2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 舞台【No.9-不滅の旋律】再々演!!!千秋楽を終えて、寄せられたことば | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2021.1.13 #211 »

2021年1月16日 (土)

【THE TRAD】2021.1.12 #127 ゲスト:LiSA (シンガー)

昨日は吾郎店長、お休みでした
代わりにハマ副店長がご出勤
何か他のお仕事なのかなぁ?

THE TRAD
#127
2021
年1月12日
TOKYOFM 20210112
THETRAD 稲垣吾郎 ラジオ レポ
20210112s__46161925
本日のメニュー
①「TODAY'S MUSIC RECOMMEND」
 ディズニーの名作の中から、「冬」をキーワードに名曲
②「ENTERTAINMENT MAP」

 LiSA(シンガー)
③メッセージテーマ
 「令和3年のdawn(幕開け)」=あなたの目標

OAリスト
M1 BEAUTIFUL WORLD / 宇多田ヒカル
M2 When You Wish Upon a Star / 映画「ピノキオ」より
M3 Someday My Prince Will Come / 映画『白雪姫』から
M4 Something there(愛の芽生え) / 映画「美女と野獣」
M5 Let It Go / 映画「アナと雪の女王」から
M6 Into the Unknown / 映画「アナと雪の女王2」
M7 It’s All Right / John Batiste
M8 Bring It On / Roberta Gentile
M9 今年の冬 / 松本英子
M10 わがままケット・シー /  LiSA
M11 朝の風景 / 映画「美女と野獣」より
M12 dawn / 
LiSA
⑤ 平井理央のB面トーク

~~~~~~~~~~
<オープニング>
(ナレーション)
ここは東京の片隅にひっそりと佇む小さなレコードショップ。店の名前は『TheTrad』。2時間だけオープンするこの店には、毎日、上質な音楽が入荷しています。さ~そろそろ、ドアが開くようです。

(
小芝居)
吾:平井さん、お疲れさま。
平:吾郎 店長、お疲れさまです。実は、お願いがあるんですけど。このお店に来て1ヶ月以上経ったんで、そろそろ名刺が欲しいんです。
吾:そんな事はお安い御用ですよ。じゃ~早速、発注しましょう。肩書は「専属店員」でいいのかな?
平:あ、「専属店員」でいいんですけど、できれば、「しん専属店員」て入れたいんです
吾:何なに?新しいって事をアピールしたいの?
平:できれば、「しん」は漢字じゃなくてカタカナでお願いします。「シン専属店員 平井理央」で。だって、今年はシン・エヴァンゲリオンもシンウルトラマンも公開になるんです
吾:カタカナでね。ま、なんかよく分からないんだけど。でも、カッコ良いんじゃないかな。ま、因みに、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は23日に公開になるそうですね。主題歌は、今回も宇多田ヒカルさん。


という事で、懐かしいこの曲でオープンしましょう
2007年の「エヴァンゲリオン新劇場版:序」主題歌

🎵BEAUTIFUL WORLD / 宇多田ヒカル


平:吾郎店長、先週木曜日で、舞台「No.9‐不滅の旋律」が、無事、閉幕という事で、本当にお疲れさまでした!
吾:ありがとうございました~
平:たくさんの感動を頂きましたし、メッセージも色々いただきました
吾:無事に完走する事ができたのは、観に来て下さったお客様が、我々が作ったガイドラインを基に、完全なる感染予防対策、しっかり皆さんもして下さったので。ね、無事にね、何事もなく…
平:ホントにね、ようやく大きな舞台を終えて、本格的な令和3年の幕開けじゃないですか?
吾:やっと、年、越した
(笑)
吾:気持ち的にはそうでしたね。ホント、嬉しかったですよ。完走できるかどうか分からない状況で始まったので。みんなが足並みを揃えながら。あと、ホントにお客様のおかげで。ここまで完走する事ができて。ホッとしてますね。はい。ありがとうございました!



