2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« CM【ロト・ナンバーズ】 随時更新 | トップページ | 【THE TRAD】2020.06.16 #73 ゲスト:なし »

2020年6月19日 (金)

【THE TRAD】2020.06.15 #72 ゲスト:浦沢直樹(漫画家)

【THE TRAD】 #72
2020年6月15日
TOKYOFM 20200615
THETRAD 稲垣吾郎 ラジオ レポ
20200615bfa56f19cfef
(浦沢さん、スタジオに来て下さった。髪型、眼鏡とか~なんとなくお二人似てるような。いつも以上に楽しそうでしたね。)

<本日のメニュー>
①メッセージテーマ『週末、何してましたか?
②「VOICE to VOICE ~明日へ~」
 『この歌詞を聴け!
 『あなたのお店をラジオPR
浦沢直樹さんご来店
OAリスト
M1 I'm Alive / Nora Jones
M2 20th Century Boy / T-REX
M3 フラッグを立てろ / YUKI
M4 Head High / ONE OK ROCK
M5 I’m Coming Out / Diana Ross
M6 茶をすする / 中山うり
M7 エール / シクラメン
M8 周波数 / SEKAI NO OWARI
M9 エリーゼのために / ベートーヴェン
M10 刈り掘る庭 / 浦沢直樹
M11 情熱の花 / ザ・ピーナッツ
~~~~~~~~~~
<オープニング>
(ナレーション)
ここは東京の片隅にひっそりと佇む小さなレコードショップ。店の名前は『TheTrad』。2時間だけオープンするこの店には、毎日、上質な音楽が入荷しています。さ~そろそろ、ドアが開くようです。

(こ芝居w)
「吉田くん、今日もよろしく~ それにしても最近、入荷が増えてきたね
「吾郎店長、お疲れさまです。そうなんですよね、新型コロナウイルスの影響で発売が延期していた作品が続々とリリースされ始めているんです。因みに、ノラ・ジョーンズの新作も入荷しましたよ
「それは聴かなくちゃね。今日はノラ・ジョーンズ4年ぶりのオリジナルソロアルバム『Pick Me Up Off The Floor』からの1曲でオープンしましょう

<本日のオープンソング>

Pick Me Up Off The Floor』から
🎵 I'm Alive / Nora Jones

たかみなさんからの質問
Q.取りたい資格、持っている資格は?

「よく、ソムリエの資格持ってるんですか?とか言われて。確かに、欲しいなと思ったことはあるけど。やっぱ飲食店とか接客のお仕事を何年かしてないと資格が取れなかったりするんですね。ビストロジョーに僕は勤務した方がいいのか、じゃぁ。2年とか3年とか色々あると思うんですけれども。興味はあります

「ワインがお好きなので、なんか、取ろうと思えば、吾郎店長なら取れそうなイメージがありますけど。そういうハードルがあるんですね


本日のテーマは 「週末、何してましたか?」
東京アラートが解除され「ステップ3」に移行した最初の週末、皆さんはどう過ごされましたか?
Q.吾郎店長は?

「雨だったよね。今日は暑いですけれども。午前中、車乗ってたら、外気33度って、さっき出てて
「今日は真夏日で
「ホントにもう、SPF50が必要ですね
「そうです、日焼けは大敵ですから
ww(あれ?週末のお話が無いw)


本日のお客様、浦沢直樹さんの「ロック愛」が詰まった作品
『20世紀少年』の劇場版主題歌
🎵 20th Century Boy / T-REX


「VOICE to VOICE ~明日へ~」
<この歌詞を聞け!>
背中を押される曲や、前を向こうという意思が込められた曲、家族/友人に向けた曲などの「歌詞」に注目して、ジャンルや、時代の枠を超えてセレクトしました!

この歌詞を聞け!
