2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2月度~TV、ラジオ、雑誌など (随時更新) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2021.2.24 #217 »

2021年2月26日 (金)

【THE TRAD】2021.2.22 #139 ゲスト:常田大希(millennium parade)

今日は2月22日「猫の日」
吾郎店長のニャン語が聞けますよ~(=^・
^=)
スタジオゲストが常田大希さんで、吾郎店長の興奮度が伝わってきました♡

THE TRAD #139
2021
年2月22日
TOKYOFM 20210222
THETRAD 稲垣吾郎 ラジオ レポ
20210222s__30736386
本日のメニュー
①TODAY’S MUSIC RECOMMEND
 「セレステ」特集
②🥇TEAM BEYOND presents THE FUTURE OF パラスポーツ🏓

 立石イオタ良二(日本肢体不自由者卓球協会渉外広報担当)
③【ふらっととらっど】
 伊豆大島からミス大島の白井理珠さん
④【ENTERTAINMENT MAP】

 常田大希(millennium parade)
⑤メッセージテーマ
 「今、コレに注目しています」
OAリスト
M1:千両役者/ King Gnu
M2:Stop This Flame / Celeste
M3:Daydreaming / Celeste
M4:Strange / Celeste
M5:Fight The Blues / 宇多田ヒカル
M6:ミルクとシュガー duet with 上白石萌音 / 大橋トリオ
M7:Trepanation / millennium parade
M8:Come Back to Earth/ Mac Miller
M9:
FAMILIA / millennium parade
⑦平井理央のB面トーク

