2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 【THE TRAD】2021.1.12 #127 ゲスト:LiSA (シンガー) | トップページ | 【THE TRAD】2021.1.14 #128 ゲスト:和田唱(TRICERATOPS) »

2021年1月19日 (火)

編集長 稲垣吾郎 2021.1.13 #211

<今週の目次>
・カシミヤの毛玉
♪「Find My Way」 ポール・マッカートニー
・GORO’s Search 「美容オイル」
 ☎小林邦宏さん
♪「眠れぬ夜は君のせい」 MISIA
・絵本の朗読


レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
編集長稲垣吾郎#211
2021
年1月13日 

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんな話題が届いているのでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します
📩北海道の___さん、
≪吾郎さんは、毛玉の処理はどのようにしていますか?私は冬になると、毛玉取りに嵌ります。100均で購入した毛玉取り器で、手袋やニット帽、セーターやレッグウォーマーの毛玉を取ると、気持ちがスッキリします。吾郎さんはクリーニングにお出しになると思うので、ウールの毛玉取りはなさらないかな。≫

はい。ありがとうございます。
や、でも、毛玉取り、僕もやりますよ。毛玉取り器は、持ってますよ。でも、あれ、色々あるよね。電動のもあるし、手動のも、あるかな。僕は、電動のですね。男性用の電気髭剃りみたいな。シェーバーみたいな。使ってますけど。

僕もね、基本的に、毛玉、あんま好きじゃないんですよ。
やっぱ、すごく気になるんですよね。

贅沢な事で…僕らって、ほら、衣装とかでね、普段、綺麗な洋服を貸して頂けるじゃないですか。で、やっぱり、劣化していく服を普段、着てないので、余計気になるんですよね。

あの~靴下に毛玉ができたりとか。ね~靴下なんか、ホントにもう洗えば洗えるほど自分の肌に馴染んでくるから、捨て時をいつも迷ってしまうんですけれども。でも、基本的には、やっぱり…う~ん、お洒落、結構そういう清潔感というか、大切じゃないですか。ちょっとね、みすぼらしいと…。

まぁね、何を着るというよりも、綺麗な物をキレイに着てるというのが、僕は結構、好きなので。毛玉、取りますよ。

最近、そんな、毛玉が出るような…あのね、逆に、カシミヤとか出るよね。良いカシミヤのニットとかって、逆に、結構、毛玉になりやすかったりしますね。僕も、リラックスウエア、部屋着で、あとちょっと現場に行く時に、まぁたまにはちょっとこう、部屋着から現場にというか、ちょっと現場にも着て行ける、家の中でも着れるような、ちょっとこう、リラックスウエアみたいなもので、結構冬場はカシミヤの上下を着ることもあるんですけど。アイツはすぐ、毛玉になりますね。それで、それ(毛玉取り器)を購入したって感じだったんですけれども。

まぁまぁもう皆、一緒ですよ。これはもう、冬になると絶対にやることなんじゃないかなと思いますけれども。手で取っちゃ、絶対ダメですよね。


――――――――――――――――――

オープニングナンバー

ポール・マッカートニー
🎵「Find My Way」


――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラXコジマの提供でお送りします!
~~CM~~


――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

さ~乾燥しがちな冬は、髪や肌のお手入れに一段と気を使う時期ですね。今年はね、コロナの影響で、感染対策でマスクをしてる時間も長くて、マスクのせいで肌が荒れるとかね悩まれる方も多いですよね。できものが出来てしまうとか。そこで、今週は、冬のスキンケアの決定版とも言える、最新話題の『美容オイル』についてGORO’s Searchします。話を伺うのは、以前、ケニアからバラを輸入しているという事で一度対談させて頂いたことのある小林邦宏さんです。

(小林さんとは2度目ですね。1度目は2020年7月15日でした)
→2020.07.15 レポ http://hanabi-0322.cocolog-nifty.com/hanabi_room/2020/07/post-35b0ce.html

→「精油とわたし」https://www.seiyutowatashi.jp/
Bandicam-20210118-235348087  

吾:もしもし、小林さん、お久しぶりです
小:どうも、ご無沙汰しております
吾:その節は、ありがとうございました。素敵なお花を。あの後もずっとお部屋で楽しませて頂きました。
小:それはなによりです。ありがとうございます。

