沢諭吉さんだよ。そうかぁ。まぁでも、変わりますからね。

でもさ、北里柴三郎さんはさ、やっぱさ、お札むきな顔してません?福耳だし。すごいよね。でも、まさかだよね、お札になるってね、絶対に。うん。普通は考えないもんね。でも、やっぱりさ、今現在ご存命で活躍されてる方で、ね~、僕らももしかしたら会ったことあるかもしれないような方でも、今後お札になるって可能性多いわけだもんね。だって、自分は会った事ない人じゃん、お札になる人って。当たり前だけど。う~ん。ま、会った事ある人もいらっしゃるかもしれませんけど。

5
千円、良いね、なんか。(笑)
分かる?なんとなく。 

すごい、なんか、5千円札って、僕、好きなんですね。なんか。
ゴローだから?そういうわけじゃないんだけど。あ、でも、「5」って数字なのかもしれないね。うん。まぁなんか、千円札を5枚にして5千円というよりもさ、1万円のハーフが5千円て感じしない? 勝手なイメージ。 なんか、そのハーフ感がね~好きなんですよね、僕は。う~ん。(笑)伝わりにくいかもしれないけど。ま、ゴローの5なのかな。

ま、でも、なんか、自分だったら5千円が良いかな。うん。

なんか、1万円て、ちょっと大役じゃない?(笑)なんか、良くも悪くも。千円だとね、ちょっとあまりにも使われ過ぎて…お札の劣化が早いのって、やっぱ千円なんですか?僕、全然分かんないけど。う~ん。財布の中の札を見てみるとさ~…変わんないか。中々ピン札っていうのはないけど。どうなんでしょうね~。う~ん。

恰好はね、そうだな~…や~でもやっぱり、顔がメインになってくるのでね、バストアップじゃないですか、バストアップっていうか(笑)、ね~、だからやっぱり、ネクタイというか蝶ネクタイというか、なんか首元はキッチリとエレガントにフォーマルにいきたいですよね。蝶ネクタイかなんかでね。タキシード着て。髭生やしててね。

ね~今後どうなっていくのかな~。ま、でも、楽しみですね。なんか、生まれ変わって新しくなるって、気分も良いしね、やっぱり。うん。楽しみですけれども。は~い。

以上、「GORO’s Essay」でした。

――――――――――――――――――

皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

GORO’s Columnへは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集するGORO’s Search。リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております
・リクエストはGORO’s BreakTime
・お便りは、GORO’s Essay
GORO’s Music Libraryでは、僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒1058002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^

2019年4月13日 (土)

編集長 稲垣吾郎 2019.04.10 #119

<今週の目次>
・失くし物はまず冷蔵庫!? パスポートはどこ?
♪「Scars To Your Beautiful」 Alessia Cara
・GORO’s Searchの感想メールご紹介
 ①ハンモック美容室 
 ②南三陸ワインプロジェクト
 ③霞ヶ浦サイクルーズ
♪「彼方の光」 Libera
・『海獣の子供』 とても素敵な映画
♪「Song In Stone」 
Iron & Wine

ラジオ レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
【編集長稲垣吾郎】#119
2019
0410日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~!

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

東京都世田谷区ラジオネーム___さん、
≪吾郎さんは、持ってきた覚えは無いのに持ってきてしまった物とかありますか?先日会社に行き何気なくコートのポケットに手を入れたら、入れた記憶のない毛抜きが入っておりロッカーの前で「何で?」と思わず叫んでしまいました。確かに昨夜に使いましたが、コートに入れた記憶は全くなく、なんでコートに入っていたのかも疑問です。いまだに、いつどうやって持ってったのか思い出せません。以前、お財布が冷蔵庫の中から出てきた吾郎さんなら、もしかしてこういう経験があるのではないかと思わず聞いてみたくなりました。≫

なるほど~
いや、もう、すごく、気持ちが分かりますね~

ま、以前、冷蔵庫から「お財布」が出てきたのはね~、前話したんですけれども。「鍵」も出てきたことありました。「何で、鍵が?」っていうね。最近、物を失くしたら、まず冷蔵庫を見るようにしてますからね(爆笑) ホントに。鍵も冷たいって感じですよね、冷蔵庫の中で。

