2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ラジオ(吾郎)

2018年12月29日 (土)

「SUZUNARI」全国ラジオコメント出演④ 12月27日、28日

「SUZUNARI」 PV

TOKYOFMさん、1週間ありがとうございました!)


2018.12.27(
)

TOKYOFM 「クロノス」

おはよう!稲垣吾郎 天気予報

06:35
ゴロ~
Bandicam_20181229_232514981


「 72 」

「クロノス」をお聴きの皆さま、
中西さん、綿谷さん~おはようございます
稲垣吾郎です

今日の東京地方の天気は「晴れ時々曇り」

それでは、皆さま、今日も元気に、いってらっしゃい

稲垣吾郎でした。

#SINGING

中西さん
 
さ~お送りしてるのは、稲垣吾郎さん・草彅剛さん・香取慎吾さんが“新しい地図joinミュージック”として配信リリースしたシングル『#SINGING』です。月水金はメッセージ長めになっていますが、火木は皆さんに素敵なプレゼントのお知らせがあります。

#SINGINGのロゴ入りAmazon Echo Dot~プレゼントのお知らせ>
 
稲垣さん、ホントにね、僕は明日番組じゃないんで…稲垣さん、1週間ありがとうございました。や~やっぱり良いですね!「おはようSMAP」のような、この、意見交換だったりとかね~。どうなんですかね~来週以降、こう、草彅さんと香取さんも順番にやってくんないかなぁ^^

(又ね、おはスマのような番組、できたらホントに嬉しいですね。クロノスはいつの間にかww結構いろんな地方でも放送されてるんですよね。中西さん、SMAPスマップ言ってくれて、ホント、嬉しい♡)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2018.12.28 (
)

TOKYOFM 「クロノス」

おはよう!稲垣吾郎 天気予報

06:35
ゴロ~
Bandicam_20181229_232532121

 「 雨あがりのステップ 」

「クロノス」をお聴きの皆さま、
速水さん、綿谷さん~おはようございます
稲垣吾郎です

今日の東京地方の天気は「晴れ」

まぁ、18年はね~もうホントに、もう色んな事やりました。あっという間の1年間だ、って毎回ねホントに、毎年毎年あっという間の1年間て、同じ事言ってて、更にその速度が速まってる感じがしてて。まぁ、なんか、じっくり1年間をね~ホントに過ごしたいなという思いもあるので、あっという間に過ぎてしまうと、イコールね、雑になってしまうとヤダな~なんて思いながら、いつもお仕事させていただいてるんですけれども。ま、でも、2018年に関しては、何よりも、映画3本撮影して、舞台2本やって、そしてね、新しい地図としてね、香取くんと草彅くんと、「ななにー」というAbemaTVさんで、番組も月に1回やらせてもらったりと、ね~、ホントに素晴らしい1年になったんですけれども。

それでは聴いて下さい

稲垣吾郎で、
SUZUNARI
プロモーションビデオ
 
稲垣吾郎でした。

良いお年を

速水さん
 
「稲垣吾郎さん、コメントありがとうございます。稲垣さんとは、2年前の年末、30日でしたね、これは。おはスマのラストを僕が受けたんですよ。それ以来の、年末、受けるというね、感慨深いものがありますけどね。」

2018年12月28日 (金)

「SUZUNARI」全国ラジオコメント出演③ 12月26日、27日


2018.12.26(
)

FM-FUJI Yes! Morning

Bandicam_20181227_162642588

DJ:
東城佑香

SUZUNARI

ソロで新曲「SUZUNARI」を先週金曜日に配信リリースしました稲垣吾郎さんからコメントが届いています。

――――――――――――――――

FM-FUJI
Yes! Morning」をお聴きの皆さん、
DJ
の東城さん、おはようございます!
稲垣吾郎です。

さて、「朝、これをするとテンションが上がる元気になるという習慣はありますか?」という質問がですね、「Yes! Morning」さんから来ているんですけれども。

僕は、朝、大好きなんです
「朝、大好きなんです」って、ちょっとおかしいか。。。
朝はね~ホントに、なんか、心も身体も一番良い状態にあるというか。う~ん。朝が苦手と思ったことも無いですし。午前中という時間を特にいつも大切にしたいな~と思って

午前中にやる事、いっぱいあるんですよね。うん。

例えば、家の周りをジョギングしたりとかね、運動したりとか。あと、お勉強するのも意外と午前中、朝が多いですね~。なんか、台本を憶えたりとか。ね~、考え事をしたりとか。夜はね~、なんか、あんまり得意じゃないというかね。早寝早起きで、夜はね~結構、眠るのも早いんですけどもね。(笑)早いとね~、もう10時とか11時くらいには寝ちゃうんですけど。(笑) 

朝はもうホントに…。「これをするとテンションが上がる」というか、もう基本的に、朝、元気です。はい。

そしてですね、「Yes! Morning」さんはですね、山梨県にあるFM-FUJIの本社スタジオからオンエアしてるんですね~。まぁ、勿論、富士山もそうですけれども、そうだな~、山中湖とか河口湖とか、う~ん、たまにドライブに行ったりはしますね。うん。結構こう、東京から、まぁ12時間ぐらいで行ける場所にドライブに行くって事は、結構ありますよ。ま、でも、春とかね、なんかドライブがしたくなるな~みたいなテンションの時ってあるじゃないですか。そういう時には、それこそ朝起きて、ドライブに行ったりって事はありますし。

さ~、僕、稲垣吾郎は、草彅剛くんと香取慎吾くんと「新しい地図joinミュージック」として、「#SINGING」をリリースしました。こちら、新しい新曲なんですけれども。

なんか、どこか凄く懐かしい感じもする中で、やはり新しいサウンドになっているな~という。懐かしいというのは、安心してね、こういう曲を聴くことが、聴き手である皆さんも受け取り側の皆さんとしてもね、なんか非常に安心感のある楽曲にもなってる。

でも、すごく話題になってるんですけれども、この曲はですね~SASUKEくんという15歳の新進気鋭のアーティストの方に曲を提供して頂いてるんですよ。15歳!ですよ。すごい才能ですよね。ま、ですからね、こういった新しい方によって、なんか、懐かしいって言いましたけども、なんかこう普遍的な、こういうポップスが、なんか又、新しい才能によって、うん、懐かしいんだけれども、なんか未来的なというか。そういう、なんか、味わいに仕上がってるんじゃないのかな~って感じしますしね。この曲は、ず~っと楽しんでいただけるんじゃないかな~って僕は思います。

さ~そしてですね、更に、僕・稲垣吾郎は、21日にソロシングル『SUZUNARI』を配信リリースしました。この曲はですね~シチュエーションバラエティドラマ『東京BTHBLOOD TYPE HOUSE』の主題歌となっております。もう聴いていただいた方も多いとは思うんですけれども。

今回はですね、あの川谷絵音さんが作詞作曲を手掛けたバラード曲ということで。はい。14年ぶりにね、ちょっとソロで出させていただいて。はい。もうまずは、この曲というよりもね、ソロで、ね~そんな久々に曲を出すというのは、まぁ最初はね、ちょっと照れくささというか、僕で一人でいいんでしょうか?みたいな感じではあったんですけれども。実際に僕もプライベートで邦楽を聴くんだったらこういう曲を聴きたいな、っていう感じでね。もうホントに自画自賛なんですけれども。

ホントに、自分の納得のいくような、自分の大好きな、う~ん、自信をもって皆さんにお届けする事のできる曲に仕上がってますので、皆さん、ゆっくり聴いて下さい。

というわけで、このナンバーをお聴きいただきましょう。

稲垣吾郎で、
SUZUNARI

以上、稲垣吾郎でした~


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


2018.12.27(
)

J-WAVE STEP ONE

Bandicam_20181228_173547136


DJ:
 サッシャ /寺岡歩美

お待たせしました~
 
新しい地図のメンバー、稲垣吾郎さんから届いたコメント、ご紹介です。
 
先週1221日に、実にソロとしては14年ぶり!「SUZUNARI」配信リリースになったんですけれども。この曲、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんが作詞作曲を手掛けているんですね。ていう事で、話題になってるんですが。

曲についてのお話しや今年の振り返り、来年の抱負など色々お話ししてくれていると言う事で。コメントが届いております。では、早速聴いてみましょう。稲垣さん、お願いします。

―――――――――――――――――

J-WAVE
STEP ONE」をお聴きの皆さん、
サッシャさん、テリーさん、こんにちは。
稲垣吾郎です。

先週1221日に、配信リリースした僕の新曲『SUZUNARI』ですが、この曲はシチュエーションバラエティドラマ『東京BTHBLOOD TYPE HOUSE』の主題歌となっております。もう聴いていただいた方も多いとは思うんですけれども。

今回はですね、あの川谷絵音さんが作詞作曲を手掛けたバラード曲という事で。はい。14年ぶりにね、ちょっとソロで出させていただいて。

もう、まずは、この曲というよりもね、ソロで、ね~そんな久々に、(笑)曲を出すというのは、まぁ最初はね、ちょっとこう照れくささというか、ね、僕で一人で良いんでしょうか?みたいな感じではあったんですけれども。実際に、なんか、僕もプライベートで邦楽を聴くんだったら、こういう曲を聴きたいなっていう感じでね。もうホントに、()自画自賛なんですけれども。ホントに、自分の納得のいくような、自分の大好きな、自信をもって皆さんにお届けする事の出来る曲に仕上がってますので、皆さん、ゆっくり聴いて下さい。

