2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 編集長 稲垣吾郎 2020.07.15 #185 | トップページ | 【THE TRAD】2020.02.10 #35 ゲスト:三島有紀子(映画監督) »

2020年7月24日 (金)

【THE TRAD】2020.07.20 #82 ゲスト:猪居亜美

THE TRAD #82
2020
年7月20日
TOKYOFM 20200720
THETRAD 稲垣吾郎 ラジオ レポ
2020072034f63cbc366d4f43b222e173ddfb50ff

<本日のメニュー>
①メッセージテーマ『今年の夏計画
②<TODAY’S MUSIC RECOMMEND>
 「スティールパン」特集

③<VOICE to VOICE ~明日へ~>
 『この歌詞を聴け!』
④<ENTERTAINMENT MAP>
  猪居亜美(クラシックギタリスト)

OAリスト
M1 Story of My Life / One Direction

M2 I Want You Back / The Esso Trinidad Steel Band
M3 Steelband Music / Van Dyke Parks
M4 泰安洋行 / 細野晴臣
M5 Beautiful Boy (Darling Boy) / John Lennon
M6 大阪しぐれ / 畠山美由紀
M7 Tubthumping / Chumbawamba
M8 LOUD / SUSHI BOYS
M9 Forever Love(スタジオ生演奏) / 猪居亜美
M10 ショーロス 第1番 / 福田進一
M11 Tango En Skai / 猪居亜美
M12 感電 / 米津玄師


~~~~~~~~~~
<オープニング>
(ナレーション)
ここは東京の片隅にひっそりと佇む小さなレコードショップ。店の名前は『TheTrad』。2時間だけオープンするこの店には、毎日、上質な音楽が入荷しています。さ~そろそろ、ドアが開くようです。

(
こ芝居風)
吾「吉田くん、や、凄いね~
吉「吾郎店長、突然どうしたんですか?
「ほらほら、先週特集したガールズグループ・NiziU、あれから又ね、新しい動画が配信されたり、テレビ番組で特集されたりと、盛り上がってるんですよ
「本格デビューが待ち遠しいですね。そう言えば、NiziUはオーディションから誕生したグループですけど、2010年、イギリスの番組「Xファクター」から生まれたOne Direction、結成10周年を記念して特別サイトやドキュメント映像が公開されるそうです
「もう、結成から10年ですか!それじゃぁ、今日は、ちょっと懐かしいこの曲でオープンしましょう

オープンソング
🎵 Story of My Life / One Direction

フォトエッセイ『Blume』
「吾郎店長~今日、お昼に嬉しいお知らせがありましたね~
「え、ありましたっけ
「ありましたよ~フォトエッセイ『ブルーメ』!
「ありがとうございます
918日に発売ですか
「そうですね。19年ぶり(笑)なんですけど。以前もね~エッセイを出したことがあったんですけれども。今回、ま、ファッション誌『GLOW』の連載<大人男子ライフ>というものがあったんですけど、その連載をまとめたものに更に加筆して単行本化、という事で。未公開カットを含めたフォトエッセイパートや、あとは、色々なインタビューね、これまでの仕事とか、あれやこれや語ったロングインタビューも収録…あれやこれや語った!
「うんうん。あれやこれや…どんな事?
「(笑)語った、ロングインタビューも収録されてます
「ね~これ、4カット、先行公開されてるんですけど。良いですね~洗濯をする吾郎さん
「あ~ありがとうございます
「洗濯ですよね?これ
「そうですよ。そこですか?まぁ~でも、生活感のある、ね、ちょっと一緒に暮らしてるっていうような、ね、読者の方と、そういうイメージで
「は~い。メッセージもたくさん頂いてますよ

リスナーからのメッセージ紹介

「ありがとうございます。そうですね。お花の写真なんかも、新しく又撮り下ろしたりとか、ありますので
「夏の楽しみ、増えましたので。吾郎さんから
「ありがとうございます!一人10冊で、お願い致しますw
「サイン入りを、プレゼントして頂けると
「あ、サイン書けばいいのか。。
「書けばいいのか、って、どういう事ですか?
「10万冊ぐらいサイン書けば…
10万冊、腱鞘炎になりそうですけどw
「ね~でも、楽しんで頂きたいと思ってます
「楽しみにしておりますね

もう一つ、夏と言えば
吉「今日は曇り空ですけれども、蒸し暑いですよね~。今週後半は「海の日」と「スポーツの日」で、4連休という方も多いと思います。お天気もイマイチ、梅雨明けもいつになるか分からず、ムシムシとした1週間になりそうですね~
「そうですね~。吉田さんもクセッ毛だから、ちょっとうねってますね
「(笑)吾郎さんも
「僕は、巻いてるの。わざとウェーブ
「意外ですけれども
www

【TODAY’S MUSIC RECOMMEND】
音楽でお部屋を除湿!
