2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 【No.9-不滅の旋律】制作発表@都内 | トップページ | ゴロウデラックス 6/25 #168 (ジェーン・スー) »

2015年7月16日 (木)

制作発表会見、囲み取材(全文)@「No.9-不滅の旋律」

2015年7月14日
舞台『No.9-不滅の旋律-』

・制作発表会見
・囲み会見(全文)

サントリーホール
ブルーローズ にて

2015.07.14
《制作発表会見》

[SMAP稲垣吾郎ベートーヴェンと「魂を震わせ合う」!運命をともに]

稲垣吾郎(41)と大島優子(26)が14日、東京・赤坂のサントリーホールで舞台『No.9―不滅の旋律―』製作発表会見を演出家の白井晃氏(58)、脚本家の中島かずき氏(55)とともに開いた。

 音楽家ベートーヴェンが聴覚を失ってから、最後の交響曲『第九番』を生み出すまで、作曲家、人間としてどのような半生を送ったのかを描いた作品。

 苦悩などに揺れるベートーヴェンを稲垣が演じることとなり、「まさか、自分がベートーヴェンって最初は驚いたんですけれども、『SMAP』の中でも奇人変人ぶりは負けないので、豪華なスタッフやキャストに囲まれているので、ベートーヴェンのようにお客さんの心を感動させるような舞台に仕上げることができるんじゃないかと思っております」と、早速リップサービスで、報道陣を沸かせることに。

 「テレビや映画ではベートーヴェンを演じるのはなかなか難しいことだと思うので、舞台ならではと思いますし、稽古期間から本番まで11日を楽しみながらやりたいと思っています」と、稽古に入ることを心待ちにしつつ、「その期間、ベートーヴェンに蘇ってもらって、僕と、魂を震わせあいながら、運命をともにしたいと思います」と、すでに心構えは万端のよう。

 そんな稲垣へ、白井氏は「稲垣さんが俳優として歌手として活動しているという部分とどこかシンクロしていくと思っていまして、稲垣さんがベートーヴェンの苦悩を演じることで、稲垣さんの中に、ベートーヴェンの苦悩を引き寄せて頂き、自分のものとして表現して頂くということが一番ではないか。それは、政治的に混沌とした時代ではありますけれど、表現者としてどのようにやっていくのかというのは、ここにいるみんなが持ちえる苦悩だと思いますので、そのへんが出てくればいいなと思っています」と、起用理由を。

 中島氏は、「167年前に、つかこうへいさんの、『広島に原爆を落とす日』でおかしさと孤独などを合わせ持った、かなり複雑なキャラクターをなさっていたんです。舞台役者として、花開く瞬間を観ていました。その翌年に月晶島綺譚という作品で、出演していただいたんですが、自分としては、もう一歩踏み込みたかったなという思いがあります」と、“リベンジマッチ”という意味もあるようで、「稲垣さんでベートーヴェンと聞いて、自分の中であっと思うくらい、イメージがシンクロしたんです。稲垣さんが演じるということ前提で書かれたベートーヴェンですので、体現してもらうのは楽しみだと思います」と、期待を寄せた。

 演出・脚本からそんな声が寄せられるなか、歴史上に残る偉大な人物を演じるということへ稲垣は、「ビックリしたというか、僕らは小学生ぐらいから音楽室にいけば写真が張ってたり、音楽を聴いていました。その彼が苦悩して、芸術の波の中で人生を生き抜いたというのが分かっていても、周りにどんな人間がいたかとか、パーソナルな部分が描かれているものは僕はあまり知らなかったし、映画とか舞台もそんなにないですよね。そこは僕はすごく面白いなと思いました。脚本も読ませいただいて、本当に面白かったし、そういった人間関係でこうやって愛されて愛して人生を送ってきたんだというところに触れることができたので、そういうところを11つ丁寧に演じていきたい」と、抱負を口にしていた。


《囲み会見》
SMAP』の稲垣吾郎と大島優子が14日、東京・赤坂のサントリーホールで舞台『No.9―不滅の旋律―』製作発表会見後、報道陣向けに囲み会見を開いた。

稲垣演じる音楽家ベートーヴェンが聴覚を失ってから、最後の交響曲『第九番』を生み出すまで、作曲家、人間としてどのような半生を送ったのかを描いた作品。大島は、ベートーヴェンの才能に惹かれ、作曲活動を支えていくという架空の人物マリア・シュタインを演じる。

