2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ゴロデラへの思い ←最終回は沢木耕太郎さんご出演!←3月終了が発表されてしまった←【ゴロウデラックス】存続希望のハガキ・メールを!! | トップページ | ななにー【新しい別の窓】#014 2019.04.30 »

2019年5月12日 (日)

編集長 稲垣吾郎 2019.05.08 #123

今週も盛りだくさんのお話であっという間の30分でした。ケ太郎からインナーウエア選びから舞台の共演者のお話から好きな音楽まで~素敵な女性誌になってますね♪

<今週の目次>
・スカルプD-ケケケのケ太郎はコスプレ
・GORO’s Search 「最先端のインナーウエア選び」
  ☎瀬畑茉有子さん(モデル)
♪「カプチーノ」 ともさかりえ
 舞台を終えて、この4人の関係は永遠
♪「Love」 Kendrick Lamar

ラジオ レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
【編集長稲垣吾郎】#123
2019年05月08日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

東京都の___さんです
スカルプDのCMキャラクター、びっくりしました。ケケケのケ太郎に扮した吾郎さんが麗しすぎて、正にこの世のものとは思えません。表参道に掲げられた広告、通りがかりの人が思わず見ていました。妖怪になった気分はいかがでしたか?CM撮影時のエピソードを教えてください。≫

そうですね
今回は、スカルプDシャンプー、
女性用シャンプーとメンズシャンプーがあるんですけれども。
ま、そのCMキャラクターとして、ケケケのケ太郎として、は~い、任されることになったんですけれども。

そう…や、面白かったですね~。

やっぱり、あそこまでの恰好っていうのは、中々ふだん…もうコスプレですよね。コスプレというか。う~ん。もう、あそこまでいくと、すごく、なんかもう、振り切って、楽しかったというか。うん。それこそ、衣装も、イチから作ってもらって。髪の毛もね~うん、地毛プラス、少しこう、なんかエクステみたいなもので前髪を長くして付けたりとかして。うん。自然に見えるようにね、ケ太郎ヘアにしてるんですけれども。や~面白かったな~。

まぁ、このシャンプーは、もうホントに頭皮の事を考えた、
髪の健康は頭皮からというね、そういうコンセプトで。うん。

頭皮には、もうホントに良いシャンプーなので。皆さんにも是非!使って頂きたいな~と思いますし。僕も使ってますし。しかも、これ、すごいね、色んな頭皮の状況とかによる、環境、自分の頭皮環境によって又シャンプーの種類を選べたりとかして。僕なんか比較的、乾燥系なんで。オイリーではないので。ま、それにピッタリのシャンプーを、今、使わせて頂いてますけれども。うん。

皆さんもね、是非!お勧めいたしますので、是非使っていただきたいなと思います。
Ketarovisual

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラ・コジマの提供でお送りします!
~~CM~~

――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

この番組は「女性誌を作る」というコンセプトなのですが、ま、ついね、戦闘機とかモデルガンとかね、ちょっと僕の趣味の話に走ってしまうことが多々ありますので。そこで今回の「GORO’s Search」はですね、女性にしか分からない女性のための最新情報をお届けしたいと思います。

美意識が高くて最新情報にも非常に詳しいモデルの瀬畑茉有子さんにお話を伺います。


吾:もしもし~初めまして、稲垣吾郎です
瀬:初めまして、瀬畑茉有子です。よろしくお願いします
吾:よろしくお願いいたします~

吾:今日はちょっといつもと違うパターンなんですけれども。モデルの茉有子さんに体験しに行ってもらった、という事なんですけれども
瀬:はい。ある場所に行って、自分の身体に合ったサイズを直接調べられるという体験をする事ができました
吾:はい

瀬:女性って、実際に大体7割の女性の方が勘違いしたサイズのブラジャーを着用してるみたいなんですね。インナーウエアの選びは、女性の身体を美しく見せる為にとても大切なんですが、誰にも相談できずに悩んでいる女性って結構多いみたいで。例えば、お洋服だったらSMLとかあると思うんですけれども、下着だと、どうしてもショップ店員さんに触ってもらってサイズを見てもらうとかメジャーで測ってもらったりというところで、私も含め、そういうのが苦手な方って結構多いみたいなんですね
吾:うん。そうですね