いや~、気持ちは分かりますよ。

僕なんかよく、ほら、「楽屋のスリッパのまま帰っちゃう」とかって、ね~、よく皆にからかわれたりとかもしましたしね~。う~ん。後は、何だろうな~? そう、間違って持ってきちゃって、なんか、盗みと勘違いされたらどうしよう、みたいなこともありますよね。う~ん。

あの~~ま、これ多分、話してなかったと思うんだけど…「パスポート」を紛失したことがあって。もう時効…時効というか随分前の話だから、ね~、もういいかなと思うんですけど。海外に仕事で行く前に、パスポートをね、会社に1回渡して下さいって言われて。チケットを取る手配とかの為に。

パスポートを戸棚の中から探して取り出そうと思ったら、どこも見当たらなくて。もうホント、部屋中、どこを探しても見当たらなくて。全く、思い当たる節が無くて。でも、もう結構ギリギリなんですよ。で、結局、再発行して、もうギリギリ間に合ったんですよ。うん。ま、ギリギリですけど。ちょっと…ちょっとなんか力を使ったかもしれないんですけど(笑) いやでも、ホント、ギリギリ間に合って海外に行くことができたんで。それ、1日でも間に合わなくて遅れたら、結局その仕事、キャンセルになっちゃった、って事が実はあって。うん。

勿論それ、グループの時だったんでね。
大変な問題になっちゃったんじゃないかなって。
一人の仕事じゃないし。ま、一人の仕事でも勿論ダメですけど。うん。
あん時はヒヤヒヤしたな~。

で、結局、どこから出てきたかっていうと、
ズボンのポケットに入ってたんですよ。
もう普段、絶対穿かないような。

大体、海外から帰ってきたら、パスポート、入れる場所があるんですよ。決まってますよね、皆さんも、勿論。大切な物ですから。

何で、しかも、前回海外に行った時に穿いてたズボンではないんですよ。なんで、そこに入れたのかが…ズボンのパンツのお尻のポケット。それでハンガーに掛かってたんで。発見したの、それから2年ぐらい経ってからなんですよ。いや、だって、結局そのズボン、3年ぐらい穿いてなかったって事なんだよね。滅多に穿かないズボンのポケットに、何で、入れてたのかなぁ。

ホントに、アレだけは、もう僕の、七不思議なんですね。
七不思議というか(笑)、おっちょこちょいなだけなんですけど。

以上、「GORO’s Column」でした。

――――――――――――――――――

ここで1曲お聴きください

Alessia Cara
で、
Scars To Your Beautiful

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラ・コジマの提供でお送りします!
~~CM~~


――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

今週は「GORO’s Search」の感想メールをご紹介します

①___さん、
≪こんにちは。ハンモック美容室の広報をしている者です。ハンモック美容室の事を取り上げて下さっている放送をリアルタイムでお聴きしました。吾郎さん、ありがとうございます。ただ、ハンモックってどうなの?実際、揺れてしまうんじゃないの?と、吾郎さんも半信半疑のご様子でした。そこで、よろしければ是非、ハンモック美容室に遊びにいらっしゃいませんか? 実は、全てのハンモックは美容室用に特注して作っており、揺れも抑えた設定になっています。身体がハンモックに包まれるので、すやすや眠る方も多いんですよ。≫と。

それは、大変失礼いたしました。
聴いてくれてたんですね。

ね~身体がボンレスハムになっちゃうよ、とかって、言ってましたけれども。まぁ確かに、あんまり経験が、僕、ハンモック、無いのにね、そんな事言ってしまってね。ちょっと申し訳なかったと思うんですけど。なるほどね~。う~ん。色んな、ね、考えられたハンモックがあるんでしょうね。うん。そうかそうかそうか。

どこでやってるんでしたっけ?(スタッフ:高円寺)
あ、高円寺。う~ん。

ね~まぁ、行くかどうかは分かんないですけど(笑)
まぁ、なんとなく、中野…杉並区か、高円寺は。
まぁあの辺通ったら思い出してみようかな。う~ん。

高円寺ね。昔、よく行きましたけどね。
なんか、古着屋さんがあったり、ライブハウスがあったり、と。若い時はね、結構、高円寺とかもよく行った街だったんですけれども。最近はね~行かないよね、高円寺のあの辺て。うん。ま~学校が、僕は、中野だったんでね。若い時は、ちょこちょこその辺は行ってたんですけど。

