2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 編集長 稲垣吾郎 2019.05.01 #122 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2019.05.08 #123 »

2019年5月 5日 (日)

ゴロデラへの思い ←最終回は沢木耕太郎さんご出演!←3月終了が発表されてしまった←【ゴロウデラックス】存続希望のハガキ・メールを!!

2019.04.26

4月26日発売の「週刊文春WOMAN vol.2」
『ゴロウデラックス』8年間で出会った318冊】8P

「彼はいい男だねぇ。下町の本屋さんのような番組になったらいい」
ゲストとして出演した永六輔は、かつてこう口にしたという。
やりきってないという無念と、充実した思い出と―。
番組終了の数日後、稲垣に話を聞いた。
Dsc_3795_1
D5h4zdeucaamybk_1
吾郎「今は残念な思いが強いというか、やっぱり寂しいですね。番組でできることをやり切ったなら終わってもいいと思うけど、もうちょっと続けられたし、続けたかったなって思いは正直あります。お会いしたかった、もう一度会いたかった作家さんもいっぱいいたんです。」
外山「徹子の部屋みたいに、末長く続けてほしかったです。4年間、吾郎さんのそばにいて圧倒されたのは、質問力というかインタビュー力。本質に迫るような質問を、淀みない言葉でズバッと聞ける方なんです。この才能をこのままにしておくのは、絶対もったいないですよ。いつかまた『ゴロウデラックス』がやりたいです。それが難しければ、名前を変えて別のメディアでこの番組の精神を引き継いで欲しい。」


吾郎さんはゴロデラ終了に関して殆どその胸中を話していないです。この記事には吾郎さんの思いが詰まっています。どうして終わらなくてはいけなかったのかいまだに不可解ですが、ファンとしてできるのは復活の要望をTBSに送り続けることではないでしょうか。それしかないと思います。↓↓3月6日付けのところに要望先が書いてあります)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2019.03.15


残すところ、あと1回の放送です
3月28日(木) 沢木耕太郎 「銀河を渡る」
18

この番組スタッフさん達は最後まで素晴らしい
沢木氏の出演を可能にして下さった
沢木氏が諸々の事情をご存知で、番組へのはなむけとして出演して下さる
そして、実際に吾郎さんに会って、「澄んだ明るい表情をしていて… 逆境での闘いに挑んでいるというよりも楽しく闘っているのではないかと感じました」と。
そう、新しい道を進んでいるんだもの、前へ前へ
私達には悲壮感はない
こうして味方になって下さる方がいっぱいいらっしゃる
きっと次の展開があるはず


WebMedia
BookBangより
BookBangへ

稲垣吾郎「ゴロウ・デラックス」最終回ゲストは「沢木耕太郎」 熱烈オファーに快諾

3
月いっぱいで終了することが正式発表された稲垣吾郎さんがMCを務める「ゴロウ・デラックス」。 一冊の「本」がテーマの異色バラエティとして8年間続いてきた人気番組の最終回ゲストが、『深夜特急』で知られるノンフィクション作家・沢木耕太郎さんであることが分かった。

沢木さんはテレビにはほとんど出ないことで知られているが、小学校以来の『深夜特急』愛読者である「ゴロウ・デラックス」関係者から熱いオファーがあり、いわば番組への餞(はなむけ)として出演を快諾したという。

気になる収録の様子について番組関係者は、「収録の冒頭では、職業柄か、ゲストのはずの沢木さんが次々に質問を繰り出して、稲垣さんを慌てさせる一幕もありましたが、それだけにスタジオは盛り上がりました」と明かす。