吾:あの、楽しみにしてたんですよ。
小:(笑)そうですか
吾:何でかって言うとね、あの時にお花と一緒に頂いた『美容オイル』、ホントに素晴らしくて
小:「精油とわたし」ですね。使って頂けたんですか?
吾:いや、もう、ずっと使ってます。
小:えー、ホントですか⁈
吾:ええ、もう、ちょっとね、無くなっちゃったの(笑) ホントに良くて、身体にも顔にもね、僕に合ってるんですよね
小:あ、そうですか!
吾:今回は、その『美容オイル』をSearchしたいと思います。

小林さんと美容オイルの出会い
吾:元々、小林さんは商社マンから、ケニアからバラを輸入するお仕事をしたりとかっていう事なんですけど。どうして、『美容オイル』、コスメ関係のお仕事を始めたんですか?

小:キーワードは「植物」ですね。世界中で色んなお花の生産者さんを回ってる時に、複数の生産者さん、具体的に言うと、ニュージーランドの生産者さんが「マルラオイル」を作りたいので取り扱ってくれない?」とか、ブルガリアの生産者さんが「最近ラベンダーを作り始めたので取り扱ってくれない」みたいな形で、それが僕と植物オイルの出会いだったんです。実際、その中で「マルラオイル」とか「ホホバオイル」とか「アルガンオイル」とか、よく聞かれる名前があると思うんですが、実際に現地に行ってみると、特にアフリカのコミュニティがオイル1滴1滴を丹精に心を込めて作っている姿を見て、感動しまして。オイルって、実は、生産者さんと消費者の間にいろんな会社が入っていて、最終的に生産者さんに支払われるお金が意外と限られたりしているんです。

吾:そうかぁ~
小:私自身、世界中を旅してて、特にアフリカとの出会いの中で、オイルを通じて地域社会に少しでも貢献できないかなと。この辺からスタートしてます。

マルラオイル
小:マルラツリー…南アフリカとかナミビア(南部アフリカ)で、神ノ木と崇められてる。3月ぐらいに大きい黄色い実(マルラフルーツ)をむすぶ。これがアルコールを作る、世界でも珍しい発酵成分を持ったフルーツで、象が食べ過ぎて酔っ払って寝ちゃうんです。地域ではジャムを作ったり薬草を作ったり。種からオイルを抽出する。

吾:すごい。まさしく、マルラツリー、神の木なんですね
小:地域のコミュニティが植物を中心に成り立っているところが、現地に行って感動したところです。
吾:そうなんですね、アフリカ…分からないもんね~行ったこと無い場所なので。
小:前回、お話させて頂いた時に、いつか、吾郎編集長もアフリカにっていうお話で。
吾:なんか、イメージもわかないじゃないですか、行ったことがないとね~。
小:まだまだ知らないアフリカというのが私自身もいっぱいあるんで。

小:非常に抗酸化作用が強くて、所謂一般的によく言われてるオイルの何十倍何百倍あると言われてるんですが。まさに植物の力そのものですね。
吾:あれ?僕が頂いたのも、もしかして入ってるんですか?
小:そうです。マルラオイルですね

吾:そうなんだ…なんか、ベタベタしすぎなくて。男の人ってね大体、女性は慣れてるけど、美容オイルって男の人基本的にスキンケアでベタベタしたくないじゃないですか
小:分かります
吾:ね、男の人って、化粧水でパシャパシャぐらいで終わっちゃったりすると、乾燥してくると、それって結構こう…それだけでやっぱり、まぁちょっと老けても見えたりとかね、このぐらいの年齢になってくると。すごく、年齢の変化に対してはね、オイルって必要だと思うんですよね。

小:なるほど。やっぱり、吾郎編集長もお仕事でアメリカ行かれたりヨーロッパ行かれたりあると思うんですが、あっちは湿気もそんな無いじゃないですか。
吾:そうですね、すごい乾燥してる
小:なので、余計にオイルで保湿するっていうのは…保湿だけに限らず、ちゃんと顔の筋肉、身体の筋肉とか動かないと、身体全体のバランスまでおかしくなってしまう。実は非常に重要

吾:なるほどね。大体、みんな、化粧水、パシャパシャってつけて、冬、ちょっと乾燥したら少し乳液つけるぐらいじゃないですか、普通の男の人ってね、アフターシェーブローションとか。でも、これね、絶対、オイル必要だと思います、もうこれぐらいの歳になってくると。僕は
小:(笑)
吾:う~ん!一番良いスキンケアです、僕の中では
小:ありがとうございます。

