2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 一覧:稲垣吾郎のオフィシャルブログ (Ⅱ) <随時更新> | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2019.05.22 #125 »

2019年5月17日 (金)

編集長 稲垣吾郎 2019.05.15 #124

<今週の目次>
・ヤンチェのリップクリーム、香りはその時の気分で
♪「Nobody Compares to You」 Gryffin
・「編集会議」
 ①コンバージョンホテル
 ②奥渋の「ターンテーブル」
 ③アプリ「Ex CAMP」
♪「Grateful Days」 Dragon Ash
・福岡ファンミで、5歳の子に「キレイ」と言われる吾郎
♪「Lust For Life」 Drake

ラジオ レポ joqr 文化放送 吾郎編集長
【編集長稲垣吾郎】#124
2019年05月15日 編集長 稲垣吾郎

「編集長 稲垣吾郎」

稲垣吾郎です
僕が編集長となって、皆さんと一緒に女性誌を作っていくというラジオ番組、今週はどんなネタが届いているんでしょうか。それでは、編集会議を始めよう~

――――――――――――――――――

「GORO’s Column」

コラムメールをご紹介します

神奈川県の___さんです
≪吾郎さん、こんばんは。ケケケのケ太郎のアンファーさんとヤンチェオンテンバールコラボレートしたアロマリップクリームが発売されました。男女兼用とのことですが、吾郎さんは、ローズ・オレンジ・グリーンの3つの香りの中でどの香りが一番お好みでしょうか?≫

うん。ね~そうなんですよね。
僕も、これは、ヤンチェオンテンバールのインスタを見て知ったんですけれども。(笑)インスタを見て知ったって…遅いかな(爆笑) すごい素敵ですよね、ヤンチェのインスタもね~。うん。あれで結構僕も商品チェックをしてるんですけれども。は~い。

ね~アンファーさんと…う~ん、ミノキ兄弟とケケケのケ太郎でお世話になってるアンファーさん。ケ太郎の方は、ホントに、コマーシャルも評判が良くて。ね~なんか又、あの恰好したいですよね。先週もおハガキありましたけれども。なんか…あのケケケのケ太郎の恰好で、やっぱりケ太郎、歌いたいですよね。ね~せっかくですから。ダメなのかな?歌っちゃ。(笑) 

そう、今回、このアンファーさんの、ね、ケ太郎のコマーシャルの時には、水木プロの方々にもホントに協力してくださって。鬼太郎の色んなグッズとかも頂いて。(笑)うん。僕らね、子供の頃から、もうず~っと、それは親しんできた「鬼太郎さま」ですからね~。うん。

今、しかも、鬼太郎って、ね~、アニメーションで日曜日の午前中にやってるんですね。こないだ、たまたまテレビつけたらやってて、ちょっと見入ってしまったんですけれども。勝手に、ケ太郎はね、鬼太郎に親近感を…ま、僕が真似してるだけなんですけどね。は~い。
Bkzc73q

ま~そのケ太郎のアンファーさんとヤンチェオンテンバールのリップクリーム。う~ん。

これ、でも、僕、香り…勿論、商品はね、一度手に取って見たんですけれども。なんかでも、こういうのってホントに、気分によって…結構、リップって、僕、いくつも持ち歩いちゃう方なんですけど。なんか、ちょっと気分によって、つけかえちゃったりするんですよね、贅沢に。リップくらいだったら何本か持ってていいかなと思っちゃってね。う~ん。

ま~基本的には、この中だとやっぱ、ローズが好きですけどね。

まぁ、やっぱ、薔薇って、花も好きですし、香りも僕はすごく好きなので。ね~、ローズの香水を使ってたり、ローズのボディクリームを使ってたりする事もあるので。

でも、ホントに、浮気性です、僕は。こういう物に関しては。その時の気分に、ホントに、よって、変えてしまうので、統一性は無いんですけれども。だから、ね~、皆さんも、色々と、気分によって3つの香りを試してみてはいかがでしょうか

