2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 演技指導?!by松尾スズキ ゴロデラ#102  | トップページ | おはようSMAP 11/4 ~11/6 »

2013年11月 6日 (水)

マイボトルドリンク【drop ドロップ】新商品発表会

11月5日、サントリーとサーモスが共同開発したマイボトルドリンク「drop (ドロップ)」の発売記念イベントが行われ、稲垣吾郎さんと内田恭子さんが登壇した
「drop」の試飲会と朗読会(読書の秋ということで)が行われた。
Twitterによると、「drop」のモニターさん達が招待されてたようです。吾郎ファンのモニターさんが、行かなかったことを凄く悔やんでいました。事前に登壇者が知らされてなかったとの事で仕方ないとはいえ、hanabiもその悔しさは分かります。

→ドロップ 公式サイト



~~~~~~~~~~~~~~~

SMAPの稲垣吾郎(39)、フリーアナウンサーの内田恭子(37)が5日、都内でマイボトルドリンク「drop(ドロップ)」の発売記念イベントに出席した。

この日、関東1都3県で先行販売がスタートしたドロップをすでに使用しているという稲垣は「コーヒーのBOSSのCMをSMAPでやらせていただいているので、その時にいただいて使ってますデザインもかわいいですし、どんなお部屋でも、ファッションでも相性がいいですね」と話した。

内田は「子どもが寝静まった後に、お茶を入れるのは毎日やっているんですけど、特別な時間になっています。ポーション(フレーバー)の種類も豊富なので気分に合わせて。あとはお風呂に持ち込んで、リラックスしたり、家の中でも持ち歩いてます」と主婦ならではの使い方を明かした。

12種類あるポーションから互いのイメージに合うものを選び、稲垣は「内田さんは太陽のような笑顔が素敵なので、太陽のアセロラ。ほおも赤くて。アセロラのような女性だなと…」とフルーツ系をセレクト。対する内田は「稲垣さんは、久しぶりにお会いして、渋いなと改めて思ったので深煎りエスプレッソを」と話すと、「これも好きです、僕」と稲垣はにっこり。

イベントには一般客100人を招待。作家の山崎ナオコーラさん書き下ろしのドロップにちなんだ短編小説を2人が朗読した。稲垣は「素敵な作品で、読みながら癒やされました」と語り、「朗読会は初めてですね、緊張しました。汗びっちょりですよ!」とおどけてみせた。

~~~~~~~~~~~~~~~

「drop」は、サントリーとサーモスが共同開発したマイボトルドリンク。「焦がしキャラメルコーヒー」「HOTでおいしいオレンジ」など12種類の味から選べるポーションをセットして、お湯か水を注ぐだけで、長時間最適な温度で飲み物を楽しめる。

稲垣は同商品について、「僕たち(SMAP)はサントリーBOSSのCMをやらせていただいているのですが、撮影のときに頂いてからずっと使っています。デザインもかわいらしいし、どんなお部屋にもどんなファッションをしていても合いますよね。冬場の撮影のロケのときにもいいですね」とアピール

多忙な日々を送っている稲垣だが、ほっと息をつく瞬間については、「まず朝にこれを作るのですが、ポーションを選ぶ時間とか作る時間とか、慌ただしい日常の中でも癒やされますよね」とプライベートのひとときについても明かした。

また、稲垣らは鑑賞者と共に同商品で飲み物を飲みながら、作家の山崎ナオコーラが書き下ろした新作「雨待ちのように」などの三作品を朗読。

流ちょうに朗読を終えた後、「朗読会の経験はあった?」と聞かれた稲垣は、「経験ないですね。ちょっと緊張しましたね。しかも初めて読むものなので、稽古とかしているものじゃなかったので緊張しました。(内田が)すごく流ちょうに読まれるから。汗びっしょりですよ」と安堵(あんど)の表情で感想を語った。

~~~~~~~~~~~~~~~~


稲垣は12種類ある同商品から、「焦がしキャラメルコーヒー」をセレクト。ステージ場で試飲した。「開けた瞬間に、いい香りがふわっとおいしい! 温かくて、この後お昼寝したくなっちゃいますね」とにっこり。笑顔を見せると、内田も「ホント、くつろいじゃいますね」と続いた。

広口のボトルから漂う香りとスッキリとした飲み口に心も癒やされた
という稲垣。今後、どんな味が出て欲しいか問われると、「しょうが系とか体が温まる。大人感覚でいうと、アルコールが入ったホットワインとか」と、想像を膨らませた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

SMAPの稲垣吾郎とフリーアナウンサーの内田恭子が5日、都内で行われたイベント「『drop』秋の朗読会」に出席し、作家の山崎ナオコーラが書き下ろしたオリジナル短編小説を朗読した。
山崎による短編小説は、恋人同士である惣太郎と茉莉子がマイボトルドリンク『drop』を飲みながら過ごす日常を細やかに描写したもの。

初めて朗読会を行ったという稲垣は、落ち着いた渋い声で情感たっぷりに朗読したが、「緊張しました。汗びっちょりですよ!!」と振り返り、作品については、「素敵な作品で、読んでいると、さりげない日常の中で2人が愛し合っているのがわかりますし、癒されました」と感想を語った。一方の内田は、「日常の中で、私たちが当たり前のようにやっている『飲み物を飲む』ってことから、新しい世界が広がっていくんだなと思いました」と思いを馳せた。

この日、ステージ上で『drop』を実演して見せた稲垣は、「最近、朝はこれを作ってます。選んで続けていくという生活のルーティーンが必要だと思いますし、冬場のロケなんかには温かい飲み物が必要になりますので持っていきます」と本商品を愛用中の様子。今後は、専用ポーションに「ちょっとアルコールが入ったものを。ホットワインとか」とワイン好きの稲垣らしい提案も飛び出し、会場を盛り上げた。さらに内田も、「子どもたちが寝静まった後に、自分のためにお茶を入れる時間は、特別な時間。これを取り入れています」と日常生活に取り入れていると公言。「持ちやすいんですよね。丸くてコロンとしている」と商品もお気に入りのようだった。

« 演技指導?!by松尾スズキ ゴロデラ#102  | トップページ | おはようSMAP 11/4 ~11/6 »

goro」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイボトルドリンク【drop ドロップ】新商品発表会:

« 演技指導?!by松尾スズキ ゴロデラ#102  | トップページ | おはようSMAP 11/4 ~11/6 »