アルガンオイル
小:モロッコは「アルガンオイル」なんかが有名ですけども。これもアルガンツリーっていう木の実からできるオイルなんですね。このアルガンツリーっていうのが又面白くて、人間とアルガンの実を取り合いする敵がいるんですよ。これが、なんと!ヤギなんです
吾:エッ⁈あのヤギ?メーメーの
小:あのメーメーのヤギが、木に登って実をバクバク食べるんですよ。
吾:それ、やっぱり身体に良いって分かってんのかな~?美味しいのか
小:大好物、美味しいんでしょうね、多分。僕もヤギに聞いたことないから分からないけど(笑)
吾:そりゃそうだ

小:オイルっていう観点でいうと、1回ヤギが消化しちゃうと、どうしてもオイル自体が酸化されてしまって、こういう美容オイル、抗酸化作用と言われる効果が無くなっちゃうんです。で、これも私が感動した一つなんですが、コミュニティが、ちゃんとヤギが食べたものと食べてないものをきちんと選別して、一粒一粒からオイルを抽出している。1日で作れる量はホント限られてるんですよ。
吾:あ、そうなんですね
小:それでもやっぱり、良い物を世界中で待ってる人に届けたいという思いを持って作ってる姿を見ると、やっぱり、旅人てきには、何か動かざるをえない。

吾:なんか、ホントに、アフリカの物って、入ってきてないものが多いですね
小:そうですね。意外と知られてないですね
吾:前回お話させて頂いた中で印象的だったのが、アフリカで年間、何百ってバラが、新しいのが作られると。中々、それが、輸入されるまでが大変だと
小:そうですね
吾:きっと、まだね~もう色んなものがあるんでしょうね。我々が必要不可欠なようなものも

小:そうですね。だから、ホントね~今、僕も、アフリカロスなんですよ。コロナ禍で中々行けないので
吾:今年はそうですね。
小:アフリカって、やみつきになる所があって。1回、あの陽気さとかエネルギーにふれると…日本がヤだっていうわけじゃないんですけど(笑)、やっぱりアフリカの良さがあって
吾:ちょっとね~コロナが落ち着いたら、いつか僕も行きたいですね~
小:是非~

キャリアオイルと精油
キャリアオイル…植物から抽出された植物油。オリーブオイル・椿油・ホホバオイル・アルガンオイル等
精油…エッセンシャルオイル。植物が産出する揮発性の油で、それぞれ特有の芳香を持つ。ローズオイルなど。
エッセンシャルオイル(精油やアロマオイル)をキャリアオイルで希釈してお肌に使いやすくする。

小:ローズオイルは精油と言われるもので、アロマテラピー効果ですね。
吾:リラクゼーション。ラベンダーとかもそうですね
小:この両方の力を持ってるのが植物油ですね。所謂、保湿とかアンチエイジングとか抗酸化というような、後、鎮静効果もあるんですが、こういう効果として使われるオイルがある一方で、リラックスとか安眠作用とか、そういう観点で香りとして重宝されるものと。
吾:なるほど~

小林さんの美容オイルで肌が良くなった
吾:この冬は特に乾燥してますよね。もうね、身体、テカテカして寝てますよ、僕は、だから。
小:(爆笑)そうなんですか
吾:う~ん。なんかね~ホントね~、肌、良くなった、全身
小:あ、そうですか
吾:結構なんか、恥ずかしい…お尻とか、少し乾燥すると痒くなってきちゃうじゃないですか。柔らかいとこって。腿の裏とか。でも、全然、今年はね~、この美容オイルに助けられてるんで、僕も。

小:ナチュラル系がお好きなんですね
吾:そうですね。頂いたやつはホント良かったです、3種類
小:あ、ありがとうございます。
吾:ね、アルガンオイルもそうだし。
小:一つ一つ、ちょっと香りが違うんですね
吾:そう、顔にはこっちが良いとか、身体にはこっちが良いとか色々書いてあったんで、その通りに使った…でも、基本的には全身使えるんですよね。
小:そうです。基本的には、全部OKですね

これからもっと広げていきましょう
吾:いや~オイル、面白いですね、アフリカのオイル。これから、もっと広げていきましょうよ。
小:そうですね。まだまだ、来年再来年、我々が知らないオイルが出てくる可能性はあるんじゃないかなと個人的にも思ってます。
吾:そうですね~。分かりました~。じゃ、引き続き、僕は、これ使わせて頂きますので。
小:はい。よろしくお願いします。