なるほど~ハンモック美容室。ね~、聴いててくれてホントに嬉しいですよね。これも今、聴いてらしたら、と思うと、なんか、ね、ちょっと言葉を選んでしまうんですけど(笑)。

まぁでもね、___さん、これ、アレですよ、多分、リスナーの方でね、行かれる方いらっしゃると思うので。ね、ちょっとそういう報告も、ね、リスナーの方から聞けるのではないかなと思っておりますので、楽しみにしています。


②続いて、___さんです
≪先日の南三陸ワインプロジェクトの正司さんとの電話インタビューを興味深く拝聴しました。吾郎さん達が出演された「ナマイキテレビ」で、仙台でのワイン造りの話が出ていましたが、まさか、「編集長稲垣吾郎」に繋がっていくとは。早速、南三陸ワインプロジェクトのサイトに飛んでみました。素敵な男性3人で頑張っておられる事を知りました。いつの日か、南三陸の葡萄で作ったワインが完成したら、新しい地図の3人が現地に行かれて、試飲パーティをして頂けたら嬉しいな~って、思ってしまいました。毎年さりげなく、東北を取り上げて下さる事を感謝しています。≫

はい。ありがとうございます。
これ、ホントに興味深いんですよね、僕も。う~ん。

あの後スタジオで頂いたワインも、家でも飲んだんですけどね。ホントに、料理にも合いましたし。うん。そう、海鮮というか、シーフードにもすごい合いましたしね。すごく良いなと思いますし。や~もうホントに楽しみにしてます。

僕より先に、ね~、リスナーの方が(笑)先に行きそうですけれどもね。う~ん。ね~又、そんな感想とかもあれば、ちょっと報告あれば、楽しみにしてます。


③続いて、___さんです
1年前、自転車を乗せて霞ヶ浦を横断するサイクルーズの話題を取り上げていただいた「HMBアウトドアクラブ・副会長の古川ゆかりと申します。お陰様で今年も、サイクルーズの運行が決定いたしました。「つくば霞ヶ浦りんりんロード」は、これからとっても良いシーズンを迎えます。車で来る人が無料で駐車できる「りんりんポート土浦」も土浦港横にオープンします。レンタルサイクルも、ロードバイクからイーバイクまで、最新モデルが揃ってます。今年こそフラッと遊びにおいで下さい。」

お~、古川さん、聴いて下さったんですね。
もう1年なんですね~。

そう…かぁ~、まぁ、もう、この1年間忙しかったんでね。
中々、そこまで僕も行けなかったんですけど。

今の季節、気持ち良いでしょうね~このサイクリングコース、ね~。地図を見ながらお話したの、覚えてますけれども。う~ん。ね~面白い、自分の自転車を、バイクを持って行くことができるんですもんね。

まぁ~これも、僕よりも先に、やっぱり、リスナーの方が先に行かれるのかな。

ね~かなりアクティブな方だったら、是非。でもまぁ、自分のペースでサイクリングすれば、ね、別に、女性の方でも全然、ね、多くね参加する方もいらっしゃると思いますし。

ね、こちらもちょっと楽しみにしてます。
いつか、僕も行きたいなと思っております。

以上、「GORO’s Search」でした。

――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

___さんからのリクエストメールです
≪リベラの「彼方の光」をリクエストします。この曲は、以前、ウェディング関連の仕事をしていた時に、結婚式で聖歌隊が歌う曲の中で一番好きでした。私は結婚に対してはとても冷めていて、きっと結婚式が幸せのピークでその後は大変なんだろうな(笑)ぐらいに思っていて、実際結婚したことはなく、結婚願望もありませんでした。そんな私の気持ちが、『半世界』を観て一変しました。紘さんと初乃さん夫妻が見せてくれたあの世界、私も結婚したいと思いました。≫という事で。

あ、そうなんですね。
でも、ウェディングのお仕事されてて、結婚に冷めてた、っていう(笑)、不思議ですね。何だろうな~?そうなんですね。すごく、幸せのピーク、って、見えるというか、一番まぁホントに幸せそうな夫婦の顔を毎日見てるお仕事、してたんですもんね。そうか、それで結婚願望がなくなるっていうのも、ちょっと…う~ん、そっかそっか。

