2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 編集長 稲垣吾郎 2020.06.17 #181 | トップページ | 6月度~TV、ラジオ、雑誌など (随時更新) »

2020年6月26日 (金)

【THE TRAD】2020.06.22 #74 ゲスト:WONK(長塚健斗、井上幹)

THE TRAD】 #74
2020年6月22日
TOKYOFM 20200622
THETRAD 稲垣吾郎 ラジオ レポ
20200622ebhz50xqaax9tg

<本日のメニュー>
①メッセージテーマ『コレぞ、世界水準
②<VOICE to VOICE ~明日へ~>
 『この歌詞を聴け!
 『あなたのお店をラジオPR
③<ENTERTAINMENT MAP>
 WONK【長塚健斗さん&井上幹さん】
OAリスト
M1 Another Rainy Day In New York City / Chicago
M2 Savior / WONK
M3 できっこないをやらなくちゃ / サンボマスター
M4 Soak Up The Sun / Sheryl Crow
M5 Funny Bunny / the pillows
M6 周波数 / SEKAI NO OWARI
M7 未来のために / DEEN
M8 全然今しかない / CUBERS
M9 Rollin' / WONK
M10 EYES / WONK
M11 Raspberry Beret /  Prince & The Revolution
~~~~~~~~~~
<オープニング>
(ナレーション)
ここは東京の片隅にひっそりと佇む小さなレコードショップ。店の名前は『TheTrad』。2時間だけオープンするこの店には、毎日、上質な音楽が入荷しています。さ~そろそろ、ドアが開くようです。

(こ芝居w)
「う~ん、雨の日は湿気でヘアースタイルが気になるなぁ。
「吾郎店長、今日も決まってますよ。ただ、一段と梅雨らしくなってきましたね
「ね~
「今日もお天気に似合う1曲でオープンしませんか?
「そうだね~どれにしようかな~これなんか良いんじゃないかな。月曜日だし、ちょっと陽気な感じでね

<本日のオープンソング>
🎵 Another Rainy Day In New York City / Chicago

Q.週末はどんな風に過ごされてましたか?
「僕はですね~「岩ガキ」を食べてました。友達のヒロくんに送ってもらって、金沢から。島田水産さんの。名前まで言っちゃった(てへっ) 夏でも美味しい牡蠣ですね~。ま、ご飯食べたり、のんびりしてましたけれども。


本日のテーマは「コレぞ、世界水準」
身の回りにある「これは世界レベルだ」と思うもの、なんですか? 便利グッズや大好きな「味」場所など何でもOK あなたの主観で良いですよ

「身近なもので…そうだな~、岩ガキと日本のワインだね、日本のシャルドネがピッタリでした。日本のワインも結構、世界レベルなんじゃないのかな~と思いますね


本日のお客様、WONK
2016年リリースの1stアルバム『Sphere』から
🎵 Savior / WONK


「VOICE to VOICE ~明日へ~」
THETRADキャンペーンの連動音楽企画
『この歌詞を聞け!』

①この歌詞を聞け!
2010年リリース、頑張る人たちへの応援ソング。当時、『サッカー ワールドカップでベスト4進出』を目標に掲げていた、横浜F・マリノス所属の中澤佑二選手と PVでコラボした事でも話題に。

🎵できっこないをやらなくちゃ / サンボマスター

“どんなに打ちのめされたって
悲しみに心をまかせちゃだめだよ
きみは今 逃げたいって 言うけど
それが本音なのかい
僕にはそうは思えないよ
なにも実らなかったなんて
悲しい言葉だよ
心を少しでも不安にさせちゃダメさ
明かりを灯そう”

吉「どんな世代にも刺さる応援ソングですよね
「最後の“カモン カモン カモン” あんな風に歌ってみたい ww

②この歌詞を聞け!
