2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 【THE TRAD】2020.08.03 #86 ゲスト:MORISAKI WIN | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2020.08.05 #188 »

2020年8月 9日 (日)

【THE TRAD】2020.08.04 #87 ゲスト:なし

THE TRAD #87
2020
年8月4日
TOKYOFM 20200804
THETRAD 稲垣吾郎 ラジオ レポ
20200804s__40591362
<本日のメニュー>
①【PLAY the SUMMER 1970-2020】
 70~80年代のAORサウンドを特集

②【PLAY the SUMMER 1970-2020】
メッセージ&リクエスト『夏に聴きたい曲、あの夏を思い出す曲

OAリスト
M1 HELLO / Official 髭男dism
M2 Baby Come Back /  PLAYER
M3 What A Fool Believes / Dobbie Brothers
M4 Sailing / Christopher Cross
M5 Should We Carry On / AIRPLAY
M6 ジャマイカ・センチメンタル / BOBBY CALDWELL
M7 サマーヌード / 真心ブラザーズ
M7 Break Free feat. Zedd / Ariana Grande
M8 Morning Sun / Incognito
M9 青い車 / スピッツ
M10 I Feel For You / Chaka Khan
M11 あの夏の花火 / DREAMS COME TRUE
M12 All over the world / AMAZULU

~~~~~~~~~~
<オープニング>
(ナレーション)
ここは東京の片隅にひっそりと佇む小さなレコードショップ。店の名前は『TheTrad』。2時間だけオープンするこの店には、毎日、上質な音楽が入荷しています。さ~そろそろ、ドアが開くようです。

(
こ芝居)
「吉田くん、お疲れさま
「吾郎店長、お疲れさまです。今日もリモートで宜しくお願いします。早速で申し訳ないんですが、明日リリースの新曲がもうすぐ届くそうなんです。届いたらお店に並べておいてもらっていいですか?一番目立つ所にお願いしますね。
「あぁ~しょうがないなぁ。一番目に付く所ね。やっぱ、入口のとこかな?
「そうですね。あと、“O”の所にも並べておいてくださいね。あっ、あと、お店の中でもちゃんと流してくださいね。お店で流すと一番売れるんですよ。今、かけてる曲、誰ですか?って。お願いしますね
「あ、なんか、注文が多いね~。まぁいいや。(あたふた)これもね、又売れそうだよね~。これ、サビのところが好きだな~。なんか、クセになるな~。じゃぁ、今日もね、大音量でかけちゃおうかな。“O”と言えば、Official髭男dismで『HELLO』

オープニングナンバー
明日リリースの爽やかなナンバー
🎵HELLO / Official 髭男dism

「夏、いよいよ本番ですね~
「そうですね~急に暑くなった感じですね~
「ね~暑くても僕はまだ長袖を着てるんですけれども。今、リモートでね、吉田さんの姿が見れるんですけど。吉田さんは、なんか、ネイビーブルーのタンクトップですか?
「ワンピースなんですけど。部屋着で申し訳ないです
「上しか見えてないから、ランニング着てるのかと思ったw
「いや、そんなにアクティブじゃないですよ
「夏で…マスク着用っていうのもね~皆さん、苦しいと思いますけれども
「苦しいですよね~

吾郎店長の夏の思い出
「ね~良い夏の思い出を今年も作りたいですね
「そうですね~吾郎店長の夏の思い出は
「思い出?思い出は…そうだな~、まぁでも、夏っていうと結構ライブをずっとやってたので。暑い中、野外でのライブとかも多かったから
「夏だと、ちょっと気持ちも変わるんじゃないですか
「夜は気持ち良いけど、リハーサルが凄い、ステージがリノリウムだから。リノリウム、分かる?
「リノリウムって何ですか?