まぁでも、嬉しいですね。
映画観て、そういう価値観が変わられた、というのは。う~ん。
やっぱり、映画、ね~こういう作品をやる、意味があるというか。う~ん。

まぁでも、そんな事ないと思いますよ、結婚、その時がピークで…ま、その時のそういうピーク感というのは、続くのは大変かもね。まぁでも、違う意味で、やっぱり、長く連れ添っていくと又生まれてくる、ね、ものもあるんじゃないのかな~という。僕も、ね~、結婚したことがないので何とも言えないんですけれども。そうか、でも、___さんは、価値観が少し変わられたという事ですね。う~ん。

まぁでも、僕もそうですね。やっぱ、ああいう映画で、そういう世界を、ね~、ちょっと疑似体験すると、なんか自分もそういう人生があるのかな~と思ったり。よく言ってますけれども。ね~、今、独身での今の幸せというか、自分の人生の、自分自身の楽しみ方っていうのは、ある程度想像のつく事ではあるのでね。ず~っと一人なんでね。ただまぁ結婚して、例えば、子供がいて、みたいな、そういったものっていうのは、まだ未知の世界だし。自分が知らない、こう、幸福感というのがあるのかな~と思うと、勿論、興味はありますけれどもね。は~い。

それでは聴いて下さい。

Libera
で、
「彼方の光」

――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

皆さんからのお便りをご紹介する「GORO’s Essay」です。

兵庫県の___さん、
≪映画『海獣の子供』に吾郎さんが主人公の父親役の声優として出演されるというニュース、大変嬉しいです。映画『半世界』で、普段より男っぽい口調で演じる吾郎さんの声を聴いて、やはり吾郎さんはナチュラルに声が良い、声優のお仕事もしてみて欲しいな、と思っていたところでした。作品についてのお話や収録時のエピソードなどあれば聞かせて下さい。≫

そうなんですよね。大変ありがたいお話というか。僕、元々、ナレーションであったりとか、声優のお仕事っていうのは、好きなお仕事ではあるのでね。うん。吹き込んでいく作業というか、結構好きですね、僕は。なんか、声だけで伝える、っていうのは、それはそれでね、それも一つ演じるという事なんで。声という方法だけで演じるっていうのは、すごく、やっぱ、難しいっちゃ難しいんですよね。そこが又、面白さでもあるんですけれども。う~ん。

そう…まぁ、これ、とても素敵な映画です。
6
月公開という事なんですけれども。

主人公は芦田愛菜ちゃんが演じられて。まぁこれ、ナレーションというか、声優の収録だったので、現場は一人で、共演者の方にはまだお会いできてないんですけれども。奥さんは蒼井優さんが演じたりとかするんですけれどもね。

とにかく、映画は、素晴らしいです
脚本も素晴らしかったですし
とにかく、映像がホントに美しい。う~ん。

何だろな、今のアニメーションて。なんかこう、昔ながらの温かみのあるというか、古き良き、なんかこう、画も大切であり、そして、実写かな?写真かな?と思わせるようなね、ホントに、映像かな?実写かな?と思わせるような画もあったりとか。その辺のミックスは上手いですよね。やっぱり、それが日本のアニメーションなのかなと思って。

例えば、背景とかって凄く限りなく実写に近いじゃないですか。でも、なんか、人物とかはホッとできる昔ながらのアニメーションの画じゃないですか。なんか、そういうモノによって、描き方が全然違ってて。そこが、なんかホントに、素晴らしいな~って、日本のそれがアニメーションの素晴らしさなのかな~って、なんか、改めて、感じましたけれども。

『海獣の子供』、原作もので、勿論、原作を読まれた方もいらっしゃると思うんですけれども。単純に、単純明快なエンターテイメント作品というわけだけでもなくて。ホント、大人が観ても、ちょっとこう考えさせられるような、深遠さというか、奥深さみたいなものもあって。これは多分、皆さんに楽しんで頂けるんじゃないのかなと思いますので。は~い。

僕も、ちょっとお父さんな感じで(笑)やって。『半世界』とは又ちょっと違うんですけれども。う~ん。ちょっと、父親役の、その画が、キャラクターが、なんとなく映像もね、少し、少し僕に似てるかもしれない、というか。ちょっとそこを意識して描いて下さった、という風なお話も聞いたので。う~ん。ちょっとその辺も注目して観ていただけたらと思っていますので。

