2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 編集長 稲垣吾郎 2021.1.13 #211 | トップページ | 【THE TRAD】2021.1.18 #129 ゲスト:川畑要(CHEMISTRY) »

2021年1月22日 (金)

【THE TRAD】2021.1.14 #128 ゲスト:和田唱(TRICERATOPS)

今日は、ハマ副店長はお休み
代わって、吾郎店長がシフトに入ります。
木曜の吾郎店長です!
(by スタッフ)

THE TRAD #128
2021
年1月14日
TOKYOFM 20210114
THETRAD 稲垣吾郎 ラジオ レポ
20210114errdif2uyaaj7y0
本日のメニュー
①「TODAY'S MUSIC RECOMMEND」
 こんな曲もあるぞ!昭和の名盤特集

②「ENTERTAINMENT MAP」
 和田唱(トライセラトップス)
③メッセージテーマ
 「あなたが今、発掘(ディグっていること)」
OAリスト
M1 白い炎 / 斉藤由貴
M2 真夜中のドア / Stay With Me / 松原みき
M3 黄昏の BAY CITY / 八神純子
M4 This is All I Have For You / 松下誠
M5 キャンパス・ガール / 岩崎宏美
M6 L.A. NIGHT / 阿川泰子
M7 別れの予感 / テレサ・テン
M8 dawn / LiSA
M9 2020 / GRAPEVINE
M10 1975 / 和田唱

~~~~~~~~~~
<オープニング>
(ナレーション)
ここは東京の片隅にひっそりと佇む小さなレコードショップ。店の名前は『TheTrad』。2時間だけオープンするこの店には、毎日、上質な音楽が入荷しています。さ~そろそろ、ドアが開くようです。

(
小芝居)
吾:平井さん、お疲れさま。
平:ハマ副…あっ、吾郎店長、そうだそうだ、今日は木曜日だけど吾郎店長が出勤でしたね
吾:そうなんですよ。木曜日、登場です、稲垣吾郎 (笑)木曜リスナーの皆さんもよろしくお願い致します

平:吾郎店長、これ見て下さい
吾:何なに、ドラゴンボールZのCDジャケットじゃない。入荷したの?
平:そうなんです、ドラゴンボールシリーズの曲、森雪之丞さんが作詞してますよね。実は、今日、日本を代表する作詞家・森雪之丞さんのお誕生日なんです
吾:じゃぁ、今日は森雪之丞さんの作詞した楽曲からスタートしましょう


オープニングナンバー
1985年
🎵白い炎 / 斉藤由貴

吾:懐かしい。スケバン刑事、初代…ヨーヨー、買ったな。プラスチックしかなかったけど
平:影響されたものですか?
吾:そうですよ~「鉄仮面伝説」の方が好きでしたけど。南野陽子さんの
平:歌詞、すごいですね
吾:歌詞、すごい…この時代ってさ、10代の女の子に「わたし、愚かな女の子です」って歌わせて、で、表現もすごいですね、「その時、街は色をなくした」とか。この時代はね~凄いよね


【TODAY’S MUSIC RECOMMEND】
レコードショップが選ぶ
「こんな曲もあるぞ!昭和の名盤特集」

Spotify
グローバルバイラルチャート15日連続世界一位を記録!