TODAY'S MUSIC RECOMMEND
ディズニーの名作の中から、「冬」をキーワードに名曲をお届け♪

1940年2月公開
🎵When You Wish Upon a Star(星に願いを) /映画「ピノキオ」より

吾:冬は空気も澄んでいて、1年で最も星空も美しいですよね。都心でも肉眼で星が綺麗に見える所もあったり。僕も冬は大好きなんですけれども。後、冬と言えば、「オリオン座」ね。更に今は、水星と木星、土星が大接近してるそうなんです。そんな星にお願い事をしたのが映画『ピノキオ』ですね。


1973
年世界初のカラー長編アニメーション映画
🎵Someday My Prince Will Come(いつか王子様が) / 映画『白雪姫』から

吾:ディズニーで演じるとしたら、白雪姫の継母をやってみたい。鏡よ鏡よ…(笑)


平井店員の好きな1曲
🎵Something there(愛の芽生え) /映画「美女と野獣」から

平:この曲の流れる中で2人が雪合戦をする、そのシーンがすごく可愛くて。いつか私も恋人と雪合戦してみたいなと、幼心に思ったのを覚えてます
吾:へ~~。平井さん、髪、切ったね。すっごく可愛い。似合ってる。
平:あ、ありがとうございます。なんか、恐縮です。髪、切ってよかったです
吾:(笑)いやいや、ちょっと早く皆さんに見せたいよ、お写真で
平:恥ずかしい

(吾郎さま、何ゆえにこのタイミングでwww ホントに似合ってますね)


冬のディズニー”と言えば!?
日本では2014年3月公開

🎵Let It Go /映画「アナと雪の女王」から

平:今日、雪の予報が出ていたので…ぴったり
吾:そうだよね。ちょっと降ったんだよね
平:ちょっと降りましたね。私、見てないんですけど
吾:(笑)私も見てないですけど



2019
年の続編『アナと雪の女王2』から
🎵Into the Unknown / 映画「アナと雪の女王2」


2020
年12月25日にディズニープラスで配信中。
映画『ソウルフル・ワールド』から、アメリカ版のエンディング

🎵It’s All Right / John Batiste

平:冬を彩るディズニー音楽特集、お送りしました
吾:良いですね~。昔のディズニー作品を又見直すのもいいし、新作『ソウルフル・ワールド』、まだ観れてないから…。良いですね、こういう寒い日に、ホットワイン飲みながら。(笑) そう言えば、ディズニーチャンネルさん、僕、加入してたな~と思って。
平:そうなんですね~。じゃぁすぐに見れますね
吾:今日、観よ

(1年前の2020年1月の「ディズニーアーカイブスコンサート」のナビゲーターを務めましたね。東京・兵庫・名古屋。これに関連して加入されたのかしら。)


リスナーからのメッセージご紹介
📩明るい色の服を着る
吾:分かる分かる。僕も黒しか着ないから。でも、今日、パンツはちょっと緑っぽい。国際興業バスの色だね 
(爆笑)
平:色がはいると気持ち、変わりますか?
吾:そうですね~いや、僕はもう「黒」でいいの、落ち着くから


📩課長らしくなる
吾:45歳の方。同世代ですね。課長って、中間管理職…的な。お父さんが課長になられた時覚えてたって…?
平:子供の時
吾:僕もそうですよ。うちのお父さんも商社マンだったので。課長になった時って…あ、なんか、お父さん、偉いんだ、って
平:嬉しく思いますよね
吾:僕も、店長らしくなるので、___さん、一緒に頑張りましょう



時刻は4時になりました
平:先ほど、スタジオの外に出て窓の外を見たら、雨がまだ降ってるみたいですね。
吾:あっ、そっかそっか。今日、我々は違うスタジオからお送りしているんですけれども。
平:今日は寒いですから、皆さま、お身体、くれぐれも大切に
吾:平井さんも髪切ったから、寒いんじゃない?