さ~、と言う事でね~
もう今年2018年もまもなく終わりを告げるんですけれども。

今年2018年はね、もうホントに充実した1でしたね
まぁ、2017年に、まぁね、僕らは「新しい地図」として、又、活動を再開させていただいてるんですけれども。丸々1年経って、もうホントに、ゼロからのスタートだったんですけれども、お陰様でお仕事にも恵まれまして。は~い。

個人的にはですね、俳優としては、映画を3本撮影して、舞台を2本やらせていただいて、もうホントに大忙しだったんですけれどもね~。あっという間でしたね、ですから。う~ん。まだ公開前の映画なんかもあるので、2019年に公開される映画も続々とありますので、皆さんには楽しみにしていただきたいんですけれども。う~ん。

ま~、音楽もね、いっぱいやりたいですね。は~い。
こういった番組のゲスト出演とかも、ね、いっぱい、お話しがあれば、実際にもね、スタジオの方に遊びに行きたいとも思ってますし。うん。

2018
年以上に、又充実した、豊かな1年を、19年過ごすことができたらなと思ってますので、今後とも応援よろしくお願いします

以上、稲垣吾郎でした。

―――――――――――――――

ありがとうございます~稲垣吾郎さん
あれっ⁉ スタジオに来たい、って今仰ってましたよね

聞きましたね
 
言いましたよね
 
リスナー、証人ですよ
 
空耳じゃないですよね
 
お待ちしております
 
待ってま~す
 
毎日あけておきますよね、いつ来てもいいように
 
あけときましょう~吾郎さん、待ってますよ~

来週から2019年ですから、いつでも大丈夫です

さ、稲垣吾郎さん、14年ぶりのソロナンバーです。
 
稲垣さんが主演を務めるシチュエーションバラエティドラマ『東京BTHTOKYO BLOOD TYPE HOUSE』の主題歌になっています。

SUZUNARI

稲垣吾郎、『SUZUNARI』でした~
 
スタジオ、お待ちしてま~す^^
 
待ってま~す

2018年12月26日 (水)

「SUZUNARI」全国ラジオコメント出演② 12月25日、26日


2018.12.25(
)

TOKYOFM
「クロノス」

おはよう!稲垣吾郎 天気予報

06:35
ゴロ~

「クロノス」をお聴きの皆さま、
中西さん、綿谷さん~メリークリスマス
稲垣吾郎です

今日の東京地方の天気は「晴れ時々曇り」

それでは、皆さま、今日も元気に、いってらっしゃい

稲垣吾郎でした。

#SINGING

中西さん
吾郎さん、ありがとうございます~。お送りしてるのは、新しい地図joinミュージックで「#SINGING」なんですけども。火曜日と木曜日はですね、ちょっとコメント短いんですけど、吾郎さんから素敵なプレゼント、今日はねクリスマス、クリスマスプレゼントがあるのでお伝えしましょう

綿谷さん
はい。新しい地図から素敵なクリスマスプレゼントとなっています。#SINGING特製Amazon Echo Dotです。スマートスピーカーのAmazon Echo Dotに、今お届けしている新しい地図joinミュージックの曲名「#SINGING」のロゴが入っています。こちらを1台プレゼントいたします。これがものすごくレアなんですよね。

中西さん
超激レアですよ。昨日から吾郎さんの天気予報が始まりましたけど、正に、「おはようSMAP」のように、ね、僕との会話があって。明日は又、メッセージが長めですから、是非とも、明日のメッセージも聴いていただきたいですね。吾郎さんにね、「今日も気を付けて、いってらっしゃい」って言われるのもね嬉しいですよね。はい。明日もお楽しみに。そしてご応募お待ちしております。
Dvssefdu0aaa1db



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2018.12.26(
)

TOKYOFM 「クロノス」

おはよう!稲垣吾郎 天気予報

06:35
ゴロ~

SUZUNARI

「クロノス」をお聴きの皆さま、
中西さん、綿谷さん~おはようございます
稲垣吾郎です

今日の東京地方の天気は「曇り」

さて、僕、稲垣吾郎は、1221日に新曲『SUZUNARI』を配信しました。

この曲はですね、シチュエーションバラエティドラマ『東京BTHBlood Type House』の主題歌となっております。ね~、もう聴いていただいた方も多いとは思うんですけれども。今回はですね、あの川谷絵音さんが作詞作曲を手掛けたバラード曲ということで。

14
年ぶりにね、ちょっと、ソロで出させていただいて。

もう、まずは、この曲というよりもね、ソロで、ね~、そんな久々に(笑)曲を出すというのは…まぁ最初は、ね、ちょっとこう、照れくささというか、僕で一人でいいんでしょうか、みたいな感じではあったんですけれども。実際に、なんか、僕もプライベートで邦楽を聴くんだったらこういう曲を聴きたいな、っていう感じでね。もうホントに、自画自賛なんですけれども。(笑) 

ホントに、自分の納得いくような、自分の大好きな、う~ん、自信をもって皆さんにお届けすることのできる曲に仕上がってますので、皆さん、ゆっくり聴いて下さい。

稲垣吾郎でした。

それでは、皆さま、今日も元気に行ってらっしゃい

中西さん
はい。と言う事で、稲垣吾郎さんから「行ってらっしゃい」、いただきました~。今日は、完全に「おはようSMAP」バージョンで、お送りしております「稲垣吾郎の天気予報」なんですけれども。やっぱ、吾郎ちゃんは、声が良いね。うん。これは、ず~っと前から思ってましたけども。久しぶりに天気予報やっていただいて…やっぱり、声、良いな~と思いました。だから、先ほど、ご自分で、「一人でいいんでしょうか」みたいな話されてましたけども…いやいやいや、良いんです!、良いと思います! 実際ね、この『SUZUNARI』、僕も聴かせていただいて、凄く気持ち良い曲ですし。川谷絵音さんが作詞作曲ということで。や~~「行ってらっしゃい」もいただきましたし、コメントもいただきましたし、今日もね、SMAPファンの方々は楽しく仕事に行けるのではないかと。結構、いろんな方々から、Twitterにもね、コメントいただいてまして、ホントに皆さん楽しみにしていただいてますけど、後2日ありますので、良かったら聴いてみて下さい。」

ここから全国の天気予報なんですが、♬「72」がずっと流れてました。中西さん、「おはようSMAPバージョン」って^^ 嬉しいですね~♡


2018年12月24日 (月)

「SUZUNARI」全国ラジオコメント出演① 12月24日


2018.12.24(
)

TOKYOFM 「クロノス」
【おはよう!稲垣吾郎 天気予報】

06:35
ゴロ~
Bandicam_20181224_155746622

「 72 」

「クロノス」をお聴きの皆さま、
中西さん、綿谷さん~Merry X’mas
稲垣吾郎です

今日の東京地方の天気は「晴れ時々曇り」

さ~今日はクリスマスイブですね~
皆さま、いかがお過ごしですか?

僕はですね~舞台をやってるんですね~()

ねぇ、横浜で、今ちょうどお芝居をさせていただいてるんですけれどもね~。ま、クリスマスに、演劇というかお芝居をやるっていうのは、僕、初めてなんでね。うん。しかも、今回は、『 No.9 』というベートーヴェンの役をやっていて。「第九」なんでね。クリスマス・年末に凄いピッタリだな~なんて思いながらやらせていただいてるんですけれども。

ね~、皆さんいかがお過ごしなんでしょうか、クリスマスイブ!

それでは聴いて下さい!

稲垣吾郎で、
SUZUNARI

中西さん
「お送りしてるのは、稲垣吾郎、先週リリースの新曲『SUZUNARI』です! と言う事で、吾郎さん、お久しぶりでございます。ね~、これ、完全に「おはようSMAP」ですね~() ずっとね、SMAPの方々にやっていただいておりましたけれども。ま、一番、実は、「おはようSMAP」の最後の回が稲垣さんだったんですよねぇ。まぁ、僕もその時に言ったのは、まぁ「さよならとは言いたくないです」っていう話をしました。その時は。と言うのは、まぁ、いつか又ね、こういう風に、帰って来てくれるってことを信じてる、って話をしたんですけれども。ま、こうやって又ね、ゴロちゃんがね、こうやって「天気」言ってくれて、僕に「中西さん、おはようございます」って言ってくれて。や、ちょっと嬉しいですね~やっぱね~、こういうのね~。まぁ、色んな、ね、コトがありましたけれども、又こういう風に、お話できて嬉しいです。吾郎さん、ありがとうございました。」

(中西さん、感慨深そうな声音で…泣きそう?って感じ。コメントもホントに嬉しくて涙が出ます。。。「おはようSMAP」は20161230日が最後でした。2年ぶりにかえってきました(感涙) 今回は1週間ですけど、この意味は大きいと思います。)


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2018.12.24()

Fm yokohama
Lovery Day
0944ゴロ~
Bandicam_20181224_155844193


DJ近藤さや香
今日は、今月12日に新曲『#SINGING』をリリースした、新しい地図joinミュージックの稲垣吾郎さんからメッセージが届いています。まずは、今日はクリスマスイブということで、稲垣吾郎さんのクリスマスの過ごし方、更に、今年、2018年を振り返ってお話しいただきました。

吾郎

Fm yokohama
Lovery Day」をお聴きの皆さま、
DJ
の近藤さや香さん、おはようございます!稲垣吾郎です。

さ~、今日はクリスマスイブですね~~皆さま、いかがお過ごしですか?