1979年リリース

🎵真夜中のドア / Stay With Me / 松原みき

世界的なシティポップブームの中、昨年の10月末にインドネシアの人気YouTuber・レイニッチがカバー動画をUPすると、世界のストリーミングサービスでランキングが急上昇。原曲も急上昇。この人気に伴って、復刻版として再販された7インチレコードも予約が殺到。

吾:気持ち良い曲ですね、シティポップらしい楽曲で。ジャッジャジャッジャ…って、もう振付しやすそう。

渋谷の「MIYASHITA PARK」にオープンしたレコード屋さんFace Records Miyashita Park@face_miyashita)」の店長・和田拓海さんにおススメの曲を選んでいただきました!今日は一日業務提携です

日本のアニメやアニメソングの人気がキッカケで、日本の楽曲、和物にも次第に注目が集まるようになった。海外のハウスソウルディスコDJが最初に見つけたのは、山下達郎さんや竹内まりあさん、大瀧詠一さんだった。そこをもっと深掘りしていくうちに、こういった「知る人ぞ知る」名曲がどんどん発掘されるという。

🎵黄昏の BAY CITY / 八神純子

🎵This is All I Have For You / 松下誠

吾:共通した、この気持ち良さと、ちょっと哀愁漂う感じと。歌詞がガンガン入ってくるね。僕らが歌ってた楽曲なんかもこういう流れをくんでるんだろうな~90年代ね。こういう曲とかに影響を受けてきたディレクターさんたち世代だから。僕らが歌ってた初期とかは、こういう感じがあった。懐かしい。繋がってるんだな~と思って。

松下誠さん
和物AORの最高傑作と呼ばれる名盤『ファーストライト』の中に収録された1曲で、松下誠さんは様々な日本のアーティストのコーラスやアレンジでも活躍しているトップスタジオミュージシャン。

吾:SMAPのコーラスアレンジとかもやって下さってる。お会いした事は無いんですけど。


阿久悠さんと、筒美京平さんの昭和歌謡ゴールデン・コンビがアルバム1枚をマルっと手掛けた岩崎宏美さんのアルバム「ファンタジー」の中から

🎵キャンパス・ガール / 岩崎宏美

「華麗なる一族」やTVドラマ「太陽にほえろ」などに出演する女優でありながら、ジャズ・ヴォーカリストに転身した阿川泰子さん
🎵L.A. NIGHT / 阿川泰子

吾:めちゃくちゃカッコ良いね。これ、1986年なんだね、す~ごいですね。これ、なんか、今のラウンジミュージックとか、ね~。こういうのから繋がってるんだな~。


平井さんのポップ
平井さん、木曜日はいつもポップを書いているそうで

“昭和の名曲 メロディ 歌詞 今聴いても 今聴くからこそ 良い! 見つけてくれた人ありがとう~~ もっともっと深掘りしていくと 知る人ぞ知る1曲に出会えるかもしれません”

吾:可愛い。素晴らしい。なるほどね、そうやってポップは作られていくんですね。
平:そうやって作っております
吾:今、もう照れながらポップを読んだ、髪を切ったばっかりの平井さんが、めちゃくちゃ可愛かった。
平:すいません、ちょっと赤くなっちゃうんで
吾:僕も赤くなりました

(爆笑)


時刻は4時をまわりました
ここで吾郎店長が好きな昭和の名曲を!

吾:ダントツでこれですね。前もお話して、僕のラジオとか全部聴いてる方は知ってるかもしれないんですけど。安寿ミラさんと舞台をやった時に、打上げで、安寿さんがこれを歌って下さって。それにすごい感動して

🎵別れの予感 / テレサ・テン

吾:良いですね、このまま「つぐない」もかけようか(笑)
平:もう、テレサテン特集で
吾:お酒も飲みたくなってきちゃう
平:冬の夕方に聴くと、切なさ倍増に
吾:熱燗で温まりたいよね、これ聴きながら
(笑)



リスナーからのメッセージご紹介
📩サラダのドレッシング、最近はオリーブオイルに岩塩
吾:そうだね、僕も「オリーブオイルに軽く岩塩」みたいなのがほとんど。草彅剛のドレッシングっていうのがあって。これも知ってる人いるかもしれないんだけど、なんか、三軒茶屋の商店街で彼が舞台やってる時に見つけて、彼が気に入ったドレッシングなんですけど、それを僕にプレゼントしてくれて。それがあんまり手に入りにくくなっちゃったんだけど、こないだ舞台で共演した片桐仁さんがそれを見つけてきてくれて。又、草彅くんおススメのドレッシングも使ってます。オニオンとかが効いてて

(多分、これ。三軒茶屋の佐藤青果店さん)
https://www.maru5yasai.com/
Bandicam-20210122-202416431


ここで1曲、
🎵dawn / LiSA


【ENTERTAINMENT MAP】

和田唱さん~リモートでご来店

吾:いらっしゃいませ~TheTradへようこそ。お待ちしておりました
和:どうも~~こんにちは~
吾:お久しぶりです。ななにーに来てくれて、ね。
和:あ~あれは剛くんのお誕生日の時ですね
吾:そう。サプライズで来て下さって。彼がすごく喜んでたのが…ありがとうございました

20210114errdif3vgaeap77
プロフィール
1997
年メジャーデビューしたスリーピース・ロックバンド「TRICERATOPS」のヴォーカル・ギター・作詞作曲も担当。スマップ、藤井フミヤ、松たか子、キスマイ、スキャンダルなどへの作品提供も多数。2018年にはデビュー以来初のソロ活動を開始、1stアルバム『地球 東京 僕の部屋』、2020年には2ndアルバム『アルバム』をリリース。2020年秋からTRICERATOPSを再始動、『THREE HORNS IS BACK 2020』ツアーを行い、12月30日には全12アーティストが参加したトリビュートアルバム『TRIBUTE TO TRICERATOPS』をリリース。


トリビュートアルバム
『TRIBUTE TO TRICERATOPS』

Bandicam-20210119-230814091
Bandicam-20210122-181539878
吾:そのトリビュートアルバムにはハマ副店長のOKAMOTO’Sも参加してるんですよね
和:そうなんですよ~今日なんでいないんですか~?
