2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 劇評~いろいろ @「No.9-不滅の旋律」 | トップページ | 稲垣吾郎のSTOP THE SMAP 11/05 #188 »

2015年11月 4日 (水)

大歓声とブラボーに包まれて@「No.9-不滅の旋律」大阪千秋楽

舞台「No.9-不滅の旋律」
大阪公演 10月31日~11月3日 5公演
オリックス劇場

巨大パネル
(ACTの大きな窓一面に飾られていたのと同じかな)

Dsc_0785

Dsc_0784

Dsc_0777

Dsc_0781

Dsc_0774

大阪・千秋楽に行ってきました
もう~~凄い凄い凄い

ACTシアターより約1000席も多い大劇場ですよ
どんなにか凄いことになるだろう~と予感してました
これは絶対にその場で感じたいと・・・

あ~もう~ホントに凄い
何度観ても感動で涙が止まらない。。。
指揮する姿がベートーヴェンにしか見えない
その指揮が、更に凄みを増してる
凄い

ルートヴィヒ吾郎の指揮が終わって、暗転、と同時に、
劇場中に湧き起る~大歓声~ブラボー~ブラボー

スタンディングオベーション

その中に混じる「ごろ~~」「ゆうこ~~」コール

もう、なんか、分けわかんなくなっちゃいましたよ
熱情と歓喜と興奮のるつぼ

大阪公演も、全公演、スタンディングオベーション!
前代未聞!だそうです^^

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大阪公演を観劇された方のTweet

朝からあのスタオベの熱気が忘れられない…と呟く母。そんな母の昨日のブログを覗くと…『この感動をどう表現したらいいのだろう。言葉が貧困な私にはこの心の雄叫びを上手く伝えられない。稲垣吾郎の演技の素晴らしさ! まるでベートーベンそのもの!大島優子の演技にも大喝采!何回も何回ものアンコール!稲垣吾郎の指揮で舞台も観客席も総立ちの「 第9 」の大合唱!人生の中でこれ程の感動はそうそうないだろう!嬉しい事はしょっちゅうある。でも、この感動はまた異質のもの!涙が溢れた。体当たりの演技は人の心をこんなにも打つものなんだ!と、未だ興奮覚めやらぬ私である。数少ない洋服の中から、精一杯のおしゃれをしてきてよかった〜。和服の正装の人もいて感激だった。』
吾郎さん、キャスト、スタッフの皆さん、母にこんな素敵な時間を本当にありがとうございました!再演熱望!



hanabiも全く同じ思いです
この方の声が吾郎さまに届くといいなぁ~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~
ヴィンテージクラシックス⑭

TBSとベートーヴェン⑭
ベートーヴェンと平和とワインと】
稲垣吾郎ベートーヴェンは、大阪公演をやりきった。三階までの満堂。大喝采が大滝のごとく演じ終えた役者たちに降り注いだ。 
稲垣吾郎は、かつて明智小五郎だった。金田一耕助のときもあった。
それぞれによかった。かげりの味がよい。複雑味がある。
しかし、ベートーヴェンが役者人生のはまり役となったのではないか。
きょうご覧になった方からのコメントである。
『大感動でした。泣かせて頂きました。稲垣吾郎さんは、ベートーヴェンそのものでした。素晴らしいです。家内も大喜びでした。』
この方は、お年嵩の大変なクラシック音楽通の方である。
稲垣吾郎さん、皆さん、お疲れ様でした。
大成功である。
さて、祝杯は、ワインだろうか



本当に嬉しいコメント

~~~~~~~~~~~~~~~~
稲垣吾郎さんはこんな風に仰っています
@舞台のプログラム

<音楽の力>
僕にとって演じることは、その役と出会って、向き合って、対話して、自分の中に浸透させること。どんな役も最初は他人なので、人見知りもしますが、舞台は時間をかけて取り組めるので、そこが魅力です。
今回向き合うのは、ベートーヴェンです。激情の人だけに、とてもエネルギーが要ります。でも、すごく人間味があって、どんな人だったのか知れば知るほど面白い。偉大な人物ではあるけれど、身近に感じてもらえたらいいのかなと思っています。
…… 《略》 ……
ベートーヴェンの音楽の素晴らしさ、さらには音楽というものの素晴らしさを、感じていただけたら嬉しいです。

~~~~~~~~~~~~~~~

こんなにも観劇後の感動の余韻が深い舞台は、そうそうあるものではない
それも一人や二人ではなく、観劇後の喜びがネット上に溢れている
あの割れんばかりの拍手と歓声と高揚したブラボーの叫びに、
皆の歓喜の思いが集約されてると思う

東京初日から大阪千秋楽まで、
全ての公演でのオール スタンディングオベーションがその証

« 劇評~いろいろ @「No.9-不滅の旋律」 | トップページ | 稲垣吾郎のSTOP THE SMAP 11/05 #188 »

goro 舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大歓声とブラボーに包まれて@「No.9-不滅の旋律」大阪千秋楽:

« 劇評~いろいろ @「No.9-不滅の旋律」 | トップページ | 稲垣吾郎のSTOP THE SMAP 11/05 #188 »