190417_omotesandou_01
瀬:そういうところも含めて、今回、【3D smart & try】 という、3Dボディスキャナーで見てもらいに行きました
吾:3Dボディスキャナー…すごいですね~立体的に正確に、多分、計測できるっていう事ですよね
瀬:そうなんですよ
吾:これ、やっぱり、主にブラジャーなんですか? 胸というか
瀬:ブラジャーもあるんですけど、身体全体を3Dボディスキャナーでちゃんと測ってもらってるので、ショーツなんかも自分に合ったサイズっていうのを教えてくれるんですよ
吾:なるほど~
瀬:うん

吾:やっぱり、ちょっとね、同じ女性同士といっても、ね~、絶対、抵抗ありますし、ね~
瀬:そうですね。特に、初めて…店員さんで、私も直接話しかけられるのがあまり得意ではない方なので。それで、下着となると、結構、抵抗があるっていうか…

吾:これ、やっぱり、男には分からないですね~。男も、きっと厳密にいったら、サイズ測った方が良いんでしょうけれども。まぁでも、なんか、男性の下着って、ちょっと余裕があるじゃないですか。
瀬:そうですね、トランクスとか色々
吾:そうそうそう。ボクサーブリーフとかでも、まぁ余裕がある程度あるわけだし。女性って、やっぱり、かなり、タイトですよね。服も、タイトなもの着た時にはアタリが出ないようにとか。だからやっぱりその辺はピッタリ合ってないと結構ストレスになりますよね
瀬:そうです。胸のトップとアンダーバストっていう差があるので、胸に山があるのでその分、こう、サイズが合わないとプカプカしちゃうというか、浮いてきてしまったりして、ちょっと着心地が悪かったりするんですね
吾:あぁ~なるほどね

瀬:実際に、ワコールさんのお店を体験できる所が表参道ヒルズにありまして。実際に私も先月行ってきました。
吾:ね~なんか写真が。はいはいはい。あっ、分かります。今、1階に出てますね、ポップアップスペース
瀬:そうなんですよ。無料で体験できて、3Dスキャンって、あっという間に計測できるので、あんまり時間をとらないで測ることができました

吾:やっぱ、人に会わないというか…人には会うけど、計測してる時にね、そこで人がいなくて、このロボットでやってもらえるというのが、これ、デカいですね
瀬:そうですね。入口はスタッフの方がいらっしゃるんですけど、奥はもう扉が閉まってて、自分で3Dスキャンのマシーンの中に立って、5秒間停止してスキャンするだけっていう感じで。ホントに、もうサクサクッと終わりました
吾:なるほど。へ~面白いね~。何だろな、靴とかだったらありそうだけどね。スニーカーとか
瀬:私も、自分で使ってたサイズのブラと全然違ってたので(笑)

吾:あ、そうですか。細かいサイズを確認できるということですね
瀬:3Dスキャンして、で、実際に「接客AI」というものもあって、例えば、腋の下の肉をスッキリさせるようなブラが欲しいとか、胸をボリュームアップさせるような見せ方にしたいっていう、自分の好みをまず選んで、で、プラス、お花柄が良いとかスポーティな感じが良いっていうイメージ像が出てくるので、それを選んで、今の自分の3Dスキャンの身体+自分の好みに合うベストなブラを提示してくれる
吾:そっか、提示してくれるから、既製品でも見つけられるってことなんですね
瀬:そうなんです。今ある既成のブラで、こういう物がありますよ、っていうのを、写真出してくれて、その後それをプリントアウトしてくれるので購入できます
吾:あ、すごい。それは良いですね。逆に優しいかもしれない

瀬:そうですね。今、表参道ヒルズのポップアップストアが5月12日までなんですけれども、5月30日木曜日からは東急プラザ表参道原宿4階に「ワコール 3D smart & try」がオープンするみたいなんですね。なので、お手軽に正確にサイズを知りたい方なんかは是非、足を運んでみてはいかがでしょうか

吾:そうですね~ これはもう皆さん、興味津々なんじゃないでしょうかね~多分
瀬:はい
吾:結構、人に言えない悩みだったりもしますしね
瀬:そうですね

吾:7割っていうのは驚きですね、合ってない
瀬:そうなんですよ。殆どの方が、結構やっぱり抵抗があるみたいで。なので、もし、吾郎編集長も、ちょっと機会があれば是非(笑)
吾:まぁいつもならね、今度行ってみます、って大体、僕、言うんですけど。ま、ちょっと今回はね、さすがに。そのAIロボットにはなってみたいですけどね
瀬:(爆笑)見る方ですね。チェックする方
吾:見る方は良いですけどね。僕もチェックできますからね、多分
瀬:そうですね(笑)