平:そうですね。マフラーをつけるために髪を切ったんですけど。付けてない時は確かにスース―しますね
吾:マフラーをつける為に、髪、切ったって⁉すごい。あ、そう、面白いね
平:女性は分かると思うんですけど、マフラー巻くと髪がはねていくので。マフラーを巻いてもはねない長さにして下さい、って言ったら、こうなりました
吾:今年、僕は、平井さんに頂いたマフラーを愛用してます。お誕生日にね
平:あ、はい、あ~わざわざ、すいません
吾:今日はしてこなかった

(笑)

リスナーからのメッセージご紹介
📩今年こそは彼女を作りたい
吾:そうか~。食事する時とかお家時間とか。ま、一人も良いですけどね。私は一人が好きですけれども。(笑) コツはありますか?
平:21歳の方にアドバイスするとしたら、彼女を作りたいと強く思いながら接さない方がいいと思います。
吾:なるほど~。大人のお姉さまの意見。
平:接して、コミュニケーションとっていった先に付き合うという事があるので。
吾:そうだね。ガツガツしちゃうと、鼻息が荒いと、女性はそれを感じやすいからね、そういったものはね
平:吾郎店長みたいに、余裕で、「僕は一人が好きなんだけどね」みたいな感じの方が逆にいけるんじゃないかと思います
吾:(笑)一番たちが悪い、僕みたいなタイプ


📩途中で寝かせてる本…読書の時間を作りたい
吾:積読状態ですか。本て、途中からスイッチが入るじゃない。最初の100ページぐらいってね、中々進みが悪い場合がある。だから、この状態が多いよね。すごく分かります
平:もういらないかなと思って読み返すと、ちょっと面白いかもと思って、又とっとく、みたいな



ENTERTAINMENT MAP
LiSA
さん(シンガー)~ご来店!

吾:いらっしゃいませ~TheTradにようこそ。お待ちしておりました
LiSA:こんにちは~LiSAです。宜しくお願いします
吾:よろしくお願いします。初めまして、ですね。
Li:は~い、初めましてです。嬉しいです

20210112s__46161925
プロフィール
岐阜県出身。2010年テレビアニメ「Angel Beats!」の劇中バンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカル・ユイ役の歌唱パートに抜擢。2011年1stミニアルバム「Letters to U」をリリース、ソロデビュー。今年、デビュー10周年。その後、数々の人気テレビ作品の主題歌を担当し、大ヒット。テレビアニメ『鬼滅の刃』の「紅蓮華」に続く、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」では第62回日本レコード大賞を受賞。

昨年10月にリリースされたアルバム『LEO-NiNE』から
吾郎店長お気に入りの1曲

🎵わがままケット・シー /  LiSA


吾:LiSAさんのイメージで言うとね、こういう曲もあるんだな~って。(「炎」とは全然違う曲で) なんか凄く、可愛らしい曲で、ちょっとしっとりしてて。でも、LiSAさん、ごめんね、これだけ作詞作曲がLiSAさんじゃないんだよね。それを選んじゃって。
Li:いや、全然~嬉しいです、とっても

吾:ところで、これ、好きなんだけど。ケット・シーの意味が分かってないんだけど
Li:ケット・シーというのは、「猫の妖精」。ゲームしてる方はたまに出てくるので身近なものなんですけど
(ケット・シー アイルランドの伝説に登場する妖精猫)
吾:あ、そうなんだ
Li:子猫の甘える感じと女性を合わせた
吾:あ、そう、すごい可愛らしくてね、ちょっと切なさもあって


音楽のルーツ
子供の頃、7年ぐらいミュージカル教室に通っていた
Li:人見知りだったので、母親が「家ではこんなに歌ってるのに」と、教室に入れてくれました
吾:歌はそこで学んだというか、いろんな扉が開いたんだね
Li:そうですね

吾:ミュージカルって楽しいですね。僕ね、5年ぐらい前からミュージカル、たまにやらせてもらってて。それまで何十年も歌ってても、ミュージカルってやった事がなかったんですよ。でも、なんか、面白いよね。歌をセリフとして伝えていくっていう。
Li:楽曲を表現していく表現の仕方が全然違いますよね
吾:そうそう。あと、お芝居から歌に入る導入とか難しいじゃないですか。繋ぎ目。
Li:あぁあ~~気づいたら歌が始まっていた、みたいな感覚になりますね
吾:あれが良いですよね~


ミュージカルと普通の歌と、歌い方の違いは?