『3月のライオン』の物語を踏まえて書き下ろされた曲。 「自分で歩き出すんだ!結局は自分でしかないんだ」と、 力強く背中を押してくれる歌詞とサウンドが魅力的

🎵 フラッグを立てろ / YUKI

“穴だらけのジーンズをはいて
すきま風に 涙こらえて
ひとつふたつ 大きな息をはいて
立ち上がるんだ ボクサー
起死回生のチャンスは一度
絵に描いたドアを叩いて
色は匂へど 
散りゆく花を咲かせるのは自分さ”


この歌詞を聞け!
昨年リリースされたONE OK ROCKのアルバム『Eye of the Storm』の1曲。前作がアメリカのヒットチャートでも記録を残して、更に海外のメインストリームに大きく足を踏み出すため、本場のプロデューサーとタッグを組んで制作された意欲作。特にこの曲はTAKAさんの、飽くなき挑戦への決意を感じられるナンバーです。その熱いメッセージ、感じ取ってください

🎵 Head High / ONE OK ROCK

“みんなの挑戦が僕のものになっていく
そして 逆境を乗り越えた
堂々と生きろ
愛することを恐れない
挑戦することを恐れない
飛ぶことを恐れない
堂々と生きるんだ”

「ね~いい、素敵な曲だな~。メッセージは熱いんですけれども、TAKAさんのヴォーカルがとても清涼感があるから心地よく聴けますね。早く、ライブで聴きたい。吉田さん、ライブ、行ったんだもんな
「この曲も聴いて感動したので、生で聴きたいな~と思います

この歌詞を聞け!
1960年代にシュープリームスのリードシンガーとして大成功をおさめた後にソロシンガーとして活動をスタート。音楽プロデューサーでギタリストのナイルロジャーズとタッグを組んだ軽快なサウンドが気持ちをアップさせてくれます。当時36歳のダイアナの、「前に向かって、ここから飛び出そう!」という決意表明にも感じられる1曲で、ライブのオープニングでも歌われています

🎵 I’m Coming Out / Diana Ross

“その時がやってきた
この殻を破って 飛び出す時が
思いっきり叫ばなきゃ
私は生まれ変わる
世界中に知らせたい
見せつけてやるの
私は生まれ変わる”


〈TOKYO FM Brand New Song〉
「シンガーソングライター」中山うりさん
発売中のNEWアルバムから
🎵 茶をすする / 中山うり


<リスナーからのメッセージを読みながら>
📩美術館に行ってきました
「美術館、もう行けそうですね。
「皆さん、マスクをして静かに鑑賞すると思うので、そんなに心配はいらないですかね
「楽しみですね、これからがね

📩フルートのレッスンに行ってきました
「意外と僕は、解除されてまだ、外食も行ってないですし。美術館とか映画館も行けてないので、あんまりまだ変わってはいないんですけれども。これから徐々に、ですよね。感染予防しつつ前を向いて行きたいですね

📩ショッピングモールに家族4人で行きました
「僕は週末はドライブだったんですけど、結構、車も多かったですね


「VOICE to VOICE ~明日へ~」
あなたのお店をラジオでPR!
RN:yoshihideさん【呑み処 食べ処 かちょう】新蒲田

・8割がたご家族連れのお客様
・祖母、父親が俳優をやっていて森進一さんも来店していた
・お神輿をやっている
吾「お神輿をやっている方はね、みんな、良い方多いんですよ。僕のお友達のヒロくんも浅草・三社祭で担いでますね。
「すごいでしょ。前棒、担いでますよ。
y「花棒ですね
「あ、花棒っていうのか、失礼しました

「いつか行かせてください、お店も。蒲田、好きだもんな。商店街とか良いですよね
「吾郎さん、そう言えば、蒲田にいらっしゃいましたよね、テレビの
「そう。ぶらり散歩みたいな番組で、蒲田の商店街に
「あの旭屋さんとは取引してるんですよ。40年来のお付き合いです
「あ、日本のワインとかを色々とおススメして下さった。蒲田の商店街、ちょっと僕、嵌りかけてたので、お伺いします

「母がよろしくと言ってました。
「僕からもよろしくとママに言っといてください
ww

yoshihideさんのリクエスト
🎵 エール / シクラメン


TOKYOFM開局50周年アニバーサリーソング
6月24日リリースの両A面シングルから
🎵 周波数 / SEKAI NO OWARI


『ENTERTAINMENT MAP』
漫画家の浦沢直樹さんスタジオにご来店

「ようこそ~~お待ちしておりました
「浦沢です

Q.吾郎店長とはお久しぶり?