吾:そうなんだ~まぁでも、これ、男には分かんない。ほら、ただでさえさ~、やっぱり、ブラジャーってすごいストレスなんじゃないかな、って思うわけですよ
瀬:そうなんですよね。なんかこう、ワイヤーが入ってたりすると、ちょっとこう骨に当たって痛かったりするとか、動いたら、合ってないブラだと上に上がってきたりする場合もあるので

吾:しかも、なんか、綺麗な、自分にピッタリの下着を付けてた方が、スタイルもこう保持できるんじゃないですか?
瀬:そうですね。
吾:絶対そうですよね。健康にも繋がってくる、美容と健康にもね

瀬:あと、ブラジャー以外にも、結構、ボディスーツとかガードルとか、ショーツとかランジェリーとかで、自分に合ったサイズっていうのも纏めてバ~ッと出てくるんですね。
吾:すごいね~
瀬:は~い。トップバストとかウエストとか、二の腕とか太腿まで出してくれるので、結構自分の下着選び以外でも、自分の身体のサイズをまず知りたいっていう方もお試しに行くのは良いのかな~と思います

吾:なるほど~。やっぱり、自分にピッタリの物を着てると、ホント、ラクですもんね
瀬:そうですね~
吾:僕らなんかも、たまにオートクチュールでね衣装とか作ってもらったりすると、こんだけ違うんだって思いますし
瀬:うんうん

吾:でも、良いですね。これから、こういう時代になってきますね、ホントに
瀬:なんか、どんどんどんどん、そういう風に、ピッタリと、気軽にサクッと、自分の合う下着とか洋服が出てくるのかな~って、そういう時代になってきたのかなとは思います

吾:そっかぁ~。これ、もうかなり、皆さん、興味津々だと思いますので、聴いてる方も
瀬:無料なので、サクッと行ってみてください
吾:ね~そうですね、早く、こんなにサックリできるんだったら、皆さん、行かれるんじゃないでしょうかね
瀬:そうですね

吾:は~い、ありがとうございました、今日は
瀬:は~い、楽しかったです
吾:じゃぁまた、よろしくお願いします
瀬:よろしくお願いします~

今日はですね、最先端のインナーウエア選びについて、モデルの瀬畑茉有子さんに伺いました。ありがとうございました。

以上、「GORO’s Search」でした。

(女性ならではのこういうテーマも、男の吾郎ちゃんがお話しても全然いやらしくならない。興味本位の気持ちがなくて、共感する部分を素直に話してくれてるからじゃないかな。そういうとこ、すごい素敵だな~って、いつも思います♡)

――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

神奈川県___さんからのリクエストメールです
≪リクエストは、ともさかりえさんの「カプチーノ」をお願いします。今回の舞台は数年前の「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」と同じメンバーということで、久しぶりに会う共演者の皆さんとの息もぴったりでしょうか。皆さんとお食事会などされましたか?≫

あ、それで、ともさかさんの「カプチーノ」なんですね
ともさかさんね~、曲も出されてたんですね。結構色々とやりますよね~女優さんですけれども。ホントに、ね~、彼女も多分十代の頃からやってるんじゃないかな~。芸歴、長いですよね~。

そう、ま、今回、13年ぶり…数年前というか、もう13年前なんですね、「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」。

ま、同じメンバーで、ま、楽しくやってましたけれども。
そうですね、久々に皆さんとお会いしても、あんまり…13年間てすごく前な感じがしますけれども、やっぱ、会うとね、なんか一気にその時間が縮まってしまうというか。うん。なんか、やっぱり一度、ずっと1か月間ね、同じ板の上に立っていたんで。なんか、その息っていうのは、稽古の頃からピッタリ合ってて。本番も、毎回毎回、良いお芝居をね、お客様に伝える事ができたんじゃないかと思いますけれども。うん。

そうですね、食事会とかは…ま、でも、何回か行きましたね。うん。

なんか、そんなに…良い距離感というか、結構こう、大人の距離感というかね。ベタベタしすぎず、ま、だからと言って、すごくこう、結び付いてるところでは結び付いてますし。なんか、良い関係でやらせていただいて。うん。ま、そこが、この、4人が作り出す空気なんでしょうね。う~ん。