収録を終えた沢木さんは稲垣さんについて、「初めてお話ししましたが、澄んだ明るい表情をしていて、会う前に持っていた印象とかなり変わりました。彼の挑戦は知っていたので、応援したいという想いで出演OKしたけれど、実際に会って話してみると、逆境での闘いに挑んでいるというよりも、楽しく闘っているのではないかと感じましたね」と語った。





~~~~~~~~~~~~~~~~~
2019.03.06

3
5日のTBS改編発表会にて、
「ゴロウデラックス」終了が正式発表されました。

石丸彰彦編成部企画総括は、
番組終了の理由について聞かれ、
深夜の1段目2段目はそこまで強くない。GP帯に打って出る番組をそろえるため」と話した。

この理由???
 
全く意味が分かりません。深夜とゴールデンでは視聴者層が全く違うと思うし、今まで、深夜で評判になった企画をゴールデンにもっていって成功したものがあるのでしょうか??


2017
831日の時の「ゴロウデラックス」の継続理由が、
石丸「良質な番組なので引き続き編成させていただきました。本当に良い番組だと思っている

2018
96日の時の継続理由が、
石丸「良質な番組。一定の層からの人気もある。閉じる理由がない。」


なのに、半年後には、番組終了
納得できない理由で切り捨てられました
この半年間に何があったのでしょうか??
色々と勘ぐってしまいます

ブックバラエティというTBSさんが作ったこの新しいジャンルを
こんな秀逸な番組を自ら終わらせてしまうなんて愚かだ。
本当に悲しすぎる

 他に方法は無かったのでしょうか?

8
年間、毎回、ゲストに合わせて構成や美術などすごく考えられていました。プロデューサー・スタッフ・MCのお二人(吾郎さん&外山さん)とハンコ作りを頑張ってくれた親太朗くん、皆さんの情熱と誠意あってこそですよね、本当に素晴らしい番組でした。宝物のように大切にしてきました。

 でも、この理不尽などこにも投げられない憤りの気持ちを抑えて、
この8年間の感謝とお礼と、今後の要望をしっかりTBSに伝えていかないと、と思います。そして、ゴロデラ番組スタッフさんには素晴らしい番組を作り続けてくれた感謝の思いを伝えたい。この素晴らしい番組がこのまま消えてしまっていいはずがない。この先の良きタイミングで蘇らせるためにも、今、TBSさんへ私達の熱い想いを前向きな思いを伝えなければ。多くの声をTBSと番組に届けることが大事。。。数が重要。。。 

Twitter
などのSNSでいくら呟いても先方に届くとはかぎらない
TBSへ
、番組へ、直接、メッセージを送らないと。

・ハガキ
107-8066 東京都港区赤坂5-3-6 TBS「制作局 及び 編成局」御中

☎ 03-37466666

・メール&電話:テレビ番組へのお問い合わせ・ご意見(視聴者センター )
TBS視聴者センター 


・視聴者サービス部宛メッセージフォーム 
メッセージフォーム

・ゴロデラご意見ご感想



出演して下さった皆様が、
「悲しい、ショック、残念です」ってTweetして下さっています

春日太一氏
「無念です。配信での継続もかけあってみましたが、難しかったようです。『本&著者とちゃんと向き合ってくれるテレビ番組』が消えること、あまりにも残念。」

今村昌弘氏
「ああ……。お世話になった身としては残念すぎる。これにかわる番組は見当たらない。今は稲垣さんの新たなご活躍に期待するだけ…。」

最果タヒ氏
「えっ…出演して本当に本当に良かったと思える番組だったのに…この番組はあくまで作品に寄り添って作られていて、その姿勢が現場でも強く感じられて、書き手としてとても嬉しかったです」

大家さんと僕
「とても残念です。事前の綿密な打ち合わせ、スタッフの方々の熱意、そして稲垣さん外山さんの温かさと作品に対してのリスペクト。矢部さんが出演した回でのお二人の素晴らしい朗読と、「大家さん、僕とランデヴーですよ」の稲垣さんの格好良すぎる一言、忘れられません」

燃え殻さん
「う~ん…とてもとても残念。この番組で知った作家や書籍が個人的にたくさんありました。番組ゲストが決まった時、担当の編集者の方、新潮社の方々が、どっかんどっかん喜んでくれたのを覚えています。本番直前、稲垣さんが僕の緊張を察して、声をかけにわざわざ来てくれたことを覚えています」

編集者Pitさん
「ウラに何があったりするのかは皆目見当もつきません。でも、出版業界視聴率は抜群に高い番組なので、ただただ寂しい…。」

等々
終了を悲しむたくさんのTweetがあります



ゴロデラの最後の収録は34日だったそうです。
6日の大阪ファンミーティングで吾郎さんが、
「皆さんとなら叶えられない夢はないと思います」
「おかげさまで、これからも皆さんが追い付けないくらい沢山のお仕事が入っているので」と、仰ったそうです
私たちの悲しみショックを全てご存知のような、このタイミングでのご発言

吾郎さん剛くん慎吾くんは、前を向いてどんどん進んで行ってますね
くよくよしてる暇はない~頑張って追いつかないと!!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2019/02/11


佐藤結衣さんのコラム

ゴロウデラックス 今春終了に存続希望する多くの声 稲垣吾郎が作る”唯一無二”の空間
佐藤結衣さんのコラム


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2019/02/06

数日前、スポ紙1紙が「ゴロデラが終わる」と報じました。そのニュースソースは何なのか分かりませんし、スポ紙だし1紙だけなので嘘記事なのかもしれません。

TBSは何も報じていませんし、お電話で問い合わせた方が「そのような話は聞いておりません」との返事を頂いたそうです。

しかし、失ってからでは遅いので…TBSさんと番組宛に「これからもずっと観たいです。この秀逸な番組をずっと続けて下さい」との番組応援支援のメール・ハガキを送りましょう。私たちの思いはきっと届くはずです

【ゴロウデラックス】は今年の4月で9年目に突入します
大御所作家さんや映画監督さんが「ゴロデラなら」と出演を快諾して下さる番組です。MCの吾郎さん、外山さん、ハンコ作りの親太朗くん、そして番組スタッフさんの誠意ある番組作り、努力と熱意と真摯な姿勢を続けてきた賜物だと思います。

~~~~~~~~~~~~~

悲観的な事を書くのではなく、丁寧な前向きな言葉で番組の存続をお願いした方がいいと思います。番組の感想も添えて。番組への愛を込めて。

ハガキ
107-8066
東京都港区赤坂5-3-6 TBS「制作局 及び 編成局」御中

☎ 03-37466666

メール&電話:テレビ番組へのお問い合わせ・ご意見(視聴者センター )
TBS視聴者センター 


視聴者サービス部宛メッセージフォーム 
メッセージフォーム

ゴロデラご意見ご感想

« 編集長 稲垣吾郎 2019.05.01 #122 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2019.05.08 #123 »

goro」カテゴリの記事

ゴロウ・デラックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 編集長 稲垣吾郎 2019.05.01 #122 | トップページ | 編集長 稲垣吾郎 2019.05.08 #123 »