2002年大ヒット曲。シェリルクロウと言えば、カントリーミュージックを中心としたサウンドでおなじみ。これから来る夏にぴったりな 明るく、爽やかなポップ・ソング! 太陽の光を感じる前向きな歌詞

🎵 Soak Up The Sun / Sheryl Crow

“太陽の光を浴びて 
みんなに教えてあげるの
リラックスする方法をね
うまくいかない時だって 
私は誰かのせいにしない 
前を向いていくの 
太陽の光をたっぷり浴びてね”

「以前ね、共演させて頂いたこともあるんですよ。アルバムジャケットの印象から、なんか強くてワイルドな女性をイメージしたんですけど、意外と、お会いすると、優しくて、ほんわかフワッとした方だったのが印象に残ってますけれどもね。シェリルの声は、気持ちを明るくさせてくれますね

③この歌詞を聞け!
結成30周年を迎えた今も世代をこえて支持されているロックバンド「the pillows」。1999年に発表された曲ですがライブでも大合唱がおこるほどの人気曲。2016年のリオデジャネイロ・オリンピック、レスリング女子48kg級で金メダルに輝いた、登坂絵莉選手が「モチベーションアップ曲」としてセレクトして話題に。

🎵 Funny Bunny / the pillows

“キミの夢が叶うのは
誰かのおかげじゃないぜ
風の強い日を選んで
走ってきた
飛べなくても不安じゃない
地面は続いているんだ
好きな場所へ行こう
キミならそれができる”


TOKYO FM 開局50周年アニバーサリーソング

🎵 周波数 / SEKAI NO OWARI


<リスナーからのメッセージを読みながら>
テーマ「これぞ世界水準!」
扇子
「小型扇風機も良いけど、やっぱ、扇子であおぐ風情が良いですね。結構、扇子、僕もありますね。10本ぐらいあるんじゃないかな~。

回転ずし
「いいですね~回転ずし、行きたいな~。たま~に僕も行きますけれども。お昼とかね、いいですよね。
「吾郎店長も行くんですか⁈
「僕ね~5年ぐらい前にデビューして、1回。うちの実家の方の「魚屋路(ととやみち)」さんに。名前、言っちゃったw
「料理が良いよね。アジフライとかサラダとか、もずく酢とか。フルーツとか。お子さんも喜ばれるし。たまに行きますよ。お茶の出し方、その時すっごい悩んでましたけれども、もう分かります
「へ~~意外な組み合わせでした。吾郎店長と回転ずし

フリクションボールペン
「最初、意味が分からなかったよね。なんで、消えるの?摩擦?でも、しばらくすると文字が風化しちゃうんでしょ?
「そうですね。なので、大事な書類はボールペンで書いた方が良いと思います
「これ、TOKYOFMのここのスタジオにあるボールペン、吉田さん、懐かしいでしょ?
「懐かしいです。間違えていつも持ち帰っちゃって。借りパクしたやつ、今ここにありますよ
「僕もさ~自分で持ち歩いてる、さ~、好きなドルチェビータ、デルタのとかね、持ってるんだけど。ここに置いてあるから、いつもこれ使っちゃうんだよね。カバンに入ってるのに、いいやつが。これがダメっていうわけじゃないけど
「いや~でも、ホントにね
「借りパクは返してください
「3色ボールペンなんですけど、2~3本あるので、今度、持ってきます
「2~3本もあったの?早く返してくださいww
www


「VOICE to VOICE ~明日へ~」
【あなたのお店をラジオPR!】
☎【コナ千葉駅前店】 関根さん
・焼きたてピザを1枚500円で、リーズナブルでカジュアルさが売りのイタリアンのお店。
・ラジオ(THE TRAD)を聴いたと言えば 乾杯ドリンクが人数分サービス

「今ね~お店のHP見てたらね~ホントにピザが食べたくなっちゃって。TOKYOFMのそこの自販機のブリトー、買っちゃった。ピザと違うんだけどw