僕はですね~舞台をやってるんですね~(笑) ね~、横浜で今ちょうどお芝居をさせていただいてるんですけれどもね。ま、クリスマスに、でも、なんか、演劇というかお芝居をやるっていうのは、僕、初めてなんでね。うん。しかも、今回は『 No.9 』というベートーヴェンの役をやっていて。『 第九 』なんでね。クリスマス、ま、年末にすごいピッタリだな~なんて思いながらやらせていただいてるんですけれども。

まぁ、18年はね~もうホントに、もういろんな事やりました。

あっという間の1年間だ、って、毎回ね、ホントに…毎年毎年(笑)、「あっという間の1年間」て、同じ事言ってて。更に、その速度が速まってる感じがしてきて。ね~。

じっくり、1年間をね過ごしたいな、という思いもあるので、なんか、あっという間に過ぎてしまう=(イコール)雑にね、なってしまうとヤダな~なんても思いながら、いつもお仕事させていただいてるんですけれども。

まぁでも、2018年に関しては、ね~、何よりも、ホントに、映画3本撮影して、舞台2本やって、そして、ね~新しい地図としてね、香取くんと草彅くんと『 ななにー 』という、AbemaTVさんで、番組も月に1回やらせてもらったり、と。ね~、ホントに素晴らしい1年になったんですけれども。

近藤
「稲垣吾郎さんはKAAT神奈川芸術劇場でベートーヴェンを描いた作品『 No.9‐不滅の旋律 』に出演中なんですね。長くこの業界でお仕事されてる人の中で「クリスマスに演劇をするのは初めて」って、あらゆるお仕事されてるのに「初めて」っていう事がまだあるんだ、って事にもビックリですよね。そして、「毎年速度が速まる、あっという間だった1年」というお話をされていました。では、続いて、今月12日リリースになったばかりの新曲(#SINGING)についても伺いました。

吾郎
この曲はですね、SASUKEくんという15歳の新進気鋭の、もう、アーティストの方に曲を提供していただいてるんですよ。15歳ですよ!スゴイ才能ですよね。なんか、こう、普遍的な、こういうポップスが、なんか又、新しい才能によって、懐かしいんだけれども、なんか未来的なというか、そういう、なんか、味わいに仕上がってるんじゃないのかな~って感じしますしね~。この曲は、ず~っと楽しんでいただけるんじゃないかな~と僕は思います。それでは聴いて下さい。

新しい地図joinミュージックで、
SINGING

近藤
「曲を作ったのは15歳のSASUKEくん。15歳のSASUKEくんがこの3人を楽しく目を合わせて歌ってる姿を想像したんじゃないかと思えるぐらい、音聴くだけでも、仲良くこの3人が目を合わせてるところが想像できますよね。この曲、AmazonMusicTVCMソングになっています。そして、稲垣吾郎さん、ソロでも新曲リリースです。ソロの新曲についてもお話しを伺いました

吾郎
更に、僕、稲垣吾郎は、1221日に新曲『 SUZUNARI 』を配信リリースしました。この曲はですね~シチュエーションバラエティドラマ『 東京BTHTOKYO BLOOD TYPE HOUSE 』の主題歌となっております。今回はですね、あの川谷絵音さんが作詞作曲を手掛けたバラード曲ということで。はい。

14
年ぶりにね、ちょっと、ソロで、出させていただいて。

もう、まずは、この曲というよりもね、ソロで、ね~、そんな久々に曲を出すというのが(笑)、ま、最初はね、ちょっと照れくささというかね、僕で一人でいいんでしょうか?、みたいな感じではあったんですけれども。

実際に、なんか、僕もプライベートで邦楽を聴くんだったらこういう曲を聴きたいな、っていう(笑)感じでね~。もうホントに、自画自賛なんですけれども。ホントに、自分の納得のいくような、自分の大好きな、うん、自信をもって皆さんにお届けする事ができる曲に仕上がってますので! 

それでは聴いて下さい

稲垣吾郎で、
SUZUNARI

近藤
「稲垣吾郎、先週金曜日21日から配信がスタートした新曲『 SUZUNARI 』をお送りしています。吾郎さん、ま、ずっと私は小学生の頃から「吾郎ちゃん」と呼んでたんですけども。この曲ソロを久しぶりに出すことに照れくささがあって僕一人でいいんでしょうか、って感じだってコメントが、なんか昔からなんか照れてる感じがあって私はそこが一番好きだったので、まんまで嬉しかったです、こんなコメントいただけて。でも、プライベートで邦楽を聴くんだったらこういう曲を聴きたい、っていうぐらいの作品になった、っていうだけあって、すごく心地が良い歌声になってますね。ドラマ『東京BTHTOKYO BLOOD TYPE HOUSE』、AmazonPrimeVideoで観られますよ~。今日は、今月12日リリース、新しい地図joinミュージックの『#SINGING』と、21日リリース稲垣吾郎の『SUZUNARI』をピックアップしました。稲垣吾郎さん、メッセージありがとうございました。」

2018年3月18日 (日)

楽しすぎた~「映画と銃」@タマフル


2018年3月17日(日)22:00~24:00
TBSラジオ

Bandicam_20180318_163630677

昨夜の宇多丸さんの「ウィークエンドシャッフル」は聴きました?皆さま
まだの方は~是非是非!

TBSラジオCLOUDの公開エピソードにて
サタデーナイトラボ「稲垣吾郎と映画と銃。特集
吾郎さまのゲスト出演コーナーが聴けますよ
→→RADIOCLOUDへ (配信終了:2018年9月18日03:00):

追記:→TBSラジオ 収録風景の写真がいっぱいUPされてる


コーナーのタイトルからして「映画と銃って
もう最高でしょ
オタク感満載ですよww
内容があまりにもマニアックすぎて、殆ど分からなかったけど
吾郎さまが、水を得た魚のようで

吾郎さまは「タマフル」初ゲストでしたが、
タマフルファンの皆さまにも大絶賛で

終わってTwitterを #utamaru で検索すると
もうね~すごいことになってました
皆さまも是非、検索してみてください

そのほんの一部

――――――――――――――

吾郎ちゃん、もう一生応援するわ(笑) 完全にコッチ側の住人だったんだね。

 

あの頃の映画にリアリティは無くても良い ガバメントから15発弾が出てもおかしくない 僕の中で「稲垣吾郎」の株が(更に)爆上がり中…最高…最高やで…

 

てか稲垣吾郎氏がこんなに面白い人だとはー!新作映画、映画館に観に行きます(`・ω・´)シャキーン

 

まだあの部室の余韻が残ってる。タマフル史上屈指の熱量だったのではないか。 端的に言って稲垣吾郎が超大好きになりました。

 

男子校の部室に共学の王子様が来たけど違和感ない。吾郎ちゃんなら歓迎。

 

稲垣吾郎さんが最高すぎるので、今度の映画の前売り券を買うことに決定。

 

稲垣吾郎が想像以上にどうかしている人だった(誉め言葉)

 

面白かった。 圧倒された。 世界の合致するヲタク同士、そして伝える力のあるヲタク同士だからこそ、番組としてかろうじて成立できたというスリリングな時間。 やっぱりラジオは面白いなぁ

 

ずっとジャニーズに疎い人生を送ってきたボンクラおじさんですが、昨日の放送で稲垣さんファンになりましたw

 

今日わかったこと。 稲垣吾郎は信頼できる!!!

 

稲垣吾郎、サイコー!ラジオを聴く楽しさを改めて味わったな〜

 

勢いで吾郎ちゃんと宇多丸さんが対談したananを注文してしまった。後悔は無い!!!

 

吾郎さんこれ系のマニアックな雑誌に連載したらいいのに 絶対に男性ファンが増える フランス貴族なのに、趣味は骨太

 

なんか今回の特集、タマフル11年の中で上位に入るぐらいテンションが上がってます。スゲー面白い!

 

宇多さんに対して押しが強い国民的アイドル・稲垣吾郎。 宇多さんの得意分野の話題にも関わらず、ここまで押せるって強いな。猛将かよ。

――――――――――――――――
こんなTweetがエンドレスで出てきます

宇多丸さんはかつて、
 スマステで、残虐描写満載の映画「ホステル」を酷評した吾郎さまに対して猛抗議し、1年ぐらいSMAP曲を流さなかった経緯があります。その後、映画「十三人の刺客」での吾郎さまのあの殿役を大絶賛。ご自分の中で勝手にww和解されたという

2006年10月21日放送
「スマムービー」にて映画『ホステル』をバッサリと

Bandicam_20180318_205506943

Bandicam_20180318_205616829


今回の「タマフル」の冒頭で、宇多丸さんはその事を話したのですが、
当の吾郎さまは、「えっ?僕、そんな事言った??」って、
何も覚えていらっしゃらないご様子で。
「ホステル」自体をあまり記憶にないご様子でww

もうホントに、面白すぎます

去年の6月に、ananの映画企画で対談をして、
その時に銃の話で大盛り上がりしたんだけど、何分、ananですからね、銃の話は全カットにww 今回はお二人の念願叶っての「銃談義」となりました。


いや~~もう最高でした
こればっかりは、聴かないと分かりませんから
radiko
のタイムフリーとかラジオCLOUDで聴いてくださいね 
男子2人が銃の話で大盛り上がりしているのをラジオで聴くのはす~~~~~っごく楽しかったです

