2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 【THE TRAD】2021.1.19 #130 ゲスト:若新雄純(プロデューサー) | トップページ | 【THE TRAD】2021.1.25 #131 ゲスト:山本耕史 »

2021年1月27日 (水)

編集長 稲垣吾郎 2021.1.20 #212

<今週の目次>
・一目惚れで買った腕時計
♪「Let Me Reintroduce Myself」 Gwen Stefani
・「編集会議」
 ①リモートレストラン
 ②TOKYO ATOM~美倉橋
 ③谷根千
 ④薔薇のスピリッツ
♪「Good Day」 DNCE
・日比谷公園
♪「A列車で行こう」 美空ひばり


レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
編集長稲垣吾郎#212
2021
年1月20日 編集長 稲垣吾郎


稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんな話題が届いているのでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

📩ラジオネーム___さん、
≪先日、新しい腕時計を買いました。私は腕時計が好きなので、巷で「チープカシオ」と呼ばれている1,500円ぐらいのものから、ちょっと頑張って買ったものまで、結構持ってるんですが、腕時計は出会い、久しぶりに「良いな~」と思う時計に一目惚れで出会ってしまいました。久しぶりの四角いフェイスの時計なので、いつもと違った気持ちで、毎日この腕時計をしています。吾郎さんは、最近一目惚れで買った物はありますか?≫

そうですね、
僕も腕時計はね、よくお話しますけれども、好きですね。

これ、女性、良いですね、四角いフェイス。うん。ね~女性の四角い時計というと…まぁ多いですよね。男性も多いですけれども、女性でいうと、例えば、カルティエで言うと、「TANK」とかね。ま~四角い時計、結構、女性、やっぱり僕は、ステキだと思いますよ。うん。小ぶりの四角い時計って、やっぱり、女性ならでは、ですよね。うん、うんうんうん。

この「チープカシオ」って、どういうものなんでしょうね?昔の「スウォッチ」みたいな感じなんでしょうかね?そっかそっか…まぁでも、液晶の時計なんでしょうね。カシオの時計で…へ~~。

楽しいですよね、腕時計っていうのは、ホントに、僕も…ね~結構、コレクションは溜まってきましたけれどもね~。う~ん。

正に、僕も一目惚れで、今年、腕時計を買いましたね
アンティークの時計で、Patek Philippeですね。うん。まぁ、凄い時計ではあるんですけれども。ただ、アンティークのPatekというのは、僕は初めてだったので。しかもね~1956年ですね。すごい古いですよね~。衣装で使わせて頂いて、お借りしたものを…やっぱり、これも「出会い」、う~ん、もう一目惚れで。少しピンクゴールドなんですね、フェイスの…顔がピンクゴールドで。後は、ホントにシンプルな2針の機械式時計ですね。秒針は小っちゃく下に、スモールセコンドって言うんでしたっけね、秒針の窓はあるんですけれども。手巻き式の…はい、もうホントに、60年以上前の時計で。うん。

最近は、やっぱ、アンティークブームなのでね、僕の中でも。しかも、腕時計っていうと、やっぱり、最近、男性は、ホントに、ゴツゴツしたものが多い。特に、高級時計って、色んなムーブメントっていうか、色んな、複雑機構ですから。それが実際、値段にも比例していくわけですから。複雑であればあるほど、どんどん厚みも出てきて。そこがメカニックで、とても機械然としてて、多分、男の人、好きな人も多いと思うんですけれども。

僕は最近、薄い、シンプルな時計がすごい好きなので。うん。

そういった意味では、現行品では無いな~って、思ってた中での、この1956年のPatek Philippeとの出会いだったので。は~い。まぁ、もうかなり贅沢な、ね~、ものではあるんですけれども。でも、これこそ、もう出会えるか、分からないじゃないですか。アンティークは。うん。

ね~なんか、どんな方が、前、オーナーだったのかな~とか、どんな方が、どんな人生、どんな時間を刻んできたのかな~とかね、色々考えるだけでも、とってもロマンティックですよね。ま~これからは、僕のパートナーとして、(笑)ね、この右腕に僕とずっと一緒に過ごしていくんですけれども。なんか、たまに写真とかで、腕時計とか映る時とかもね、あと、テレビとかでしてる時もあるので、ね、皆さん、発見してみて下さい。


(YappliのTV-CMの撮影で使われた時計ですねhttps://www.bettyroad.co.jp/blog/post/375  
Bandicam-20210126-235445314

――――――――――――――――――

オープニングナンバー

Gwen Stefani
🎵「Let Me Reintroduce Myself」

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラXコジマの提供でお送りします!
~~CM~~


――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

今週は、今年最初の「編集会議」となります。

📩大阪市の___さん、
≪吾郎さんにおススメしたいのは、世界初のリモートレストラン『リモレス』です。出来立てがデリバリーされるわけでも、農家さんの自慢の野菜が送られてくるわけでもありません。自分がシェフとなり、料理をして食べる、という流れになります。一流シェフが選び抜いた食材を、シェフによるレクチャー動画を見ながら料理をする。家で、厳選食材を使った一流レストランの味を楽しむことができる、というものです。まだまだレストランに行くのも心配、だけど美味しいものが食べたいという方にピッタリなレストランではないでしょうか。生産者も飲食店も支援できるリモートレストラン、いかがでしょうか?≫