――――――――――――――――――

ここで1曲お聴きください

Gryffinで、
🎵「Nobody Compares to You」

――――――――――――――――――

「編集長稲垣吾郎」、ビックカメラ・コジマの提供でお送りします!
~~CM~~

――――――――――――――――――

「GORO’s Search」

今週は「編集会議」を行います。

①茨城県の___さんです
≪編集長は、コンバージョンホテルをご存知ですか?コンバージョンとは変換・転換を意味します。奈良県にある奈良そごうの7階は回転展望レストランでした。それを生かして、360度のパノラマが眺望できる和テイストのホテルにしました。島根県の奥出雲多根自然博物館の建物の中にホテルを作り、宿泊客は21時ごろ、博物館を鑑賞できる。その外にも、家電量販店を改装したホテルは駐車場が大きいので大型バスが停めやすい。自分専用の釣り堀があるホテルや、相撲部屋を改装したホテルなど、宿泊代も安く、1泊3000円から泊まれるホテルもあります。全てにおいて言えるのは、元々の建物と共存して相乗効果をあげている事です。≫

あ~~良いですね~
コンバージョン…う~ん。ま、中古の建物をコンバージョンする事で、工事期間を短縮して建設コストも抑えられるという、事なんですね。なんか、有効活用だな~と思うし。うん。

それこそね、なんか、映画『半世界』の上映が決まった、ね、映画館も…埼玉県の深谷の、造り酒屋だった所が映画館になった、という所もあるみたいで。そこでも、なんか、映画『半世界』の上映が決まったみたいなんですけれども。面白いですね。造り酒屋が映画館ですよ。

(酒蔵の映画館「深谷シネマ」ですね。5月19日~25日「半世界」上映予定とのこと)
Photo_1
なんか、今、こういうのブームなんでしょうね。時代なんでしょうね。しかし、これ、自分専用の釣り堀があるホテルって面白い、どういう事? ま、家電量販店を改装したホテルが駐車場が大きいっていうのは、ま、なんか想像がつきますよね。う~ん。へ~~~。

ま、因みに、僕が初めて一人暮らしをしたマンションは、多分、ホテルを建設中にマンションに変わってしまったんじゃないかなって。僕が勝手に想像しただけなんですけどね。なんとなく、作りが。ここ、ロビーにするつもりだったのかな~?とか。分かんない。これ、僕の勝手な想像だったんですけどね。(笑)うん。ま、そういう事もありますよね。建設途中からね、変えていくっていう事もあると思うし。う~~ん。

(鏡張りの部屋、みたいなこと仰ってましたよね。ゴロデラのロケで行かれたので見れましたけど、エントランスに螺旋階段があって、すごくお洒落なマンションでしたよね。)

面白いですね、この、360度のパノラマの眺望ができる、和テイストのホテルっていうのも非常に興味ありますし。う~ん。ね~なんか、倉庫だった所がスタジオになる、とかね、そういうのはよくありますけどね。いや~、非常に、僕は、こういうのすごい好きですね。うん。時代に合ってると思うし。うん。なんでもかんでも壊して作って壊して作って、ってやっていく事が全てじゃないというか。なんか、僕は、こういう考えがすごい好きですけれども。


②続いて、埼玉県の___さんです
≪吾郎さん、こんばんは。奥渋にある「ターンテーブル」はご存知でしょうか?ここは実は、徳島県の覆面情報発信交流拠点なんです。徳島県が公募で選んだ工務店が運営し、年間の賃料も県が大部分支払っているのです。一切、宣伝せず、取材もほぼお断りしているそうです。お洒落な奥渋で、洗練された空間と美味しい食材を通じて、徳島の良さをじっくり知ってもらうというのが目的です。徳島出身の私としては、気になってしかたがない施設なのです。4月には吾郎マダムたちが(笑)渋谷に集合することになりそうなので、(笑)宿泊もランチも乾杯もできる「ターンテーブル」を是非、編集長で、ご紹介してください≫

何ですか?吾郎マダムたちが渋谷に集合するって
これは、舞台でね、(スタッフが何か言って)はいはい、分かります。先月の4月にね、はいはい、東急の周りに、ね。僕も渋谷区のマダムですからね。(笑)

ま、奥渋というのはね、奥渋谷の略で、神泉とか松濤、富ヶ谷とかね、宇田川町の辺りを言うんですけれども。はいはいはい。へ~~「ターンテーブル」っていうお店ね。

徳島ね、無いんですよ、僕、行ったこと。う~ん。

阿波踊りとか、すごく良い…ね、興味はあるんですけど。

なんかもう、絶対そういうお祭りとか、なんかああいう雰囲気が得意ではない、あまり好きではない、というお友達も、阿波踊りには嵌って。なんか、しょっちゅう行ってるって人、いるんですよ。う~ん。

