2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 編集長 稲垣吾郎 2020.05.06 #175 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2020.05.13 #176 »

2020年5月16日 (土)

【THE TRAD】2020.05.12 #63 (ゲスト:TOKU)

【THE TRAD】 #63
2020年5月12日
TOKYOFM 20200512
THETRAD 稲垣吾郎 ラジオ レポ
202005120512trad_toku____

<本日のメニュー>
①「ENTERTAINMENT MAP」
ゲスト:TOKU(ジャズ・ヴォーカリスト/フリューゲルホーン・プレイヤー)
②「リスナーのリモートご来店」1名
③OAリスト
M1 Life on Mars? / David Bowie
M2 笑顔 / いきものがかり
M3 AIN'T THAT CUTE / Doris Troy
M4 Elis / 渡辺貞夫
M5 New Neuron / 五十嵐一生
M6 Love Is Calling You / TOKU
M7 Blue Smoke / TOKU

~~~~~~~~~~
<オープニング>
ナレーション
ここは東京の片隅にひっそりと佇む小さなレコードショップ。店の名前は『TheTrad』。2時間だけオープンするこの店には、毎日、上質な音楽が入荷しています。さ~そろそろ、ドアが開くようです。

(こ芝居w)
吾:吉田くん、吉田くん、聞こえてる?
吉:あ、吾郎店長、すみません
吾:もうお店の開店時間だよ。聞いてないと思ったら、イヤホンで何聴いてるの?
吉:実は、10日に60歳の誕生日を迎えたU2のボノさんが自分の人生を支えた曲を年齢に合わせて60曲を選んだプレイリストを発表したばかりなんですよ。気になりますよね
吾:へ~どれどれ…どんな曲が入ってるんだ? ビートルズにプレスリー、クラフトワーク、セックス・ピストルズ、パヴァロッティ、プリンス、カニエ・ウェスト、ビリー・アイリッシュ。僕の好きなデヴィッド・ボウイも入ってるじゃないか!
吉:はい
吾:大きな音で聴きたくなったから~かけちゃおうかな。今日はこの曲でオープンです

🎵「Life on Mars?」  David Bowie

<吾郎店長のプレイリストぷち情報>

「JUJUさんに紹介して頂いてから、サラヴォーンを聴いてるかな~。でも、色々かな。この番組というか、このお店の店長になってから、音楽のジャンル、幅も広がったかな。」

<Stay Home, Stay Tuned!
「THE TRAD」リモートご来店ウィーク

4月13日から始まったこの企画、吾郎さまとリモートを介してお互いの姿を見ながらお喋りができる最高の機会

RN(ラジオネーム):ゆずさん
恒例の店長のファッションチェック
とても春らしい装いと、ショコラブラウンの髪色がお似合いですね。紫色のワンピースと。

なんと!吉田店員の大学の後輩。食品会社で広報のお仕事をしてるそうですが、SNSをチェックしたら、雑誌「MORE」のOfficial bloggerの方でした。オリジナル商品のおつまみ缶詰「缶つま」がオンライン飲みにおススメだそうです。
Bandicam-20200514-175321704

オンライン飲み会はまだ未経験な吾郎さん、興味は大いにあるみたいです。

🎵「笑顔」  いきものがかり

<リスナーからのメッセージを読みながら吉田さんとお喋り>
Q. 模様替え、しますか?
もうしないです。この部屋とこの家具にはこの配置が完璧って思っていて。でも、非常にテレビが見づらい。テレビがあんまり主役になる部屋だとちょっと嫌だしさ。テレビって消してるとただの黒い四角じゃん。だから、テレビは部屋のあまり目立たない所に置いてるから…テレビが見づらい。
「吾郎店長のお部屋は、お花が主役ですもんね
良いこと言うね~ボーナスアップ
「ありがとうございます。下さい、いいかげんww
なんか、まな板の上に置いたアスパラガスみたいなワンピースが似合ってますよ
「(笑)ベージュの地に緑のストライプなんですが、アスパラガスじゃないです
お似合いです。それをインスタにアップして下さい

(吉田さん、インスタにアップされてました。金太郎ちゃんと言われた赤いワンピース姿とアスパラちゃんと言われたのも。両方ともお気に入りのお洋服で。可愛いです。吾郎さま、”まな板の上のアスパラガス”の発想がすごいです。咄嗟に出てこないですよね。シュークリーム→金太郎ちゃん→アスパラちゃん 次は何だろう?)

Q. 香りはどうですか?