舞台『No.9』初演を観に来て下さった(2015年10月)
「終わった後、楽屋に来てくれて。「そうか!吾郎ちゃん、ベートーヴェンか!そうか!」って。なんか発見したみたいな感じで。
「ベートーヴェンだったですね
「ほんとですか、ありがとうございます
「ちょうどいいですね。ベートーヴェンもワインが好きですよ。かなりのグルメだし
「コーヒーを淹れる時コーヒー豆きっちり60粒
「そう、台詞でもあったんですけど
「なんか、似てんじゃないかと
「僕はそんなに…意外と。その時以来ですね

『ゴロウデラックス』にご出演(2013年5月16日)
「一度、アトリエの方にも昔、お邪魔させていただいて
「一緒に漫画、描きましたもんね
「はい。共作をさせて頂きました、なんと!
「漫画の設定を、何を描こうかとなった時に、吾郎ちゃんが訳の分からないことを言い出したんですよね
「そうでした?
「なんかね、宇宙エレベーター、みたいな事言わなかったっけ?
「はい。スペースコロニーみたいな、ガンダムかなんかの影響をうけて
「何をこの人は…すごい短い時間で描かなきゃいけないのに、何を凝ったことを言い出すのかと思って
wwww
「あれはでも、実際に連載というか載っけて下さって
「みんなでペン入れしてね
「す~ごい思い出に…時間、かかったよね
「あんな長い収録、ないですよ。
「オンエア30分なのに

吾郎さんが浦沢さんのアトリエにお伺いしたのは多分2回
・1回目…SMAPマガジン(2010年10月)で浦沢さんと対談。大ファンである浦沢さんとの初対面に、吾郎さん、ちょっぴり緊張の面持ち。でも2人の共通の趣味である映画の話に花が咲いてからは、たちまち和やかムードに、と。とても楽しそうなお二人の写真と対談です。
・2回目…ゴロウデラックス、アトリエで収録(2013年5月)
・この2年後、『No.9』観劇、楽屋へ(2015年10月)
Dsc_0854 Dsc_0855


ご自身で音楽活動もしていらっしゃる、浦沢直樹さんの音楽トークと
現在連載中の「連続漫画小説 あさドラ!」について、お話しました

『運命~ベスト・オブ・ベートーヴェン』
浦沢直樹さんのイラストがジャケット・ビジュアルになっている、コンピレーション・アルバム
Kdpwav72pvffdfbou12yn07loqee9fvtqdtwd0w6
“生誕250年のメモリアル・イヤーに、ベートーヴェンの魅力、作品の奥深さを何か新しい形で多くの世代に伝えられないか”というドイツ・グラモフォンから浦沢氏への熱烈なラブコールで実現。浦沢氏は「ロール・オーバー・ベートーヴェン! あと数世紀もしたら、クラシックもロックもひと塊りに見える時代が来るのではないでしょうか。すべてが最高の音楽だ、と」とコメントを寄せた。6月10日には、今回のビジュアルをジャケットに起用したベートーヴェン作品のコンピレーション・アルバム『運命~ベスト・オブ・ベートーヴェン』もドイツ・グラモフォンより世界発売される予定。
Ocwlyllchs79upzqnxblgbqde2hur5alyrbso3to

アルバムジャケットの絵
「これ、浦沢さんの絵ですもんね
「でも、ちょっと吾郎ちゃんでしょ
「ちょっと僕、思ってました。自分で言っていいのかどうか。浦沢さんが僕の絵も描いて下さったんですよ、贅沢なことに、番組の中で(ゴロウデラックス)。あの時の僕にもちょっと似てるかもしれない
「そうですよね。ちょっとインスパイアありますよね
「嬉しい
Q.意識されたんですね?
