2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 編集長 稲垣吾郎 2020.11.04 #201 | トップページ | 【THE TRAD】2020.11.16 #113 ゲスト:手塚眞監督『ばるぼら』/ 山本篤(パラ陸上) »

2020年11月19日 (木)

編集長 稲垣吾郎 2020.11.11 #202

<今週の目次>
・ファミマのコーヒー
♪「Lonely」 Justin Bieber & Benny Blanco
・「リクエスト特集」
 ♪「虹」 高橋優
 ♪「秋がくれた切符」 Mr.Children
 ♪「眠レナイ夜ハ眠ラナイ夢ヲ」 柴咲コウ
 ♪「花」 森山直太朗
・配信でのファンミーティング


レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
編集長稲垣吾郎#202
2020
1111日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんな話題が届いているのでしょうか。それでは、編集会議を始めましょう~


――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

📩___さん、
≪編集長はコンビニに行くと、どのコーナーから回りますか?何を買う事が多いですか?≫
20201014
今は、やっぱり、ファミマのコーヒーですよね~(笑)
ファミマのコーヒーだし、ファミマのコーヒーをチェックしちゃうよね~。なんか、ちゃんと買ってくれてるかな、とかね。どの売り場に置いてあるのかな、ポスターどこに貼ってるのかな…って。 

で、一緒にね、香取くんのお母さん食堂のコーナーをね、ちょっとお惣菜を買ったりとか。うん。
まぁ~一般的には、入ってすぐに出版物、本とか雑誌のコーナーがね、窓際にあるんで。ちょっと、そこを眺めながら、中に入っていくというね。本とか雑誌が置いてある向かい側の所に、なんでか必ず、化粧品とか整髪料とか…そっちなんでしょうね。で、ちょっと奥に行くよね。スイーツなんて奥の方だもんね。なんか、やっぱあるんでしょうね、店のそういうスペースの作り方。

たまに、すごく広いコンビニとか、羨ましいと思う時ありますよね。東京都内だったら中々無いんだけど、ちょっと地方都市とか行くと、す~ごく広かったりとか。すごい狭いコンビニとか、逆に尊敬しちゃうよね。上手く物を並べてるな~って。後、地方によって、置くものが少し違ったりもしますし。コンビニも面白いですよね、そうやって見ていくと。

まぁでも、ちょっとね、しばらくは、ファミマを見つけたら、入って、僕のコーヒーの売り場のとこをチェックしてしまう、そういう日々が続きそうですけれども。


――――――――――――――――――

オープニングナンバーは、

Justin Bieber & Benny Blanco

🎵「Lonely」

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラXコジマの提供でお送りします!
~~CM~~


――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

今週は「リクエスト特集」をお送りします。

📩___さんからのメールです
≪10月のななにーSPライブで久々にゲストの方との共演、高橋優さんが最高でした。伝わってくる熱い歌声に胸がいっぱいになりました。リクエストは高橋優さんの『虹』をお願いします。≫

僕もすごく大好きですね、この曲。う~ん。

高橋さんてね、すごい不思議ですよね。アーティストとして、作り出す曲も歌詞も素晴らしいんですけれども。普段はね、少しこう温厚な優しい、ちょっと大人しいタイプの方に見えるんですけど、歌は熱いですよね。そのギャップが良いですよね。で、優しい曲もありますしね。

久々の共演だったんですけれども、今後も又共演とか、させて頂きたいですし。高橋さんもね、ギターを持ちながら歌うスタイルなんでね、草彅剛くんがすごくギターを観察しながらギター談義に花を咲かせてたの、すごい思い出しますけれども。


🎵「虹」 高橋優


📩愛知県の___さんからのメールです
≪最近は急に冷えて、一気に冬のような気温になってますが、秋を感じる曲を聴きたいです。Mr.Childrenの「秋がくれた切符」をリクエストします。落ち着いていてリラックスできますし、歌詞も考えさせられるところもあると思います。≫

僕は知らないですね~この曲は。う~ん。正にこの季節にピッタリな曲ですね~。どんな曲なんでしょうか。聴いてみましょう

🎵「秋がくれた切符」 Mr.Children


📩千葉県の___さんからのメールです
≪仕事から帰ってくると眠気に襲われる毎日ですが、家の事をしていると眠気を通り越し眠れなくなってしまう事も。そんな時は、紅茶を飲みながら『Blume』を開いて、吾郎さんの写真と綴られた言葉を受け取り、眠れない夜を癒しの時間に変えています。柴咲コウさんの『眠レナイ夜ハ眠ラナイ夢ヲ』をリクエストします。ゆっくり着実に叶えていく吾郎さんの夢を、これからも一緒に見させて下さい。≫

ありがとうございます。
柴咲コウさん、『眠レナイ夜ハ眠ラナイ夢ヲ』、ステキな曲ですよね~。

僕なんかは、あんまり、眠れない夜っていうのが、無いのでね~
不思議ですよね。昔から、う~ん、比較的寝つきが良いし朝も早く起きるっていう。これだけはもう、自分の取り得というか。

ま、ちょっと次の日の事とか、例えば、次の日待ち受けている事でちょっとドキドキして眠れない、なんていう時っていうのは、多少はありますけれども。でも、結局、眠れてるんですよね。だから、眠れないで朝を迎えるとかって、僕は全然ないというか。多分、僕が眠れないというのは、布団に入って30分ぐらいですね。結果、すぐ寝ちゃうというね。う~ん