「ステージの床の素材のこと。ちょっとゴムっぽい。あれが、もう灼けて溶けそうになってきてるの。
「あぁ~熱を吸収しちゃうんですね
「そう、そんな中でね、目玉焼きができるんじゃないかって熱いステージで、夏場にリハーサルしてて。夜になって涼しくなってきてね、少し気持ち良い中で、ね、ペンライトの渦の中、ライブやってたっていう、思い出しますけれども。又、いつかね、ライブ、やりたいですね~夏に
「そうですね~。そんな思い出を音楽を聴くと、ライブもそうですけれども、ライブの時に聴いた音楽など聴くと、一気に思い出すってことありますよね
「あるよね。瞬間に戻されるよね

8月は、そんな音楽を存分に楽しむ新しいキャンペーンが始まりました。題して、『
PLAY the SUMMER 1970-2020』あなたのお気に入りのサマーソングをエピソードを添えてリクエストして下さい。採用された方にはTOKYOFM特製の扇子をプレゼント。

「や~もう、めちゃくちゃ、センスの良い扇子だよね!」
「えっ吾郎店長!おやじギャグですか~夏バテですか!?どひゃ~ってしてますよ、スタッフも」
www
「いや、吉田さんがどう返してくれるのか、ちょっとそれによって
「ちょっと返してないな…反省
「すごいですよ、吉田さんは
「いや、センスの扇子で、って言える吾郎店長が凄いですよ。なんだ、この褒め合いはw

「これ、でも、お洒落だね。2色あって。一つは大人っぽい黒で、もう一つは涼し気な白をベースとした扇子なんですけれども。これ、僕も吉田さんも使ってますもんね、今ね。聞こえるかな~パタパタ
パタパタ~ww

(小芝居はまだまだ続く)
「吾郎店長、お店の掃除まで頼んじゃってすみません~。あれ?いつもの後ろ姿と印象が違うな~もしかして、肩パッド入ってませんか?
「あれ、分かった?今年ね~流行ってるんだよね。
「そしてね~今日はモノトーンなんですね~。ホントにお洒落ですよね。
「そうそうそう、これはね~カラス族なんて言ってね、黒だけの服を重ね着していって、因みに今日のポイントは下に穿いているジョッパーズパンツかな。良いでしょ
「今日は、なんだか更に気合が入ってますね~
「そりゃそうだよ。だって、今日はさ、この後カフェバーに行ってプールバーにも行ってね。週末には原宿のホコ天で竹の子族を踊って。や~今週も忙しくなるぜ~
「いやいやいや、原宿の歩行者天国って、もうやってないですよね~。原宿駅も、もう建て替えられたんですよ。
「えっ!!そうなの?じゃぁ、交差点にあった梅宮辰夫さんの漬物ショップは?ほら、等身大の人形があったじゃない。
「や、ちょっと、その漬物ショップ、私知らないんですけれども。それって、ひょっとして東急プラザがある所ですかね~
「え、うそ!僕の思い出は原宿に何も残ってないの?
「吾郎店長、もしかしたら大きなショックがあって、そこから時が止まっちゃったのかな~。ここはなんとか店長の傷をいやしてあげなきゃ。うん。吾郎店長、ありますよ。1977年にできたマリオンクレープ。クレープを食べたら色々思い出すかもしれませんよ
「あ~クレープ、食べたな~竹下通りで。あそこで女の子と大喧嘩して別れたんだよな。彼女とヨリを戻せたらな~。
「それかーー
チャンチャンww


PLAY the SUMMER 1970-2020
今日は、元祖シティポップ
1970
年代~80年代を彩ったAORサウンドから、夏にピッタリの曲を集めておおくりします

♪Baby Come Back /  PLAYER
♪What A Fool Believes / Dobbie Brothers
♪Sailing / Christopher Cross
♪Should We Carry On / AIRPLAY
♪ジャマイカ・センチメンタル / BOBBY CALDWELL


77年の全米ナンバーワンを獲得した1曲!