「舞台上でベートーヴェンとして動いてる吾郎ちゃん、見ましたからね。やっぱり、キャラクターとして動かす時に、どういう風なポージングとか色々考えるんですけど。やっぱり、ちょっと脳裏を横切りますよね。吾郎ベートーヴェンね。
「嬉しいな~~ちょっと僕の事思い出してくれたんですね
「はいはい、勿論

Q.浦沢さんの感じるベートーヴェンの印象は?
「この番組でも、「ベートーヴェンはロックスターだ」というテーマでね特集させて頂いてるんですけれども。浦沢さんの感じるベートーヴェンというのはどういう印象ですか?
「逆になっちゃうんですけど。ポールマッカートニーってすごくベートーヴェンっぽくないですか?例えば、「イエスタデイ」なんて、ベートーヴェンが作りそうなメロディラインと思いません?
「あ~~はいはい
「マイナーとメジャーを行ったり来たりする。あと、「ゴールデン・スランバー」みたいなドーン!という荘厳な曲も書くじゃないですか。あの感じがね、
「あぁ、ふり幅が
「そう、だからポール、すごいベートーヴェンぽいな~と昔から思ってたんですよ
「へ~~
「逆なんですね、ポールがベートーヴェンからの影響なんだよね
「あ、そうか、そりゃそうですよね。すごく、実は大衆のこととかも考えてた
「『運命』みたいなものはハードロック、ヘビーメタルの元祖みたいなとこあるじゃないですか。
「う~ん。ロックですもんね。
「昔から、ベートーヴェンにリズムを付けるとディスコになるとか、ディスコベートーヴェンとか流行ったことありましたもんね。
「は~い。結構ね、この番組でもそういうの紐解いてやらせて頂いてるんですけれども。

吾郎店長が好きなピアニスト、
アリス=紗良・オットのピアノによる、
🎵 エリーゼのために / ベートーヴェン

「良いですね~エリーゼがTRADで
「すごい番組になってきましたね

Q.浦沢さんの音楽との出会いは?
「浦沢さんは大のロック好きで、アトリエにお伺いした時も、地下室みたいな所が、ギターがいっぱいあって。レコードもあって。
「半々ぐらいですね
「そうですよね。漫画家さんのお家って感じじゃなくてミュージシャンの方の、なんか

「元々、漫画を描きだしたのは5歳ぐらいで、音楽やりだしたのが13歳ぐらい。13歳の時にギターを買いまして。もうすぐに作曲を始めたんですよね
「えー⁉ そうなんですか
「ラジカセとテープデッキみたいなの2台繋げて色々やると、音がダビングできるっていうのを自分で開発したんですよ。で、カセットに多重録音したのを、たくさん、自分で曲作って
「そうなんだ。やっぱり…ボブディランもそうですけど、その頃からロックなんですか?
「そうですね。でも、ロックロックって言うと、ちょっと誤解を受けるようなところもあるので、まぁ音楽全般という形ですね。
「へ~~

Q.描きながら曲がうかぶ
「曲は、だからね~メロディは年がら年中できるんで。仕事中に浮かんだらスマホに入れとくんですよ。そっから曲ができたりするんですけど。漫画描きながらも、「あ、1曲できた!」って
「描きながら曲ができる…
「そう、よくあるじゃないですか、ミュージシャンの方が出先で思いついて、昔だったら留守電に鼻歌で入れるとか
「今だったらアイフォンでね
「すごいですね。なんか、頭の中が…見てみたいというか。漫画、描きながら…。