ね、6月公開です。皆さん、楽しみにしてて下さい。

以上、「GORO’s Essay」でした。

――――――――――――――――――

「GORO’s Music Library」

さ~「Music Library」、
今週はですね、あの~、最近よく聴いてる、うん、アーティストで、Iron & Wineていうね、髭のおじさんで(笑)。フォークロックなんですけれども。温かみがあって、はい、皆さんも絶対に気に入って頂けると思うので。なんか、良いですよ、こういうのも。何だろな、なんか、朝ぴったりだけど夜も良いですしね。一日どんな時間帯でも、なんか僕は、最近よく、聴いているので、皆さんにもお勧めしたくて、っていう感じでございます。

それでは聴いて下さい
Iron & Wine
で、
Song In Stone

――――――――――――――――――

皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

GORO’s Columnへは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集するGORO’s Search。リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております
・リクエストはGORO’s BreakTime
・お便りは、GORO’s Essay
GORO’s Music Libraryでは、僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒1058002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^

2019年4月 5日 (金)

編集長 稲垣吾郎 2019.04.03 #118

今週も楽しかった~~♪東京の「くぼ地」に楽しそうに食いつく吾郎さま♡ これは是非ともどこかのテレビ局が番組を制作してくれないだろうか

<今週の目次>
・太った役は特殊メイクでww
♪「Good Look For You」 Gavin Turek
・GORO`s Search「スリバチ散歩のすゝめ」

 ☎東京スリバチ学会・会長の皆川典久さん
♪「Africa」 Toto
 アフリカ~行きたい、お仕事でww
・ファンミのお見送り~何故マネキンみたいって言われるの?

♪「#SINGING」 新しい地図joinミュージック

ラジオ レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
編集長稲垣吾郎#118
2019
0403日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~!

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

ラジオネーム___さんです
≪先日、映画『グリーンブック』を観ました。とても楽しく後味の良い映画でしたが、ヴィゴ・モーテンセンさんのボディラインに仰天しました。そこで吾郎さんに質問です。素晴らしい脚本でお役を頂いたとして、たっぷり太って欲しいと言われたら、太りますか?それとも、その役は諦めますか?≫

あぁ~~なるほどね、役作りで
う~~ん。お断りしますね。(爆笑)

いや、分からないです
どんだけ自分が魅力的に感じる、ね~、お話というか脚本と、作品なのか…にもよるんだろうけれども。う~ん。

でも、アレじゃないですか、今、特殊メイクとか、ね~、ホントに太った、体重100キロ以上の役とかだったら、特殊メイクでやったりとかもしますよね、実際アメリカでも。う~ん。

微妙なアレですよね、きっとね、10キロ20キロぐらい、みたいな感じですよね?太るとしてもね。いや~~どうだろ…ね~。役者の鈴木亮平さんとかね~よく増減するって言いますもんねぇ。まぁ、そこまで、役者魂が無いのかなぁ。う~~ん。

まぁ、痩せるっていうのはね、結構今までも何度も、ありますけどね。う~ん。

実際に去年、『ばるぼら』を撮影する時とかは、確かに今よりも3キロ4キロぐらいは細かったと思うんですよね。ま、役によって、多少そういうのはあるけど。僕はどっちかっていうと、今より少し痩せてもいいなというような役の方が今までも多かったのかなぁ。どうなんだろうな~? なんか、太る必要がある役っていうのが意外と少なかったんでね。うん。

ちょっとビックリしましたけどね、この質問には。(笑)
ね~あるかもしれませんね、もしかしたら。

(いや~~吾郎さまが太ってるのは想像つかないし、絶対に太っちゃダメですww例え役としてもww そういう時は特殊メイクでお願いします。確かにちょっと痩せすぎ?って思った時があったけど、「ばるぼら」の撮影中だったのかも♡今が一番良いですね♡)

――――――――――――――――――

ここで1曲お聴きください

Gavin Turek で、
♪「Good Look For You

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラ・コジマの提供でお送りします!
~~CM~~

――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

さて、本日の「GORO’s Search」はですね、大阪府___さんからの提案でですね、「散歩好きな吾郎編集長の東京くぼ地ツアーSearchして下さい」ということで。「窪地」…って、まぁ、へっこんでる土地の事ですよね~。う~ん。まぁ、その窪地はですね、ビルが立ち並ぶ都会的なイメージとは違ったもう一つの東京が発見できるそうなんですね。という事で、東京の窪地についてご案内して頂くのはですね、東京スリバチ学会・会長の皆川典久さんです