僕も好きな香水であったりとかアロマキャンドルとかね。ヤンチェでも出してますけれども。持ち歩いたりもしますし。香りは大切ですね。香りは結構、衝動買いしちゃう。

Q.今、どこにいるの?
「事務所から。窓から強い日差しが入ってきてます
いいな~。ここはかなり渋いですよ。ナレーション撮りとかやるような。窓がない。そっか、まだ明るいんですね
「黒い半そでのTシャツで
長袖だし
「あ、違った
アスパラ
「wwアスパラって呼ばないでください。シュークリームの方がいいです
20200512b


<ENTERTAINMENT MAP>
リモートご来店: TOKU さん

吾「こないだ番組でもご紹介しましたね。和製のチェットベイカーさんですね。フリューゲルホーンの生の音も聴けるのかな?ちょっと期待してしまいます。お願いしちゃいましょう

ボンジュール(フランス語でご挨拶w)
初めまして~~
20200512c

ジャズヴォーカリスト
フリューゲルホーンプレイヤー
来週20日に、パリでレコーディングされた「TOKU in Paris」をリリース
日本より先にフランスで今年1月にリリースされていて2月にはパリをはじめヨーロッパでツアーもやっていた。

吾「初めてお会いするので、TOKUさんの事やフランスのジャズシーンについてのお話などたっぷり伺いたいと思います。その前に、TOKUさんに、StayHomeにお勧めのジャズナンバーをセレクトして頂きました

<TOKUさんお勧めのジャズナンバー>
①🎵「Elis」 / 渡辺貞夫
1960年代からジャズシーンをリードされているアルトサクソフォン・プレイヤーの 渡辺貞夫さん。様々なスタイルの音楽をやられている。今年87歳、まだ現役バリバリ。1988年にブラジルでレコーディングされたアルバムから。

吾「聴いてみたい。地球の裏側にみんなで一緒に行きましょう
TOKU「いいですね~行きましょ行きましょ


②🎵「New Neuron」 / 五十嵐一生
ず~っと大ファン。2017年にリリースしたアルバム『Ballads of a sullen horn man』から。 じっくりと染みる曲

染みるね~今けっこう溶けてきてるけど、もっととろけちゃうな。この時間帯、良いですよね
「いや~~TOKUさん、良いですよ、これ
「じっくり聴かれてましたね
今、SNSで調べまくってました。ちゃんと買います。
[是非是非


「トランペットでジャズっていうと、マイルス・デイヴィスとか浮かんでくるんですけど。ちょっと違うんですか?
「マイルス・デイヴィスは五十嵐さんは一番影響を受けてると思いますね。
「最近、薦めていただいたマイルス・デイヴィスのアルバムを家で聴くことが多いんですけれども。僕も全然詳しくないんで、トランペットの違いとかあるのかな~と思って聴いてたんですけど。
「ハーマンミュートで、こういう音色に。一生さんのトレードマークになっている。
「柔らかくて、丸い感じがしますね
「そうですね
「お勉強して、知って聴くと又違ってきますもんね
「より楽しいと思いますよ

(五十嵐さん、すっごく喜ばれてます。こうやって繋がっていくんですね~)
Bandicam-20200514-175650370

Bandicam-20200514-175520882
Bandicam-20200514-175553808

<TOKUさんのプロフィール>
1973年、新潟県出身。日本唯一のジャズ・ヴォーカリストでフリューゲルホルンプレイヤー。子供の頃から父親の影響でジャズを始め。中学ではブラスバンド、高校大学ではポップスやロックのコピーバンドなど幅広く音楽にふれ、アメリカ留学時にルームメイトとジャズバンドとしての活動を開始。ライブハウスで歌っているところをアメリカのラジオパーソナリティにスカウトされて、2000年にアルバム『Everything She Said』でデビュー。これまで、m-floや平井堅さん、今井美樹さん、シンディローパーなど、ジャズの枠を超え様々なアーティストとコラボレーションされています。

73年生まれ、吾郎店長と同い年ですね。

(フリューゲルホーンを見せてもらう)
「デザインがカッコイイ。可愛らしくもあり懐かしさも。

(吹いてもらう)
「わ~すごい。誰かウイスキーロックで持ってきて、みたいな。少し丸みと優しさが感じられる

最新アルバム『TOKU in Paris』より
🎵「Love Is Calling You」
http://www.sonymusic.co.jp/artist/TOKU/discography/SICJ-30019

Bandicam-20200520-234017310

「この曲、大好き

