2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 9月度~TV、ラジオ、雑誌など (随時更新) | トップページ | フォトエッセイ『Blume』9/18発売 (随時更新) »

2020年10月 3日 (土)

【THE TRAD】2020.09.28 #100 ゲスト:草彅剛

THE TRAD #100
2020
年9月28日
TOKYOFM 20200928
THETRAD 稲垣吾郎 ラジオ レポ
20200928s__20021251
本日のメニュー
①【TODAY'S MUSIC RECOMMEND】
 ロックシーンにおけるレジェンド・バンド!
 ローリング・ストーンズの偉大なるギタリスト🎸

②メッセージテーマ「皆さんが感じた、秋の訪れ
③【ENTERTAINMENT MAP】
 草彅 剛

OAリスト
M1:Magic / Kylie Minogue
M2:雨あがりのステップ / 新しい地図 join ミュージック
M3:Jumpin' Jack Flash / The Rolling Stones
M4:Love In Vain / The Rolling Stones
M5:Paint It, Black / The Rolling Stones
M6:Time Waits for No One / The Rolling Stones
M7:Sleep On The Wing / Bibio
M8:まどろみ / 山根万理奈
M9:Midnight Swan / 渋谷慶一郎
M10: 俺の歌がきこえてくるぜ / 草彅剛
M11:僕の踵はなかなか減らない / 斉藤和義

~~~~~~~~~~
<オープニング>
(ナレーション)
ここは東京の片隅にひっそりと佇む小さなレコードショップ。店の名前は『TheTrad』。2時間だけオープンするこの店には、毎日、上質な音楽が入荷しています。さ~そろそろ、ドアが開くようです

(
小芝居風)
吾「や~9月もラストウイークか。それにしても今日は気持ちの良い秋晴れですね~
吉「そうですね~吾郎店長、🍙おにぎり美味しかったですか?
「おにぎりじゃないから
「おにぎり、やめたんですか?
「そう。トルティーヤにした。無いと思っておにぎり買いに行くって言ったんだけど、あったから。しかもチンしました

「今日は富士山で初冠雪というニュースもありました。ホントに季節が変わるのはあっという間ですね~。では、今日は、今年の秋にリリースされる新譜から始めませんか
「なるほど。色んなリリースが予定されてますね~。あ、これ、いいんじゃない。これにしましょう

オープニングソング
11
月7日リリースのNEWアルバム『ディスコ』から
🎵Magic / Kylie Minogue

食欲の秋、読書の秋
「ね~秋ですよ、もう。『食欲の秋』で、朝、しっかり食べたのに、僕は今、又、トルティーヤを食べてしまって。
「あと、一緒にポテチも食べましたね
「そう、だってさ~皆さん聞いて下さいよ。吉田さん、『吾郎さん、ポテトチップスとっときましたよ』つって、見たら、袋の中、4枚しか入ってない
(笑)
「だって、最初は、いらないとか意地はって言うので、もういいのかな?って食べちゃったんですけど、可哀そうだから少しだけ残しておきました
「4枚食べたら、よけい食べたくなる、やめられない止まらない、のやつですよ。それで、トルティーヤ食べちゃった ww
「食欲の秋でございます。そして、『読書の秋』でもありますね。吾郎店長のフォトエッセイ『Blume』もありますし、秋の夜長のお供には、Amazonプライムのドラマ『誰か、見ている』を楽しむのもねいいかもしれません
「ありがとうございます~よろしくお願いします

本日4時台のお客様は、草彅 剛さん
「楽しみですね~
「楽しみですね~
「ちゃんと、レコードショップっていう感じにしてくれますかね?
「は~い。打ち合わせでしっかり伝えましょう
「最初、小芝居お願いします、って言っといてww

ここでお送りする曲はやっぱりこの曲
🎵雨あがりのステップ / 新しい地図 join ミュージック


TODAY’S MUSIC RECOMMEND
(小芝居)
「吾郎店長~偉大なるギタリストの条件て、何なんでしょうね?
「それ、やっぱりさ、心から音楽やギターを愛してることじゃないかな~。
「確かに、それが一番大事ですね
「後はね~ロックギタリストと言えば、ファッション性もポイントだよね。ヴィンテージのデニムパンツをスマートに穿きこなして、颯爽とギターを弾いてる姿なんてしびれるよね~
「あ~分かりますね~
「それでね、ちょっとワイルドさも欲しいかな。相棒はフレンチブルドッグ、みたいな。あとさ~あとさ、グローバルな視点も必要じゃない、例えば、韓国語が話せるとか。後ね、ゲーム好きとかもあるよね。あと、ちょっと天然だったりするとこも良いよね
「ちょちょ、ちょっと待って下さい、吾郎店長がイメージしてる偉大なるギタリストって、ひょっとして…
「それは勿論、ミスターTsuyoshi Kusanagi~~!