「スティールパン」特集

音楽で除湿をしましょう~という事で、カリブ海に浮かぶ島国トリニダード・トバゴで生まれた打楽器『スティールパン』の音色で、お部屋の湿度をグッと下げたいと思います

吾「良いですね~音楽で除湿!湿度は、やっぱり30%ぐらいがいいかな
「そうですね~40%ぐらいかな~。肌の乾燥のことを考えると
「あ、肌のことを考えると…そうよね~やっぱり、お肌、大切よね~
「ゴロ子…www
「プルプル、大切よね~
www

(ドラえもん風小芝居で)
出演:ゴロえもん(吾郎店長)、のびおくん(吉田店員)

「わ~~ん、ゴロえもん~~ハマジャイアンに「お前、楽器持ってないだろ」って、バカにされたよ~
「おやおや、のびおくん~ん、仕方ないな~
キラ~ン
「空き地にあったドラム缶~
「ドラム缶のどこが楽器なんだよ~
「はっはっは~、このドラム缶の底をね、内側に向かってとにかくハンマーで叩きつけて、カーブを描くまで凹ませたら、音階を作って10㎝弱の高さにカット。スタンドに吊るしてゴムのテープを巻いたスティックで叩けば、ほら、金だらいみたいなスティールパンの出来上がり~~
「わ~ゴロえもん~楽器ができたね~ありがとう。でもさ~これ、空き地にあったって言ってたよね。
「うん。そうだよ~
「ゴロえもん、空き地にあるのは 「ドラム缶」じゃなくて「土管」だよ。
「ドッカーン!
チャンチャン♪
「フゥ…

頑張りました、吾郎店長。スティールパンの作り方が分かったところで、その音色がどんなものなのか、まずは聴いていただきましょう

①トリニダード・トバゴのバンド、
The Esso Trinidad Steel Band
がジャクソン5の名曲カバー

🎵 I Want You Back / The Esso Trinidad Steel Band

この音色、いかがですか?
「や~ちょっとね~さっき、ドラえもんのマネをしたら、体温が上がってたので…丁度いいですね。涼し気な気持ちに
「涼しくなりました?
「はい。のびおくんなのにさ、のび太くんって言っちゃったじゃん。すっごい恥ずかしいんだよね。多分、その恥ずかしい汗なんだよ
「大丈夫ですよ。私も、うわ~んって言う所、ドラえもん風に言っちゃったから
「そう、それで引っ張られたの。だからのび太くんをドラえもん風で言うから、もっとドラえもんを強調しなきゃいけなくなっちゃったんだよ
「公開説教しないでくださいw
「さ、音楽番組ですから…いきましょ
www

スティールパンって何?
1940
年ごろ。カリブ海に浮かぶ島国トリニダードトバゴ。
19世紀の半ば、反逆のキッカケになると、ドラムを叩くことを禁止された人々は身近にあったアルミ缶などを楽器の代わりにしていた。そんな中、ボロボロになったドラム缶を直そうとした時、偶然、叩いた場所で音の響きが違うことに気づいて、そこから改良を重ね現在のスティールパンが完成した。20世紀最後にして最大のアコースティック楽器発明と言われている。1992年にはトリニダードトバゴ政府によって国民楽器として正式に認められた。トリニダードトバゴ独立後しばらくは、珍しい民族楽器としか認知されていなかったが、徐々に世界中のポップスでも使われるようになって、特にこの楽器を広めた人物として有名なのがThe Esso Trinidad Steel Bandのプロデューサー ヴァン・ダイク・パークスです。


吾「禁止されてても音楽を楽しみたいという情熱が消えないで、その熱い思いから楽器が生まれたんですね
「確かに、カリブ海が目に浮かぶような、夏を感じる爽やかな音ですよね
「そうですね。なんか、南国風のレストランとかでもよく聴く。ディズニーとかでもあるでしょ
「ディズニーランドのカリブの海賊とかのレストランとかで流れていたような気がするんですけど
「まぁでもね、この音というと、やっぱり、南国の感じがしますね

ヴァン・ダイク・パークスによる曲も聴いてみましょう
1972
年のリリース、カリプソのサウンドを取り入れたアルバム『Discover America』から