「そろそろ行きたいね。僕なんかまだ、外食、できてないんですけれども。ピザとかだけは、やっぱりね、お店で熱々を食べたいですからね~

「ちょっと僕も、千葉に行った際には行きたいな、って。毎回言ってるんだけど、同じ事。ホントなんだよ
「行きたいお店が、毎回、増えていきますね~

関根さんのリクエスト
🎵 未来のために / DEEN


〈TOKYO FM Brand New Song〉
6月24日にメジャー・ファースト・アルバム 「MAJOR OF CUBERS」をリリース。

🎵 全然今しかない / CUBERS


<ENTERTAINMENT MAP>
WONKのボーカル長塚健斗さんと、 ベースの井上幹さんがご来店

香取慎吾さんのアルバム『20200101』のコラボ曲 「Metropolis(feat.WONK)」でお馴染みの WONKからボーカルの長塚健斗さんと、 ベースの井上幹さんをお迎えします

「お待ちしておりました~
「どうも。。。こんにちは。。。(声が小さいww)
「初めまして、ですね~ 嬉しいです

「「「「よろしくお願いしま~す

WONKについて
東京を拠点に活動する4人組。エクスペリメンタル・ソウルバンド。2016年に1stアルバムをリリース。ジャズをベースにネオソウル、ヒップホップなど、様々なジャンルのエッセンスをクロスオーバーさせたサウンドは国内外で高い評価を受けている。今年1月にリリースされた香取慎吾くんのソロアルバム『20200101』でのコラボ曲『Metropolis(feat.WONK)』でお馴染みです。

吾郎さんとは初めまして
「は~い。もう、すごい好きです、これ。『20200101』の中で…ま、皆さんね、色んな方にね協力して下さったんですけれども、個人的には1番好きですね。
「「わ~~嬉しい
「ていうか、WONK、好き
(笑)
吉「告白
「なんで、目みて言ってくれないんですか?目ぇ逸らさないでよ
W「ドキドキする。見れない。ホントに嬉しいですよね
「僕、香取くんのインスタから知って。それまでは存じ上げなかったんですけど。なんか、全く新しい香取慎吾がアーティストとして生まれて。こういう曲って、僕ら、やってきてないので。又、是非、ね、曲も提供して頂きたいなと思うし
W「いや、もう是非!やらせて下さい!

香取への楽曲提供
「レコーディングとか、どんな感じだったんですか?
「僕ら、この制作には、1回デモを出したものを、香取慎吾さんに「それはWONKらしくない」と一喝されて。2曲3曲分ぐらい出したよね
「とにかく好きだから。彼の中でWONKのイメージがあったんじゃない?
「それで、1回全没して。そっから、「もう1回作りまーす」つって。作り直させて下さいって言って、アレのデモが出来上がって。そこからだったんですね
「そうなんだ~。聴きたいけどね、その2曲も。
「昔から、皆さんのファンで。自分の中ではイメージがあるんで。そういう風な曲をガシッと作って行ったんです
「そうか、香取慎吾にもイメージがあれば、もしかしたら、僕稲垣吾郎にもイメージが…。あ、嬉しいな~
「そのイメージのまま作って行ったら、「これはWONKとはちょっと違う」と
「そうか。香取慎吾に寄らせたんだね
「そうなんです。愛があり過ぎた故のリテイク、みたいな
「香取くんはWONKに愛があるから、WONKらしさが欲しい
「そうやって出来上がった。最高だもんね、『Metropolis』

3年ぶりのNEWアルバム『EYES』から1曲
🎵 Rollin' / WONK

「これもカッコ良いですね~
「「ありがとうございます

Q.このアルバムのコンセプトはどういったもの?