「あ~~~はい、アリですね
「いやいや、そんな事ないでしょ
チャンチャン ww


ロックシーンにおけるレジェンド・バンド!
ローリング・ストーンズの偉大なるギタリスト
🎸

先日「THE TRAD」でご紹介した「ザ・ローリング・ストーンズ、1973年リリースのアルバム『山羊の頭のスープ』の再発盤が、イギリスのアルバム・チャートで1位を獲得!」というニュースが。背景には、音楽をサブスクなどのストリーミングで聴くことが増え、あえてフィジカル…アナログレコードやCDで買うのは、いわゆる『名盤』という人が増えている!ということが挙げられるのでは。

今日は、ローリング・ストーズ サウンドの要となる4人の『偉大なるギタリスト』の特徴的な音色に注目して、改めて、その魅力に触れていきましょう!


一人目はキース・リチャーズ
ロックシーンに残る名曲中の名曲、そして最高のイントロですよね
キース・リチャーズによるギター・リフが印象に残る名曲から

🎵Jumpin' Jack Flash / The Rolling Stones

「キースは超絶テクニックのギタリストというよりも、曲の大きなフックとなる特徴的なリフを生み出すギタリストというイメージ。因みに、キースと言えば、タバコを吸いながらギターを弾く姿が印象的なんですが…なんと!遂に!去年秋から禁煙を始めたそうです。ミックジャガーが身体をこわした事をキッカケに、いつまでも音楽をやり続けるためにはタバコを止めなきゃ、と決意したそうですよ
「健康第一ですからね~

「カッコイイですね~。ミックの声も若いし。この曲とか、意外と10代の頃、カバーとかさせてもらった。なんか、ちょっと、ロックで締めたりするんですよね、アイドルのコンサートって、意外に最後。そういう時にね、曲を使わせて頂いたりしたな~と、今、思い出した
「思い出の1曲ですね、吾郎店長にとっても

2
人目は、ロン・ウッド
1995
年リリースのライブ・アルバム『ストリップド』から
🎵Love In Vain / The Rolling Stones

「印象的なのは、スライドギターですね。渋いです。後半、ブルースハープが入ってきて、またそこもカッコいいですね。メンバーの中では一番若くて社交的なイメージもあります。画家としても、個展も、多才な方です。

3
人目は初代リーダー、ブライアン・ジョーンズ(1969年に逝去)
ブライアン・ジョーンズのマルチな才能を感じられる、1966年リリースのシタールを取り入れた大ヒット曲
🎵Paint It, Black / The Rolling Stones

「カッコイイですね~。ライブ、思い出しますね。4年ぐらい前に行きました
(2014年東京ドームかな?)

4
人目はミック・テイラー
吾郎店長オススメのストーンズ・ナンバー
1974年リリースのアルバム『IT’S ONLY ROCK’N ROLL』から
ミック・テイラーのギターソロが光る1曲

🎵Time Waits for No One / The Rolling Stones

「シングルカットもされないでライブでも演奏されない隠れた名曲。この“時は待ってくれない”の歌詞もすごい好きですし、メロディも大好きですね。そして、面白いんですが、曲の後半に延々とギターソロが続くんですね。ミックテイラーのギターソロが結構僕も好きなので。そこにも注目してお聴きください。6分半以上ある長い曲なので出来る限りたっぷりと

偉大なる4人のギタリスト、いかがでしたか?