 舞台【サンソン‐ルイ16世の首を刎ねた男‐】
~~~~~~~~~~
<オープニング>
(ナレーション)
ここは東京の片隅にひっそりと佇む小さなレコードショップ。店の名前は『TheTrad』。2時間だけオープンするこの店には、毎日、上質な音楽が入荷しています。さ~そろそろ、ドアが開くようです。

(
小芝居)
平:あ、今日は2月22日、ニャンニャンニャンで「猫の日」ですね~
吾:そうだニャー
平:ん?気のせいかな~ 吾郎店長、猫はお好きですか?
吾:好きだニャー。前に飼ってた事もあるっていつも言ってるじゃニャー。可愛いニャー
平:何だろう、疲れてるのかなぁ、ネコ語が聞こえる。吾郎店長もやっぱり、ネコと話す時はネコ語になっちゃったりするんですか?
吾:そんなわけないニャ。いニャがきごろうだニャ。私は吾郎だニャ。クールに接するに決まってるニャ
平:なるんですね、ネコ語。
吾:や、ニャらニャい
平:しっかりニャン語になってますよ


オープンソング
今日のゲストは常田大希さん
🎵千両役者/ King Gnu

平:因みに、曲前のニャン語は、「楽しみだにゃ~」の意味ですね
吾:今、なんで、わざわざ言い直したの?にゃにゃにゃにゃにゃにゃ~、言ったじゃん、ちゃんと
平:(笑)さすがに伝わらなかったかな~と、いう事で。
吾:常田さん、いらっしゃるの、楽しみですね~

平:吾郎店長、どうですか? 又、猫との生活なんて
吾:そうですね~まぁ「髪の長いマニキュアを塗る猫」は良いですけど
平:あら~何ですか、その王子様てきな発言は
吾:(笑)王子様なの?それ
平:私の中で、そういうイメージです


4時台にはKing Gnuの中心人物、音楽プロジェクト「millennium parade」として1stアルバムをリリースした常田大希さん、ご来店です

吾:楽しみですね~King Gnuの音楽も、millennium parade も大好きなので。お会いしたことはないので。非常に、ニャニャニャニャニャ (笑)

平:楽しみだな、ということですね (笑)


TODAY’S MUSIC RECOMMEND
今年、イギリスで注目度No.1シンガー
「セレステって、どんな人⁈」 

なんと!セレステさんから音声メッセージ頂きました!

1
曲目はデビューアルバムから、
 「自分を奮い立たせよう!」と歌っている

🎵Stop This Flame / Celeste

2曲目は生活のために退屈な仕事をしながらも、スターになった自分を想像して作った!という
🎵Daydreaming / Celeste

吾:ジワジワきますね~この歌声。味わい深いよね~
(とってもハスキーな声)
平:この曲が発表された翌年にメジャーレーベルと契約し、2nd EP『Lately』、シングル『Strange』をリリース。この作品がイギリスやアメリカの主要音楽メディアで高く評価され、様々なランキング入り。
吾:まぁでも、最近のヒットの法則だと、例えばこう、tiktokとか、ネット上で曲が使われたりして、所謂、バスる…後はまぁ、有名なプロデューサーの曲に参加して注目される、みたいなのが多い印象ではあるんですけれども。このCelesteという方は、所謂、下積みを経て、インディーズからメジャーへと。だから、王道パターンですよね。それでステップアップしてる方なんだな~という印象ですよね。所謂、ヒットチャート系の曲とは一線を画している、ホントにUKジャズらしさというのが、本格派って感じで。これも幅広い世代の方に好まれるんじゃないのかなと。


デビューアルバムについて
アルバムにはたくさんの異なるテーマが詰まってるの。その中でもキーとなっているのが、困難に直面する事と、その中に存在する希望、逆境を乗り越えた後に得る事ができる自信や、より強い人間になれることが、主なテーマ。(by Celeste)

アルバムには、「恋に落ちた時の高揚感をストレートに表現した曲」、「他人から理想を押し付けられる事を拒絶する強い意志を持った曲、など。身近なテーマや実体験がモチーフになった曲などが収録されている。サウンドも、古いソウルミュージックやジャズ、カリプソなど、色んなジャンルのエッセンスを取り込んで、メインストリームのサウンドとは又少し違う昔ながらの技術でレコーディングもされている。

3
曲目はデビューアルバム『ノット・ユア・ミューズ』から
🎵Strange / Celeste

Celesteの歌声、いかがでしたか?
吾:このアルバム、印象でいうと、味わい深い…一人で部屋の中でキャンドル一つで聴いてたりすると、だんだん入り込み過ぎちゃうから。だから、皆で、お酒でも飲みながらとか、バックで流れてると、談笑しながらとかの方が、好み。


🥇TEAM BEYOND presents THE FUTURE OF パラスポーツ🏓
パラスポーツの魅力をもっと知ってもらいたい!
現役のパラアスリートやパラスポーツを支える方々がご来店🎶

今週のお客様は一般社団法人 日本肢体不自由者卓球協会渉外広報担当立石イオタ良二さん🏓
20210222s__30752770
TEAM BEYONDのについて詳しくはこちら↓
https://para-sports.tokyo


立石選手による『チアアップ・ソング』
🎵Fight The Blues / 宇多田ヒカル


リスナーからのメッセージ
📩小学生の頃のアイドルの歌や映像を観返したり
吾:見ちゃうよね。やっぱ、子供の頃に見てたものって、一度つけるとず~っと観ちゃうよね。どんどん深掘りしていって。で、YouTubeとかに履歴が残って。友達が家に遊びに来た時とかに「何、見てたの⁈」みたいな。(笑)


📩紫のワイン
吾:存じ上げませんでした。ホントに紫なんですね。
https://purplereign.jp/
Bandicam-20210224-203727715
吾:綺麗ですね。確かに、ビストロジョーの紫にピッタリですね



4
時になりました
ラジオドラマ「本当にあった恋の話とラブソング」