吾:もしもし~初めまして、稲垣吾郎です
皆:皆川です、初めまして

吾:ね、何ですか?東京スリバチ学会って?(笑)
皆:ご存知ないですか?
吾:いや

皆:東京にはですね、実はたくさんのスリバチ上の窪地があるんですよ。気が付いたことありますかね~?
吾:でも確かに「坂」は多いですよね。港区なんか坂だらけですしね
皆:そうなんです。港区は坂だらけなんですけれども。下りたら又上るような、ですね、谷越えの坂、って結構あってですね。東京が非常に凸凹していてたくさんの谷とか窪地があるんですね。で、その窪地の底では元々水が湧いていました。今でも湧いている所があります。
吾:あ、そうなんですか!?

皆:パワースポットなんですね
吾:パワースポットなんですか?

皆:そうなんですね。例えば、広尾の有栖川公園。六本木ヒルズの中の毛利庭園。それから新宿御苑。それから、高田馬場にあるおとめ山公園。これらは全部、スリバチ状の場所で、谷底で、水が元々湧いていた、あるいは今でも湧いているんですけども。そういう地形が多いんですね

吾:結構、狭い範囲なんですか?
皆:でも、わりと広い範囲の所もあって。今紹介したような公園だけじゃなくて、坂を下りると下町風景が広がっているのって経験した事、ないですかね?
吾:うん、なんとなく分かります
皆:例えば、山の手の下町なんですけれども、麻布十番商店街とか
吾:はいはいはい
皆:原宿のキャットストリートとか。後は、目黒銀座駒込銀座とか。あと、谷中ですね、典型的なのが

吾:僕は渋谷に住んでるんですけど、やっぱりイメージは、旧山手通り、ま、代官山、青葉台から中目黒に下りていく、あそこはね~凄く、結構下りていきますよね
皆:坂が多いの、分かりますよね?
吾:分かります分かります。

吾:公園があるじゃないですか。西郷山公園から中目黒の方を、夕方、見下ろすの、好きですけどね、散歩してて
皆:あそこが正に目黒川が作った谷間なんですよ
吾:なるほど!
皆:で、反対側は渋谷川が作った谷間なんですね。だから、渋谷の方にも下りていきますよね。
吾:なるほどね

皆:で、渋谷がですね、実は、渋谷の駅の辺りがスリバチの底なんですね。典型的なスリバチの地形。大きなスリバチですね、渋谷の街は
吾:駅のあの辺は、やっぱ、ちょっと標高っていうか、スリバチの下なんですね。正に渋谷ですもんね
皆:元々あそこで二つの川が合流してたんですね。渋谷川と宇田川という川です
吾:はいはい。宇田川町の宇田川ですね。川がもう途中で止められちゃってますもんね
皆:そうなんです

吾:「東京水路を行く」っていう本があって。それでまぁ番組で、四ツ谷ぐらいまで行きましたけどね、川を、東京湾から。
皆:あ、そうですか
吾:ホントはその先がずっと続いてるんですね。うんうんうん!
皆:そうなんです。川の水源が、正にスリバチ状になっていて、元々は、ですからみんな、水が湧き出ていたんですよ

吾:あ、そういう事なんだ!!ちょっと、テレビでやりたかった、皆川さんと一緒に
皆:(笑)ご覧いただきたいぐらいなんですけれども
吾:テレビでやりたかったな~番組で、一日ロケして

皆:そうなんですよね。じゃ、渋谷川の水源がどこにあるか想像したことあります?
吾:えぇ~~~~そこまでは
皆:ないですよね
吾:でも、結構もう、恵比須のさ~明治通り沿いまで、川、来てるじゃないですか。あれ、渋谷川に繋がるんですね?
皆:あれ、渋谷川ですね。下流側に行くと、麻布十番のとこだと古川っていう風に名前が変わる
吾:はいはいはい、古川橋の古川

皆:その先が金杉橋ですね。ただ、それを反対側に上流側にたどると、渋谷からどこまでたどれるか、分かりますか?
吾:いや、全然分かんない。結局、止まってるはずないんだ…湧き出てる所があるんですね
皆:それを上流にたどっていくと、原宿のキャットストリートを抜けて、そして千駄ヶ谷、谷がつきますね。千駄ヶ谷を抜けて、新宿御苑の中の池を越えて、新宿の南口に天龍寺というお寺があるんです。そこまで遡れるんですね。
吾:あ!そうなんですか!!