ま、例えば、僕の友達のヒロくん、高野さんが浅草でお神輿を担ぐって、それは想像がつくじゃないですか。好きそうじゃないですか。まぁホントに彼はお神輿を担ぐのが大好きで、三社祭とかで担いでるんですけどね。うん。でも、なんか全然そういうタイプの人間じゃないのに、阿波踊りは、「もう、とにかくやって。吾郎さん、一度経験して」って、ず~~っと言われてんですよね。トランス感覚っていうのが、う~ん、最高だっていう風にね、いつも言ってくれて。まだ行けてないんですけれども。う~ん。

でも、なんか、徳島から来たレストランとかね、ご飯屋さんとかっていうのは、うん、何軒か好きな店もあったんですけどね。う~ん。グルメな印象もありますよね。確かに、色々と。そうめんとかね。スダチ、わかめとか。う~ん。

なるほど~。ま、ちょっと、レポートお待ちしてますよ、むしろ。
僕も、まぁまぁまぁ、ちょっと行ってみたいし。

こないだ、「ななにー」の、4月のね、1週目にやった「ななにー」も、スタートが渋谷だったじゃないですか。斎藤工さんが、ね、来てくださって。あん時に、ほら、ニンニク料理、うん、あれもいわゆる、奥渋辺りですね。まぁ、あれは、僕の舞台の都合上、(笑)ね、シアターコクーンに近い所で、斎藤工さんが好きなニンニク料理を食べれる、ってポイントでそこになったって感じだと思うんですけど。ね~でも、すごく評判の良いお店みたいですし、ねぇ、僕はちょっと残念ながら食べれなかったんですけれども。う~ん。皆さん、美味しいって言ってたんで。そこにも行ってみたいですね~。は~い。

レポート、お待ちしております。

「徳島に行ったことない」と仰ってますけど、セブンイレブンのビストロスマップのお弁当を売るために5人が全国に散った時、吾郎さまは徳島県のどこかだったんですよね。でも、吾郎さまの記憶にはそこが徳島だとは認識されなかったんでしょうね。多分、空港に着いて車に乗せられて現場に連れてこられてお弁当を売って速攻帰ってきた、という事でしょうね~wwそんなんじゃ徳島に行ったことあるなんて言えないってことかも)


③続いて、大阪市の___さんです
≪編集長は、休日にキャンプなんていかがでしょうか。と言っても、そこはスーパースターの稲垣吾郎、その辺のキャンプ場では自然の中でゆっくるするどころか、熊が出たのかと間違えられるほど大騒ぎになりそうなので、本当にリラックスできる場所を提供したいと思います。そんな、誰もいないのに、整備は整っている場所などを見つけられるのが、「Ex CAMP」です。こちら、民泊の土地バージョンです。使っていない土地や眠らせている土地のオーナーとキャンパーとを結びつけています。星が煌めく中、オールフリー片手に、「生きてるっ」を感じるのも最高の贅沢ですよね≫

へぇ~~
なるほど~。面白いですね~。アプリで、こういうのあるんですね。

キャンプね~。
ま、オールフリーのコマーシャルの時に、体験したんでね。(笑)う~ん。まぁ、興味はありますけどね。綺麗ですね~確かにね。今、アプリ、見てるんですけど。へ~~。あ~でも、良いですね。まぁ、色んな値段とか条件によって、自分にピッタリなものを選んでくれるっていうアプリなんでしょうね。うん。

ちょっと、これもレポート、お待ちしておりますよ。(笑)

以上、「GORO’s Search」でした。

――――――――――――――――――

「GORO’s BreakTime」

ラジオネーム___さんからのリクエストメールです
≪仙台のファンミーティングに参加して、吾郎さんの自己紹介、「東京生まれヒップホップ育ち稲垣吾郎です」が、意外で面白かったので、この曲をリクエストします。Dragon Ashの「Grateful Days」。この歌がヒットした当時、替え歌を作って遊んだ記憶が蘇り、仙台から帰ってきてもフレーズが頭から離れなくて困りました。≫

そんなこと、言いましたっけ?
そんな事を自己紹介で言った記憶はないんですけどねぇ
しかも、僕は、ヒップホップ育ちではないので。う~ん。

ま、最近はちょっと、ケンドリック・ラマーが好きって、ちょっとヒップホップなのかな、もしかしたら、最近。ちょっときてるかもしんないね。いやいやいや、まぁでも、懐かしいですね、この曲もね~。う~ん。