吾:や~もう、水木もずっと聴いてましたよ。
平:素晴らしかったです
吾:いや、平井さん、素晴らしかった!なんですか、最後の木曜日の高笑いは…。あの保健室の先生、最高!僕はね、ちょっと反省しました、俳優として
平:どうしました?
吾:なんかね~ちょっと、ラジオドラマって、このくらいでいいんでしょ~、みたいな感じで、ちょっとダメでしたね~。そういう気持ちでやっちゃったのかもしれない。ま、その時、手を抜いた記憶はないよ。ちゃんと一生懸命やったけど、もっと全身全霊で、役を自分の中に降ろしてきて、憑依させてね、(平:笑)演じたかった
平:ほん恋のラジオドラマで、降ろしてくれるんですか、役を? すごいです
吾:そのくらいやりたかったんだけど、ちょっと照れもあって、なんとなくプロの俳優がなんとなく軽くラジオドラマ演じてますよ、みたいな感じにやっちゃってた。そんな自分が許せない。…何言ってんだか分かんないね、この人、大丈夫?
平:いや、私は聴いていて、ホントに、それこそ水曜日の浜崎さんとのあのやりとり、もうドキドキして、キュンキュンしたんですけど。
吾:あれじゃ、話が来ない!稲垣吾郎、今後、ドラマとか映画とか
平:(笑)
吾:いや、もう、平井さん、素晴らしかったです。あれ、又、やりましょ!ハマくんもメチャクチャ盛り上がってたじゃないですか。あの人、意外と、恋バナ、好きでしょ (笑) ね~皆さんも、いっぱいメッセージ下さったので、まだ紹介しきれなかったものもあるので、引き続き、やりたいですね
平:はい



ここで1曲
大橋トリオさんが来週月曜日に来てくれます
🎵ミルクとシュガー duet with 上白石萌音 / 大橋トリオ


【ふらっととらっど】
 
本日は、伊豆大島からミス大島の白井理珠さんが #THETRAD に立ち寄ってくれました。「大島椿」のヘアオイルを5名様にプレゼント🎁
20210222
吾:さ~とても素敵な方がお見えです。いらっしゃいませ、THE TRADにようこそ
白:こんにちは。こちらのお店にお花が大好きな店長さんがいらっしゃると聞いてお伺いしました。
吾:はい。お花も大好きですけれども、白井さんのような美しい女性も大好きです
白:(笑)ありがとうございます。

椿の花束💐を持ってきて下さいました
伊豆大島だから「椿」ですね
白井さん、博物館にお勤めの方だそうで、とてもハキハキとお話も聞きやすいですね。



ENTERTAINMENT MAP

常田大希さん/King Gnu/millennium parade
ご来店!
20210222s__30736386
音楽プロジェクト:millennium paradeとしての1st アルバム「THE MILLENNIUM PARADE」をリリース。
番組中では「Trepanation」「FAMILIA」をOA🎶

他の楽曲も気になった方は是非チェックしてみてください!!
https://millenniumparade.com

ラジオ音源 https://www.youtube.com/watch?v=xKK1zQRmqqQ

吾:いらっしゃいませ~TheTradへようこそ。お待ちしておりました
常:こんにちは
「「よろしくお願いします

吾:常田さんの音楽、いつも聴いてますよ
常:ホントですか
吾:もうね、大好き♡ (常田さん、照れてるっぽい) いや、もうね、ホント、嬉しいですね、お会いできて。
平:ずっと、お会いしてみたいっていう風に、吾郎店長、仰ってました
常:吾郎店長?
吾:店長なんですよ、レコードショップの
常:なるほど、そうなんですね (笑)


常田さんの3つの肩書
https://realsound.jp/2021/02/post-707119.html
Bandicam-20210226-204623633
吾:初め、ロックバンドのKing Gnuで知ったんですけれども。色々、millennium parade、クリエイティブチームのPERIMETRON、3つの活動をされてるんですね。
常:King Gnuはロックバンド、millennium paradeは映像のクリエイターや他業種の表現する人たちをメンバーに入れて。PERIMETRONは映像を作ったり広告やったりするチームです。


常:King Gnuの方は、俺、殆ど、ラジオとか出なくて、任せちゃってたんですけど。
吾:ちょっとこれ、自分で出なきゃいけなくなっちゃうね、millennium parade。
常:そうなんです。

吾:密着取材とかもありそうだし、雑誌のインタビューで同じ事いっぱい聞かれちゃったり。店長と、こう、会っちゃったり
常:それは嬉しいです^^


発売中の1stアルバム「THE MILLENNIUM PARADE」から一曲
🎵Trepanation / millennium parade

常田さんの笑い声
吾:ず~っと笑ってるじゃないですか(笑)
常:(平井さんの声が)すごい良い声だな~とww
平:いや、たどたどしくて失礼しました

吾:このアルバムもカッコ良いよね~。だって、1時間、ないよね、多分。なのにさ~ホントに500ページぐらいの長編小説を読んだ後の感じとか、長編映画とかね。そういう気持ちにさせてくれて
平:世界観がすごい
吾:僕、結構、普段、わりかし静かな穏やかな、感じで過ごしてるんですよ。ピアノ曲とか聴いて
常:へ~~家で
吾:クラシックだと、ショパンとかサティとか。それで、穏やか~に暮らしてるんですけど。でも、役柄で、ちょっとこう激しい役とか、今もお話させて頂いたけど、ベートーヴェンの役を演じる時とか、ちょっと自分の中の、多少こう、激しさとかちょっとぶっ飛んだところも出していかないといけないんですよね。そういう時にね、やっぱり、常田大希さんの音楽が必要なんですよ、僕の中で♡
常:あ~ホント。燃え上がらせ
吾:燃え上がりますね。なんかね~ホント、僕、ぼや~っと朧げに生きているので。(笑) すごく常田さんの音楽ってハッキリしてるじゃないですか。すごくコントラストがハッキリしてて。だからね~ホントに、必要なんです♡