🎵 Steelband Music / Van Dyke Parks

「良いですね~、なんかスティールパンの曲を、この暑い夏に聞こうって、普通はあんまり考えないじゃないですか。だから、こうやって番組で教えてくれると、なんか良いなって。今年、僕も、暑い時もっと聴こうかな~と思って。
「ね~日常で聴けない音ですけれども、良いですね、こうやって改めて聴くと
「なんか、旅してるような気分にもなれますよね~

日本では…
1968
年の夏、トリニダードのスティールバンドが東京サマーランドのプールサイドで公演を行った。あくまでも民族音楽のくくり。その後、1970年代に入って、加藤和彦さん細野晴臣さんがスティールパンを取り入れた曲を発表。ヴァン・ダイク・パークスは細野さんもメンバーだったHAPPY ENDのアルバムに参加していて、そこから細野さんのソロアルバムなどで本格的にスティールパンを導入するようになったそうです。

1976年リリース、細野晴臣のソロ作品「トロピカル三部作」から
スティールパンを叩いているのは、細野さんご本人です

🎵 泰安洋行 / 細野晴臣

1980年に発表された『Double Fantasy』に収録されているこの曲を
当時5歳だった息子、ショーンに捧げた、美しい1曲

🎵 Beautiful Boy (Darling Boy) / John Lennon

吉「スティールパンの音色が優し~く響いております
吾「こうやって聴いてみると、スティールパンの音が重要なポイントとなっているのが分かりますね。すごいよね。世界中の人が、誰が聴いても、心地いいと思える…この周波数というか、音がね

スティールパン特集、いかがでしたか?
「良いですね~。僕、リトルテンポとかも好きだったので、ちょっと今年の夏、湿度が高いので、ちょっとヘビーローテーションで聴いてみようかな

日本でも細野晴臣さん以外にもスティールパンを演奏するミュージシャンはたくさんいらっしゃいます。
日本の歌心とスティールパン、究極のコラボレーション
今年2月にリリースされたトリビュートアルバム『都はるみを好きになった人』から

🎵 大阪しぐれ / 畠山美由紀&リトルテンポ

「いや~これ、演歌にもマッチしてるというのが、凄いですね~。これから注目していきたいですし。去年ね、特集したハンドパンもちょっと興味あるんです。


リスナーからのメッセージを読みながら
お家でプチ縁日
「ほぉ~良いですね~。ベランダカフェとか…やってはいないけど。

隅田川沿いでお茶をしたい
吉「今年は花火大会が中止になっていますから、残念ですが
「家でやりましょう。線香花火。去年の…ダメか、もう。桐箱入りの線香花火があって。花火職人が作っている凄いのがあるんですけど。1年経ったら…湿気ちゃってるかなぁ。ちょっと試してみるね


『この歌詞を聞け!』
今月14日、バンクシーがロンドンの地下鉄の車内に描いた作品をインスタで公開。ネズミがくしゃみをして飛沫が広がってる様子とか、ネズミがマスクをつけている姿など。マスクの着用を促す狙いがあったとみられています。この最新動画のラストに流れているのが、このチャンバワンバの「タブサンピング」

バンクシーが何故、映像でこの曲を使ったのか?
歌詞からその理由が分かりそうです


🎵 Tubthumping / Chumbawamba

“打ちのめされたって また立ち上がる
倒したままにすることなんて 絶対にできないんだ
勝利を確信した時 俺たちは歌っているだろう
打ちのめされたって また立ち上がってやるんだ”



リスナーからのメッセージを読みながら
ウクレレを習いたい
吾「なるほど~。でも、どうなんだろ、僕も弾けないですけど。1曲弾けるようになったら、もう虜になっちゃうんじゃない? 多分、頑張ればできると思うね
「ギターよりウクレレの方が簡単なのかな~
「うん。因みに…ハワイの、オアフ島のウクレレショップ、ワイキキビーチの近くの、ウクレレショップに行くと、何故か、香取慎吾の写真が貼ってある
「それはプライベートですか?