平:ハマ副店長、会いたがってました。今日は副業で
和:そうだ、副業だ
吾:副業で、何故か僕が今日は
和:でもね、こうやって、吾郎さんとこういう形でお話するの、始めてなので、嬉しいです
吾:そうなんですよね。曲も提供して下さって。草彅くんのギターの師匠ですから
(爆笑)
吾:あれも最高だった~草彅くんの「はっぴょう会」、来て下さったじゃないですか
和:あ~でも、光栄でした。あの時、奥田民生さんとゲストで出させて頂いて。楽しかったです
吾:和田さんのお陰でね草彅くん、ギターすごい上手になってきてますよね。
和:ね~。ホントですよね、さすが


参加アーティスト、どんな基準で選ばれたんですか?
和:僕らからお願いした企画ではなくて。あったらいいな~とは思いましたけど、実際、こんなアーティストの人たちが参加してくれるかどうかなんて分からないし、自分からやって下さいっていうもんでもないかなと思って。うちのスタッフが「こういうのあったらいいよね」って水面下で進めてくれてたんですよ。僕らは、アーティストの人たちからOKが出るたびにその情報を聞いて「マジですか、やった~!」みたいな感じですね。それぞれの方たちと知り合いではあるんですが、敢えて、「この度はお願いします」みたいな連絡は取らずに、全く先入観なしに曲も選んで欲しかったし、アレンジしたり歌って欲しかったので、もう全く全然、連絡とってないんです、誰とも。

平:じゃぁ、楽曲の割り当てというのも
和:やってないです。皆さんに選んでもらいました
吾:あ、そうなんだ。でも、これだけの方たちと繋がりがあるというのも凄いよね、その人脈もね
和:いや~たまたま、ホントに、こんなトリビュートアルバムができるなんて思わなかったので、すごく光栄に思ってます
吾:いつか、ここに草彅剛も入れてあげて下さい(笑)
和:ホントですよ、剛くん~

(ホント、吾郎さん、優しいな~)

このタイミングでのリリースは
和:20年ぐらい前に作った「2020」っていう曲が元々ありまして。その頃描いた近未来を歌ってて。僕らのファンにもわりと人気のある曲で、2020年というのは僕らにとっても大事な年っていうのはあって。それで、2020年に何か特別な事ができたらいいね、っていうのはありましたね。

スリーピースバンド
吾:日本のスリーピースバンドの代名詞的な存在でもあるトライセラトップスなんですけど。今回のトリビュート参加アーティストもスリーピースバンドが3組いるんですよね。
和:あ、それ、僕、後から気付いて。たまたま、なんですね。Base Ball Bearなんかも元々4人で最近3人になっちゃったりとか。GRAPEVINEも元々4人バンドで今は3人ていう。

吾:そうかそうか。これ、ちょっと私事ですけど、「新しい地図」で活動してる僕らもスリーピースバンドですね。(笑)
和:ホントですね~
吾:僕もやろうかな~楽器、じゃぁ、ホントに。
和:吾郎さん、いいじゃないですか~。そしたら、剛くんと一緒に、こうやって、ほら、活動できる
吾:ギターね~ちょこっと僕も、やってた事もあったので

和:ベースは?ベース
吾:ベース、良いね~!!