面白い!凄いですね、これは。考えましたね~。リモートレストラン。食材は送られてくるんだね。あと、レシピがね。で、動画を見ながら作る、という。あ、これ、面白いかもしれないですね~。一回できたら、自分のレパートリーになりますからね。やっぱり、レストランでね~いくら、自分の大好きな素晴らしい一皿に出会っても、自分のレパートリーには中々ならないもんね。そういった意味では、面白いかもしれない。リモートレストラン、なるほど。


📩埼玉県の___さん、
≪秋葉原にある手塚治虫先生の作品を主に扱っている「TOKYO ATOM」というアニメショップで「ばるぼらグッズ」が販売されています。ポストカードやマグネットなど、可愛いばるぼらグッズがありまして、モニターでは『ばるぼら』の予告編を流したり、限定の缶バッジをプレゼントしたり、原作ファン、映画ファンのホットスポットになっています。そこから少し歩くと、手塚治虫先生の曽祖父である手塚良仙氏が同士と共に開いたとされる日本初の種痘所があった岩本町です。医師で蘭学者であった良仙と同士は漢方医学学者たちの圧にも関わらず、神田川の向こう側で、今で言う最新のワクチン医療センターのような施設を作っていたんです。そして、更に数分歩いた所に、神田川に架かる「美倉橋」があります。手塚治虫先生が、この先祖ゆかりの地を訪ねたかどうかは定かではありませんが、「美倉」という名前はここからインスピレーションを受けたかもしれないと思うと楽しくなりますよね。勿論、妄想ですが。オタクの聖地・アキバ、不思議な縁が繋がっている気がしてなりません≫


へぇ~~~この、種痘所というのは、予防接種施設なんですね。いろんなご病気とか。そうなんですね。この、手塚先生の曽祖父にあたる良仙さんという方が…。う~~ん。面白いですね~よく調べられましたね。すごいですね。それが続いてるんですもんね。そして、その息子さまが、眞さんが映画監督でビジュアリストで。ね~今回もホントに、大変僕もお世話になってるんですけど。へ~~。これは面白いエピソードですね。

あと、これ、「美倉橋」…どうなんでしょうね~でも、あるかもしれませんよね~。

あと、ここ、面白いですね、秋葉原のお店、アニメショップ「TOKYO ATOM」 ふぅ~ん。ばるぼらのバッジ…へ~でも、これ、よく見つけましたね。

映画『ばるぼら』、勿論、僕を応援して下さる方もそうなんですけれども、この手塚治虫先生のファンである方とか、結構、男性の方とかもホントに多く映画館の方に足を運んで観て下さって、評価してくれたっていうのを、すごく耳にしたので、嬉しかったですね~。

へ~~ちょっと、ここ、行ってみたいですね~。このバッジが欲しい。ばるぼらのバッジ。ちょっと機会があったら、秋葉原も行って…たまに行くと元気もらえますよね、秋葉原って。なんかこう、活気がありますよね。

でもね~確かに、「美倉」って…神田川に架かる橋、いっぱいあるか~。でも、なんか、この、神田川あたりの橋って、古くからある橋が多いから、結構好きですけどね、僕も。う~ん。この辺を歩いたりも、僕も、上野によく行く、なんて話もしましたけれども。結構ね、秋葉原とか、この辺、神田川の辺りとかも、けっこう好きですよ、僕も。うん。ありがとうございます。


(秋葉原と種痘所etc.の関連については、山田玲司のヤングサンデーで山田さんが語りに語ってます。かなり面白いので是非!https://www.nicovideo.jp/watch/so37903297


📩埼玉県の___さんです
≪吾郎さん、最近、谷中の方に散歩に行くことがあるとか。私も「谷根千」辺りが大好きで、一時はよく通ってました。もし次回、行くことがありましたら、コシヅカハムのコンビーフを買って下さい。とても美味しいです。あと、おススメは、『上野桜木あたり』という古民家をリノベーションした施設で、オリーブオイルの専門店やクラフトビールのお店、パン屋さんなどがあります。パン屋さんでは、コシヅカハムのコンビーフを使ったサンドイッチもあるのでおススメです。≫


「谷根千」というのは、谷中・根津・千駄木の辺りですよね。僕もね、全然詳しくはないんですよね。(笑)なんとなく、谷中といったら商店街かな~?なんて感じで散歩に行ったことがあるくらいで。有名なんですね、コシヅカハムのコンビーフ。コンビーフなんて、最近、食べてないね、中々。へ~古民家をリノベーションしたという。良いですね。はい、じゃぁ、行ってみた時には、僕もちょっと注意して見たいと思います。