常:あ~嬉しいです
吾:告白したくて…♡
常:嬉しいです
平:熱い想いが、ね。私、居て、すみません、という気持ちになりました
吾:2人っきりにしてもらっていいかな~ww
(爆笑
)

1stアルバム『THE MILLENNIUM PARADE』
Bandicam-20210302-233951159  
Bandicam-20210226-210602806
https://www.fashion-press.net/news/67257

1st
アルバムのコンセプト
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/35426
Bandicam-20210226-204915159
常:「お祭り」みたいなものをテーマにしていて。夏祭りとかもそうですけど、本来の「祭る」、死者を祭るというか、生と死みたいなものがキーワードで作っていきました。声、出てますかね?今、すごい小っちゃいな~と思って
吾:いや、全然、聞こえてます。スタジオの性能が良いから。
平:音声さんがニコニコ頷いてらっしゃいます
吾:自分の話してる声に、今、耳を傾けたんですね(笑)
常:あれ?小っちゃく出ちゃったかな~と思って
吾:いえ、全然、そのままでいいです。

『2992』
Bandicam-20210302-231755721
→NHKクロ現 https://www.nhk.or.jp/gendai/comment/0019/topic008.html

常田さんが率いる音楽プロジェクト「millennium parade」その名前には「ミレニアム=1000年後にも残る作品を生み出したい」という思いが込められています
吾:これ、そっか、ミレニアム…1000年先の人にも、ホント、聴いてもらいたいよね
常:姿勢というかね、作る姿勢とかマインドが受け継がれて、多分、俺らも来てると思うので。そういうものを、継いでいけたらな~というような感じです
(吾郎さまがインスタグラムをUPされてましたね。2月23日付。暗闇に浮かぶランの幻想的な写真と共に「頭の中でずっとループしている。Planktonからlost and foundへのつながりはほんと気持ち良いな。1000年後の音楽家に発見してほしい美しい作品。良い夜を⭐︎ 」と。これ、常田さんに伝わるといいね。)
Bandicam-20210226-224544862

吾:「Plankton」という曲から「lost and found」、この繋ぐとこ、大好き♡
常:(喜)お~ホントに聴いてくれてるんですね。嬉しいですね~
吾:これ、そこ、良くないですか?
常:めちゃめちゃ良いです
吾:良くないですか?って聞くの、おかしいけど、創ってる人に。
常:ピアノソロで繋いでいくんですね
吾:そう。まぁちょっと、あの感じ、僕、すごい好き。もうバレてると思うんですけど
常:いいですよね
吾:そこ、気持ち良いな~と思って、繰り返し聴いてて

平:アルバム通して、とにかくホントに色んな音が取り入れられてて。「Trepanation」とかも、始まりの音がドリルみたいな。ドリルですか?
常:ドリルです
吾:色んな音があるんです。トラックがいっぱいあるから。10個とかじゃないからね。僕らの昔のレコーディングみたいに。
平:150ってすごい数ですよね。今回特に拘った音とかは?
常:全編に渡ってクラシック音楽のサウンド感、オーケストラのサウンド感というのは、細かく散りばめてまして。それが、一個のトーンになってるかと思って

吾:なんかさ~僕なんか…ごめんなさいね、又、自分の話になっちゃうんですけど、さっきも言ったようにベートーヴェンとか演じてて、きっと彼なんかも、そうやって今まであるもの、伝統的なものとか、そういったものを崩しながら、ね、試行錯誤して新しいものを取り入れてった。うん。だから、常田さんを見てると、なんか、ホント、ベートーヴェン見てるみたいで
常:いやいや
吾:髪型だけじゃなくて
常:髪型だけじゃないですか(笑)
吾:僕もそうですけどね (笑)
平:ベートーヴェンも、人を鼓舞させるというか興奮させる
吾:そう、鼓舞して、嵐に巻き込んで…どちらかと言うと、濁流に飲み込まれていく感じじゃないですか、聴いてる人間が

平:そう言われて、どうですか?
常:いや、もうホント、光栄すぎて…ちょっと恥ずかしくなっちゃいます
平:恥ずかしがり屋さんなんですね
吾:恥ずかしがり屋さんだもん。だって、うつむき加減ですよね、先ほどからね。
(笑)
常:多分、2時間くらい喋れば
吾:大丈夫ですか? じゃ2人っきりにしてもらっていいですか?ww

先ほど吾郎店長が好きだと仰った「繋ぎのピアノソロ」がBGで流れて…
吾:そうなんです。ここだけ切り取ってもね、アレかもしれないんですけど
常:あ~聴きたいですね
吾:聴きたいですよね

吾:150のトラックって、僕なんか想像もつかないんですけど。やっぱり、その一つひとつが必要であって、ちゃんと違いがあるんですね、頭の中で。
常:違い、ありますね
吾:今、ボーカルの歌いだしを、繋ぎを聴いてるのに、なんで僕は今、トラックの話をしたんだろう
(笑)
平:気持ちが高揚してらっしゃるのかと思います
 (平井さん、吾郎さまが心昂ってつい他の事を言ってしまい、反省してるのを、即、フォローされてる GJ)
常:東京の雑多なカルチャーがミックスした感じが好きで、そういうものをイメージして色んなサウンド感だとかをミックスしていく、みたいな
吾:なんかさ~キレイなものしか見たくないとか、キレイなとこだけ掬い取りたくなってきちゃうじゃないですか。歳を重ねると。なんか、僕ら、そうなんですけど。でも、生々しいとことか、泥臭いとことかも、ちゃんと表現してくれてる常田さんみたいな音楽があると、なんか、自分も又若返ってくるというか。必要なんだよね。後、役を演じる時にもね


音楽と映像の関係性