宇多丸さん、
吾郎さまが登場するコーナーの前に、
新曲『雨あがりのステップ』を流してくれました
ありがとう~~~♡

告知もちゃんと^^
映画『クソ野郎と美しき世界』と
映画『半世界』も

宇多丸さんの
新しい番組の方にも是非来て!って、
嬉しいお誘いも

最後に、
吾郎さまのお薦め映画『きみへの距離、1万キロ』
公式サイトへ
Bandicam_20180318_202425781

2013年2月25日 (月)

LOVE+FLAP@FM大阪

本日~2月25日、FM大阪の番組「LOVE+FLAP」内にて、
吾郎ちゃんのコメントがありました

音源を頂きましたのでレポします~~~
先日のFM横浜のコメントと同じ個所がありますので、同じコメントをFM局によって編集されてるのだと思います。このFM大阪の方が長いです~~

《吾郎ちゃんコメント》

「LOVE+FLAP」をお聴きの皆さん、こんにちは!
スマップの稲垣吾郎です。

さて、今回発売するスマップの新曲「♪Mistake!」ですが。
今回はですね、男女の恋愛をきわどく鮮やかに描いた大人のポップチューンですね。

ま、スマップとしては結構久々なアップテンポの曲で、実際にすごく踊りも踊りますしね。なんか激しい感じで。曲調は、なんか、少し懐かしい歌謡曲の王道をいってるようなメロディーであったりとか。うん。

結構、久々に踊ってる僕らをね、又観てもらいたいなぁと思うんですけれども。

は~い、そしてジャケット写真もね、
ちょっとこう、みんなでトランプをしてるみたいな写真で、すごい可愛らしいですよ、すごく。
また新しいスマップが出てるんじゃないかなぁ~という感じがしますし。
すごく色鮮やかですしね。

これから春になっていくのに聴きたくなるような、そんな曲なんじゃないかな~という感じもしますし。

まぁでも、結構、複雑な歌詞で。
ま、色んな、人それぞれの、こう、解釈ができると思うんですけれども。
ラブソングにはなってるんですけど、男と女の恋愛がテーマなんですけれども、でも、色んな自分自身の、こう、人生に例えたりとか、恋愛だけではなくて色んなものに例えて解釈することもできるし、難しい歌詞ではあるんですけれども。

皆さん、それぞれに、取り入れてもらって解釈してもらって、楽しんでもらえればなぁと思ってるんですけれども。

まぁ、僕自身はね、あまりミステイク、そんなになんか失敗っていう事はあまりないんですけれどもね。意外とでも、小さな失敗は多いですね。「忘れ物が多い」とかって、メンバーにつっこまれたりとかね、マネージャーさんに迷惑をかけたりとか、結構そういう事は多いんですけれどもね。

そして、今回ね、ミュージックビデオの方も、カッコよく仕上がってるんですけれども。

ま、男女の恋愛をテーマにしてるんでね、女性ダンサーがいっぱい出て来て。フラメンコのダンサーで。うん。なんか、フラメンコダンサーとスマップっていうのもビジュアル的に凄く新鮮な感じがしましたし。なんか、赤と黒の世界で、とても妖艶で美しいんじゃないかなと思ってますねぇ。
結構、踊ってるんでね~注目ポイントも多いと思うんですけれども。


さて、もう一つの楽曲、『Battery』ですけれども。
こちらはですね~全編、歌詞が英語なんですよね。
すごくスマップとしては珍しいんですけれども。

まぁ、やっぱね~、なかなか、僕ら日本人ですから英語の歌詞っていうのは非常に難しくて、学校の授業みたいな感じだったんですけれども。

まぁでも、どちらかというと、今どきの、すごく精神的な楽曲ですね。未来的であって。 
はい、とにかく、すごくダンサブルな曲でもありますし、ず~~っと聴いてると、なんかちょっと気持ち良くトランスできるような、そんな曲でもあるので、聴いてもらえるんじゃないかなと思いますし。

こちらもミュージックビデオがね、初回盤の方には付いてるんですけれども。

ちょっとこう、ストーリー仕立てになってて、楽しめるんじゃないかな~と思いますね。電脳の世界にどっぷりつかってるスマップっていう感じですね。とっても未来的であって、カッコいいと思います。

と言う事でね、「Battery」と「Mistake!」、久々のスマップの新曲で、かなりダンサブルな曲で、皆さんに気に入ってもらえればなと思っています。

スマップの稲垣吾郎でした

それでは聴いて下さい
スマップで
「Mistake!」

「スパカン!」@文化放送 2/22

2月22日(金)夜の文化放送の番組『スパカン!』内で吾郎ちゃんからのメッセージが入りました

《吾郎コメント》

ムロツヨシさん、そして、「スパカン!」をお聴きの皆さん、こんばんは!稲垣吾郎です!

来週の水曜日、2月27日にSMAPのNewシングル『Mistake!』がリリースされます。
今回はですね~スマップ久々のシングルで、まぁ、両A面ということで、この『Mistake!』と『Battery』という曲で。

両方共、結構久々に、かなりダンサブルな、うん、ちょっとスマップ最近意外と踊ってない感じもあったんですけれども。

今回は踊りも激しくて。は~い。

ちょっとこう、これからの季節に向けて、みんなにね、好きになってもらえそうなリズムだと思うんですけれども。

振付もね~結構、細かくて難しくて、結構ボクはてんてこ舞いになってるんですけれどもね~。まぁ、この辺も、ビジュアル面でも、皆さんに楽しんでもらえる曲じゃんじゃないかなと思いますね。

さ~、まぁ、今回のそのシングルは『Mistake!』という、ちょっと謎めいたタイトルなんですけれども。
それに因んでですね~、今回は、発表したいと思います!

コンサートでやってしまったミステイク、失敗~ベストワン!

や~ちょっとこれはね~強引な感じではあるんですけどもね~(笑)

あの~そうですね。コンサートでは結構間違い、よくあるんですよね。
なんか、意外と、コンサートって、でかい会場でざっくりしてるんで、意外と失敗がばれなかったりもしたり。後は、ライブなんで、失敗もなんかちょっと逆にファンの方がちょっとこう喜んでしまったり…みたいな。ちょっと甘えてる所も多々あるんですけれども。

そう、この文化放送の「STOP THE SMAP」って、僕やってる番組で、ね~、ちょっとこう、ファンの方から指摘があったんですけれども。

スマップの丁度去年の今頃発表された『さかさまの空』というシングルの中の大サビで、こう、♪君とであった~みんなに♪ って、僕、歌う所があるんですけれども。

そこずっと、「君と」を「君が」って、僕はず~~っと、なんか、歌ってたみたいで、コンサート中。 これ、しかもライブDVDにも「君が」で収録されてしまって。
でも、そのミステイクを、誰も気付いてない、っていう。メンバーからもスタッフからも、誰からもいまだに誰からも指摘されてないんですね。(笑)
自分のラジオ番組でファンの方に指摘されただけで。(笑)
うん。不思議な、なんか、ミステイクというか、なんかちょっとごまかしてしまってミスになってない気もするんですけれども(笑)

そんな事もあったんですけれども。は~い。

意外と歌の歌詞ってね~聴いてる方も分かんなく変わってきたりすることって、意外とありますよね~。
だから改めて歌詞カードとちょっと比べてみると、意外と違ってたりすることもあるかもしれませんよ。

さ~それでは、ここで、来週の水曜日にリリースされます、スマップのNewシングルを聴いてもらいましょう~。
スマップで、
『Mistake!』
以上、稲垣吾郎でした。


《ムロツヨシさん》

「稲垣さんから番組にコメント頂きまして、僕は、人生で初!でございます、スマップのメンバーの方から「ムロツヨシ」と呼んで頂いたのは。
これが初めての日でございます!吾郎さん、ありがとうございます!!木村拓哉さんとはちょっと共演したことはあるんですが、それもちょっとワンシーン、ワンカットだったので。嬉しいですね。やっぱり、ずっと見てきたスマップから名前を呼んで頂けるなんて!吾郎さん、いつかゲストで来て頂けたらな~と思いますので、どうか、どうか、宜しくお願いします!」

2013年2月22日 (金)

THE BREEZE @FM横浜 2月21日

今日のFM横浜の番組「THE BREEZE」で、
吾郎・剛・慎吾からのメッセージがありました

音源を頂きましたので、レポします~~
27日発売のNewシングルについてのメッセでした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
「Mistake!」

《吾郎》

さて、今回発売するスマップの新曲「♪Mistake!」ですが。
今回は、男女の恋愛をきわどく鮮やかに描いた大人のポップチューンですね。

ま、スマップとしては結構久々なアップテンポの曲で、実際にすごく踊りも踊りますしね。なんか激しい感じで。曲調は、なんか、少し懐かしい歌謡曲の王道をいってるようなメロディーであったりとか。

結構、久々に踊ってる僕らを又観てもらいたいなぁと思うんですけれども。

まぁでも、結構、複雑な歌詞で。
ま、色んな、人それぞれな解釈ができると思うんですけれども。
ラブソングにはなってるんですけど、男と女の恋愛がテーマなんですけど、自分自身の人生に例えたりとか、恋愛だけではなく色んなものに例えて解釈することもできるし。