📩福岡県の___さん
≪10種類以上のバラをミックスさせて作られた「薔薇のスピリッツ」 食べられる花、エディブルフラワーを使用し、あらゆる食材をカクテルに昇華させる技を持つ、ミクソロジスト・
南雲主于三氏が作り上げた香り高いお酒です。まるで、バラのブーケに顔をうずめたような香りとバラ特有の甘さを楽しむことができます。おススメはストレートですが、カクテルとしても美味しくいただけます。≫

薔薇のスピリッツ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000030481.html
Bandicam-20210127-000011650

バラから作れるんでしょうね。確かにね。バラのフレーバーというか、香りがするお茶とかね、紅茶とかでもね、バラの香りがするものとかも、結構いろいろ、僕も好きなものがありますけれども。お酒ね。でも、カクテル、良いかもしれないね。あっ、でも、おススメはストレートか。でも、そうだね~せっかく、このバラの香りを…ね、ブーケに顔をうずめたように味わうんだったら、確かに、これ、ストレート、良さそうですね~。へ~~。10種類以上、なんですね。

ミクソロジストっていうのは、カクテルを作るのが上手なバーテンダーさん、ってことなんですね。へ~~。これ、でも、作ってもらいたいですね。中々、カクテルって、普段、あまり飲まないじゃないですか。うん。

たま~に、こう、カウンターバーに行く事が僕もあるので。ま、最近、少ないですけど。唯一、好きなカウンターバー…唯一好きな、というか、唯一行くカウンターバーがあって。ま、年に何回かですけどね。なんかこう、そういった気分の時に行くことがあるんですけど。カクテルと言えば、ドライマティーニとかね。ま、ちょっとハードなお酒ではあるんですけれども。僕はすごい好きですけど。ね~ちょっと久々に、僕の好きなカウンターバーに行って、これ、頼んでみようかな~。「薔薇のスピリッツ、入れといて」つって。ね~。

これ、でも、女性とか絶対好きだよね~。へ~、や~ちょっと、この香り高いお酒を味わってみたいですね。アッ、でも、なんか、あるみたいですね。南雲さんのやられてるバーで提供されるみたいなんですけど。う~ん。

非常に興味があります。情報、ありがとうございました。



――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

📩___さんからのリクエストメールです
≪リクエストしたいのはDNCEの「Good Day」です。初めて聴いたのはシンツヨのラジオ。今日は良い日になるよ、という歌詞が好きで、たまに聴きます。≫


ほぉ~知らないですね。邦楽かな?あ、洋楽でしたか。へ~。じゃぁ2人は知ってるんでしょうね。聴いてみましょう

DNCE
🎵「Good Day」

――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

📩ラジオネーム___さんです
≪日比谷公園にあります「首かけイチョウ」はご存知でしょうか。樹齢は推定400年以上。かつては、日比谷交差点付近にあったそうですが、日比谷通りの工事で伐採されようとしていた、このイチョウの木を、日比谷公園の設計者の本多静六氏が「私の首をかけよう」と強く主張して救ったのがその名の由来だそうです。最近ではパワースポットとも言われています。≫


へぇ~~首かけ…そこまでして、そのイチョウの木を、無くしたくないと思ったんですね。まぁでもね、今の季節…でも、もう葉っぱは落ちちゃってるかなぁ。日比谷公園、とても綺麗ですよね。本当に。昔から好きな公園ではありますけれども。パワースポットと言われてる…良いかもしれませんね、これは。まぁ、ビストロジョーとかヤンチェオンテンバールに行った際には、近いですからね、皆さんもお散歩してみてはいかがでしょうか。

――――――――――――――――――

「GORO’s Music Library」

今日はですね~美空ひばりさんの『ジャズ&スタンダード』良いんですよね~。1990年に発売された、美空ひばりさんがジャズを歌われてるんですけどね。元々ね、お若い頃からジャズとかを歌われてたんですけれどもね、僕はあんまり、美空ひばりさんのジャズっていうのは、そんなにイメージしてなかったんですけれども。いや~素晴らしいんですよね。で、このアルバムが良いですね。いろんなジャズのスタンダートナンバーが入っていて。皆さんもね、聴いてらっしゃる方も多いかもしれませんけれども。

それでは1曲お聴きください

美空ひばり
🎵「A列車で行こう」

――――――――――――――――――
皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

「GORO’s Column」へは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集する「GORO’s Search」。リスナー記者の皆さんからの情報をお待ちしております
・リクエストは「GORO’s BreakTime」
・お便りは、「GORO’s Essay」
「GORO’s Music Library」では、僕の音楽ライブラリーから、今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net

ハガキの方は、〒105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは、又来週~~バイバイ

« 【THE TRAD】2021.1.19 #130 ゲスト:若新雄純(プロデューサー) | トップページ | 【THE TRAD】2021.1.25 #131 ゲスト:山本耕史 »

編集長稲垣吾郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【THE TRAD】2021.1.19 #130 ゲスト:若新雄純(プロデューサー) | トップページ | 【THE TRAD】2021.1.25 #131 ゲスト:山本耕史 »