■以下、全文

報道:現在のお気持ちは?
稲垣:楽しみですね。脚本を読んで素晴らしかったし、ベートーヴェンって僕だけかもしれませんが、イメージはあっても、どんな人に囲まれていたとか、どういう人生を送っていたとか、どういう苦悩を乗り越えてああいう素晴らしい音楽を作っていったのかとか、知らないことが多かった。モーツァルトとかはよく映画になるんですけどね。今回すごくおもしろいと思いました。ベートーヴェン、ピッタリだと思いますよ。たぶん、ベートーヴェンさんは200年くらい前の方ですけど、毛質は普遍的ですから、毛質は近いんじゃないかなと思います(笑)。くしくも演出の白井さんもくせっ毛なんで(笑)

報道:舞台でも地毛でやられるんですか?
稲垣:結構ロングヘアなんで、いまは検討中です。

報道:できたら地毛でお願いします!
稲垣:じゃあ髪の毛を振り乱して(笑)

報道:会見中15秒スポットのCMも公開されましたが、あれも地毛ですか?
稲垣:あれはウィッグというか。ちょっと長いんです……。(このままだと記事が)髪の毛のことしか使われなさそう(苦笑)。

報道:違った一面を見れるような感じでしょうか?
稲垣:いろんな要素が詰まっていますので、ベートーヴェンの狂気とか。コミカルな要素とかもありますので、人間味あふれるベートーヴェンで、こういう人なんだなって。

報道:何かもう演技プランはできてきていますか?
稲垣:まだまだですね。舞台というのは、稽古場に入ってまっさら状態からみんなで顔を合わせて、1からみんなで作っていくものなので、フライングするものでもない。

報道:共演の大島優子さんはいかがですか?
稲垣:公開される『ロマンス』という映画を拝見させて頂いて、ちゃんとした映画は初めてかもしれません。『紙の月』とかも観ましたね。初舞台ということですごい楽しみです。先程の会見でも盛りがっていた「気が強そう」って、お2人(演出の白井晃氏と脚本の中島かずき氏)の男性が言ってましたよ(笑)

報道:大島さんお強いんですか?
大島:女所帯にいて、トップを走っていた人はそうに違いないと(苦笑)。

報道:実際のところいかがですか?
大島:まあ、気が強くなきゃやっていけなかった。

報道:根性はある方ですか?
大島:あるかな(苦笑)。そこは根性というか初舞台なので、根性をへし曲げてもらうぐらいな気持ちでいろんなことを叩き込まれたいなと思っています。そこは踏み潰されても踏み潰されても腐らないように、本番までには押し上げて押し上げていきたいなと思っています。

報道:稲垣さんに頼りたい部分はある?
大島:もちろん!お芝居にかんしては初なので、姿、姿勢、手先、つま先まで全部観て吸収させて頂きたいなと。
稲垣:いやいやいや(苦笑)。全然僕も……、そうですかねぇ……。僕は意外と根性もないし全然ダメなんですよ。でも、頼もしいコメントだったのですごいなと。ステージとか立たれている方なので、ステージ慣れしていると思う。
大島:でも、(ライブステージとは)別のものなので。
稲垣:お客さんとかの空気を感じながら、気持ちは伝わってくるし、絶対お客さんがいないと成り立たない。それはライブも舞台も同じことなので、お客さんの感じをつかめてないと、絶対に無理だと思うので。その感覚は慣れていると思います。

報道:稲垣さんはそうおっしゃってますけどこれで安心なのでは?
大島:すぐにこの場で教えて頂いているなと。すごい学ばせて頂いています。本当に何も分からないので、なんかブラックホールにいる感じです。何をつかめばいいのかも分からない状態です。

報道:話が来たときのことは?
大島:どうしようと思って、嬉しいですけど、白井さん演出で中島さんでとなったら、この前『ジャンヌ・ダルク』を観たばかりだしと思いながら、そこに飛び込めるんだというのもすごく嬉しかったんですけど、でも、不安も大きくて。そこで稲垣さんとご一緒と聞いて、ベートーヴェンだとお聞きして、歌番組とかでは何度かご一緒させて頂きましたので、そこは安心して臨めるなというのは変わりました。

報道:稲垣さんの印象は?
大島:あまりお話したことがなくて(苦笑)。
稲垣:(SMAP5人でいると、僕は引く方で、「ここは僕が出る幕じゃない」と。意外とおしゃべりなんですけどね。個人的に共演すると仲良くなれるんですけど、5人の中の僕と共演すると決して仲良くなれません。だから、『AKB48』のみなさんは「この人、気むずかしいんじゃないか」と思っているのでは。舞台は家族みたいにずっと一緒なので、心を通わせないとできないものなので。