「1枚のアルバムに通してメッセージとストーリーを込めたアルバムを作ろうっていう始まりで。WONKは今まで、曲には思いは込めていたんですが、アルバム1枚を通して何かを伝えるというのは今回が初めて。昨今の情報社会における色んなコミュニケーションの問題だったりを僕らなりの形にしてストーリーを通じてリリースしたものが今回のアルバムで。
「そうですね。一貫した流れがあって。ず~っと聴いてると、なんか、どんどん嵌っていくんですよね。気持ち良~く、トランス状態になるというか。なんかちょっと宇宙みたいなイメージもありますね。
「そうですね。地上に生きる主人公が頭上に浮かぶ月の世界に憧れを抱いていて。で、月に行ったりという場面もありつつ、今よりも更に高度に進化した、成長した情報社会の中で繰り広げられるストーリーっていうことで。かなりSFチックなイメージの元、作り上げた作品です
「そうですね、映画を観てるみたいな感覚にもなりましたし。
「最初、映画を作りたいっていう所から始まったんですよ
「これ、映画のサウンドトラックにも。贅沢だけど。そういう映画のストーリーを追ってるような感じもしましたし。
「個人的には、コンセプトアルバムっていう事で、僕はデヴィッド・ボウイが好きなんですけど、「Ziggy Stardust」とか、ちょっとよぎりました。あれは宇宙から降りてきたロックスターですけど、このスペース感が
「あ~はいはい
「良いですね。この80年代90年代ぐらいに思い描いたSF感。ね~ビジュアルもそうですし
「80年代の頃の、未来への憧れみたいなところ、って、最近ちょっと失われてる感じは僕らあって。
「そっかそっか。好きなんですね。そういった映画も、きっと、WONKの皆さん
「僕がSF好きで。
「あっ、そうなんだ
「なので、今回、ストーリーも僕が一応、脚本みたいなものを書いて
「ちゃんとストーリーがあるんだね
「はい。で、みんなにね。で、一緒に曲を作っていった
「脚本ありきの作品でしたね
「これ、イントロダクションから、まず『EYES』が流れたのは良いよね、幕開けが。だから、この曲が僕は一番…これからもっと聴きこんでいけば好きな曲いっぱい出てくると思うんですけど。今んとこ、僕は、お気に入りです
「あ~嬉しいです

吾郎店長もお気に入りの一曲
NEWアルバム『EYES』から1曲
🎵 EYES / WONK

WONKと相思相愛!
「や~もう、曲を流してる間も、いかに僕らの事を昔から好きでいてくれたか、っていう、愛を語って下さって
吉「井上さんも先程、Tweetで、「すごく緊張する」って。「ほん怖世代だ」と。
「ほん怖世代⁉
「そうなんですよ。
「そっか。ほん怖の子たちって、今、29歳ぐらいかもしれない
「そうなんですよ。まさに、僕らが中学生ぐらいの時に、五字切りやってました
ww
「五字切りが出てくるとは
Bandicam-20200624-173734370

吉「どうですか?今日は、吾郎店長、目の当たりにして、というか、直接ご覧になって
「嬉しいですね。いや、もう、今年一番、緊張します、僕ら
「ダントツで

「お料理とかワインもお好きだっていう風に、ね
長「そうなんです。元々、仕事でビストロでシェフやったりしてて
「あ、そうだったんですか
「お店、やられてるの、伺ってて。いつか行きたいな~という風にずっと思ってました
「や~もう、行きましょう、みんなで
「是非
「香取くんも一緒に
「わ、最高です、それは
「ここから近いですから
「是非、お願いします

レコーディングの時の会話
「香取くんとどういう会話してたの?
「レコーディング終わって、ね~、この制作どうだった?みたいなお話とか。昔の話とか。どの曲がみんな一番好きなの、みたいな話を。
「あ~僕らが歌ってきた曲
「その裏話とか、色々
「あ、そうなんだ。へ~~。後で聞こうかな、僕も
www
「今、電波にのっけると又ザワっとしちゃうから。
www
これだけでもザワっとするんだよね
「そっか~世代だね。嬉しいですね~。それでまた、こうやってご一緒できてるって事が…や~、う~ん

Newアルバム
「で、アルバム、アートブックとかあるんだよね。ビジュアルがカッコいいよね
「ありがとうございます。1曲1曲の場面をテーマにしたアートワークが全曲分ある。全部で20数ページにわたった作品ですね。で、最後の背表紙にCDが、アルバムがポンと埋め込まれている
「新しいですね~
「プラスティックに入ってるようなCDを作らないので、それだけを

お二人の音楽のルーツ
「これまでどんな音楽に影響を受け、触れてきたんですか?