「プライベートじゃないかな~。アロハワ~イみたいな感じで、雰囲気で。横に、高木ブーさんの写真も貼ってあります。
ww
「香取君、ウクレレ、すごい好きで

庭をお花で埋め尽くしたい
「良いじゃないですか。家もハイビスカスがベランダにあるんですけど。ハイビスカスって、1回咲かなくなるんですよ。咲いて、2週間ぐらいお休みがあって、次に又、2波が来るんですね。1回休憩しちゃうんですよね。全く僕に似合わないなと思いながら
「いえいえ、ショッキングピンクの、目覚めるような
「いや、赤です。ハイビスカスは、結構、赤が多いです。真紅ですね
「ショッキングピンクのイメージが勝手にありました
「適当に喋んないでください
www


TOKYO FM Brand New Song

🎵 LOUD / SUSHI BOYS (ラップグループ)


ENTERTAINMENT MAP
吾郎店長オススメのクラシック・ギタリスト猪居 亜美さんがご来店!!
なんと!生演奏も披露していただけました🎸

吾「楽しみですね~お会いしたかったんですね、僕は

吾「いらっしゃいませ~TheTradへようこそ。お待ちしておりました
猪「こんにちは。ギタリストの猪居亜美です
「「「よろしくお願いします
20200720b96379604c7e4c65a4e5facb2a7cc7d8
プロフィール
大阪出身。4歳より、父、猪居信之さんに師事しギターを始める。2011年、NHK‐FM名曲リサイタルに出演。2015年5月リリーうのデビューアルバム『Black Star』は、レコード芸術特選盤に選ばれる。

TheTrad
的には、吾郎店長を驚かせた動画が…
吾「YouTubeを観てたら…ギターちょっとやりたいな~と思ってたんで、ギターのYouTube観てたら、<クラシックギタリストがエレキギターで、X Japan 紅 を弾いてみた>っていう動画があって。何だ、これは~と思って。めちゃくちゃカッコ良くて。もう、無表情で弾いてるんですよ、猪居さんが。その姿も非常に美しくて、ですね~、ちょっと僕を虜にさせてしまって。
吉「おぉ~
吾「お兄様もギタリストの方なんですけれども。お兄様と2人で、ぎこちないトークをしながらの (笑)YouTube動画も、ちょっと、僕、ツボってしまったんですけれども
猪「ありがとうございます
吾「お兄さんとギターの比べあいをしたりね。や、面白いです、ホントに。それで、是非、ね、この番組にもゲストに来て頂きたいなと、スタッフにお願いしたら…ね、今日、来て頂いた
「ホントに、ありがとうございます
「「ありがとうございます

吾「<「はちすずめ」をどのくらい速く弾けるか>って、あの動画も面白かったですよ。合ってますよね?
「ありがとうございます。合ってます
吉「すごい見てる~吾郎店長
「変なおじさんだなぁ

吾郎店長の熱いリクエストにお答えいただき、今日はご出演となりました。
早速~生演奏を

猪「吾郎さんが聴いて下さったX Japan 『紅』はエレキギターなので、今回はクラシックギターで『Forever Love』を演奏させて頂きたいと思っております

猪居亜美さんによる生演奏
🎵 Forever Love (Live)

👏👏
吾「や~…どうしたら、こんなに綺麗な音が…。ギターってさ、弾くもんじゃなくて、弦をはじくものなんだね。はじけた音が、素晴らしくないですか!
吉「ず~っと、手元を見つめていらっしゃってましたね。自分が弾いてるかのような
「なんですか、そんな
ww
「自分が弾いてるか…というか、音を感じてた、音の広がりを、音の粒を。部屋中に広がってませんか!す~ばらしい
吉田さんがリスナーからのTweetを読もうとすると
「ちょっと何、黙っててくれる
「紹介していいですか?
「すいません。。興奮しすぎて。。。
リスナーからも絶賛のTweetが
「これ、生で聴くっていうのは…初めてかもしれない、クラシックギター、こんな近くで。勿論ね、音源も素晴らしいですけれども。ちゃんと「パチン」て弾ける音がさ~すごくない
吉田さんの反応が薄いのか
「あれ、付いてきてる?僕のテンションに。吉田さん、大丈夫?
吉「吾郎店長の目指すところですよね
「僕のことはいいから
吉「ww いや、ホントに素晴らしいですよ
「素晴らしいね。いやいや、ありがとうございます。

演奏中の猪居さんの指先に見入ってしまう吾郎店長
いつか、吾郎店長のバッチリ弾ける姿が待ち遠しいですね🎸

クラシックギターをやられてて、何故、このX Japanの曲を?