難しい歌詞ではあるんですけれども、
皆さん、それぞれに、取り入れてもらって解釈してもらって、楽しんでもらえればなぁと思ってるんですけれども。

《剛》

今回、ミュージックビデオも撮ってまして。
「Mistake!」は、赤と黒を、衣装をモチーフにして、大人っぽく、フラメンコのダンサーの方も、すごいステキな方達が踊ってくれて。すごい大人っぽくて、これも新しいスマップの魅力なんじゃないかなぁと思う感じですね。 

こちらの方も観て頂けると、カッコいいなぁ~と思ってくれると思うんで、是非とも、皆さん、ミュージックビデオも期待してください。

「Battery」

《慎吾》

「Battery」、
こちらはユニバーサルスタジオジャパンの「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」という、ジェットコースターに乗りながらこの曲が聴ける、という、楽曲提供となっております。 

ジェットコースター、大好きなんで、ホントに。 
乗って1周して着いたらそのまま降りずに出発して欲しいぐらい好きなんで。 
もうね~まさかの、自分の歌を聴きながらジェットコースターに乗れるなんて、ホントに、もう、スマップもいろんな夢を叶えてくれますけど、こんな事が実現されるんだって。
 
ホントに楽しい新しい試みで。

そして全編英語という、スマップシングルでは初の、全部英語の歌詞で。難しかったですよ。僕、途中のラップの部分も歌わしてもらってるんですけど。
難しかったですけど、のってくると、曲のその勢いにどんどん身体がのっていき、気持ち良く歌えた歌ですね。

ホントに元気の出る、それこそジェットコースターの曲なんで、こちらの方も皆さんに気に入って頂けたらなと思っております。

2012年8月15日 (水)

よんぱち~おしゃれな釣り(笑)

2012.8.10
【よんぱち】TOKYO FM  ゲスト:稲垣吾郎

鈴木おさむさんのラジオ番組「よんぱち」に吾郎ちゃんがゲスト出演しました! リアルタイムでは聴けなかったのですが、録音を頂きました。 すごく話しが弾んでて楽しそう♪ 吾郎ちゃんは「おさむくん」って呼ぶのね