🎵Baby Come Back /  PLAYER

「男性のハイトーンヴォイスのコーラスも非常に心地いいですね~

1978年のアルバム『Minute by Minute』から
🎵What A Fool Believes / Dobbie Brothers

「や~声が高いね~。マイケルマクドナルド、爽やかですね~。彼の加入によってAORテイストがより色濃くなったと言われています。シングルカットされてチャートでも1位を獲得。グラミーでも最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞を受賞。歌詞は、女性に振られて未練ありまくりの女々しい、ちょっと愚か者の歌なんですけれども。結構、AORって、女々しい曲が多いみたいですね。音はすごく爽やかなんだけどね。爽やかでね~今幸せ絶頂期みたいな、これから恋が芽生えるみたいな感じのサウンドなのに、歌詞は女々しい。

1978
年のトレンド
池袋の超高層ビル「サンシャイン60」が開館。ディスコブーム、サーフィンファッション、竹の子族、ハマトラ、インベーダーゲーム。

「僕なんか、池袋が近かったので『サンシャイン60』が開館して、みんな、行きたい!ってなってましたから、当時。で、連れてってもらいましたね。ただ、59階までしか行けなかったの。混んでて行かしてくれなかったの。「お父さん、60階まで行きたいよ、行きたいよ~お父さん!」て。でも、「高さ、大体こんなもんだよ」って言われたの、覚えてるけど。

1979年のAORサウンド
🎵Sailing / Christopher Cross

ビルボードチャート1位。グラミー賞・最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞など5部門獲得。当時の快挙。

79年のトレンド
ウォークマン、パソコン、うまい棒、パイの実、萩の月などが発売。デザイナーズジーンズ、肩パッド。突っ張りファッションからサーファーファッションへ。音楽はソウル系やAOR系が主流に。

ウォークマンが出て初めて買ってもらった事は覚えてる。スゲー変な色だったの。エメラルドグリーンだったの。
「素敵じゃないですか
「でも、それ以来、エメラルドグリーン、好きになったけど。当時、男の子でさ~…なんか、エメラルドグリーンじゃないじゃん。でも、覚えてるな~すごく大切に使って、カセットを聴いてたのは。

1980年、AORのバイブルとも言われるアルバム『ロマンティック』から
🎵Should We Carry On / AIRPLAY

アルバムはこの1枚だけでライブも行われなかった、伝説のユニット。


1982年のアルバム『シー・サイド・センチメンタル』 
🎵ジャマイカ・センチメンタル / BOBBY CALDWELL

前年に亡くなったボブマーリンに捧げた曲。

82
年のトレンド
CD
プレイヤー、テレフォンカード、「笑っていいとも」放送開始、「ET」大ヒット、ドラマ「積み木崩し」、雑誌「オリーブ」創刊。

「なんか覚えてますよ。もうちょっとしたぐらいかな、男性ファッション誌もどんどん出てきて。『DCブランド』って書いてあって、いつか大人になって自分で買えるようになったら、そういう洋服を着てみたいな~ってね~小学生ながらに思ってた記憶がありますけれども。父親がすごくファッションが好きだったので、家に雑誌があって。僕も見てたんですけど。
「それで、吾郎さん、お洒落さんなんですね。お父様譲りで。
「ありがとうございます。いやいやいや、もうそんな、紺色のタンクトップの吉田さんにはw
「タンクトップって言わないで。キャミソールワンピって言ってください
「はい、すいません
wwww

いかがでしたか?
「AORって、ホントにその時代に聴いてきたものではないんですけれども。90年代ぐらいに大人の人たちに薦められたんですよ。その頃は若者はAOR、聴いてなかったから、もう。ヒップホップとかR&Bとか出てきてて。でも、すごく薦められてアルバムは持ってたんだけど、今この年齢になって、又、聴きたいなって風に思ってきて。心地良いなって思ってきたので。この後も、AOR続いていきますからね、その辺も今度深掘りしていきたいですね。


リスナーからのメッセージ
📩セミが飛び込んできて弱弱しく泣いてます、怖い
「分かる。僕も怖いから。
「あ、セミ、怖いですか?