Dragon Ashで、
🎵「Grateful Days」

――――――――――――――――――

「GORO’s Essay」

ラジオネーム___さんです
≪先日はNAKAMA to Meetingで、福岡まで来てくださってありがとうございました。本当に楽しくて嬉しくて、まだ夢の中にいるようです。福岡の情報番組では、NAKAMAの皆さんのインタビューも紹介されていましたが、その中で、吾郎編集長のファンだという5歳ぐらいの女の子が「吾郎ちゃんのどこが好き?」と聞かれ、「歌ってる時、キレイだから」と答えたんです。カッコいいとか歌が上手いとかではなくて、一番の印象が「キレイ」。吾郎編集長、さすがです。≫

ありがとうございます。
そんな…歌ってる時は、全然キレイじゃないですけどね。(笑)う~ん。まぁでも、嬉しいですね、5歳の女の子が。う~ん。福岡の情報番組…そっかそっか、会場のインタビューをされてたんですね。うん。

ね~ホント、5歳ぐらいの、もうホントにお子様から、ね~もうホント、幅広い世代の方々に来ていただいて。ね~今回は、「お一人様シート」なんかもあったりとかして。一人でね~いらして下さるNAKAMAの皆さんもいたりとかして。もうホントに、ね~、NAKAMA to Meeting、ファンミーティングをやれて良かったな~と思いますし。うん。や~楽しかったですね~。

勿論ね、ホントにもう何十年も昔から応援して下さる方々も大勢ね来て下さったんですけれども。やっぱ、新しいね、新規の、もうここ1~2年ぐらいでファンになって下さって、初めて、生の僕らを見る、っていう方々もね、結構来て下さったりとかしたんで。うん。

なんか、そこも面白いですよね。なんか、ファンの皆さんの中での交流とか、ね~、また友達の輪がね、NAKAMAの輪が増えた、みたいな事を、皆さんの色々Twitterとかで拝見させていただくと、もう僕らは、ホントにそれはそれで嬉しいな~と思いましたし。

ね~この5歳の子も、これからもず~っと来て欲しいですよね。(笑)ホントに。ね~ホント、嬉しいですね~。お母さんと来たのかな?下手したら、もう3世代で来られる方とかも、ね~、いらしたりしたので、ホント嬉しいな~と思うんですけれども。

ま、僕らも、いつまでもね、そう言ってもらえるように、身も心もね、綺麗でいないといけないな~と思うので(笑)。は~い。ありがとうございました。

以上、「GORO’s Essay」でした。

(そのエンタメニュース、SNSで見せてもらいましたけど。5歳ぐらいの女の子、吾郎ちゃんが大好き、って、ホントに可愛かったですね^^)

――――――――――――――――――

「GORO’s Music Library」

続いて、Music Libraryです。もう、今日はやっぱり、ヒップホップじゃないですか。ね~。「東京生まれ、ヒップホップ育ち、渋谷区在住」ですかね~今ね。

このDrakeっていう方もね、カッコ良いですよね。多分、ヒップホップ好きな人は誰でも知ってるぐらい、有名な方だと思うんですけれども。カナダ人のね、ラッパーの方らしいんですけれども。この曲を、皆さんにお勧めいたします。

Drakeで、
🎵「Lust For Life」

――――――――――――――――――

皆さんからのメッセージ、お持ちしております。

・「GORO’s Column」へは、身の回りのちょっとしたエピソードをお寄せください
・興味のある話題を特集する「GORO’s Search」。リスナー記者の皆さんからのネタをお待ちしております
・リクエストは「GORO’s BreakTime」
・お便りは、「GORO’s Essay」
・「GORO’s Music Library」では、僕の音楽ライブラリーから今の気分にふさわしい曲を選曲します

メールアドレスは、goro@joqr.net
ハガキの方は、〒105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」まで。
お相手は、吾郎編集長こと稲垣吾郎でした
それでは又来週~ばいば~い^^

« 一覧:稲垣吾郎のオフィシャルブログ (Ⅱ) <随時更新> | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2019.05.22 #125 »

編集長稲垣吾郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 一覧:稲垣吾郎のオフィシャルブログ (Ⅱ) <随時更新> | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2019.05.22 #125 »