アルバム「GIFT of SMAP」の宣伝だったのですが、思いもかけない話題が出ました~

青本にあった吾郎ちゃんの「釣り始めた?!」疑惑に、それをリスナーから伝え聞いた木村くんの驚愕落胆ぶりを心配したおさむ氏が吾郎に問い質す!(大袈裟な

完レポはちょっと時間がないので、面白かった所だけを。

~~~~~~~~~~~~~~~~

生出演なのに、本番ギリギリでスタジオに到着したらしい吾郎ちゃん
おさむ氏に「危なかったですね。どうしました?」と。
どうやら渋滞で遅れたようで、「混んでて、焦っちゃいました」と。
いつも時間を守る吾郎ちゃんが珍しいよね、ギリギリだなんて。

オリンピックの話

お 「今、オリンピックがかなり熱いですけど、稲垣吾郎さんは?(笑)
吾 「なんで笑ってるんですか?

以前、なでしこがワールドカップで優勝してスマスマに来た時に、吾郎ちゃんは観ていなくて話が合わなかった、優勝の時はランニングをしていた…という衝撃の事実が判明したんですが、と、おさむ氏に暴露される。
でも、この話はスマスマの時に本人が何か言っていたような気がするが…(何だったかなぁ?)

で、「今回のオリンピックは結構観てますよ」と。

「スマスマのゲストにメダリストの方が来られるので、観てる」と。
「早速、重量上げの三宅選手が来ましたね」と、おさむ氏。

剛が見なさすぎてて、メンバーから批判されてる姿を見て、「やばい、ちょっとオレは見とかなきゃ」と思い、「リアルタイムで見れなくても朝とか昼までにはチェックする」ようにしている。 
吉田選手の金メダルは見て、なでしこも朝、今日、チェックした、と。 

吾 「リアルタイムではないですけど…さすがに3時はちょっとね(笑)

吾 「遅くまでは無理で、「中居くん、おやすみ!」って言って寝てます

お 「木村くんとか異常に見てますから、オンタイムで
吾 「そうですね、SMAPのみんな目が赤いですよ毎日寝不足で

お 「「Morment♪」はTBSに絡んでるじゃないですか
吾 「そうですよ。 レスリングは見ましたよ!お父さん肩車してね、嬉しかったでしょうね
 
お 「前回、すごかったんだから、W杯見ていなかったときのメンバーからの吊るし上げがね~
吾 「色んな人がいるんですよ。SMAPも、だから色んな人がいていいんですよ

吾 「おさむくんだって見てないんでしょ?そんなに
お 「しかし、今回はけっこう見ているんですよ。
吾 「生で観るのと、次の日VTRではちょっと違うんだよね。

アルバムの告知

お 「今回も楽しいですね!すごい作家陣で!
吾 「はい、GIFT of SMAP、8日にリリースされたんですけど、椎名林檎さんとかモンキーマジックさん、ヒャダイン、ナオトインティラミさん、

お 「「あさ4」のSMAPのインタビューで吾郎ちゃんが「すごい面々なのでその人たちが歌ったほうがいいんじゃないか」と言っていて一緒にいたみんなと大笑いしたんですよ。

吾 「デモで頂く時って、椎名林檎さんだったら椎名林檎さんが自声で歌を入れて、大橋トリオさんもそうなんですが、皆さんそうやって曲を提供して下さるんで、それを聴いた時に、完成形で出来上がっているから~、あぁもうそのままリリースしてよ、みたいな。 申し訳ない気になってしまって(笑)

お 「みんなプロだから、自分達では歌えない曲をSMAPに歌わせてますね。
吾 「そうですね、ぼくらがパフォーマンスしてるときの絵柄とかを、イメージして作られてますよね、踊ってたりとか
お 「うん、そこすごいイメージしてますよね。プロなんだなって、あたりまえなんですけど。

お 「今回、ナオトさんの「君とブギウギ」が全然イメージと違った。「エンジェルはーと」は作詞の野島しんじさんは、愛という哲学がハッキリしてますね。どう思いました?

吾 「いやいやいやいや、すごい、素晴らしいです。 10年後にまたね、この曲が、アンサーソングとして生まれるっていうのがすごい

リスナーから「アルバムの中でお気に入りの曲は?」

お 「ライブなんかやって変わると思うけど、あえて、今の時点でのお気に入りは?」
吾 「やっぱりここは…さっきからまだこの曲が出てないんですけど、
お 「はい?
吾 「僕のソロ曲ですよ。なんで言わないのかな…って、(←すごく不満気
お 「すみません(爆笑)さっき吾郎ちゃんが大橋トリオさんって言ってたから
吾 「言いにくいじゃん、だって
お 「ごめんなさい、気ぃ遣わなくて 
(爆笑)
Disk1とDisk2がありますと、簡単に説明(by吾郎)。

吾 「僕のソロ曲は大橋トリオさんに提供して頂いて。打ち合わせして、色々とイメージを伝えて、 出来上がってきた曲にも生意気に色々と、大サビを作ってくれとか注文させてもらった。 

お 「大橋トリオさんって意外な組合せですよね
吾 「以前、スマスマに大橋さんが来て頂いた時にすごくファンになって、あの曲の世界観とか…。

リスナーから「吾郎さんのソロ曲大好き。ライブの演出のヒントを教えてください。」

吾 「今年は久々になんかギターを弾きたいなと思って
お 「おぉ~
吾 「けっこう昔よくギターを弾いてまして(笑)
お 「弾いてましたねぇ、カーディガンズの曲をやったりして
吾 「そうそう(笑) そうですね、木村くんはずっとよく弾いてるんですけど、今でも。 実はぼくも弾けるんだよみたいな感じで(笑)
お 「アハハハ! そういう意外な面を?
吾 「木村くんだけじゃないよ~ギターは!みたいな

お 「それは本当に弾くほうですね?
吾 「いや本当に弾くほうです
お 「持ってるだけじゃなくて
吾 「持ってるほうじゃないです、なんですか(笑) 

吾 「結構、木村くんと又こう、セッションで一緒に弾いて、SMAPの曲とかもやれたらいいな~とか、ちょっと又久々にギターを弾きたいってところからこういう曲をリクエストして。 ギターのサウンドじゃないですか、アコースティックな。まぁ、そういった演出も見られるのかなーという。

お 「面白いですよね、SMAPはライブのイメージで曲を作るじゃないですか
吾 「中居くんなんかはとくにそう」
お 「「CRAZY FIVE」は完全にライブのイメージで

ここで、吾郎ちゃんから曲紹介!

僕、ソロで歌ってます!スマップで♪「Special Thanks」

 ♪「Special Thanks」

お 「ほんとに15年ぶりぐらいじゃないですか?ギター
吾 「そう…ですね、久々に弾いたら指がすごい痛くて。もう慣れてきたんですけどぉ。ほんとに久々なんです
お 「そんなに久々に弾いたんですか?(笑)
吾 「ほんとですよ(笑) 昔、よく合宿所とかに住んでるとき、TOKIOの城島くんとかと一緒によくギター教えてもらったりとか
お 「あ、城島くんに教えてもらったんですか?
吾 「そうです、そうです 
お 「うわ~、それは意外と知らない情報ですねぇ~城島直伝ギター 
吾 「そうですよぉ

お 「あれ?木村くんは違うでしょ?
吾 「木村くんは…まぁでも、男闘呼組の岡本健一さんとかとけっこう交流があったり
お 「へぇ~

吾 「結構そういうの木村くんも僕も好きだったんで、ロックが。ギターとか
お 「はいはいはい。 吾郎ちゃんってあんまりロックってイメージないじゃないですか?
吾 「でもね、けっこう10代の頃はヘビメタとかもすごい好きだったんですけど
お 「えぇ~~好きだったんですか?
吾 「全然、好きですよ

お 「今はもう好きじゃないでしょ?(笑)
吾 「今は…そうですね(笑)
お 「だんだんカロリーが高くなってって
吾 「ちょっとこう~そうですね…
お 「だから、スウェーデンとか北欧のポップスとかすごい聴いてるイメージ
吾 「そうですね

お 「昔、好きだったんですね?
吾 「昔、好きでしたよ
お 「だんだんそれが油っこくなって (笑)
吾 「そう、だんだんサラッとした、はい (笑)
お 「でも今回木村くんのソロなんかもブレてないですよねマーティ・フリードマン
吾 「フリードマン

もらって嬉しかった贈り物

吾 「そうですね、メンバー同士って、たまにプレゼント交換を。なんか別に決まってないんですけど
お 「あの、あげるときとあげないときみたいな
吾 「そう、なんか気分だったりとか、いいものをゲットしたからこれを彼にもあげよう、とか、そんなノリなんですけど
お 「うん

吾 「最近ほら、木村くんとぼくはよくゴルフに嵌ってて。 そんなことで、去年の誕生日になっちゃうんですけど、木村くんにゴルフの、こう、なんだろ、グリーンのボールマークを直すフォーク、グリーンフォークっていう。 うん。 それをちょっとこう、クロムハーツのグリーンフォークを。 そう、それを頂いたんで

お 「へぇ~、またクロムハーツっていうのが木村くんらしいですね(笑)
吾 「ぽいでしょ?
お 「ぽいです、ぽいです
吾 「嬉しいですよ。 だから、一緒にゴルフをやるときに、さりげなく、使ってるよ、みたいな感じで(笑)
お 「(笑)なんかあんま言うのもね
吾 「あんま言うのもやらしいし、さりげな~く使ってる
お 「使わないのもよくないしね
吾 「そうですね(笑)

お 「そういう場合は吾郎ちゃんは木村くんにあげるんですか?お返しに
吾 「そうですね、なんかグラスとかをあげたのかな(笑)
お 「グラス? 
吾 「そうです(笑)バカラのグラスとかをあげて
お 「ぽいですね(笑)
吾 「ぽいですか?

お 「他のメンバーには最近あげたりとかするんですか?

吾 「木村くんの誕生日に、香取慎吾くんが木村くんに何かプレゼントしてたんですよ。アイフォンからプロジェクターみたいに映画を観れるっていう。 いいな~と思ってて、来月俺の誕生日だから、慎吾、今度俺には何をくれるのかな~と思ってたら、何ももらえませんでした。 だから香取くんには別にあげませんでした。(笑)

吾 「(プレゼントをあげるあげないは)フリーなアドリブな感じで、20年の付き合いがあるので。 中居くんもけっこうメンバーに電化製品をくれたりする。 自分が使って気に入ったものをまとめて4つ買ってきて、空気清浄機をくれたりとか。たまに持ってる場合もあって、被ったりすることもあるんですけど。 (笑)

吾 「舞台をやると草なぎくんなんか必ず差し入れでシャンパンを持ってきてくれたりとか。 お互いの舞台を観に行って差し入れする、って面白くないですか

お 「そういう時、舞台の感想って言って帰るんですか?

吾 「感想を言って帰るけど、ハーフタイムの休憩の時に楽屋に来るんですよ。客席に居ると目立っちゃうじゃないですか。その時に僕の楽屋で座ってたりするんですけど、そこではまだ聞きにくくて。中間結果みたいな。(笑)あのときは黙っている空気が流れてて。 終わった後にいろいろ感想を言ってくれたりするんだけど。 それはちゃんと言いますよ、面白かったら面白かったって言いますよ。

 
ここで、
おさむ氏、
あっ!聞いておかなくちゃいけない事があった!みたいな感じで、

お 「吾郎ちゃん、そうだ! 木村くんのラジオでぼくやってるじゃないですか、構成で
吾 「うん

お 「釣り始めたって本当ですか?
吾 「いや始めてない、始めたいなって言ったの
お 「あ、それをファンが間違った解釈でぇ、吾郎ちゃんが釣りを始めたらしいって