平:ハマ副店長にベースを習う…
吾:もうね、いろんな方にお願いしてて。みんな、「教えるよ~」って言ってくれてんのに、全然、僕が動き出してないっていうね。でも、ベースかぁ~考えた事もないけど、今すごく興味がある
和:カッコ良いと思いますよ
吾:ちょっと…和田さんも先生ハマくんも先生で、もう先生だらけで (笑)
和:是非是非



トリビュート・アルバム「TRIBUTE TO TRICERATOPS」から
🎵2020 / GRAPEVINE

GRAPEVINE
和:GRAPEVINEはTRICERATOPSと、正に同期なんです。ず~っと、なにかと、いい意味で比べられてきたんですね。デビューも1997年デビュー組で。その旧友である彼らが、この『2020』をカバーしてくれたっていうのは、僕らにとっても非常に嬉しいこと。しかも、良い具合にアレンジしてくれて、僕らのバージョンと全然違うんですよ。
吾:へ~嬉しいね、もう、プレゼント受け取った感じですよね。
和:そうなんです、正に

吾:この曲が届いた時はいかがでしたか?
和:す~ごい、ジワ~~っとくるものがありましたね。すごい嬉しかったです
吾:GRAPEVINEの方々にとっても、この曲って、思い入れが強いんだろうね
和:ね~…だといいですけど。選んでくれたんですよ
平:曲についてGRAPEVINEの皆さんと話したりとかは?
和:まだ、してな~い
吾:え⁈してないの?まだ
和:まだ、してないんです。あ、でも、LINEでお礼は言いました。まだトークしてないんです
吾:そうだよね~まだ中々ね、こういう状況もあるし
和:喋りたいですね


OKAMOTO’S
の「Guatemala」
和:OKAMOTO'Sのバージョン、カッコ良いですよ。
吾:気持ち良い感じで


KAN
 「トランスフォーマー」
和:KANさんのはぶっ飛んでますよ。これ、原曲と全然違うんですよ
吾:KANさん、結構ぶっ飛んでる。でも、面白いよね~どういう風にあがってくるのかってね
和:そう、分からないからね
吾:面白いよね、作ってる方としては


トライセラトップス、23年目突入
吾:3人で活動を続けてこられた秘訣は?
和:なんでも話し合うようにしてますね。何か問題を感じた時に、ほったらかしにするんじゃなくて3人で話すようにしてます。特に最近年、その傾向が強まってきましたね。
吾:あぁ~近年…分かる気がするな~。
和:もっと若い時は「なんだよ~」みたいな事があっても、ついついほったらかしにして、そうすると溝がね深まっていっちゃうんですよね
吾:なるほど。そう、気付かぬ内にね。やっぱり、言葉に出して言わないとね、お互い確認し合わないとね
平:スリーピース同士の
吾:そう、分かる分かる

和:大人になってから段々それが出来るようになってきて、ここ最近
吾:分かる気がする。う~ん。若い時はちょっと恥ずかしいしね
和:そう。恥ずかしいんですよ。段々できるようになって、最近、3人で茶しながら、ちょっと将来の事について話したりしますよ
吾:(ハハハ)茶しながら。
和:飲んじゃうとダメなんですよ。飲んじゃうと、もう酔っ払ってきちゃって覚えてないから
吾:(笑)分かる気がする。
和:真面目な話は昼間に、お茶を飲みながら…じゃないとダメなんです

吾:なるほど~。それ、良いかもしれない。「新しい地図」の場合は、結構ね~ちょっと飲みながら、とかもあるから
和:飲みながらの方が気分がノルけど。なんか覚えてなかったりするじゃないですか。だから、コーヒーで、是非。真面目な話はね。
吾:なるほど


初のソロデビューは2018年、ソロをやろうと思ったキッカケは?
和:なんか、そろそろ、そういう事をやってもいいかな~なんて思った…感じですかね。漠然と、いつかソロアルバム、面白そうだなと思ってたんですけどね。僕の場合、楽器を全部、自分でやったんですよ。完全手作りで、一人録音で。だから、地味な作業でしたけど、すごい楽しかったです。完全に自分のイメージのまま進んでいくので。

久々に3人でのツアーを決行
和:そうですね、お客さんを半分にして、後は配信という形で。この2年半の間に、それぞれが活動していた事が良い具合にブレンド…何つうんですか、前とは違う妙な充実感があって。
吾:大切な時間だったんですね、そのソロの期間ていうのはね
和:そんな変わらないんじゃないかと思ってたんです、ぶっちゃけ。よくね~それぞれが吸収してきた事を持ち寄って、又一回りも二回りもでっかくなって…みたいな。そんなのウソだろうって思ってたけど。(笑)これがね~意外とホントだったんですよ
吾:へ~~これ、ハマくんとかも参考になるのかな~


和田さんのソロアルバム「地球 東京 僕の部屋」より
🎵1975 / 和田唱
(和田さんの生まれ年をタイトルにしたもの)
歌を聴き終わって…
吾:優しい…優しい、ありがとう、なんかもう、ホントに優しい気持ちになれるよね、和田さんの、ね~。抱きしめてもらいたい
和:良かった~(爆笑)


今後の活動は?