逆に、寝てから夜中に起きてしまって、ちょっと眠れなくなるって事は、ま、ありますよね。結構僕なんか早い時間に寝ることが多いので、10時とか11時、やっぱ2時3時ぐらいに起きてね、ちょっと1時間ぐらい眠れなくなっても、(笑)これで起きちゃったらどんだけ早起きなんだよって感じになってしまうので、もう少し寝ようと思ってね。やっぱり、10時とか11時ぐらいに早めに寝ると、やっぱ2時とか3時ぐらいに、どうしても1回、起きちゃいますよね。う~ん。ま、そこから3~4時間ぐらい、二度寝というか、もう一度寝ると、すごいスッキリとした朝を迎えられるという。ま、僕はそういったルーティーンですけれども。はい。


🎵「眠レナイ夜ハ眠ラナイ夢ヲ」 柴咲コウ


📩___さんからのメールです
≪森山直太朗さんの『花』をリクエストします。不安しかない夏を過ごしていた時に、積極的にインスタライブでギターの弾き語りをしてくれていて、よく拝見していました。トークも面白いんですが、やっぱり、歌声が澄んでいて優しくて、森山さんの歌を聴いていつも癒されていました。≫

ね~ホントに、森山さん、すごい才能の持ち主ですよね。ライブのMCとかがね、トークもすごい面白いって言いますよね。僕はライブは観たことがないんですけれども。う~ん。又ね~ちょっと、共演させて頂きたいですよね~。何度もね、共演させて頂いてるんですけれども、最近、お会いできてないのでね。

🎵「花」 森山直太朗


――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

📩___さんからです
≪NAKAMAtoMEETING vol.1.5の配信チケットを購入しました。配信でのエンタメは、吾郎さんの朗読劇で経験しましたが、ファンミはどんな感じになるのか、前回のファンミと同じ感じになるのか、全く違う感じになるのか、画面の前の私たちはどのように盛り上がればいいのか、想像がつきませんが、ワクワクしています。≫

ありがとうございます。ね~もうそろそろですね~。
「1.5」がやってきます。「2」ではなくて、まだ「1.5」なんですね。は~い。

今ちょっと打ち合わせをしていて、これから、どういったライブにしようか、って事をね、皆で話してるんですけれども。僕らもね、配信ていうのは初めてなんで、ちょっと分からない事っていうか、まだ想像がつかない事が多いんで。ただまぁ、やっぱり、皆さんに楽しんで頂けるようなね、素晴らしいステージに、配信にしたいなと思っているんですけれども。

確かに、盛り上がり方って、難しいよね。うん。どうなんだろうな~。でも、まぁ、コンサート同様なノリでね、盛り上がって頂きたいなと思いますし。やっぱり、実際に生ではお会いできてないですけれども、やる僕らとしてもね、目の前に皆さんが居る、っていう事をね、イメージしながら、皆さんの事を感じながらね、ライブをして届けたいなと思ってますので。ね。楽しみにしてて下さい。

ま、1回やってみて、ですね、ホントにね。
配信系ってね、まだ分からないですよね、ホントに。

勿論ね、今後、生で、ライブ、やりたいんですけれども。これで、配信で何かをやるって事は、もしかしたらね、しばらくは…しばらくはというか、まぁ生で、例えば、ライブ、舞台もそうですけれども、公演することが可能になっても、配信で何かを伝えるって事は今後増えてくるかもしれませんしね。うん。それがコンサートなのか舞台なのか、分からないですけれども、まぁそういった事も、所謂ニューノーマルですか、ね、新しい時代の中でエンターテイメントの形として、やっぱりそこは必要なものとなってくると思うので。その楽しみ方とか、盛り上げ方、盛り上がり方みたいなものを、ちょっと…これからですよね。まぁでも、僕もすごい楽しみですね。これはこれで。

なんか…あの~例えば僕は、舞台、朗読劇をやった時も、勿論、客席数を減らして、やったんですけれども。同時に配信もしていたので、やっぱり、なんかこう、普通の舞台と違って、配信もしていると、そこで目の前にいるお客さん以外もちゃんと観てくれてるというか。テレビなんかもそうですけれども、そういったものも感じながら、やる舞台っていうのも、それはそれでね~なんか、新しい体験だし。うん。なんか、想像力が広がりました、逆に、それはそれで。うん。

ね、ファンミーティング、NAKAMAtoMEETING vol.1.5、ね~もう間近になってきたので、皆さん、楽しみにしてて下さい。


――――――――――――――――――
皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

GORO’s Columnへは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集するGORO’s Search。リスナー記者の皆さんからの情報をお待ちしております
・リクエストはGORO’s BreakTime
・お便りは、GORO’s Essay
GORO’s Music Libraryでは、僕の音楽ライブラリーから、今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒1058002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^

« 編集長 稲垣吾郎 2020.11.04 #201 | トップページ | 【THE TRAD】2020.11.16 #113 ゲスト:手塚眞監督『ばるぼら』/ 山本篤(パラ陸上) »

編集長稲垣吾郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 編集長 稲垣吾郎 2020.11.04 #201 | トップページ | 【THE TRAD】2020.11.16 #113 ゲスト:手塚眞監督『ばるぼら』/ 山本篤(パラ陸上) »