吾 「たまたま木村くんと去年、あの番組で27時間テレビの方で、被災地のほうに行った時に、田舎道を車で走っていた時に、釣りをやってる人がいっぱいいて、川で。 そんな話をしてて、「おれ釣りはじめたいなぁ、木村くぅ~ん」なんて話をしてたら
お 「うんうん

吾 「お前は絶対フライフィッシングが似合うよ」みたいな感じで(笑)
お 「(笑) フライフィッシングってなんですか?(笑)
吾 「お前はフライだ」みたいな(笑)
お 「(笑)
吾 「オシャレだからフライフィッシングが合うよ」って、ちょうど車の、ロケバスの中でそんな話をしてたんで。 だから始めたいなって話を  

お 「まだ始めてないんですか?
吾 「まだ始めてないです

お 「たぶん合わない(笑)
吾 「なにが?僕?ゴルフも好きだし。 忍耐強さとか自分との勝負とか、ああいう感じ好きそうじゃないですか
お 「大丈夫かなぁ?釣りってなんか相当イライラしそうじゃない?そんなことないのかなぁ?

吾 「でもフライフィッシングが似合うって
お 「言われちゃったからね(笑)それはどっかでしないと

吾 「ちょっとカッコイイじゃないですか?ブラッド・ピットの映画なんかでもあったんですけど
お 「(笑) たしかにやってた!
吾 「やってたでしょ?(笑)あれはオシャレな釣りなんですって
お 「オシャレな釣りなんですか(笑)泥臭いやつじゃない方ですね (笑)
吾 「そう、ちょっと挑戦してみたいなって、これからですけど

お 「面白いですね! そんなこと言ったらもう今度の誕生日にフライフィッシングのルアーがたくさん届いちゃいますよ(笑) 
吾 「そうだね

最後にもう1曲お聴きください!

♪「gift」

曲が終わる頃には、吾郎ちゃんはもう退室してたみたいで、
アシスタント(?)の女性の方が、おさむ氏に、
「すごく面白い方ですね♪カッコいい♪」って言ってた

2012年8月 4日 (土)

大竹メインディッシュ

2012/8/1
【大竹まことのゴールデンラジオ】文化放送
メインディッシュのゲスト:稲垣吾郎

大竹まことさんのゴールデンラジオに吾郎ちゃんがゲスト出演しました。


お互いに、「こんにちは~お久しぶりです」の挨拶の後、

のっけから、
大竹さん 「なんか、あれ、体って鍛えてるの?なんかしてるの?なんかスキッとして…随分締まった体してない?」 と、興味津々な感じ。

吾郎 「いや、ジムに行くぐらいですけど」

スタッフさんから「大竹さん、変な視線で見てるんじゃないんですか?」と言われてますが。(笑)

たしかにここ数年というか、ふと気が付いたら、折れるような華奢な身体だったのが、吾郎ちゃん背が伸びて肩幅もしっかりあって、なんか大人な体つきになってる。 でもお尻は小さいからホントにスタイル良いんだよね~日本人っぽくないスタイルの良さだよね。

吾郎 「結構華奢に思われるんですけど、意外とそうでもないんですよ。体重もちゃんとありますし、身長もあるので。テレビって不思議ですよね。映り方とあれによって。」

大竹 「ああ、そうだよね。メンバーの中だととっても華奢に見えるのにね。」
吾郎 「そうですね。香取くんとか木村くんとか結構ガタイがいいので。はい。」

で、吾郎ちゃん、夏のコンサートを控えて、体力作りをしていると。

大竹 「ジムで何やってるの?
吾郎 「泳いだりとか、あとは、結構ジョギングするのが好きで。走るのが好きなんですけれども。
大竹 「走り、どのくらい自信あるの?それは?
吾郎 「いやあの結構ね、毎日走ってるんですよ。
大竹 「毎日走ってるの?
吾郎 「はい。すごい好きで。
大竹 「だって、そんな長い間走れないでしょ?
吾郎 「でも13キロとか4キロとか、5キロぐらいですけど
大竹 「うわ~。
吾郎 「家の中のルームランナーとか。今、外暑いので
大竹 「5キロって結構だよ?
吾郎 「そうですね。30分間時速10キロで30分くらいですけど。もうちょっとペース遅いですけれども。
大竹 「ルームランナーの前に何か置いてないの? つまんなくない?あれ。 
吾郎 「テレビを、一応掲げて()ラジオではないんですけれども。
大竹 「いや結構ですよ、もう。私でもやるとしたら多分テレビ置くと思いますから。
吾郎 「そうですよね。
大竹 「はい。映画とかね。
吾郎 「そうですね。
大竹 「ああいうのあればいいけど、壁見ながらルームランナーは・・・
吾郎 「そうですね。意外と飽きてしまいますよね。あと、音楽を聴いたりとか。


最初に会ったのはもう20年も前だそうで、映画「さらば愛しのやくざ」
この時の吾郎ちゃんの演技すごいですよ。陣内孝則主演で柳葉敏郎さんも出てる。DVDが出てるので観てない方は必見!

 

吾郎 「そうですよ~。 ホントに僕デビュー作の時にご一緒させていただいて、
大竹 「そうらしい、そうなんですよ。
吾郎 「1990年です。
大竹 「はい。あの~、私もね、よくわからないで映画行ったら稲垣くんがシャブ中の役だったんだよね。
吾郎 「そうです。はい。もうすごい、役で、主演の陣内孝則さんをピストルで撃ってしまう、最後に、殺してしまう役で。
大竹 「そうなのよ。
太田 「それがデビュー作だったんですか?
吾郎 「そうです。麻薬中毒の役で。
大竹 「そうそうそう。
吾郎 「結構そう、ヤクザ映画なんですけど、和泉聖治さんのねぇ。『さらば愛しのやくざ』っていう。
大竹 「そうそうそう。
吾郎 「大竹さんがまた、悪い役なんですよね。
大竹 「そうなんだよ。俺バスローブ着て、プールの中で沈められたこと覚えてる。
吾郎 「そうそうそう。
大竹 「頭持って沈められて。誰だっけ?陣内さんだ!
吾郎 「そうそう陣内さん。

吾郎 「すごい悪い役で、ほんっとに怖かったですよ、大竹さん。
大竹 「いや俺あの、
吾郎 「役、役ですけれども、

スタッフ:()

吾郎 「僕さすがに16歳だったし、役に入られてたんで。もうすーっごい怖くて。
大竹 「ていうか俺ね現場行くと、こういう風な、こういうラジオとかもべらべらしゃべるでしょ?
吾郎 「はい。
大竹 「こないだもちょっとやってたんだけどね、ドラマの現場行くとね、やっぱ喋んないね。で、相手役の人ともあんま喋んない方がね、芝居がしやすいんだよね。
吾郎 「あ~。
大竹 「そんなことない?稲垣くんは。
吾郎 「僕は意外とコミュニケーション取りますし、
大竹 「取って、ああやろう、こうやろう、って役作りするんだ?
吾郎 「そうですね。意外とお話するの楽しいですし。
大竹 「あ、そう。
吾郎 「はい。
大竹 「そのうち多分喋らなくなってくると思う。
吾郎 「ほんとですか?
大竹 「わかんないけど。 

スタッフ ()

吾郎 「もうね、新人にとってはすごい怖かったですよ。 役者さんってそうやってね、役に入られてやるのかな?って思ってて。
大竹 「いやわからない、どっちがいいのかわらないんですよね。

スタッフ:大竹さん当時42、3ですか?
大竹 「そうだね。
吾郎 「え、ほんとですか!?
大竹 「いまもう63だからね。
吾郎 「でも全然変わらないですね!
大竹 「バカ言ってんじゃないよ()
吾郎 「いや、そのあの、そういう意味、その時の印象とあまり変わらないっていうか。
大竹 「まぁ、稲垣くんだって変わらないって言えば変わらないですよね。
吾郎 「まぁまそうですねぇ。まぁ、でも16歳だったんで。デビュー作で。


大竹 「業界22年、いろいろあったね~。すごいね~。この業界で。
吾郎 「そうですね~。
大竹 「いやでもやっぱしこの業界は自分で水に合ってる感じかね、稲垣くんは。
吾郎 「そうですかね。まぁでもグループなんで。長くやらせてもらってますけど。お互いこう刺激し合ってというか。一人だったら多分ここまで、続けられない、
大竹 「そうか?
吾郎 「絶対無理です、無理です、はい。


大竹 「あ、そう。 えー、夜中の、バラエティなんかもずっと、やってたね。
吾郎 「そうですね() ちょっと今深夜番組でやらせてもらったりとか、
大竹 「ああいうのも向いてるの?
吾郎 「そうですね。お話するの意外と好きですし。メンバーの中では意外とあんま喋んないように思われたりとか、
大竹 「そうなんだよ。
吾郎 「ちょっと大人しめに思われたりするんですけど、意外とこういうとこだとよく喋れるんですよね。ラジオとか。

スタッフ:()


大竹 「お芝居はどうですか?楽しいですか?
吾郎 「楽しいですね。あのー、あれから22年でホントにいろいろと舞台もやらせてもらったりとか。
大竹 「そうだ、つかさんの舞台やったんだよね。
吾郎 「そうですね。もう随分前ですけれども。
大竹 「広島に原爆の落ちる日だっけ?
吾郎 「落とす日、そうですね、23歳の時に。
大竹 「落とす日。これつかさんの演出だったの?
吾郎 「いや違うんですよ。
大竹 「別の人だったの?
吾郎 「はい。僕はつかさんの演出は実際に受けたことなくてぇ。
大竹 「そうなんだ。
吾郎 「劇団新幹線のいのうえひでのりさんが、
大竹 「あぁ。あの人もすごいじゃない。
吾郎 「そうですね。結構大変だったんですけども、舞台とかやっぱ初めての経験だったし、
大竹 「しかもこの『広島~』は台詞攻めみたいな。 
吾郎 「そうですそうです。

大竹 「ずーっと喋ってるよね。
吾郎 「ずーっと喋ってる、つかさんのお芝居の中でも特に台詞の多いお芝居で、
大竹 「そうだよね~。
吾郎 「まぁ2か月くらい稽古して、はい。やらせてもらったんですけど。
大竹 「やっぱああいうお芝居はその時は「なんだ」と思ってるけど後になって効いてくるというか、
吾郎 「そうですね。
大竹 「ねぇ。
吾郎 「やっぱそれがきっかけですごくお芝居が好きになりましたし、
大竹 「あぁ。
吾郎 「やっぱ舞台をやることによっていろいろと勉強にもなったし、 
大竹 「うん。
吾郎 「それから結構地味に意外と舞台をやらせてもらってて()、テレビと違ってそんなに宣伝するわけでもないし知らない方多いと思うんですけれども、意外と年に1回くらいのペースで、お芝居をさせて頂いてて、
大竹 「あぁそうなの。
吾郎 「はい。ちょこちょこやらせてもらってるんですよ。
大竹 「舞台はまたテレビや映画と違って目の前にお客さんがいて、なんかこう、ちょっと違うよね。
吾郎 「そうですね。またなんか普段コンサートとかライブやらせてもらってると、
大竹 「あ、そっか。
吾郎 「あっちはもうお客さんが東京ドームで5万人とか何万人の世界でやってて、
大竹 「うん。
吾郎 「かたや小劇場で何百人のお客さん相手にやってたりするとなんかすごくそういう違いも楽しめたりとか、
大竹 「あぁ。
吾郎 「勉強になりますね。 


大竹 「でも稲垣くんは客が6人とかそういう目に遭ったことないでしょ?
吾郎 「それは、ないですね。それは、6人てなんですか?それは。
大竹 「僕らは、6人、台風の日に客が3人とか、出演者15人くらいいて袖見たら客が3人とかね、
吾郎 「はい。
大竹 「6人とかそういうのまだ経験してないでしょ?
吾郎 「さすがにないですね~。
太田 「まだってこれからももう経験しないと思いますよ()
大竹 「一回経験した方がいいよ。
吾郎 「あ~。6人はないですけど、でもSMAPデビュー当時は結構お客さんが入ってなかったとかありましたけどね。