報道:SMAPメンバーにはもう出演は伝えている?
稲垣:まだ、誰にも言ってない。SMAPいつもそうですよ。こういう会話多いですよね。紙面とかを見て知る。

報道:みなさんいらっしゃいますかね?
稲垣:2人は来ないかなぁ。木村(拓哉)くんと中居(正広)くんはまだ、あまり来てくれたことないから。

報道:でも大島さんが木村さんと共演するから来るのでは?
稲垣:じゃあ来てくれるかな(笑)。

報道:舞台タイトルにかけて稲垣さんにとって不滅なものは?
稲垣:それはやっぱり、僕らはやっぱりねぇ。ずっと『SMAP』としてやっているので『SMAP』メンバー5人なんじゃないでしょうかね。なんか、言わされて言ってる感じのニュアンスで伝わると面白いかなと。
報道:それは本音も入っている?
稲垣:もちろん。

報道:最近の悩みは?
稲垣:あんまり悩まない生活なんです。先程もおっしゃっていましたけど、少し悩み多きとか、気むずかしそうな感じと言われるんですが、意外とフラットな状態で、誰でも受け入れられますし、たぶん、ベートーヴェンさんとそこは違うと思うんですけど、イメージの中で、そういうのお持ちの方がいるかもしれません。

報道:ベートーヴェンは生涯独身でしたが、稲垣さんも?
稲垣:そればっかりは分かんないですね。
報道:中居さんからは無理ではないかと言われてましたけど?
稲垣:みんな言うんですよね。そうやって(苦笑)
報道:願望はあるんですか?
稲垣:そういうのはタイミングとかね……。なんか、囲みっぽくなってきた。囲みのときに汗みたいなの出てきた。こういう感じ久々なんだよね。
報道:いまごまかしましたよね?
稲垣:いやごまかしてないですけど、囲みっぽい(笑)。よく見るやつだよね。

報道:病気になったときに中居さんみたいに来てくれる女の子はいる?
稲垣:どうだろうね。いないんじゃないですか。やっぱり僕は、半同居人のオジサンがいるから。そこの座は無理です。椅子取りゲームですから。そこは譲れないですよ。そこは不滅ですよ。

報道:じゃあ稲垣さんに何かあったら(半同居人の)ヒロさんが来てくれる?
稲垣:そう、僕の中で不滅な存在はヒロくん。ここだけ使われる(笑)。髪の毛も使われるかな。もちろん、大島さんの映画も良かったですからね。

報道:ピアノは弾きますか?
稲垣:まだ詳しい演出はまだですけど、音楽もいっぱい組み込んでいて、観応え、聴き応えもちゃんとあるような、そんな舞台になっていると思います。

報道:AKB48グループを卒業して恋愛自由でそのあたりは?
大島:わたしもタイミングが合えば、良いお知らせができれば。したいですよね?
稲垣:そうです。そうです(笑)。
報道:素敵な方はいない?
大島:いやー、まだ探し中です。

報道:何かあったときに駆けつけてくれる男性は?
大島:お父さんです。いまだったらお父さんくらい駆けつけてほしいですね。

  (稲垣に視線が向くと)
稲垣:お母さんですよ。

報道:最後にPRをお願いします。
稲垣:まだ先になりますけど、ベートーヴェンを演じさせて頂くこと光栄に思っています。大島さんの初舞台にご一緒できるのもすごく光栄なことだと思っています。素敵な作品をお届けしますので、劇場でお待ちしています。
大島:お待ちしています!

報道:大島さんもPRお願いします(笑)。
大島:乗っかちゃってた(苦笑)。初めてということで、製作発表の段階から緊張していて、これから稽古をしていくということで、みんなで1個ずつ一生懸命作っていて、稲垣さんにみんなで1個ずつ丁寧に作っていくものだよというのを教えて頂いたので、その姿勢を持ってお稽古に挑んで、1つずつ作って、出来上がったものをみなさまにお届けして、みなさまの感情が揺さぶられるような、そんな作品というか舞台をお届けできるように、本当に毎日励んできたいと思います。お待ちしております!

 

« 【No.9-不滅の旋律】制作発表@都内 | トップページ | ゴロウデラックス 6/25 #168 (ジェーン・スー) »

goro 舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 制作発表会見、囲み取材(全文)@「No.9-不滅の旋律」:

« 【No.9-不滅の旋律】制作発表@都内 | トップページ | ゴロウデラックス 6/25 #168 (ジェーン・スー) »