猪「元々、中学・高校ぐらいの頃からロックとか、そういう激しい音楽が好きで。高校の時には軽音楽部でエレキギターを弾いて、バンドを組んでいたんですけれども。そこで、X Japanの音楽に嵌りまして。クラシックギターでも、良いアレンジが見つかったので弾いてみたいなとおもってチャレンジしてみました
「ね~今ここに、ギターケースが置いてあるんですけれども。これ、凄いですよね。ステッカーが、ばりばり貼ってあるんですけど。ロックバンドのCOLDPLAYとか
吉「クラシックギタリストとは
「のギターケースとは思えない
猪「そうですね
吉「ノンスタイルのお写真も
「それはいらないんじゃない
www
吉「ミッフィー
「ミッフィーちゃんとかね。可愛いね
吉「リンキンパークなんかもあります
「こう、趣味がうかがえるような。ファッションも、ちょっと、ゴシックファッションのような
猪「そうですね。そういう黒い感じのばっかり着てますね
吉「ギャップが素敵ですね
「ね。だから、XJapanの世界観とかと凄く合ってますね。これ、YOSHIKIさん、観てんのかな~。ね~観てほしいよね。動画。
猪「そうですね。観て頂きたいですね
吉「観て下さってる可能性、ありますよね
「ね~作った人は嬉しいと思う、こういうアレンジは、ね~、されたら

音楽のルーツ
4歳の頃からクラシックギターを弾いていたので。家の中では、クラシックギターの音色であったり、クラシックの音楽が流れているような環境だったんですけれども、中学くらいの頃から、バンプオブチキンさんとかの音楽に嵌って、そこから色んな音楽を聴くように。高校の時がビジュアル系とかメタルとか、ちょっと激しい音楽にいきまして。エレキギターでプロになろうかなと思ったことも実はあったんですが、また結局はクラシックの音楽に戻ってきたという感じで。

「クラシックギターからエレキとかって、すぐ弾いたり、使い分けってできるもんなんですか?
猪「弾き方が全く異なるので、同じギターとはいえ、特に右手は、クラシックは指弾きなんですけど、エレキギターの場合はピック弾きになるので。そこの違いがすごく大変で、めちゃくちゃ練習しましたね。
「ね~、ホントに是非、動画を観ていただきたいんですけれども

猪居さんが吾郎店長にオススメするクラシックギター曲
猪「以前、吾郎さんがボサノヴァを弾いてみたいと仰っていたので、同じブラジルの音楽をクラシックギターの演奏でお聴きいただきたいと思います。私の師匠である福田進一先生のアルバム『郷愁のショーロ~ラテンアメリカ作品集Ⅱ』から

🎵 ショーロス 第1番 / 福田進一

吾「いや、良いですね~。元々、僕は、クラシックギターって、多分、平野啓一郎さんの『マチネの終わりに』を読んでから、すごく興味が出てきて。あの映画もそうですけど、サントラ盤も福田進一さんだったと思うんですけど。合ってますよね?
猪「そうですね
「師匠なんですね? 絶対、クラシックギターっていったら福田進一さんが出てきますもんね。やっぱ、そうなんですね、第一人者なんでしょうね。
福田進一さんTwitterより
Bandicam-20200720-225140803

吾郎さんへのアドバイスを
吉「吾郎さん的には、今、ギターが熱い。これから
「まだ部屋に飾ってあるだけだから
吉「中々始めてないけど、始めたい思いは強いという事で、猪居さん、吾郎さん、これからギターをマスターしたいんですけれども、何かアドバイスを
「準備は整ってる
猪「そうですね、私の場合はいつも、弾きたい曲、こういう曲にチャレンジしたいっていう、まず目標を決めて、それに向けて練習していくのが一番モチベーションが維持しやすいのかなと思ってます
「そうだよね~。「ハチスズメ」が弾きたいw無理だよ、そんなの
猪「ハチスズメもテンポは速い曲なんですけど。技術的にそんなにめちゃくちゃ難しいっていうのでも
「ね、ハチスズメ、皆さん、調べてもらうと…誰でも聞いたことがある
猪「定番の曲ですね
「どんな感じでしたっけ?
ちゃっかり弾いてもらっちゃう
♪~~♪
「素晴らしい~ありがとうございます
吉「猪居さんが、そんなに技術的には難しくない、って。あ、吾郎さんも弾けるんだ~と思って聴いたら、めちゃめちゃ凄いじゃないですか、指の動きとか
「あれ、弾けるんだって、僕でも
「いや、楽しみにしてますよ、吾郎店長
「待ってて 
www
「今のは速いテンポですよね
猪「かなり、今のは、緊張して速くなりましたね
「これを、どのテンポまで上げられるかっていう動画がすごく面白い
吉「でもね、目標にすれば、進歩するってことですよね
猪「やっぱり、目標をまず決めた方が良いかと思います
「超絶技巧で、目標は
www

YouTube
のキッカケは?