Q. 漫画と音楽、共通点ありますか?
「漫画って音が流れてないでしょ。だから、サントラみたいなものを自分で頭の中で流してるんですよ。
「あ、浦沢さん、そうなんだ、曲、流れてるんだ
「そうそう。そこでこういう曲が流れてるといいんだけどな、みたいなのは、ず~っとこう平行して仕事しながらも…。よくドラマって、それこそ言っちゃあなんだけど、卑怯なくらい音でもってかれることあるじゃないですか。これじゃ泣くに決まってるじゃないかって
「僕らのお芝居も助けてくれますからね
「そういうの漫画には無いので、自分の中でそういうの盛り上げてますね
「そっか~その時に新しい自分のオリジナルのメロディがね、浮かび上がったりとか、あるんですね、そういうことが
「そうそう、その場でパッとギター手に取って、録音して
「へ~~

Q.その逆は?音楽を作りながら漫画のエピソードが浮かぶ、みたいな
「「20世紀少年」なんかは、僕がバンドやってた流れで、バンドマンていうのをどうやったら描けるか、みたいな。わりと漫画でバンドマンの話やると、そんなにカッコよくないぜ、みたいなのが、もっとズッコケてるような感じがするんだけど、みたいなのを、それをどう漫画にできるかな、っていうのを『20世紀少年』でやったりしましたけどね

浦沢直樹さんの楽曲も聴きたくないですか?
これはどういう曲なんですか?
🎵 刈り掘る庭 / 浦沢直樹
「これね~「カリホルニワ」つってね。
www
「これ、ミュージシャンの斉藤和義くんとちょっと仲良くさせて頂いてて。彼と色々やりとりしてる間に…彼のツアー先からメールが来たり、写メとか送ってくるんですけど、そういうのを見ながらできた曲なんですよ。なんか、彼とのやりとりがイメージになってる曲
「想像つかないですよね。

2ndアルバム『漫音MANNON』から
🎵 刈り掘る庭 / 浦沢直樹

「や~素敵ですね~。浦沢さん、僕、ギターが出てきたんですよ。昔ちょっとやってたんですけど。今回、部屋の掃除とかしてたら、ミニギター、アコースティックの、エドシーランとか使ってるような。マーチンのやつなんですけど。ちょっと誰か、ギターを教えて欲しい…
「いいですね。もう僕、いくらでも教えてあげますよ
ほんとですか!!嬉しい!!
「僕のギター理論、結構いいですよ
「なんか、この曲「刈り掘る庭」、コード進行もシンプルで、コピーしたいと思いまして。これをやってみたい
「出来るできる
「教えてください

(ごろさま、おねだりが上手いですね~ww ギターの先生になってくれましたね。確か、ハマ副店長にもお願いしていたような気もしますが…でも、先生はおおぜいいた方がいいですね)

『あさドラ!』のお話
ビッグコミックスピリッツで、不定期で連載中の新作漫画
1959年伊勢湾台風が襲った時から始まる。ひとりの女性の一代記を描ききろうと。
51rexulrbhl_sx351_bo1204203200_

「もう~面白かった。これ、なんでまだ3巻しか出てないんですか?