吾:や~楽しかったです、今日も。又、お花の話も、また今度
小:そうですね。是非、機会があったら又よろしくお願いします
吾:ありがとうございます。

本日は、旅するビジネスマンの小林邦宏さんに「美容オイル」についてお話を伺いました。ありがとうございました。


――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

📩東京都北区の___さんからのリクエストメールです
≪昨年の11月11日の放送で、柴咲コウさんの曲「眠れない夜は眠らない夢を」をリクエストされてかかっていましたが、私は”眠れない夜“と聞いて、てっきり、MISIAさんの「眠れぬ夜は君のせい」かと勘違いをしてしまいました。そうなんです。吾郎さんも柴咲さんも出演されていた18年前のドラマ『恋愛偏差値』の主題歌です。ホントに、この曲はドラマにピッタリで、夜聴くと心地いいです。≫

これもMISIAさんの名曲ですよね。
懐かしいですね~。懐かしいというか、曲は今でも、MISIAさんの代表曲としてかかってますけれども。ドラマは懐かしいですね。『恋愛偏差値』、もう18年、経つんですね~。う~ん。

僕もすごい好きなドラマですよ。
連続ドラマってね、大体10話とか、多いと10何話とか、ありましたけど。これは、だって、全4話とかですもんね。うん。なんか、その作り方がすごい、又なんか新しい連ドラの形だな~と思って。こういう作りのドラマがあっても面白いんじゃないのかな~って思いますけどね。でも、あるのかな~どうなんでしょうね。大体、連続ドラマってね、9話10話って最後までをイメージしながら役作りして、作品に参加していくんだけど、それがギュッと凝縮された中で役を作っていくっていうのはね、それはそれで潔くて面白かったんですね~。や~懐かしいな~

MISIA
🎵「眠れぬ夜は君のせい」


(「恋愛偏差値」フジ 2002.7.4~2002.9.19 1クールで4話完結の物語を3シリーズに分けるというリレー方式の連続ドラマ )
――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

📩ラジオネーム___さん、
≪私は子供が小さい頃、読み聞かせをしていて、自分が大好きになった絵本があります。『だいじょうぶ だいじょうぶ』というおじいさんと孫の話です。小さい頃、おじいちゃんと一緒に散歩に出かけ、困った事や怖い事があった時、いつも、おじいちゃんが「大丈夫大丈夫」という、おまじないの言葉で守ってくれた事が、可愛らしい絵で描かれています。大きくなって、困った事や怖い事が増えていくけれど、この、おまじないの言葉があれば大丈夫、という優しくて強くなれそうなお話です。≫

絵本というと、前ね、絵本を朗読する番組を僕はよくやっていたんでね、結構、絵本は、かなりの数は多分読んできたと思うんですけどね。う~ん。最近ではね、普段、小説を書かれてる作家の方が書く絵本とかね。作家の方が内容を書いて、絵はイラストレーターの方が描いて、っていう、そういうコラボレーションの絵本なんかもね、すごいとても素敵な作品もありますけれどもね。うん。

これ、でもさ~なんか、やっぱり、香取慎吾くんとか、やっぱり出して欲しいよね、絵本ね。昔から、僕、思ってるんですよね。なんか、あの絵で、言葉があって、っていうの、見てみたいな~っていう風に、僕はよく思うんですけれどもね。皆さん、いかがでしょうかね~。


(「忘文」フジ 2003.10.5~2010.3.28 日曜朝05:45~06:00 これは素晴らしい番組でした。)
――――――――――――――――――
皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

「GORO’s Column」へは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集する「GORO’s Search」。リスナー記者の皆さんからの情報をお待ちしております
・リクエストは「GORO’s BreakTime」
・お便りは、「GORO’s Essay」
「GORO’s Music Library」では、僕の音楽ライブラリーから、今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net

ハガキの方は、〒105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは、又来週~~バイバイ

« 【THE TRAD】2021.1.12 #127 ゲスト:LiSA (シンガー) | トップページ | 【THE TRAD】2021.1.14 #128 ゲスト:和田唱(TRICERATOPS) »

編集長稲垣吾郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【THE TRAD】2021.1.12 #127 ゲスト:LiSA (シンガー) | トップページ | 【THE TRAD】2021.1.14 #128 ゲスト:和田唱(TRICERATOPS) »