常: millennium paradeっていうグループは、3D演出なんですよ。お客さんがメガネをかけて、3Dで立体で飛び出してくる演出をするんですけど。音楽的には助けられますね。音も増強されるというか、人の心に届けやすくなるというか
吾:音を創ってる時も映像ってあるんですか?
常:ある時もあるし。クリエイターがいっぱいいるので、クリエイター達からのアイディアもあるし、みたいな感じで
吾:全部、常田さんが監修して監督やる映画とかも観てみたい。この作品も勿論そうだけれども。なんか、普通の長編映画で。そういったもので演じてみたいな、って、僕は
常:吾郎さんが演じてくれる?
吾:そうです、そうです。勿論、僕でございます
常:ヤバいですね~最高です
平:最高…楽しみな展開です


常田さんセレクトの曲をお届け
🎵Come Back to Earth/ Mac Miller

吾:常田さんは、こういう感じの曲を薦めてくれたんだね。なんか、優しく穏やかで。普段よく聴かれてるんですね
常:はい。メチャクチャ聴いてます
吾:音楽を聴く事は…まぁ音楽にず~っと浸かってるじゃないですか、日常が。
常:移動のクルマの中とか、くらいになっちゃいましたけど
吾:そうなんだね~


(
吾郎さんと常田さんの会話のテンポが似た感じで、ふんわりしてて、聴いてて癒されます。お2人は共通点が多いのかも)

音楽のルーツ
東京藝術大学でチェロを専攻。
常:チェロが一番好きな楽器かもしれない。音が好きで。10代の頃は、ジャズもそうだしロックとかクラシック、西洋音楽もそうですけど、ありとあらゆるものをディグってましたね。自分にフィットするのがどういう音なのかなというのも、そういう時期に多分構築されたというか。

小澤征爾さんのオーケストラに参加
上海だったかな、ツアーみたいな形で行った時に、中国のお客さんが、クラシックなのにライブみたいになってて。こういう楽しみ方もあるんだ、俺的にはフィットするな~と。もっと本能的に盛り上がってもいいんじゃないかと、思うキッカケになりましたね。

吾:あのね、同じこと、絶対、ベートーヴェンも言ってたと思う。(笑)これを壊してやろう、って。なんか、そんな気がするよね。

吾:常田さんのチェロのアルバムも好きなんだよな~。めちゃくちゃカッコ良い
常:チェロのアルバム、そう、ニューヨークで弾いた時のをアルバムにしたんですけど。それはチェロだけの作品になってます。

Photo_20210226230901
 
「Trepanation」が4月2日公開の映画「ホムンクルス」の主題歌に
常:俺もまだ全編、観てなくて。多分、お客さんと一緒に全体を観ることになると思います
吾:これ、ご自身の音楽じゃないですか。どういう風にリンクしてるのか
常:ちょっとぶっ飛んだ映画というか、ビジュアル的にもストーリー的にも。そっちの方が、胸キュンものの映画よりは自然に創れますね。(笑)
吾:胸キュンの音楽もやって欲しいですけどね。多分、なんでもできそう
常:ちょっとヤバいですね
平:胸キュンは、ちょっとNGなんですね

吾:自分でディレクション、自分で撮ってみたいと思ってこないですか?
常:それこそ、売れる前というか、世に出る前なんかは金が無かったんで
吾:あ、そっか、MVとか、撮ってたんだ
常:最近はね、良い仲間たちに出会ったので、任せちゃってますけど
吾:観てみたいね


「THE MILLENNIUM PARADE」からもう一曲
綾野剛主演映画『ヤクザと家族The Family』

🎵FAMILIA / millennium parade

常:この映画は綾野剛さんと一緒に観に行ってきました。
平:一緒に劇場に!凄い2ショット
吾:それ、ビックリしちゃうよね。お客さんも、出てる人、二度見しちゃうよね。

映画も好き
吾:映画もすごいお好きで。キューブリックとかお好きなんですよね?
常:(笑)好きですね、大好きです
吾:もうね、映画の話しても又、止まらなくなっちゃいそうなんですけどね~。
平:ね~いつか、常田さんが撮られて吾郎店長主演というのを、私は楽しみにしています
吾:そう、僕が出てる映画とかも、観てね♡
常:観ます、観ます
(笑)


今後やってみたい事は?
常:映画ですかね~
平:え、誘導しちゃいました?
吾:完全に誘導しちゃってますね。又、僕の直談判みたいになっちゃってますね、仕事のね
常:どんな役、やりたいんですか?
吾:え~そうだな~~映画…でも、音楽家の役を、現代の音楽家とかも面白そうだね。僕はベートーヴェンをずっとやってたから。
常:あ~今の
平:常田さんの自伝的な
吾:「常田大希」やりたい
常:(笑)
平:という事で、まとまりました
(爆笑)
吾:まとまった?大丈夫?
常:お願いします。嬉しいです


今日はありがとうございました!

常田大希さんインスタより
Bandicam-20210222-225846037
Bandicam-20210224-202910132

Ending

平:今日は3時台にセレステの特集、4時台には常田大希さんをお迎えして、イギリスと日本、今最も注目の音楽家をフィーチャーしました。
吾:はい。盛りだくさんで楽しかったですね。常田さんも素敵でしたね~。なんか、ジョニー・デップと初めてお会いした時を思い出して。なんか、作品の印象とかイメージは凄くワイルドなんだけど、実際に会うと、ホントに透き通ったお水のように綺麗で美しい人間だなと思って。
平:シャイなイメージも
吾:そうそうそう、すごく素敵な方でした
平:終わった後、もっと1時間ぐらい、後1時間ぐらい喋りたかった
吾:前のめりで僕も喋り過ぎました?うるさかったかなぁ。なんか、ゆっくり、さ~、距離、詰めたい方じゃん。大丈夫だった?

(ちょっと反省しちゃう吾郎さま、いや、全然大丈夫ですよ~。常田さんのファンの方達のTweet読んでて、皆、すごい喜んで下さってて、すごい優しくて好感触だったし。常田さんのインスタも嬉しいね)

はい。そろそろクローズのお時間ですね
僕とは又、来週月曜に、午後3時にお会いしましょう
さよなら~~