「いや~面白いですね。それぞれが魅力的ですし、個性もありますし。Time Waits for No One、こんなにかけてくれると嬉しいです。


リスナーからのメッセージ
📩毎晩家族でウォーキング。半袖から長袖に。
「そうなんですよ。もうね、涼しくなってきたから、雪駄が履けなくなってきました。でも、頑張ります。今、注文してる最中なんです、新しい、雪駄職人の方に。雪駄塾の塾長っているんです。今、作ってる最中なんですよ。
「でも、裸足だと寒いですよね
「いや、冬、履きますよ。ま、靴下に雪駄をはいてもいいですし。靴下じゃない、足袋か。
(笑)

📩秋…コスモスや彼岸花、メジロ
「今日、朝、散歩してたら、ヒンヤリしてたんで。これは、もう秋だな~と。にもかかわらず、家ね~、紫陽花があるんですよ、切り花なんですけど。今週のアレンジメントが紫陽花で送られてきたんで。まだあるんだな~って。


ここで1曲
ポラリスのオオヤ・ユウスケさんがオススメしてくれたアーティスト、「ビビオ」から1曲
🎵Sleep On The Wing / Bibio


続いては、
シンガーソングライター山根万理奈さん、今月、配信された新曲
🎵まどろみ / 山根万理奈


ENTERTAINMENT MAP 
本日のお客様は、草彅剛さん

「いらっしゃいませ~TheTradへようこそ。お待ちしておりました
「どうも~。ここが噂のトラッドショップですね。
 トラッドショップ…笑
「トラッドショップではない、レコードショップだよ
「かの有名な吾郎店長と吉田さん。来たかったんですよ~この店
「ありがとうございます~今日から何でも屋さんにしようよ。
吉「なんでも売ってそうな感じですね
(爆笑)

最初からテンション高い~~
昨年大晦日に香取慎吾くんがご来店、今日は草彅剛くん


「ようやく来てくれましたね~
草「いや、ホントに足を運びたかったんですよ。なんかね~車で移動してる時とか、聴くことが多くて。なんか、呼び寄せるのかね~どっかで聞き覚えのある声だ、と、吾郎さん、大体。でもね、自分で聴こうと思ってないんだけど、流れてるの

店長っぷりはどう?
「やっぱり、吾郎さんて、上手いよね、人をおもてなしするのがね。お・も・て・な・しwww
「ふざけてますね~真面目にやってくださいww 今日も、じゃぁ、おもてなししますよ

主演映画『ミッドナイトスワン』
故郷を離れ、東京新宿で、身体と心の葛藤をかかえ生きるトランスジェンダーの凪沙。ある日、育児放棄されていた少女・一果を養育費目当てで預かることに。出会った当初は心を通わせることができなかった2人でしたが、とある出来事がキッカケで、これまでになかった感情がお互いの心に芽生えはじめるようになります。母になりたかった凪沙と、バレリーナになりたいという夢に出会った一果。変化していく2人の関係と、様々な人との関わりを描いたヒューマンストーリーとなっています。
Midnight-swan_20201003143801
「今日、取り巻き、少ないね
「そうなんですよ。一人しかいないんですけどね。この映画、公開になったばかりというのにww
「中島美嘉さん、5人ぐらいいたもんね
吉「安心して任せていらっしゃると思いますよ(フォローしてくれてる)

ホントに素晴らしかった
「公開になって、僕も観させていただきました。ホントに素晴らしかった
「吾郎さんからも…ななにーでもね、内田監督と対談していただいて
「そうですね。対談もさせていただいて

映画の反響は
「どう?今、いろんなリアクション、もらってるでしょ?
「ホントに、吾郎さんも含め、慎吾ちゃんも含め、すごい褒めてもらって…。長年いるとさ~ホントに良かった時と大したこと無かった時と分かるんですけど。
「分かるよね
「今回は、ホントに、心底良いなと思ってくれてるのが凄い伝わってくるので。だから、僕も照れくさくてね、吾郎さんに褒められたらね、『あ、そう』って、返しちゃったんだけど
「そう、すごい冷たかったよ
実は、めちゃくちゃ嬉しくて
「ほんとう?