「大体、昆虫、全部、怖い。カブトムシは頑張って掴んだけど、去年、番組で。
「ハマさんもセミが苦手みたいで。TRADの店内にもしセミが入ってきたら吉田店員の出番ですか?
「出番だね。逃げるね、真っ先に。
www

「ホントだよね。夏日をこえて真夏日だもんね。ホントに、皆さん、ねっちゅうちょうwwねっちゅうちょうって言っちゃった
「可愛い~
「ねっちゅうちょう対策してね、
ww
吉「ねっちゅうちょうにね、引き続き気を付けて下さい


PLAY the SUMMER 1970-2020
夏に聴きたい曲、あの夏を思い出す曲」リクエスト!

♪サマーヌード / 真心ブラザーズ
♪Break Free feat. Zedd / Ariana Grande
♪Morning Sun / Incognito
♪青い車 / スピッツ
♪I Feel For You / Chaka Khan
♪あの夏の花火 / DREAMS COME TRUE
♪All over the world / AMAZULU


📩RN:きのこっくすさんのリクエスト
🎵サマーヌード / 真心ブラザーズ

📩RN:ももさんのリクエスト
🎵Break Free feat. Zedd / Ariana Grande

「夏フェス…去年、氣志團万博に出させて頂いたんですが、今年はリモートになるっていうね、『開催地はお前んち』って書いてあって。最高だよね。又いつか、僕らも夏フェスに出たいな
「大音量で聴くと…これ、不思議なもんで、僕らもドームコンサートとかやってきて、ステージ上から感じるお客さんのパワーとか熱気みたいなものと、逆にね、お客さんでドームに行った時に客席で感じるものと、又違うんだよね。当時、後輩だったKAT-TUNのコンサートに行ったことがあったんだけど。知り合いの娘とかがファンで連れてったけど。あんなに、東京ドームって、客席、揺れるんだ!って。
「揺れます
「ちょっと、ステージと感覚違うんだよね。同じパワー感じても
「ステージからのパワーっていうのは、どう頑張っても、感じることはできないので。どちらも知ってるっていうのは凄いなと思います。

📩RN:ベンチュラさんのリクエスト
🎵Morning Sun / Incognito

「歌詞がとても前向きにさせてくれます」って仰ってますけど。アシッドジャズを聴いてて、歌詞に注目した事って僕も今までなかったんですけど。これ、素敵な歌詞なんですよね。

“みんな朝日と同じなの
時とともに全ては変化するもの
悩みや心配事は消えてしまう
あなたも私も誰だって そう
みんな朝日と同じなの”

確かに歌詞に注目してこなかったから。ありがとうございます。


吾郎店長にとって思い出の夏は?
初めて映画に出演したのが、高校2年生だったんですけど。17歳。夏だったんですよね~。大映のスタジオまで一人で、合宿所から通った記憶が。当時、マネージャーさんもいなかったので。その時よく、氷室京介さんの曲を聴いてたんですよね。ボウイが解散されてソロになって。『DEAR ALGERNON』ね、『アルジャーノンに花束を』に感銘を受けて氷室さんが書いた曲とかを好きで聴いてた思い出が。17歳の夏かな

(初めての映画…『さらば愛しのやくざ』1990年公開。かなり大変な役でしたね~凄かったです。DVDが出てますので、是非ご覧になって下さい。)

📩RN:さえさんからのリクエスト
🎵青い車 / スピッツ

「青い車というとルノーが思い浮かびますけれども。良いですね~ドライブ行きたいですね~。こないだ僕は…江之浦の写真家の杉本博司さんの測候所が江之浦にあるんですね。1回特集したじゃないですか。そう、普通に行けるもんだと思って、車でね行ったんですけれども。2日前に予約しないと入れない…調べて行けよ!って。ただ、あの辺の駿河湾の、それこそ青い海がすごく綺麗で、良いドライブコースでしたね。
「測候所に行けなくても、景色を見られただけでも気持ちがねリフレッシュできますよね
ね~、ちょっと入れてくれない?測候所。。。
「どなたに頼んでるんでしょうか?