~~~~~~~~~~~~~~~
平井理央の
B面トーク
吾郎店長、新舞台に出演!
・月曜日は常田大希さんをゲストにお迎えしました。吾郎店長、元々、音楽を聴いてらっしゃって、「とても会ってみたかった」という事で、非常に愛のあふれる時間となりました。私は、この同じブースに私が居ていいのかなと思いながら、お2人の遣り取りをニヤニヤしながら見ていました。

・舞台【サンソン‐ルイ16世の首を刎ねた男‐】
もう情報が解禁されたという事で、4月23日から吾郎店長の舞台が再び始まります。元々やりたくて企画から携わってきたんですが…中々、企画から携わって、それが実際に実現するのは難しいと、仰っていました。それが出来るということで、非常に楽しみだと話されていました。ただね、こういう時期なので、舞台が最後まで無事に完走するというところを一番に思っていると仰っていました。3月からお稽古が始まるとの事ですが、吾郎店長は人見知りなので、今まで共演した事がある人に頼る、と。今回はベートーヴェンの舞台で、ベートーヴェンの弟役を演じた橋本淳さんが出演されるので、今回は橋本さんに甘えよう、という風に宣言されてました。(笑)そして、そこから皆に近づいていきたいんだよね、という風に、はにかまれていました。吾郎店長、うまくいきますように!
Bandicam-20210224-202837391