皆:ええ、ですから元々、そこから水が湧き出て、渋谷を通って恵比寿を通って
吾:そっか!山から来てる水じゃないですもんね
皆:みんな、大地で湧き出てるんですね
吾:そっか、山の、なんか上流からのイメージがあったけど、大地から湧き出てんだ。。。
皆:それが全部、スリバチ状の窪地から湧き出てるんですね
吾:知らなかった

皆:行ってみたくなるでしょ?
吾:行ってみたくなる
皆:(笑) そういう場所がたくさんあって。ですから、先ほど紹介した有栖川公園とかおとめ山公園とか、みんな水が湧き出て、それぞれが神田川に注いだり、
吾:隅田川であったり、荒川であったり

皆:ええ。吾郎編集長の渋谷もですね、小さな川がたくさん渋谷川や宇田川にそそいでいました
吾:元々は
皆:例えば、神泉の駅、ありますよね。あそこもスリバチ状になってまして
吾:あっ!坂がある!
皆:そう、下っていきますよね
吾:坂になってますね、神泉…泉か~なるほど

皆:ああいう窪地がですね、たくさんあって。ですから、渋谷の街って、駅から必ず坂を上って行くじゃないですか
吾:道玄坂であったり
皆:上っていきますね。その川が大地を分断してるんで、丘を分断してるんで、渋谷の周りには「山」の付く地名が多いんですね。神山町、代官山町、南平台町とか
吾:はいはいはいはい、面白い!!

皆:そうなんですよ。そういう事を意識しだすと、実は、東京の知られざる一面が見えてきますね
吾:すごい面白い!どうしよう
(すごい興奮してる)
皆:(笑)是非、ご案内したいですよね。
吾:ね~ちょっと、番組でやりましょう、いつか
皆:そうですね。歩いてみると、ホント、百聞は一見にしかずでですね。東京の面白さっていうのが理解できると思うんです

吾:そうですよね~。あ~でも、富ヶ谷の交差点あたりも結構、坂、ありますよね
皆:そうですね。富ヶ谷って、正に「谷」が付くじゃないですか
吾:谷がありますよね~。富ヶ谷からちょっと代々木上原のあっち行く途中も坂とか多いですもんね
皆:多いですね。あの辺は正に坂だらけ。九十九って書いて九十九谷って言われるぐらい

吾:地名は、そうやって地名を見てなかったですね。いや、面白いな~~。
皆:そうやって気が付くとですね、色んな所の窪みが気になってしょうがなく
吾:もう~気になって、、今から、しょうがないもん
皆:ですよね
吾:(笑)

皆:どうですか?パワースポット巡り
吾:もう是非!皆川さん、お話も上手なので、楽しく一緒にお散歩できそうなので、
皆:そうですね、是非
吾:番組聴いてる方も、かなり興味持たれてる方、多いと思いますよ

吾:お勧めコース、とりあえず
皆:四ツ谷、歩かれたことあります?
吾:四ツ谷、あんまり無いなぁ~イメージ…昔、文化放送があったんで
皆:四つの谷が
吾:あ、四ツ谷だからね
皆:四つの谷の他に、更に、荒木町ってご存知ですか?
吾:あ、新宿?
皆:新宿区の荒木町、四谷荒木町とも言いますけども。そこが正に4方向、丘で囲まれた典型的なスリバチ状の場所
吾:へぇ~~~~
皆:ちゃんと池が残ってます、そこには
吾:写真が、今あるんですけど
皆:今でも弁財天が祀られた池がちゃんと残っていて。ここも元々大名屋敷なんですね
吾:なるほどね~。え、その窪地に屋敷があったってわけではなくて
皆:そうですね、窪地を見下ろすような所に屋敷があって、窪地に庭園があったんですね。大名庭園があって
吾:はいはい。松濤もそうなんですよね、元々、大名屋敷が
皆:松濤公園もそうですね
吾:なるほど、や、勉強になります、ホントに
皆:ええ

吾:ちょっとホントに、楽しすぎて、話はまだしてたいんですけれども。又ちょっと、この続きは、ね~、番組かなんかでも。非常に興味があるので
皆:はい
吾:次、お会いする前までには、絶対、この「お勧め散歩コース」は僕行ってきますので。約束しますので。
皆:是非、ちょっと歩いてみて下さい
吾:は~い。ありがとうございました、楽しいお話