Li:マイクを自分で持ってるか持っていないかが大きな差のような気がします
吾:マイク、あるないは大きい?
Li:ライブではハンドマイクで歌う事が多いので、手持ち無沙汰
吾:僕、初めてミュージカルやった時に、違和感、感じた。手をどうしていいか。左手にマイクがあると落ち着くんだよね


曲によって歌い方が違う
吾:曲によって歌い方、違うよね。僕、ビックリしたもん、アルバム聴いた時に。一瞬、同じ人とは思えなかったから。それが凄いな
平:曲によって敢えて歌い方を変えてらっしゃるんですか?
Li:表現したいという気持ちが強いので。この楽曲をどんな風に自分に入れて…結局、自分の声なので、全部LiSAになってしまうので。
吾:表現だからね。僕らで言うと、お芝居を演じると、役によって声が変わるのと一緒で
Li:はい

影響を受けたアーティスト
Li:アヴリル・ラヴィーン、グリーン・デイ…パンクロックがすごい好きで。後は、カッコ良いお姉さんとして倖田來未さんもすごい好きでした
吾:歌い方とか少し影響受けてるのかな、って。



ディズニーの楽曲を歌う人になりたかったLiSAさんがセレクト
🎵朝の風景 / 映画「美女と野獣」より

吾:ミュージカル教室に通いながら、観てたんだね
Li:観てました~


Newシングル『dawn』
1月13日リリース
65ac7uyh

Li:真夜中の暗い感覚ではなく、明けそうで明けない、みたいな、グレーがかったような景色が去年から続いている感覚があって。でも、この朝焼けを自分たちで迎えに行くんだ、という、希望をもって歌える楽曲になるといいな~と思って制作しました
吾:前向き。そうだね。微妙なグラデーションが続いているよね、色がね。

吾:歌詞もいいよね。「BEAUTIFUL WORLD」の歌詞とかも好きだな~
Li:あ!嬉しい
吾:「BEAUTIFUL WORLD」とね、「わがままケット・シー」で迷ったんだよね。吾郎さん的には。



映画『夏への扉―キミのいる未来へー』
主題歌「サプライズ」作詞
2021年2月19日公開予定

吾:僕はもう先に観させて頂きました。1950年代の有名なSF小説ですね。これ、LiSAさんが主題歌なんだよね。「サプライズ」。なんか、最後、ジーンときた。見ながらこの曲が流れてきて。



今年の目標は?
Li
:今年、少しずつ幕が開けていくといいな~という願いを込めて、ライブの計画を練り始めたいと思います
吾:歌でも、ちょっと、一緒にステージで歌わせて下さいよ
Li:えーーー!いいんですか!!今、聞きましたか、偉い人ぉ~~
吾:勿論ですよ。お願いしますよ
Li:めちゃくちゃ嬉しいです、是非!ご一緒させて下さい
吾:コラボレーション、一度もないんでね
Li:稲垣さんと向かい合って歌う事は、私、できないです(テンション↑↑)
吾:いえいえ、是非是非
平:デュエットとか、してほしいです
吾:100年ぐらい、僕、練習しなきゃダメですね

(笑)

新曲
🎵「dawn」 LiSA
 
「「「ありがとうございました!

本日のゲストは、LiSAさんでした!
テンション上がりっぱなしの吾郎店長と平井店員
新曲『dawn』いかがでしたか?明日発売です
https://youtube.com/watch?v=9JUVJLF6XWI…



リスナーからのメッセージご紹介
📩気にしない、おおらかに、楽天家で…今年のモットー
吾郎店長は?