「なんかさ~褒められると照れくさいじゃない。
「それはあるよね
「でも、素直に受け止めようと思って
「香取くんなんか、すごい…これを観て俳優を辞めようかと思ったぐらい、って。ね~それくらい衝撃というか。僕らに影響を与えてくれたんですけど。
「ありがとうございます

トランスジェンダーの役
あえて、作りこまないようにされたという事なんですけれども。
「脚本を読んだ時に、すごく溢れ出るものがあって。実際、読みながら涙してしまって。読み終えた後、難しい役だと思ったんですけど、なんか、それよりも、この作品に係わりたいみたいな気持ちが強くて。その気持ちが、役を作っていったというか、直感で、あんまりやり過ぎちゃうとクサくなっちゃうなと思ったんですよ。
「そっか。まず、形から入っちゃうよね、どうしても。喋り方、どうしようとか。
「研究しないとホントはいけないだろうけど、なんか、やり過ぎちゃうとクサくなっちゃうと思って、極力、何もしないような事を意識して。そうする内に、現場にもトランスジェンダーの方、多かったので、自然と、なんかホントに…。だから、自分でもどういう風にやったか分からない、っていうか、ホントに、あの時だからできた役だな~と思ってます

女性を演じること
「結構、草彅くんは、昔、コントとかやってても、僕とか香取くんとかは女性の役とか、ま~コントだけど、やってたりしたんだけど。なんか、『意外と俺、そういうの苦手なんだよ』つって、『慎吾とか吾郎さんはやるけど、女装とかあんまり得意じゃない』って言ってたの覚えてて。特に、女性を演じるとか…コントとは違うけど、最初は結構いろんな葛藤はあったのかな~って、僕はそんな事を思いながら観ちゃったんだけど
「そうだね~、そこも、もしかしたら、どっか、自分の中で吹っ切れて、そしたら新しい扉が開いたのかもしれない
そうだよね~これだけ何十年もいて、見た事ない姿ですから、僕なんかでも。表情もそうだし

現場で普通でいられる
吉「以前、真飛さんが番組に来て下さって、『草彅さんは現場では普段通りだった』と仰ってました。それは、敢えて役を作りこまないということですか?
「監督も言ってたよ
「勿論、自分が演じるので、心がけも大切だと思いますけど、やっぱり1人で作るものじゃないじゃないですか。ヘアメイク、衣装、照明も、カメラポジションもあるし
「そうだね。
「だからね、現場で普通で居られるっていう状況は、僕もスタッフの方を信頼してるからだと思うんですね。舞台じゃないから時間もあるし、ダメだったらもう1回できるっていう、どこかに保険というか、そういう安心もあるんだよね
「はいはい。ちょっとフラットな自分がいないと、やれないよね、そんなにず~っと、撮影ってね。常に、オフとオンを切り替えていかないと
いい具合に抜けてるというか、ほわ~ッとした感じで。ホントに難しい役ではあったんですけど、なんかね~ホントに、こう、力を抜いて出来たというか。
「そう、俳優さんって抜いて出来る時が一番だよね。自分で何かしようとしてないのに舞い降りてくる、じゃないけど。で、気付いたら終わってた、みたいな。僕もそういう感覚って、分からなくもない、俳優として。良い時ってそうだよね。
「うん、そう

オンオフの切り替え
吉「それは役柄とか作品との相性?
「相性もあるし。最初に凄く本人も気に入った脚本でのめり込むことも。オンとオフの事、よく言わない?草彅くん、急にスイッチ入るね、とかさ。芝居しててもさ、なんか、どっからスイッチ入ったのかな~って、思う事って
「何だろうね
「不思議だよね。監督も言ってたんだけど、『気付くとセットの中で普通にリラックスしてYouTube見てた』って。
「でも、それは吾郎さんもそうだけどさ~やっぱり、若い時からやってるからね
「そうそう。オンオフね、はっきり
「普通の役者さんじゃないじゃないですか、僕たちって。ステージ、兼ねてて
「そうだね。色んな事やらなきゃいけなかったからね
「それで、なんか、自然にスイッチが切り替わったりするのかな~
切り替え上手だよね、わりかし、自分たちって。だから、周りが心配するよね、『大丈夫?』って
吉「切り替えが上手すぎて
「そうそう。それは、だから、昔の経験に感謝しないといけないというか
「そうだね。黒沢清監督もこないだ#ななにーのゲストに来て下さった時、言ってたもん、『草彅くん、難しいセリフだったから、心配だから楽屋に見に行ったら寝てた』って。
「あっ、そっかそっか。懐かしい。『降霊』という映画の時ですね
吉「昔から積み重ねてきた訓練で、出来上がったものかもしれないですね
「そんな僕から見ても、彼のオンとオフの切り替えって、凄いと思っちゃうから
「いやいや、吾郎さんだってすごいじゃないですか。ベートーヴェンですよ。吾郎ベートーヴェンですよ!
「(笑)あれ、ちょっとバカにしてる?