和:まぁ~ついつい不安になっちゃいますけどね、こういうご時世、でも、何事にも明るい面て絶対あると思うので。こんな時代だからこそ、今まで気付かなかった新しい事ができそうな予感もするんですよ。それが何かはまだ分からないんですけど、今だからこそできる何か面白い事を考えたいですよね。後、今年は、曲を貯めたいなと思ってます、曲作り。
吾:なるほど~お家で出来る事といったら、そうだもんね。ライブもね~でも、やってほしいけどな~いっぱい。ね~ホントは
和:そうですね、できるだけやりたいなとは思ってます



和田唱自由研究(YouTube)
Bandicam-20210119-232613984
吾:和田さん、何やってらっしゃるんですか?
和:マニアックでね~皆、見てくれないんですよ。僕は「昭和」がすごい好きなので。今日は昭和特集ですよね?僕がやってるのは、シーズン3なんですけど、「昭和の建造物特集」ですよ
吾:建造物⁉
和:昭和のビルとか。この壁さ~これ、今、無いよね~みたいな
吾:あ~分かる気がする。ちょっと、僕も響くよ、それ
和:吾郎さん、分かります?
吾:僕はね、高島平団地生まれなんですよ。だから、団地とかの壁とか、タイルとか見るとグッときます
和:そう、グッときますよね。あっ、これ、昭和のタイルだよ、これ何年物かな~1960何年物じゃないの。 シーズン3はそういう感じです

平:吾郎店長参加もありうるかもしれない
吾:和田さんと僕で『タモリ俱楽部』に出してもらおうか
和:ありがたいですね~



今日はいかがでしたか?
和:楽しかったです
吾:こうやってお話…ま、今日はリモートですけれども、始めてだったので、僕も嬉しかったです。
和:光栄です
平:曲中に、可愛いワンちゃんも登場して下さって

和田さんの愛犬がず~っと横にいる。可愛い~。ベロが出てるww もう14歳のチワワ リモートあるあるですね
Bandicam-20210119-232516722  

和田さんのYoutubeチャンネルはコチラ
 https://youtube.com/channel/UCAxJE4YktdFBVuqUf1pqIWw/featured…


今日の #THETRAD で話に出た #和田唱自由研究 の、昭和のビルの壁とかの質感に胸を熱くする動画はこういう感じです↓ご興味ある方は是非!
https://youtu.be/UtJYN5-Kybg


TRICERATOPSに関する最新情報は公式HPをご確認ください!!
愛犬のブーブーちゃんと一緒にhttps://triceratops.net



Ending
リスナーからのメッセージご紹介
📩お灸に嵌ってる
吾:お灸、しますよ。自分ではやらないけど、鍼灸師の方とかに来て頂いた時とか。(どこを?)背中とかじゃない?大体。 ハリとかは、僕の場合、顔とかにもやっちゃうけど。(美顔バリみたいな?) そうそう。お灸で顔は無いけどね。結構熱くて、「熱い」って瞬間にクッって取ってくれるのはタイミングいいよね。

📩書きやすいボールペンを発掘
吾:僕はず~っとドルチェビータ、使ってるんですけど。イタリアのボールペンですね。

そろそろクローズの時間です
僕とは又、来週月曜日にお会いしましょう
さよなら

« 編集長 稲垣吾郎 2021.1.13 #211 | トップページ | 【THE TRAD】2021.1.18 #129 ゲスト:川畑要(CHEMISTRY) »

The Trad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 編集長 稲垣吾郎 2021.1.13 #211 | トップページ | 【THE TRAD】2021.1.18 #129 ゲスト:川畑要(CHEMISTRY) »