今回の舞台では音楽も主軸になってくるという事で、ベートーヴェンの舞台でも音楽を担当された三宅純さんが今回も音楽を手がけられます。オリジナル楽曲で彩られるという事で、曲はもう仕上がっているんだけれども、まだ吾郎店長は聴いてないという事で。曲を聴くのもすごく楽しみなんだ、と仰っていました。激しいベートーヴェンを演じた後に、今回はガラスのような繊細な内向的な役という事で、自分のプライベートからもちょっと変えていって「サンソン」モードになっていきたい、と仰っていて。聴く音楽だったり、愛でる花とか、そういうのもちょっと変えていこうかな、という風に。普段はそこまでやらない事もあるんだけど、今回はそういう風なこともやってみようかな、と言っていたので、もしかしたら、3
月から又、ニューモードの吾郎店長にお目にかかれるかもしれませんね。この時代に合わせたサンソンを演じてその時代を生きた人たちを感じて未来に繋がっていくような気持ちを皆さんと共有したいと、熱い想いを話されていました。吾郎店長自身がワクワクしている感じが、聞いていて非常に印象的でした。

(2月18日に舞台の公式発表があって、今日は何か言ってくれるかな~と期待してましたが、今日はホントに盛りだくさんの内容で、番組中に入れるのは無理だったような気がします。こうしてB面トークで語って下さって嬉しいですね。)

« 2月度~TV、ラジオ、雑誌など (随時更新) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2021.2.24 #217 »

The Trad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月度~TV、ラジオ、雑誌など (随時更新) | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2021.2.24 #217 »