「してない
(
爆笑)

一果役の服部樹咲さん
「お母さんがね~吾郎さんと同い年なの。だから、僕とも同じ。だから、ホントに不思議な話、
「自分の子供でもおかしくない
「そう、だから、親近感がわいちゃって。それで、この映画って、顔合わせとか無くて。で、殆ど順撮りなんですよ。だから、会った所がリアルに会った時で。だからね~彼女がどんどん、演技未経験だったんですけど、ワンシーンワンシーン撮るごとに、すごい成長していくわけ。
「そうなんだ
「そう、ビックリするわけ。なんかもう、吸収力っていうか。それに驚いちゃって。それも僕の中で良い反応が出てると思うんだよね
「なるほどね。逆に、引っ張ってくれるよね。そういう新鮮なものって
「そうなんですよ
「そうなんだ。でも、実際にホントに成長していくっていうか
吉「映画を観てる側も成長を感じられるので
「そう、感じる。彼女のドキュメンタリーを観てるような感じも。そこがすごく生々しいというかね~リアリティが。
「たくさん褒めていただいて、ありがとうございます(笑)

映画「ミッドナイトスワン」のメインテーマをお届け
🎵Midnight Swan / 渋谷慶一郎

「や~僕、好きなんですよ。渋谷慶一郎さん、ステキ。僕ら、パリで会ってるんだよね。慎吾ちゃんの個展で、実はね、会ってて。いつかお仕事したいなと。僕も、音楽、大好きでファンなんですけど
「吾郎さん、好きそうですね、やっぱりね。渋谷さんの世界観ね。
「そうそう。大好きなんですよね

剛くんとの音楽トーク
🎸ギター持参してます
「ありがとうございます。弾く機会があんま無いんでね~。
ポロロ~ン
「良い音でしょう~(ドヤ)ギター好きなんですよ、僕は。でも、Fが押さえられないんですよ
「まだ押さえられないの?
(笑)
「発表会やってから時間も経ってるから、更に上達したでしょ
「あのね~去年、発表会やらせていただいて。実は、その時、曲は自分で書いて歌ったんですけど。今年とか、やりたいと思うんですけど。中々ね~曲が舞い降りてこなくて、書けないんですよ、最近ね。スランプなんですよ~。
「あら、スランプ…ちょっと、ミュージシャンらしいコメントでございますね~w

「ギターやり始めてね~10曲は誰でも作れるらしいんですよ。
「でも、最初の頃、すごい作ってた。だって、『吾郎さんの曲』とか作ってくれたでしょ。
「そう、『ヒステリックゴロチ』っていう
「『ヒステリックゴロチ』、ちょっと聴かせて
(『ゴロウデラックス』にゲスト出演した時に初披露でしたね。で、久々に聴ける?と期待したら…)
🎸ヒ~ステリック…あ、もう忘れちゃったww
(ちょっと忘れちゃったようですww)
「じゃ、最近、作った曲を
(え⁈やっぱりマイペースなツヨポンww)

草彅さんの生演奏🎸
🎵俺の歌がきこえてくるぜ / 草彅剛

イェーイ
「ホントはね2番もあるの。吾郎さんも出てくるんだよ~
(爆笑)

♪飽きずに聞いてよ、慎吾ちゃん
ワインを片手に、吾郎さん
なかまのみんなと歌おう


「今、アドリブでしょ⁈ワインがどうのこうのって。思い付きでしょ
「違うよ。最近、作れなかったから、俺の歌がどこに行ったんだ、と思って、それで出てきたの。だから、2番もあるし、大サビもあるんだから
「大サビはBayFMでお願いしますww
(爆笑)

ギターが上手くなったね
「でも、ギター、めちゃくちゃ上手くなったね。すごくない、カッティング
「あ、そう~。結構、緊張しちゃうから。部屋で弾いてるのと違うから
「いやいや、だって、メリハリが
「ホント?
「全く緊張してるような風には。やりたい放題な感じだったけどねww
2番も大サビまで歌ってやろうかと思ったんだけど、心折れて、やっぱ1番だけにしようと思って
「イエーイって終わらせちゃった?タイミング間違えた?
「いや、間違ってない。助かりました
(笑)
「でもさ、歌もすごい上手に…上手って言っちゃ失礼だけど。だって、あんなファルセットなんて今までやってないじゃん。しかも、3人で歌ってる時と、又違う声なんだよね。自分のキーで作ってるっていうのもあると思うんだけど。良い良い!凄く
「ありがとうございます。こんな歌を聴いて頂いて
「ね~じゃぁ、大サビの方は、BayFMで
(爆笑)

吉「毎日、練習されてるんですか?