吾:吾郎店長は、全く、クヨクヨしない方なので。申し訳ないぐらい
平:クヨクヨしないコツはありますか?
吾:何だろうね…コツね~。ま、なんか、時間が勿体ないな~と思っちゃうし。ネガティブな要素が全くゼロだから、僕の場合。平井さんは?
平:私は寝たら忘れるタイプです。嫌な事があったら早く寝ようと思います
吾:シャワー浴びたりすると、忘れる (笑)なんか、落ちる感じですね
平:あ~私も。
吾:そうそう、気分転換ね
平:楽天家の2人だったようです
(笑)


📩ど忘れした漢字をすぐスマホで調べない
吾:なるほどね。まぁもう、漢字…書けないな~。全部、スマホで。焦るよね、この漢字書けない、とか。俺、大丈夫?って
平:「勉」の字が書けなくなった事があって、焦りました
吾:形状記憶だからね、指のね。動かしてないと忘れちゃうんだよね。

📩お家時間が増えたのでオシャレ室内着に気を使いたい
吾:オシャレ室内着って何だろうね。カシミヤのニットとか
平:吾郎店長がお家で着てるヤツですよ
吾:いやいや
平:ロングカーディガンとか着てるんでしょ?
吾:ガウンとか?
平:そう、そういうのです
吾:どうせ着てるよ。(笑)
平:肌触りの良い、なんか、カットソーとか着てらっしゃるんでしょ
(笑)
吾:平井さんは?おススメありますか?女性に
平:柔らかい長いズボンとかは冬でも大丈夫だし…なんか、しどろもどろになっちゃいます
吾:でも、気持ち良い素材のヤツって今、いっぱい出てるからね。でも、あんまり良いもの着てると、そのまま外に行っちゃうっていうね。それもよくあるんですけど。


そろそろクローズのお時間です
今週は木曜日も出勤します
それでは~木曜午後3時にお会いしましょう
さよなら~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~
「平井理央のB面トーク」
千秋楽を迎えた吾郎店長。そして服を取りに…?

舞台を終えて初のTheTrad、やはりね、終わって、ちょっとホッしたような笑顔も見せて下さいました。「舞台終わって寂しかったりしますか?」と聞いたら、「少し寂しさはあるけど、それが次に繋がるし、その寂しさも舞台の醍醐味なんだ」というようなお話をされていました。あ~なるほどな~舞台って、そこでしか味わえない感覚、感情があるんだな~と思いました。

今回、吾郎店長がオンエアでも仰ってましたが、緊急事態宣言も出るような、感染拡大している中という事で、感染対策、非常に、舞台の中でも、キャストもスタッフも徹底していたという事で。今回ね、キャストと一度もご飯に行けなかったり、後は、(楽屋の)通路でも私語禁止になっていて、他の演者の方と雑談をしてコミュニケーションをとる事が中々出来なかった。舞台上でしかコミュニケーションが取れないっていう状態だった、だからこそ、禁欲の大切さというか、だからこそ、そこでしかぶつけられないし、そこでしか繋がれないという感覚を得られたのは、今回の非常に良い経験になった、という風に仰っていて。確かに、きっと、普段だったらね、顔合わせして集まってご飯に行って、なんていう事があると思いますけど。それが無い分、再演だったからこそ良かったかもしれない、という事も仰ってましたけど。だからこそ、きっと、濃密な、舞台でのコミュニケーションが生まれていったのか~と感じました。

秋冬物のお洋服、頼んでいたのに時間がなくて取りに行けなかった物を、ようやく取りに行ったと。両手いっぱいに。今日のモスグリーンのパンツもその一つ。

« 舞台【No.9-不滅の旋律】再々演!!!千秋楽を終えて、寄せられたことば | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2021.1.13 #211 »

The Trad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 舞台【No.9-不滅の旋律】再々演!!!千秋楽を終えて、寄せられたことば | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2021.1.13 #211 »