何だろな、例えば、「No.9」の時とかっていうのはね、やっぱり、自分よりもけっこう年下の俳優さんとかも多かったり、人数も多かったりして、結構こう、食事行く回数とかは、なんか多くなったんですけどね。うん。

やっぱ、なんか、その座組の雰囲気ってありますよね。
ま、座長が作るものなのかな~とも思うんですけど。うん。

ま、この4人は、でも、なんかすごくサラッとしてて良いな~こういう感じもね。なんか、お芝居もすごく勉強になりましたし。う~ん。まぁでも、ホントにやっぱり、大竹しのぶさんと段田さんが、ね~やっぱり、こう言っていいのか分かんないですけど、還暦を過ぎてもね、パワフルで、エネルギッシュで、もうなんか、まだまだ背中を追いかけてる感じですけれどもね、僕もともさかさんも。「すごいな~」って、ホントに毎回毎回、勉強させていただいてたんですけれども。う~ん。

それではお聴きください

ともさかりえさん、
「カプチーノ」

ね~、1か月の公演だったので、なんかね、もう少し地方公演とかもね、やれたらいいかな~と思ったんですけれども。この4人の関係って、ず~っと永遠なのかな、というか。う~ん。ま、再演もいいけど、又なんか違う演目で、やっても楽しいのかな~なんとも思ったりもしましたし。うん。良いですよね、中々そういうメンバーっていないですもんね。うん。

ある意味、だから、ホントは再演という事を一番望んでたのかもしれないですけれども、違う作品でもこの4人が凄く面白くなるな~と思ったので、逆にこれは、うん、この「LIFE LIFE LIFE」になって良かったのかな~とも思いますし。ま、又、「ヴァージニア」もやりたいな~という思いもあるし。「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」の、あのしのぶさんと段田さんというのは、僕もまた見たいなとも思いますしね。う~ん。

まぁなんか、今後も、ね、やっぱ舞台でご一緒させて頂きたい3人かなと思いますね。はい。


――――――――――――――――――

「GORO’s Music Library」

僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲をお届けする「Music Library」。

今日はですね、そうですね、この番組でかけようと思ったんですね~~。 Isley Brothersって、結構、僕、前も好きだつって、「Summer Breeze」とかをおかけした事があったんですけれども。なんか、Isley Brothersの「That Lady」って曲があって。それをですね、なんか、カバーしてるアーティストがいて。ま、ヒップホップ好きな人ではもうかなり有名ね、な~、ケンドリック・ラマーという方なんですけれども。

僕は、もうホントにヒップホップ、全く詳しくないし、あんまり普段も聴かないのでね。ウィル・アイ・アムとかはね、まぁお仕事も一緒にさせて頂いたりとかして、ね~ウィルの曲はすごい僕も好きなんですけれども。

で、色々、ケンドリック・ラマーの楽曲を聴いてたら、なんかちょっと、今の気分にふさわしくなってきて、ですね~(笑) なんかたまにヒップホップも良いな~なんて。綺麗なヒップホップは、僕、元々好きなんですよ。

まぁなんか音楽に関しては、このコーナーでも、結構いろんなジャンルにわたってご紹介してるので、あまり一貫性が無いと多分思われてるかもしんないんですけど。でも、ちょっとステキですね、ケンドリック・ラマー。うん。その中でですね、「Love」っていう曲が、すごく僕は気に入ってしまって。う~ん。すごく綺麗な曲なので、皆さんにも気に入って頂けるんではないかなと思いまして、選曲させていただきました。

Kendrick Lamar
「Love」

――――――――――――――――――

皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

・「GORO’s Column」へは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集する「GORO’s Search」。リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております
・リクエストは「GORO’s BreakTime」
・お便りは、「GORO’s Essay」
・「GORO’s Music Library」では、僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^

« ゴロデラへの思い ←最終回は沢木耕太郎さんご出演!←3月終了が発表されてしまった←【ゴロウデラックス】存続希望のハガキ・メールを!! | トップページ | ななにー【新しい別の窓】#014 2019.04.30 »

編集長稲垣吾郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴロデラへの思い ←最終回は沢木耕太郎さんご出演!←3月終了が発表されてしまった←【ゴロウデラックス】存続希望のハガキ・メールを!! | トップページ | ななにー【新しい別の窓】#014 2019.04.30 »