「やっぱ好きなので、練習するっていうか、さわるっていうか
「それをいつもクルミちゃんが見てるんです
「そう、聞いてくれてるんです

吉「吾郎店長も、ギター始められると、先生ばっかさがして
「もう自信なくしちゃった。今の見てたら
「そんなことないですよ、吾郎さんはギターの師匠ですから
「いや、そんなことないですよ。なんか、久々にやりたいな、って話を。この番組、こうやってギター弾いてくれる方が多いんですよ。ミュージシャンの方が来てくれるんで。そのたんびにやりたくなるよね、見てるとね。そう、だから、いつか、草彅くんと共演とかで、ギター、できればいいなと。僕も頑張りたいなと
2人でね。
吉「俺らの歌を作って下さい


草彅さんのセレクトソングをお届け
🎵僕の踵はなかなか減らない / 斉藤和義


リスナーからのメッセージ
📩ツヨポン、今日の気分をギターで
🎸今から歌にしたいこと
それは吾郎ぉ~~
今から行きたいとこ~~
それも吾郎ぉ~~

(爆笑)

吉「吾郎さんへのね愛に溢れてる気分だという事でよろしいでしょうか
「そういうことです
「即興、すごいね

TRAD
のテーマソングを
「おっ、又やってくれるの

🎸僕らはまだ道の途中さ
どこにいくのかは分かってないのさ
だから時にはケンカして
笑いあって
一歩ずつ進もう


「良いでしょ、これ
「曲は良いんですけど
「これはね、最近ちょっと作ってるサビなの
「だから、曲は良い
TRADじゃないの。『道』っていうタイトルで、ちょっと作ってる歌なんですよ
「これをTRADのテーマソングにしていただけるんですか?
「いや、ダメです。
「この曲、ちゃんと完成してブラッシュアップしてこの番組のテーマソングにさせて下さい
「いやいや、曲、できないんで。自分のストックがまだ欲しいんですよ。じゃないと発表会できないんですよ
「そっか、舞い降りてきてないんだもんね
吉「ただ、いまのは吾郎店長とハマ副店長と吉田店員が揉めてるみたいな、道に迷ってる感じのテーマソングになっちゃうので

ここでいきなり、
いつもの🎸♪ユーチューバー草なぎ~チャンネル登録よろしくね♪
「番宣も忘れませんね
「何か出てくるかと思ったら、出てこなかった
(爆笑)

本日の「THE TRAD」お客様は、草彅剛さん
終始笑いの絶えない楽し気な雰囲気でした
前半は主演映画「ミッドナイトスワン」のお話を、
後半は草彅さんのギター演奏を披露
ビストロジョーの『ハニージンジャーソテー』
絶賛上映中の草彅さん主演映画の「ミッドナイトスワン」今日の放送で観てみようかなと思った方は是非!映画館で!


吉「そろそろクローズのお時間ですが、もしよかったら、吾郎店長、エンディング…
「勿論勿論、このまま…何も言わなかったらこのままいますから、大丈夫ですよ
「いいですか?ありがとうございます

Ending
草彅さん、本日はありがとうございました
「ありがとうございます。今、ラジオをお聴きの皆さん、『ミッドナイトスワン』大ヒット上映中なので、今日夕方から何もご予定のない方は劇場に足を運んで下さい。こういうのも縁なんでね、聴いてる方、たくさんいると思うので、是非とも、劇場にレッツラゴー
(笑)
「まさかの、レッツラゴー(笑)

リスナーからのメッセージ
📩草彅さんが今一番やりたい事は?
「吾郎さんのうなじの毛をつまみたいですね。チロリンていうとこね
「クセっ毛、ブローしても、やっぱり、うなじのクセっ毛は隠せない。髪の毛ネタでございました

📩体調を崩さないためにやっていることは?
「やっぱ睡眠ですかね。あと、運動。家の中でYouTube見てやってる。ランニングとかも勿論いいんですけど、110分とか20分、毎日やるのが日課というか。それが良い健康管理に繋がってます。どんなに忙しくても10分とか20分やると。継続は力なり
「そうだね。毎日ちょっとずつの方がね

それでは~『ミッドナイトスワン』よろしく~
レッツラゴー
又明日~~


« 9月度~TV、ラジオ、雑誌など (随時更新) | トップページ | フォトエッセイ『Blume』9/18発売 (随時更新) »

The Trad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月度~TV、ラジオ、雑誌など (随時更新) | トップページ | フォトエッセイ『Blume』9/18発売 (随時更新) »