2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« スマスマ 3/5 | トップページ | 3月のTV、雑誌、ラジオなど(吾郎) »

2012年3月 6日 (火)

Dr.検事モロハシ

詳細が発表されました!吾郎ちゃんのコメントも!!

『金曜プレステージ『Dr.検事モロハシ』

3月23日(金)21時~

医師免許を持つ検事『Dr.検事モロハシ』が医療問題に鋭いメスを入れる!

稲垣吾郎演じるニューヒーローの誕生だ。
Dr.検事モロハシ。彼は、医師免許を持つ検事という異色の経歴を持つ男。普段はひょうひょうとして、女性好きな軽い男、といった顔を見せているが、その心の中には過去のあるできごとにより、熱い正義感が燃えたぎっている。クールな表面と熱い内面、医師と検事、そんなさまざまな顔を持つモロハシに日本中が心を揺さぶられそうだ。
そんな魅力的なDr.検事モロハシがいよいよ3月23日(金)21時より金曜プレステージ『Dr.検事モロハシ』で誕生する。

元医師で検事という異色の肩書きを持つ諸橋(稲垣吾郎)。勤めていた会社が倒産し、やけ酒を飲んだ結果、突然苦しみ出し救急車で清稜医科大学病院に搬送される。実はこれこそが諸橋の潜入捜査の始まりだった。諸橋は、一級検事の奈良(松方弘樹)を中心に森下椿(吹石一恵)らによって構成された医療ミス真相解明の特別チームの一員なのだった。椿も看護師という隠れみのを着て諸橋と共に病院に潜入、諸橋との絶妙なコンビネーションで捜査を続ける。
疑わしき人間ばかりの権力抗争うずまく清稜医科大学病院に諸橋の鋭いメスが入る。
諸橋の事件に向き合う目は鋭く、そして熱い。ある彼が抱える過去が諸橋に誰よりも強い正義感を持たせているのだった。

このような魅力的な現代ならではのニューヒーローを演じることになるのが稲垣吾郎だ。

医師で検事という二つの顔を持つ男というのは普通ではなかなかありえないことですがとても納得がいきます。現在起きているいろいろな社会問題を見ていると、医療問題が話題になることが多い中、今の時代にやるべき作品ではないかと思います」と真剣なまなざしで語る。

「(このドラマのように)エンターテインメントを通じなにげなく問題提起をしていく、それによって一人一人がその問題を考えていくことになる、というのがすごく大切だなと思います。そういった意味では社会に貢献できるようなドラマになったらいいなと思います

「時代とか現代というものは常に無視できない」と語る稲垣吾郎は今このドラマをやることの意義を感じながら、『Dr.検事モロハシ』に意欲的に取り組んでいる。

諸橋の中にはかなり熱い、内に秘めた正義感があるのだと思います。僕個人では理解できないような世の中を変えていきたいという熱い気持ちを持っているのでそれを理解してやっていかなければいけないなと思ってやってきました」と、諸橋という人間を捉えている。

今回、初めて本格的な手術シーンに取り組んだと語る稲垣はドラマのために医師の指導を受け、実際の手術シーンの映像も何度も見て勉強したという。

「思っていたよりも手作業で先生の手先の器用さと早さには驚きました。こういう形で人を助けるんだ、と感動もしました。医療ドラマはいろいろありますが、よりリアリティがある、より緊張感があるような手術シーンにしたいと思い勉強しました」とのことで、「今までにないような手術シーンになるのではないかと思います」と語っておりぜひ手術シーンにもご注目いただきたい。

心臓がきれいに見えて、神秘的で美しいものに感じました」とも語る稲垣吾郎の目を通して見たもの、感じたものが演技を通して表現されるに違いない。

一方、シリアスな現場とは対照的に、現場の雰囲気は「いい意味で女性が支配している感じで、とても楽しいです」という。「木村佳乃さんも吹石一恵さんもみなさんツッコミたがりなので、僕もあえて突っ込まれてあげています(笑)。山田親太朗君も楽しく話しかけてきてくれるので昔から知っているような感じがします。ジャニーズの後輩かと思いました(笑)」と現場の楽しさを語ってくれた。

いよいよ視聴者の目に届くことになる日が近づいてきた。

テレビの前で待っている視聴者に対しては以下のようなことを意識するという。

ドクターと検事という設定はナチュラルなことではないですがリアリティがあることをテーマにしているので、見ている人がすんなりと作品の世界にのめりこんでもらえるよう意識しました。痛快に思ってもらえたらいいですね

「社会的なテーマもあり、ヒューマンな部分もあり、家族、男女の関係などいろいろなことがぎゅっと凝縮されたエンターテイメント」だと語る稲垣吾郎。

諸橋という人間についても「毎回勝負していてすべてに真剣。一つの事件が終わったらまた次のことに全力で向かっていく姿を描くことが必要な人間。尊敬できます。そういう心というのを自分で理解して、納得させられるようなお芝居をしていかなければいけないなと思います」と語り、さらには、「自分のはまり役となり、皆さまに評価していただければシリーズになっても面白いかな。と思います。ずっとやり続けられる作品というのは財産ですよね。」とさりげなくシリーズ化への意欲も見せてくれた。

諸橋のようにクールな表情の中に熱いものをたぎらせる稲垣吾郎がどのようなニューヒーローを見せてくれるか、ぜひご期待いただきたい。

《出演者》
稲垣吾郎
吹石一恵
  ・
山田親太朗
鈴木浩介
袴田吉彦
神尾 佑
大和田獏
安田美沙子
佐津川愛美
  ・
宮崎美子
  ・
美保 純
木村佳乃
松方弘樹

《スタッフ》
原案: 能田 茂(集英社 BJヤングジャンプコミックス)
脚本: 大石哲也
プロデュース: 古郡真也
演出: 七高 剛
制作著作: フジテレビジョン
制作協力: FILM

« スマスマ 3/5 | トップページ | 3月のTV、雑誌、ラジオなど(吾郎) »

goro」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dr.検事モロハシ:

« スマスマ 3/5 | トップページ | 3月のTV、雑誌、ラジオなど(吾郎) »