大竹 「嘘?
吾郎 「はい。あのー、名古屋の、こう忘れもしないんですけどレインボーホールっていうところで。
大竹 「あ、やったことあるレインボーホール。
吾郎 「コンサートやったことあるんですけど、開いたら結構もうお客さんが10分の1くらいしかいなくて。 
大竹 ()
吾郎 「多分5000人くらい入るところがもうホントに少なくて。デビュー当時はそういうことありましたけどね。
大竹 「焦るよね。
吾郎 「焦りましたね。僕なんかマイペースだったんですけど、結構中居くんとか年上の木村くんなんかは結構責任感じて()。 僕ら結構子どもだったんでねぇ。
大竹 「うん。そうだ。
吾郎 「僕とか香取くんとか草彅くんはのほほんとやってたんですけど。デビュー当時はでもそういうのありました。僕らも。


吾郎 「ちょっと空いてると気になりますよね。
大竹 「気になるよね~。
吾郎 「お芝居でも席が売れてないとかではなくて、たまたま来れないお客さんがいたりとかして、
大竹 「そう。
吾郎 「そうですよね。
大竹 「だから満員でチケット売れてても前6人くらいいないときあるよね。
吾郎 「あぁ、ありますあります。よく最前列とかに意外とあります。
大竹 「あれホントもうずっとその客のこと考えてるよね、舞台の間。
吾郎 「意外と見てますね。僕も見ちゃうタイプなんで。
大竹 () 「どうしたんだろう?この6人」
吾郎 「そうですね。でもそういうのもまた舞台の面白さというか、目の前にお客さんがわかるじゃないですか。テレビと違って。


大竹 「あ~そうだね。ぱっと立っていなくなるやついるよね。
吾郎 「ありますあります。SMAPでもいまだにコンサートとかやってるとソロのコーナーとかだと、
大竹 「嘘?
吾郎 「その期間にトイレに行っちゃったお客さんとかいて、
大竹 「嘘?!
吾郎 「たまにありますけどね、まぁ、ほんとあのここ、
大竹 「それキツいよね、でも。
吾郎 「たまにですけどね。ドアが開くとちょっと光るじゃないですか()


hanabiはライブの途中で席を立つなんてしたことないけど、
ソロになると集団でいなくなる様子が、ステージで歌いながら~見えてるんだね。
ほんと、こういうの止めてほしい


大竹 「あのドアね、ちゃんと二重にしてくれない、今もう二重になって、昔はさ、
吾郎 「そうですね。
大竹 「ドアぱっと開くとさ外の光がーんと入ってくるんだよね。
吾郎 「はいはいはい、映画館みたいな。
大竹 「で芝居しててもぱっと見ると気付いたらドア開けて、「あいつ」みたいなね。
   
吾郎 「そうですね。
大竹 「で、それがトイレで後で帰ってきてくれたりするとちょっと嬉しかったりするんだよね。
吾郎 「そうですね。
大竹 「でも「また開けたな」と思うときもある。
吾郎 「うーん。
大竹 「細かいね、俺たち言ってること。
吾郎 「いや結構ありますね、いろいろとね、舞台やってると。


スタッフ:「大竹さんみたいにこう可愛い人や、綺麗な人見つけてずっとその視線を送りながらやったりはしないですよね?さすがにね。

吾郎 「大竹さんそうなんですか?
大竹 「あの、う~ん・・・
スタッフ:()
吾郎 「まぁまぁでもそうですよね。いやぶっちゃけありますよ、そういうことは。
大竹 「まぁ、ねぇ。
吾郎 「コンサートやってたりとかしても。中には目立つお客さんとか。ちょっと綺麗なお客さんがいるとか。
大竹 「どの席に座ったのかなとか。
吾郎 「そうですよね。舞台やってると結構何百人の世界だからわかりますよね。
大竹 「前列はね。
吾郎 「そうですね。あとそれこそ共演者とかメンバーが来てると気になって見ちゃったりもしますし。
大竹 「あ、ね、そういうのもあるし、あともう一つなんだっけ、チケット買い占めてて、いつもそこに座ってるお客さん。
吾郎 「いますよ。僕お芝居やると全公演来てたお客さんとかも、います。1か月間とか。
大竹 「ねぇ。
吾郎 「はい。
大竹 「嬉しいけどね。
吾郎 「嬉しいですけどね。
太田 「()
吾郎 「いろんな方がいらっしゃるんだなぁって、

 ()

大竹 「すんごい嬉しいけどね。
吾郎 「嬉しいことは嬉しいですね。
大竹 「昨日の芝居と比較されちゃうとね。
吾郎 「そうですね。
大竹 「で、ギャグのところはさ、俺たちギャグだから、そういうとこ毎日見てたらそんなに笑わないからね。昨日と違うと大笑いされたりするんだよね。それ俺単に間違えたとこなんだけど。
吾郎 「リピーターの方の独特な笑いっていうのは、ありますよね。
大竹 「あ、僕らなんかはそういうのたくさん経験してるもんね。
吾郎 「えぇ。


大竹 「舞台とそれからいろいろやってきて、どの場も活躍してるんだけど、
吾郎 「はい。
大竹 「これからは、どうします?稲垣さん。
吾郎 「これからですか?
大竹 「そうですよ。
吾郎 「でも最近は、ちょっと変わった役とか、映画なんかでもちょっと悪役をやらせていただいたりとか、それこそもう42歳の時の大竹さんのように、
大竹: ()
大竹 「3838だもんね。
吾郎 「えぇ。
大竹 「近づいてるもんね。
吾郎 「ちょっと、なんかいいじゃないですか
大竹 「うん。
吾郎 「今までそういう役やっぱ少なかったので。
大竹 「嫌われるのってね、
吾郎 「嫌われ役って最近おもしろいなって思って
大竹 「あのね、結構快感だよ。
吾郎 「そうですよね。なんか大竹さんの、そこは結構真骨頂というか。
大竹 「真骨頂、俺はそんな嫌われたかったわけじゃないんだけどね。あの~『夕ニャン』とかああいうの出てて、
吾郎 「見てましたもん。 
大竹 「テレビで高校生に「コノヤロウ帰れ!」とかね「こおらぁ!」とかさ、「俺は役でやってるんだ」って言いたいんだけど、
吾郎 「わかんなかったんです。まさに『夕ニャン世代』じゃないですか、僕らも。
大竹:()
吾郎 「でも一番おかしかったのが、僕の思い出の中で、夕焼けニャンニャンを見てて大竹さんがそういう役回りで、
大竹 「うん。
吾郎 「ある日大竹さんの事務所か、自宅に、
大竹 「うんうん。
吾郎 「それこそ誰か、レギュラーメンバーが押し掛けるって企画があって、
大竹 「あ~。あったなぁ。
吾郎 「その時に大竹さんの書斎から本を一冊取り出して、
大竹 「うん、うん。
吾郎 「その本のタイトルが『人に好かれる方法』っていう、そういう本だったんですよ。
 

スタッフ:(爆笑)

大竹 「そんなんだったの?
吾郎 「え!この人意外といい人なんじゃん!人に好かれたいんだ!」

大竹 「俺なんかインタビュー受けてる感じになってるなぁ。
スタッフ:()

吾郎 「これずーっと子どもながら印象的で。
大竹 「そうか、そこまで覚えてないけど、
吾郎 「覚えてないですよね。
大竹 「覚えてないけどね、
吾郎 「子どもの頃覚えてるんですよ、そういうの。
大竹 「うん。そうそう。あれね自宅じゃないんだよ。どっかにロケやったんだよ。俺ん家じゃないんだよね。
吾郎 「そうでした?
大竹 「うん。ロケやった自宅って風にして、
吾郎 「いやでも覚えてます。
大竹 「2階の書斎かなんかに置いてくる、そんなのあったような気がする()
吾郎 「僕中学生ですもん。覚えてます。

大竹 「そうだ。やっぱし嫌われ役みたいなの、ね、結構快感なんだよ、あれ。
吾郎 「そうですね。楽しいですよね。ちょっと人をいじめる役とかも() 普段バラエティとかでやってることと真逆なので。

大竹 「5人だからね、5人のうち1人くらいずっとそういう風にいってほしいね。
吾郎 「そうですね。そういう、
大竹 「なんかヒールな感じを。
吾郎 「はい。役も楽しく
太田 「これからそういう方向も、より出てくる感じかもしれませんが
大竹 「おぉ、楽しみだね。


新曲の告知


吾郎 「今回は通算48枚目のシングルになるんですけれども、
大竹 「わぁすごいねぇ。
吾郎 「『Moment』という曲で、あの、オリンピックの選手を応援する、
太田 「はい。
吾郎 「オリンピックを盛り上げるような、オリンピックのテーマソングになっていまして。
大竹 「はぁ~。
吾郎 「 テレビ局のテーマソングになっているんですけど()
大竹 「あ、そう()わかりました。

♪「Moment」

ライブツアーの告知

吾郎 「コンサートも2年ぶりなので、はい。ちょうど去年デビュー20周年だったんですけれども、去年はまぁいろいろと震災のこととかね、いろいろなことがあって、
大竹 「あぁそうだねぇ。
吾郎 「コンサートって感じではなかったので、今年は2年ぶりのライブなので、
大竹 「うん。
吾郎 「ファンの方も楽しみにしてくださってると思いますし、はい。
太田 「で、多分コンサートのメニューの中心になってくるのが、来週水曜日、
吾郎 「はい。
太田 「リリースされる「GIFT of SMAP」、20枚目のオリジナルアルバムですね。
吾郎 「はい。そうなんですよ。これも2枚組になってるんですけれども、全19曲で、すごい曲数で、ソロもそれぞれあったりとかして、あといろいろなアーティストの方が曲を提供してくださって、椎名林檎さんですとか、
太田 「ほぉ~。
吾郎 「いつもそうなんですけど、僕ら曲を作ったり書いたりはできないので、いろんなアーティストの人に曲を提供していただいて、
大竹 「うん。
吾郎 「すごいホントにまさに、ギフトという感じの、
大竹 「それはちょっと楽しみだよね。
吾郎 「はい。


太田 「なんかあのー、SMAPのメンバーの方ってなんとなく私たちのイメージだと、「大竹さんのこと結構好きなんじゃないかなー?」っていうイメージがあるんですけど、
吾郎 「好きですよ。
太田 「意外とそうですよね。
吾郎 「もう世代ですし、ずっと見てきたし、不思議ですよね、やっぱり。ゲストにもね、来ていただいたりもしていますし。

大竹 「これからも私地味にやらせていただきたいと思います・・・
吾郎 「なんで急にしゅんとしちゃうんですか?
太田 ()
吾郎 「なんで急にしゅんとしちゃうんですか?()
太田 「人に好かれたいタイプだって今日初めて知った方も多いと思うんですけど。
吾郎 「そこのくだりから急に大人しくなっちゃってる感じがするんですけど。
大竹 「稲垣くんにつっこまれるのが気持ちよくなっちゃって。途中から。

(笑)

吾郎 「いやでもまたぜひ、呼んでください。僕以外のメンバーも。
太田 「木村さんと草彅さん。そして稲垣さん3人目なんで。
吾郎 「あ、そうですか。
太田 「他のメンバーもぜひ。
大竹 」中居はね、そのタバコ吸うとこでよく会ってんだ俺は。
太田 ()
吾郎 「メンバー共々、今後ともよろしくお願いします。
大竹 「こちらこそよろしくお願いします。
太田 「はい。またぜひいらしてください。今日のゲスト、SMAPの稲垣吾郎さんでした。ありがとうございました。
吾郎 「ありがとうございました。
大竹 「ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんかすごく和やかな楽しいお喋りでした
吾郎ちゃん、ほんとに、お話を進めるのが上手いですね。 
大竹さん~~吾郎ちゃん好きでしょ?

より以前の記事一覧