本日は、東京スリバチ学会会長の皆川典久さんに、東京のスリバチ状になった地形の魅力を伺いました。ありがとうございました。

以上、「GORO’s Search」でした。

――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

___さんからのリクエストメール
≪リクエスト曲はTotoの「Africa」です。番組ではパリやタイ等々、吾郎さんの旅行話が聞けて嬉しかったです。吾郎さんとアフリカはどんな感じだろうと思いリクエストしました≫

僕は、アフリカは、行ったことは無いです
行きたいです

うん。アフリカ大陸を見た事はありますよ。イタリアのシチリア島に行った時に、そう~大陸が見えてんですよね。その、海の先に。なんか、アフリカ大陸を見て、なんか、感激した覚えがありますけれども。

ね~いつか行ってみたいですよね。仕事で。(笑)
プライベートだと、結構ね~…仕事だったら全部お膳立てしてくれそうな、準備してくれる…やっぱり良い所をね、うま~くこう短期間で味わう事ができるので。う~ん。ね~いつか行ってみたいです。

それでは聴いてください

Totoで、
♪「Africa

(イタリアのシチリア島へはスマスマの料理修行の旅の企画だったでしょうか。1998年3月。空港にシェフの娘さんたちがバイクで迎えに来てくれてそのバイクに乗せてもらって街を走ってるのがとても印象的でした。若かりし頃の吾郎さま♡)

――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

GORO’s Essay」、
山形県___さんからのメールです
≪仙台でのファンミーティングに参加させていただきました。ロトもだちCM撮影や借り物競争など、とても楽しかったです。最終日のお見送り、吾郎さんでした。緊張して話せないと思っていたので、「東北に来てくれてありがとう」と紙に書いたところ、吾郎さんが目を通してくれたような気がしました。311日に仙台に来てくれて本当にありがとうございました。いつも寄り添ってくれる3人に感謝です。≫

いや、こちらこそありがとうございます

PS: 405Tシャツ着ててごめんね≫って

(笑)別に謝ることはないですよ
405(慎吾)Tシャツね、ロトもだちの

お見送り、僕で、申し訳ないな~なんて、そういうTシャツ着てる方、通るとね、思ったりするんですけれども。それでも、すごくこう、笑顔で手を振ってくれるので。(笑)

でも、アレですね、結構、お見送りの話、色々、Twitterなんかで、ね、ファンの皆様のお話を聞くことができてるんですけれども。「3回連続、ツヨポンだった~」とかね、「4回連続、吾郎さんだった」とかさ。そういう方、結構多いんですよね。不思議な縁ですよね、そういうのもね。う~ん。

ね~、なんか均等に、それぞれの3人の場所でね、通ることができればいいな、なんて思いながらも。う~ん。僕らも考えていたんですけれども。そうなんですよね~。そう、だから、他の2人がどんな感じでお見送りしてたのかが全然分からないんですけれども。

ね~、僕がお見送りしてる姿が、なんかやたら、「マネキンみたいだった」とかっていう(笑)、結構そういう声を聞いたんですけど。 どういう意味かな~?って。 そっか、なんか、マネキンっぽいですか?僕。 表情が動かないってことですかね~? そういう事もないんですけどね~。 まぁ、なんか、ね~、そんなに身体全身を使って表現するような、僕も、タイプではないので。う~ん。

まぁでも、色々と、ファンミーティング、お見送りもそうですけれども、やっぱりこう、リアルにね、感想とか聞けてすごい楽しかったな~

新しい地図joinミュージックで、
♪「#SINGING

(「マネキンみたい」っていうのは、スタイルが良くて顔が小っちゃくて、綺麗、だからだよね。ま、あんまり動かない時もあったかもしれないけど。Hanabiは2回参加したんですけど、2回とも吾郎さまでした♡ご縁♡なんて言ってくれて嬉しいです)

――――――――――――――――――
さ~いよいよですね、今週末、46日から、
舞台『LIFE LIFE LIFE~人生の3つのヴァージョン』が、
渋谷の文化村で始まります。チケットお持ちの方は、楽しみにしていてください

――――――――――――――――――

皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

GORO’s Columnへは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集するGORO’s Search。リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております
・リクエストはGORO’s BreakTime
・お便りは、GORO’s Essay
GORO’s Music Libraryでは、僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒1058002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^

より以前の記事一覧