「WONKは、バンドとしては変というか、特殊で。メンバー4人いるんですけど、全員、音楽のルーツがバラバラだったりして。一応、共通するところでは、ジャズとかソウルミュージックとか、みんな一通り聴いてはいるんですけど。趣味、バラバラよね。
「ホントにバラバラで。WONKで、いまだに情報を共有というか、情報交換しあってるところもあるぐらい
「それが、でも、良いんじゃないのかなぁ
「今回の『EYES』でも、かなり曲の感じのふり幅ができたなって思ってて。そういうのは、やっぱりメンバーが各々、自分の好きな方面を探求しているから、それがぶつかり合った時に良いものができるんじゃないかなと、僕ら、思ってるんですけど
「なんか、一貫したメッセージはあるけど、凄く個性が、ね、バラバラだし。それぞれのメンバーの方の個性が出てい

影響を受けた音楽ルーツから
WONKの井上さんセレクトの一曲
🎵 Raspberry Beret/ Prince & The Revolution

「あ、でも、なんか分かるよね。プリンス聴くと、そっか、ここから影響受けて今のWONKが、って、流れみたいなもの、少し僕も感じましたけれども。

これからの活動
「ツアーも延期になってしまいましたし。諸々計画していたことが…僕らだけじゃないですけど。なので、年末までツアーをおあずけということで
「これから、また、あるんですよね。
「この夏は3DCGのライブを。映像の中で僕らもアバターになって登場してライブをする
「へ~~。WONKの世界観だったら、ね、いいですよね
「ライブやってる所を映像に映して配信してもいいんですけど、なんかちょっとひねった事をね、もっと面白い事ができるんじゃないかと
「なんか、演奏してる時のパフォーマンスも色々、見てみたいですね。僕はそのイメージがないので。
「是非是非。ライブができるようになったら、ライブも是非、来てください
「一緒にやりたいよね~
「「一緒にやりたいよね~
「さっき、ちょっと僕、直談判したじゃないですか。ななにー出て欲しい!
「いつでも。。大人の方々、出ますよ、僕ら。出ま~す
吉「宣言した
「なんか、お客さん入れてやりたいね。大丈夫になったらね。WONKのファンの方と僕らのファンの方で。今後が楽しみです。

吉「そろそろクローズのお時間が近づいてしまいました。改めて、WONKのNewアルバム『EYES』は、現在、配信中です。来月22日には完全予約限定生産のLPサイズアートブック付きCDもリリースされます

今日はいかがでしたか?
長「緊張しすぎて、あっという間すぎて。すごい楽しかったです、ホントに、お話しできて。
吾「段々、目を合わせてくれるようになって
井「僕はもう緊張して、いつもよりも全然、舌が回らず
長「声のトーンが低いんだ、今日は。本当に緊張してるんだ
井「いつもはね、もうちょっとハキハキ喋るタイプなんですけど
「WONKは気だるくいて。

吉「今後ね、新しい地図の皆さんとWONKの皆さんの、たくさんのコラボ、楽しみにしています
「「よろしくお願いします


ではまた明日、午後3時にお会いしましょう
さよなら~~

~~~~~~~~~~~~~~
終了後
WONK公式インスタ
Bandicam-20200624-174324850
Kentoさん 次はメンバー全員で
Bandicam-20200624-173901549
Kanさん 夢のような時間
Bandicam-20200624-173938879
Goro Twitter 
今夜はBlue Moonを
Bandicam-20200624-174508022
Arataさん
Bandicam-20200624-174434380
Ezakiさん
Bandicam-20200624-174635954

WONK RADIO #012 2020.06.26
26日の生配信で「稲垣吾郎さんと念願のご対面裏話」
最後の方にあります。もう~ホント、微笑ましくて
https://www.youtube.com/watch?v=ec0QvCGyMTA&feature=youtu.be

« 編集長 稲垣吾郎 2020.06.17 #181 | トップページ | 6月度~TV、ラジオ、雑誌など (随時更新) »

The Trad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 編集長 稲垣吾郎 2020.06.17 #181 | トップページ | 6月度~TV、ラジオ、雑誌など (随時更新) »