「だから、今ちょうど4巻目が…今この手元のバッグに4巻目の最後の話のネームが今…作業しながら…。
「え!落とさないでくださいよ
「これを完成させると4巻が全部描き終わる。8月末に出る予定なんですけど
「楽しみですね~。ちょっとスケール大きいから。又これ、モンスターとか20世紀少年じゃないけど、長い
「やっぱり、ひとりの女性の一生を描ききるぞ、という意気込みですから。
「まだ(主人公)17歳ですから

Q.原点に戻って
「で、今回は、以前やってたアシスタント4人の体制を削減しまして。今、アシスタント2人。僕、相当、描いてるんですよ。背景から何から
「僕が伺った時は、勿論アシスタントの方が背景とか描いてて。その作業も見せていただいたんですけど。じゃぁ、背景まで
「僕はNHKの方で『漫勉』という番組をやって、それの影響も大きくて。やっぱり、あ~これ、自分でもっと背景やるっていう事に。元々そうだったじゃないですか、始めた頃は。だから、自分で描こうって立ち戻って。それでアシスタントを減らして僕がやるっていう風になって。リモートを先駆けてやりまして。アシスタントはLINEとかのやりとりで、みんな自分の家で自分の時間でやろうと。
「効率もよくなるし
「1年半ぐらい前からリモートだったんですよ
「1年半前から!予測してたかのような
「ひたすら僕は、今、原稿に向かって向かって描き続けるという

「そんな中、ありがとうございました、来ていただいて
ww

「また背景を描くようになって、なんか変わってくるものありました?原点に戻る、みたいな
「アシスタントに仕事を渡さなきゃっていう気持ちが多かったんですけど、今は、自分でやるってことで、最終的なチェックも全部自分でやるので、芯の所に全部自分が通ってる感じがするんですよ。
「また見てみたいですね、その背景を描く浦沢さんの姿も
「1巻の伊勢湾台風の丸太が流れた所とか、1本1本僕が丸太描いてますから
「そうか~。そして、この『あさドラ』も、これも音楽が早速出てきてるので、いろんなモチーフがあると思うんですけど。
「まだ、どんな話かよく分からない。僕、ちょっと気になったのは、「Because I Love You」って曲が流れてて。でも、主人公はまだ何の曲か分からない、誰が歌ってるのかも分からない
「いつも鼻歌で歌ってるんですよ。
「これ、僕らも分からない
「そうなんですよ
「教えてくれないですよね、まだね。これ、軸になってきますよね、この音楽がね。そこも注目して漫画の方、楽しんで頂きたいですね


連載中の連続漫画小説 『あさドラ!』 に因んで、
浦沢さんがセレクト

🎵 情熱の花 / ザ・ピーナッツ

「キッスは目にして、ですよ。エリーゼですよ。僕、さっき偶然かけたんですよ、エリーゼ。繋がってますけれども
「うっかりしてたでしょw
「これ、ベートーヴェン作曲ですね
www

「あさドラ、楽しみですけれども、僕はやっぱり飛行機も大好きなんで、そこも最高でしたね
「そういうね~マニアな人が読んでるっていうのも、これが結構プレッシャーなんですよ。
「見てますよ。一式陸攻の事はよく見てますよ
「一式陸攻、下手な事は描けないですからね
「いやいや、いつもディテールが素晴らしいんで
「プラモデル作って、色んな角度から見て
「ホントに細部にこだわるところが浦沢さんだから

「この『あさドラ』っていう漫画は、いまだに皆さん、何が何だか分からないっていう話があるんですけど。最近の漫画やドラマもそうですけど、1話目でどういうものか分からせようとする傾向があるじゃないですか。僕、単行本5巻6巻あたりで「あ~そういう話か」っていうものがあってもいいんじゃないかなと思って。今回ちょっとチャレンジしてるんですけどね。
「そうですね。全く今後が想像つかないんですけど。

「「浦沢さん、本日はありがとうございました。

<Ending>

「実はまだ浦沢さん、いらっしゃるんですけど。僕にね、ブルーインパルスの、こないだの東京上空を撮った写真を見せてくれました。(浦沢さんの笑い声)素晴らしいの。僕が見れなかったやつ。そのブルーインパルスも「あさドラ」に出てくるんだよね。そこも注目です、飛行機マニアとしては。


という事で、明日また午後3時にお会いしましょう

さよなら~~

« CM【ロト・ナンバーズ】 随時更新 | トップページ | 【THE TRAD】2020.06.16 #73 ゲスト:なし »

The Trad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CM【ロト・ナンバーズ】 随時更新 | トップページ | 【THE TRAD】2020.06.16 #73 ゲスト:なし »