「これはちょっとアップめな感じの
「そうですね、なんか元気になる。ドライブする時とか 個人的にはジョギングする時とか聴きたいかな

<最新アルバムの制作秘話>
曲の断片だけ書いて、わざと曲を仕上げずにレコーディングの時にみんなで話しをして、それで作り上げた。

「すごいよね。ジャズって、アドリブというか、皆さんそういう事仰るじゃないですか、
「ミュージシャンたちも技量とセンスが高いので、逆にそっちの方が良い結果が出るかな~と思って。
「その場の空気感とかも伝わってきますもんね
「そこは大事にしたいなと思ってるところです

「去年の7月にパリでスタジオに4日間。僕にとっては初めての正式なヨーロッパでのリリース盤。素晴らしいミュージシャンばかりで、僕のやりたい曲の意図をこっちがそんなに説明しなくても汲み取ってくれて演奏で期待以上のものを返してくれるっていう。本当に至福の時でしたね。

「その時のレコーディングを見たいですね

<フランスとアメリカのジャズの違い>
フランスとアメリカのジャズって、違うんですか?漠然と、ジャズってアメリカなのかなと思っちゃうんですけど
「アメリカから渡ってきたっていう解釈で良いと思います。ただ、フランスには独自のマヌーシュというジプシーと呼ばれてる人たちがいて、独自の文化サウンドを作ったりもしてますね。実はフランスは色んなサウンドがあるところですね。アフリカも近いですし、様々な音楽があります。

「デビュー20周年を控えて、ホントに至福の時だったんですね。すごい伝わってきます。

<TOKUさんのおうち時間>
身体を動かすことが好きなので、散歩とか。練習も。今まで読めてなかった本を読んだり。

<TOKUさんから>
「僕も大変、皆さんも大変だと思いますが、医療従事者の方々、物流に係わる方々、特に命がけだと思うので、感謝をしたいと思います。この場を借りて思いを伝えさせていただければなと思います。それから、人同士、いがみ合ったりしないで、というのが重要だと思います。」

「こんな時だからこそ、人を思いやる気持ちを大切にしたいなと思います。そんな我々のおうち時間を豊かにしてくれる素敵な音楽をいっぱい教えて下さって、ありがとうございました。」
「そう言って頂けるとホントに嬉しいです
「ちょっと、今夜ね、紹介して頂いた曲を聴きながら、僕はね、ワインを飲むのが楽しみです」
「(笑)嬉しいな~嬉しいです

「今度、スタジオの方にも来て頂いて、ライブで聴かせてください
「ライブできるようになったら、ライブにもいらしてください
「勿論!伺います♪

最後に、もう1曲。
「TOKU IN PARIS」から
🎵「Blue Smoke」

<リスナーからのメッセージを読んで>
①倒立
「倒立」って、逆さまのやつでしたっけ?
「逆さまのやつですよ、アスパラちゃんw
「アスパラちゃん…金太郎よりはいいけどw
「倒立は健康にいいんだよね、血の巡りがよくなる
「内臓も元の位置に、重力で下がりっぱなしだったのが戻っていいとか。できます?吾郎店長
「草彅剛さんもすすめてますけどね。僕が出来るかどうかは、ちょっと、ご想像にお任せいたします
「ご想像か~
「できないですね、多分。壁があったら出来るかもしんないけど

②ストレス解消法「お風呂そうじ」
「分かるよね~僕もすごい好きですよ
「どのくらいのペースで掃除します?
「3日に1回ぐらいはするかな
「結構、頻繁ですね
「大体、シャワーあびてる時に、まずね、身体洗いながらお風呂も洗ったりとかしてるから。そんなに汚れない
「キレイさを保ちますよね
「吉田さんは1週間に1回ぐらいですか?
「ま~2週間に1回ぐらいですかね~
wwww


又、来週月曜日午後3時にお会いしましょう~~

~~~~~~~~~~~~~
吾郎さんと吉田さんのコンビw
どんどん面白くなりますね
お二人ともどちらかと言うとボケの方だと思うんですけど
だからか、ツッコミも柔らかめ

GORO語録
・テレビって消してるとただの黒い四角じゃん
・お勉強して、知って聴くと又違う
・アスパラちゃん
・シャワーしながらお風呂も洗う

 

« 編集長 稲垣吾郎 2020.05.06 #175 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2020.05.13 #176 »

The Trad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 編集長 稲垣吾郎 2020.05.06 #175 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2020.05.13 #176 »