猪「初めて動画を上げたのが大学の3回生か4回生の時だったと思うのですが、その頃はもうプロでやっていこうという風に自分で決めて、そこから、色んな人に演奏を聴いてもらいたいなと。その頃、YouTuberという言葉を耳にするようになって、これはもう世界中の人に自分の演奏を聴いてもらえるキッカケになるんじゃないかと思って、そこから始めた感じですね
「すごいですね。それでね、今、こういう出会いもね、私との出会いも

ギタリスト一家
「でも、4歳からやられてたって、凄いですよね。又、お兄さんもプロのギタリスト
猪「そうですね。父がギタリストで、6歳上の兄もギタリストになってたので、もう、やっぱり、その道に行かざるをえない、みたいな状況ではあったんです
「でもさ~ギターも違ったり、弾く方でも違ったり、全然違う音色に聴こえるの、面白いですね
猪「そうですね。ホントに、爪の当て方とかでも音色が大きく変わるので
「お兄様だと、やっぱ、なんか男性的で、よりエモーショナルで。その感じがしました
猪「そうですね。かなり違いますね
吉「猪居家の
「猪居家、詳しいでしょ w
猪「ありがとうございます
www
猪居さんのお兄さんTwitterより
Bandicam-20200720-225433667

昨年、3rdアルバム『MEDUSA』をリリース
猪「クラシックの名曲は勿論なんですが、ちょっと現代のフラメンコとか、ちょっとロックテイストな要素を含んだ曲もたくさん取り上げてまして、クラシックギターを聴いたことのない方にも聴いていただきやすいんじゃないかなと思っております

猪居さんの3rdアルバム『MEDUSA』から1
🎵 Tango En Skai / 猪居亜美

「良いですね~。これ、CDもね、今日、プレゼントして下さったんですけれども、しかし、もうダウンロードしてました!! CDで聴くと、また違いますよね。ありがとうございます。大切に聴かせていただきます


8月30日「大阪ギターサマー2020 ギター・ア・ラ・カルト」出演

「良いですね~ライブ。今までも結構ライブをされてるんですよね?
猪「そうですね。ちょこちょこ
「やっぱり、生で…。ちょっと、さっきの僕の興奮で分かったと思うんですけれども。生でね、はじく音、聴いて頂きたいですね。

本日、いかがでしたか?
猪「もう、とっても緊張していたんですけれども、気付けば、楽しくてあっという間の時間でした。ホントにありがとうございました
「ね~。お父さんにもよろしくね。お母さんにも、お兄さんにも、みんなにもよろしく~
猪「ありがとうございます。もう、喜ぶと思います
「「「ありがとうございました

猪居さんTwitterより
Bandicam-20200720-225319997


THE TRADクローズソング

🎵 感電 / 米津玄師


<Ending>

「吾郎店長、今日は、スティールパン特集と、お客様にクラシックギタリストの猪居亜美さんをお迎えしましたが、いかがでしたか?
「いや~ありがとうございます。僕のわがままを聞いて下さって。でもね、いいですよね、この夏にクラシックギターもスティールパンも。なんかこう、すごくエモーショナルで激しいものから、癒し効果のある優しいものまで、幅広いじゃないですか
「そうですね~
「おススメいたします

リスナーからのメッセージを読みながら
お庭でバーベキューとプールとブランコで
「良いですね~バーベキュー
「北海道の夏ってね~気持ちいいですもんね
「でも、ほら、僕らは音楽教室、通わなきゃいけないから。吉田さんもさっき言ったじゃん、僕より先にギター始めようかな、って。
「そうなんですよ。吾郎さん、いつまでたっても始めないから、ついに、私、始めちゃおうかなって思っちゃいました
競争だよ、競争。TRADバンド、組むよ、ハマくんに引っ張ってもらって
「そうですね、組みましょう
www

それでは又
さよなら~~


« 編集長 稲垣吾郎 2020.07.15 #185 | トップページ | 【THE TRAD】2020.02.10 #35 ゲスト:三島有紀子(映画監督) »

The Trad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 編集長 稲垣吾郎 2020.07.15 #185 | トップページ | 【THE TRAD】2020.02.10 #35 ゲスト:三島有紀子(映画監督) »