www
「まぁでもね、2日前に予約してね、いつか行きたいと思います

📩RN:ゆうこどんさんからのリクエスト
🎵I Feel For You / Chaka Khan

「作詞作曲がプリンスなんですね。やっぱ、よく聴くと、プリンスっていう感じはしますね。プリンスの曲もよく昔、カバーさせて頂いたこともあったので、なんか懐かしいな~。
「昔初めてニューヨークに子供の頃に行った時に、すっごい部屋に泊まらせてもらったんですよ。事務所に。そこ、プリンスがいつも泊まる定宿だって。僕ら10人ぐらいで泊まってたんですけど。プリンスさんはそこの部屋にステージのようなものを作ってリハーサルしてたって。
「それぐらい大きな部屋だったんですね
「そう、それをいつも思い出す

「わ~でも、10人で泊まったら、なんか、枕投げ大会とか始まりそう
「あ~よくやったな~枕投げ大会。僕、ヤンチャだから…って、やるわけないじゃん、僕
www

📩RN:ブルーキャットさんからのリクエスト
🎵あの夏の花火 / DREAMS COME TRUE

「この前、東京で8時くらいから花火が…なんか期待しちゃって、ベランダ出てキョロキョロ見てたんだけど、特に渋谷区からは何も見えなかった
「家も玉川であがってたみたいで、見られなかったんですけど音だけ聞こえました
「予告しないからね、今、勿論。密を避けるために。
「又、どっかで上がってくれると嬉しいですね。僕は、熱海の花火大会が好きで何回か行った事がありますけど。意外といいんだよね。意外と見やすかったですよ。新幹線だと近いですから。おススメでございます

「花火大会、早くやってほしいよね。まぁまぁ、しょうがないか。勿論、線香花火とか小さい花火も情緒があって僕は大好きなんですけれども、やっぱり、あの花火大会の何が良いって、音だよね。ドーン!と 胸に響く音が。いつかの日の為にとっておきましょう。

📩RN:アカネコさんからのリクエスト
🎵All over the world / AMAZULU


「ちょっとこれは、存じ上げないので
「私もです

「良いですね~。中々、レゲエとかサルサってあんまり聴かないんですけど。
「私もあんまり聴かないけど、夏にピッタリですね
「唯一…唯一と言ってもアレなんですけど、セルジュ・ゲンスブールが、なんかね、レゲエを歌ってるのがあるんですよ。『フライ・トゥ・ジャマイカ』、レコーディングもジャマイカで行われた作品なんですけれども。これもすごく好きですね。勿論、コテコテのレゲエではない、セルジュが歌ってるので。おススメです


Ending
メッセージを紹介しようとした所、マンボウさんと繋がってたようで

「マンボウやしろさ~ん
マンボウさんのお昼はカレー、がっつり食べてきたそうです
「この後もいつも聴いてますよ。僕ね、聴いてる時年下の気分になるの
「なんでですか~
「だって、兄貴って感じで色々助言してくれるじゃん
「それはアレですか、なんか、大相撲見てて自分より年上に見える感覚に近いとか
「高校野球の選手とかもね
www
「この後も頑張ってくださ~い。聴いてますよ~

「ホントに、この暑さは気を付けないとね。40度ぐらいいっちゃうんじゃないかっていう。ね~ホントに熱中症…(言い直してw)ねっちゅうちょうね。ねっちゅうちょう対策
「ねっちゅうちょう、ね、お茶目な吾郎さんが又でましたよ
「「気を付けてお過ごしくださ~い

さよなら~~

« 【THE TRAD】2020.08.03 #86 ゲスト:MORISAKI WIN | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2020.08.05 #188 »

The Trad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 【THE TRAD】2020.08.03 #86 ゲスト:MORISAKI WIN | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2020.08.05 #188 »